寝台特急の夜

                    ◇故郷の葬儀で思ったこと。^^
c0180341_047187.jpg

c0180341_0474049.jpg叔父が死去した。享年86歳であった。
一昨日、夜行バスで岡山に帰り、叔父の葬儀に参加した。葬儀終了後、寝台特急「サンライズ出雲」に乗車して帰京した。
叔父の家に着いたのは、葬儀の1時間前のことである。母は、前日の通夜から一泊し、叔母を励ましつつ私の到着を待っていた。私は母や親戚と共に、叔父を来世へと見送った。
私には信仰があるから、死を消滅とは捉えない。死は、次なる生の旅立ちの時である。加えて、人生の総仕上げが死である。
叔父は学会員ではなかった。他宗のしきたりでの葬儀であった。焼香を終え、出棺。火葬して骨を拾った。人間の骨。真っ白な骨を見て、叔父の今生の終焉を悟った。叔父はすでにこの世にはいないのだ。生前の境涯を持ち、来世へと渡ったのだ。
私には叔父との想い出がある。幼少のころ、松茸山でお腹一杯、マツタケを食べさせてもらった。その時、木の枝をナイフで削り、箸を作ってもらった。マツタケを炭火で焼き、酢醤油で食べ、すき焼きにまで入れてくれた。贅沢の極みである。その時の、叔父の愛情あふれる笑顔が鮮烈に記憶に残っている。葬儀の前後、残された叔母との対話に私は泣いた。悲しくて泣いたのではない。叔母の美しい心と、叔父に対する感謝の心から泣いたのである。
葬儀は、権教の読経だった。叔父は、生涯、創価を知らず、法華経を知らずして逝った。
経典は、いかに生きるべきかを説いたものである。では、何故、仏教の教えを死に際して読み上げるのか。思うに、最高の人生とは何かを謳い述べることで、死者の来世の人生が最高のものになるよう、願いを込めたのではないか。加えて、残された遺族が仏の教えを学び、再びの歩みを開始できるようにとの意味が込められているのではないか‥そんなことを考えながら、私は寝台特急の天井を見上げていた。
人は生きて、いつか死ぬ。死と共に、灰となる。小さな骨壺に収められ、墓に入る。
私達は、限りある人生を生きている。火葬され、真っ白な骨になったとき、最高の境涯を持って再びの広宣流布の旅路を歩みたい。そんな強固な自分を作りたいと思った。
次の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-10-04 23:57 | 死とは何か | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://sokanomori.exblog.jp/tb/12529189
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Hermann at 2009-10-05 01:49 x
叔母様を折伏して見ては如何でしょうか??
田舎は風習などしきたりが有るから難しいかな。(^_^;)
Commented by そうかねっと at 2009-10-05 02:15 x
まず人生の終わりまでこの信心を持続するのが難しい。今頑張っている人が10年後頑張っている保障もない。
常に「無上道」でい続けなければいけない。だから一日一日を大事に生きるしかありませんね。

それにしてもこの信心に巡り合えたことは、本当に福運なんですね。
Commented by しんのすけ at 2009-10-05 06:06 x
落ち着いたら、また ゆっくり 岡山に 。。。



Commented by みかん。 at 2009-10-05 08:10 x
以前も書かせて頂きましたが、今年の2月に子供の頃からお世話になった大好きなおじさん(親戚ではない)が亡くなり、泣き虫の自分が数日の間に3年分くらい泣きました。
私も、悲しくて泣いたのではなく、私にこの信心を真剣に受け止めるようにと、病床で意識がない姿で教えてくれたおじさんに感謝の気持ちが止まらなくて泣きました。悲しい涙じゃなく、感謝だけであれほど泣いたのは生まれて初めてでした。

