変毒為薬

                  
◇結婚と離婚の果てに知ったこと。
c0180341_0252140.jpg

先日、結婚と信心の両立に悩む1人の女性から赤裸々なコメントを頂いた。
コメントを読んで、私の離婚について書こうと思った。幸せになるために結婚する。
しかし、2組に1組は離婚する。
読者の皆様には、私の体験から何かを学んでいただければと思う。
26歳の時のこと。私は、学会員の女性と結婚した。幸せな結婚をして半年後、彼女は家出をした。テーブルの上のメモ用紙に「探さないでください」と書いてあった。
ショックで食事も喉を通らなくなった。パンの半分も食べられない。加えて、眠れない。60kg近くあった体重は、みるみる50kgを切った。あばら骨が見えた。修復しようと考えていたので、親にも周囲にも相談できなかった。苦しくて、その苦しみから逃れるために100万遍を5ヵ月で唱えた。過去世、現世、私は一体何をしたというのか。
業火に焼かれつつ祈った。ただ、ひたすらに‥。
年末になり、私は大石寺に向かった。親には、「妻と旅行に行く」とウソをついた。1人では帰郷できない。それこそ、両親を驚かせ、悲しませるから。
大講堂で丑寅勤行をした。そして、大客殿で朝まで唱題をした。その当時の入場券が上写真です。(2枚あるのは、翌年分も含む)
太陽が昇り、眼前の日興上人の御本尊に太陽の反射が当った。もう、何時間、祈っているのだろう‥。その時、40歳代と思われるご婦人が私に声をかけてきた。「何か重大な悩み事があるのではありませんか。よろしければ、お聞かせいただけませんか?」
私は、一部始終を話した。ご婦人は、頷き、にっこりとほほ笑んで言った。
「私、あなたと同じことになった人知っているわ。あなたの奥さん、帰ってくるかも知れないし、帰ってこないかも知れない。でも、あなたなら絶対に大丈夫です。
もし、離婚になっても、あなたに相応しいお嫁さんがきます。そのとき、今の奥さんは、いつか必ず惨めな姿を見せにくるでしょう」
その後、私は100万遍を唱え切った。彼女は戻らなかった。
しかし、私の心は清らかに輝いていたのです。私は、1つの答えを得た。それは、「獅子は伴侶を求めず」という答えでした。
続きの記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-10-24 00:33 | 体 験 | Trackback | Comments(21)
トラックバックURL : http://sokanomori.exblog.jp/tb/12721497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さば at 2009-10-24 01:03 x
うお~~~!
すごいですねー。何がすごいって、やはり悩みを解決しようと思って、御本尊を求める姿勢ですね。
その時のご婦人も、すごいですね~。大確信というか、見る目があったんですね。菊川さんのそのまっすぐな姿勢を、ちゃんと見抜いたんですね。
Commented by 晋作 at 2009-10-24 03:13 x
こんばんわ。晋作です。10月16日以来と思います。本文とは直接関係ないのですが…。入場券の「大石寺」の文字を見て胸が熱くなりました。私事で恐縮すが、少々、書き綴らせて頂きます。今は、邪宗門と化した、「大石寺」。ただ、忘れもしない、伝統の学生部夏期講習会。代表で参加させて頂いた。前から3列目。池田先生がご入場。目の前に先生が座っておられる。力強く、また、温かく、なんとも言えない不思議な空気、空間の中で、語り始められました。命を研ぎ澄まし、ご指導を命に刻み付ける一心で聞きました。渾身のご指導でした。忘れ得ぬ師匠からの訓練の時間。その翌日、ある場所で先生との出会い。あまりにも鋭い眼光。師子王の振る舞い。時間にして十数秒か。周りには誰もいない。。時間が止まったかのように、しかし、ゆるやかに動く…。先生が私を見つめている。今もあの時の鋭き先生の眼を忘れることはない。今も胸が熱くなる。あの時の先生の眼は弟子に対する無言の厳しきご指導であったと、時とともに益々強く命に響きわたる。命の底から突き動かされる。弟子としての使命。やり抜くのみ。    長々とコメントいたしました。すいませんでした。
Commented by 菊川広幸 at 2009-10-24 07:15 x
鯖さん、おはようございます。
いや~、すごいと言いますか、これはさすがに御本尊様の前に座りますでしょう。宗教の本領発揮です。(笑)
四苦八苦に対抗するために生まれた宗教。ずっと祈ったのですが、祈れるというは、後から考えると実に素晴らしいことでした。
ご婦人は大きな存在でした。5分間程度の対話でしたけれど、大きな想い出です。冷たく凍りついた心が温まった対話でした。。^^
Commented by 菊川広幸 at 2009-10-24 07:27 x
晋作さん、再び、ご来訪ありがとうございます。
素晴らしい想い出、素晴らしい黄金の体験ですね!^^
夏期講習会ですか。池田先生とそんなに身近に接しられた晋作さんは、世界最高に幸せですね。私も、この昭和62年の大晦日から元旦にかけてが最