この記事も、読んでいて荘厳な気持ちになりました。
私も思い浮かべるのはおじさんの太陽みたいな笑顔ばかりっす。
Commented by 菊川広幸 at 2009-10-05 08:28 x
ヘルマンさん、こんばんわ。
そうですよね。与えることができたら最高ですけれど。
因習深い田舎にオバは生活していて、年齢もオジと同じ86歳です。地理的にも年齢的にも、挑戦するのは難しい。
私の広宣流布への決意と情熱とを、今の100倍にしないと‥無理でしょうね。池田先生のように、会って会って、語って語りまくれる自己をどう作るか。思案中です。^^
Commented by 菊川広幸 at 2009-10-05 08:33 x
そうかねっとさん、おはようございます。
まったく、同感です。
他宗のレベルの低い経典の読経を聞き、つくづくそのように思いました。我が幸福と、逆にこのような権教を盲目的に受け入れている悲しみとを。
その権教、掌で幾つかの印を結び、梵語の意味不明な言葉を口にしていました。遥かに釈尊の教えに逸脱した行為に呆れるばかりです。六難九易ですね。心から、そのように感じました。
Commented by 菊川広幸 at 2009-10-05 08:37 x
しんのすけさん、おはようございます。
そうですね、今回は仕事の都合もあって、強行軍になりました。
でも、葬儀を手伝い、お互いを励まし合うというのは劇的で、生涯忘れえぬ想い出になりますよね。オバ、喜んでくれていましたし、親戚との交流を深めることができました。
今後も、積極的に親戚との交流は大事にしていきたいと考えています。^^
Commented by 菊川広幸 at 2009-10-05 08:42 x
みかんさん、おはようございます。
>思い浮かべるのはおじさんの太陽みたいな笑顔ばかりっす。
この言葉で、再びオジの笑顔を思い出し、ホロリとしてしまいました。^^
人間って、人生って、素晴らしいものですよね。^^
Commented by Breakfast-Club at 2009-10-05 09:21 x
 菊川さん、おはようございます。
 私の実家も、他宗で、学会員は私一人です。親の葬儀のときの事を考えて、折伏してますが、親はかえって頑固です(^^;
 でも、この記事を読ませてもらって、気持ちが変わりました。本当にありがとうございます。
 折伏は続けますが、新しい生命で、懇切な話をしていきます。仕事ばっかりで、ちょっと余裕がなくなってたかもしれません。
 創価の森で、たくさん勉強させてもらってます(^^)
Commented by バード at 2009-10-05 09:22 x
おはようございます。いかに死ぬか=いかに生きるか。
人生の根本で法華経は生老病死を説いていますよね。
記事を読んで、色々感じました。

自分が死ぬときは、悔いなく最高に死にたいですね^^
そのためには一日一日大切に生きようと思いました
Commented by 智太郎 at 2009-10-05 18:36 x
 お疲れ様でした。ご冥福を祈念させていただきます。日本男性の平均寿命:78.6歳を超えてますよね・・10/3日更新の:『叔父さんレクサス逆輸入車所有!義父葬式で佐賀市滞在記録』:【サラリーマン編】・・・有給休暇を貰い、佐賀へ行った時の記事ですが、義父の弟様にお世話になり、現在問題とされた「レクサス」の逆輸入車に乗っていたと言う記事を書いてみました。 どうぞ!遊びに寄って見てやって下さい。
Commented by しんのすけ at 2009-10-05 19:06 x
9月5日のコメント欄「未来部への指導」詳細が やっと分かりました
今日、記事にしました。宜しかったら お越し下さい
Commented by 菊川広幸 at 2009-10-05 20:26 x
ブレックファーストクラブさん、こんばんわ。
実家で1人なんて、本当にスゴイですね!
ご家族の中で、創価の先駆者ですか!!!^^
これはメチャクチャ使命重大です。大使命の人ですね。
感動です。^^
Commented by 菊川広幸 at 2009-10-05 20:28 x
バードさんこんばんわ。
>いかに死ぬか=いかに生きるか。
まさに、ここが人生の大事中の大事ですよね。
私も同じく、1日を大事に生き抜きます。^^
Commented by 菊川広幸 at 2009-10-05 20:30 x
智太郎さん、こんばんわ。
日本男性寿命、平均78歳ですか。
叔父は長生きしましたね。ありがとうございます。^^
Commented by 菊川広幸 at 2009-10-05 20:51 x
しんのすけさん、こんばんわ。
未来部の質問に対する回答ですか。
これは、複数の方々がメモを取り、複数の情報源があるのでしょう。微妙に内容が違うところがありますから。
情報提供、ありがとうございました。^^


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

九州の若造さん、おはよう..
by sokanomori at 05:42
私は、以前御本尊様にこの..
by 九州の若造 at 13:58
レーズンパンさん、おはよ..
by sokanomori at 05:29
「サイコパス」という言葉..
by レーズンパン at 07:23
otiさん、おはようござ..
by sokanomori at 05:35
こんにちわ!創価三世の学..
by oti at 16:35
非公開さま、本尊流布誠に..
by sokanomori at 07:14
ありがとうございます。
by 甚平 at 05:56
youtube(ユーチュ..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 19:51
九州の若造さん、大いにご..
by sokanomori at 22:53
ありがとうございます。大..
by 九州の若造 at 06:03
加藤さん、北海道からコメ..
by sokanomori at 18:03
非公開さん、こんにちわ。..
by sokanomori at 17:59
昨年秋に心理ゲーム使わせ..
by 加藤秀隆 at 13:46
菊川さんありがとうござい..
by ゴンゴン at 13:23
モヤモヤされなくていいの..
by sokanomori at 12:31
菊川さん、私、もうひとつ..
by ゴンゴン at 09:40
菊川さん、明解ありがとう..
by ゴンゴン at 23:21
ゴンゴンさん、こんにちわ..
by sokanomori at 17:53
菊川さん、こんにちは、最..
by ゴンゴン at 11:31

メモ帳

画像一覧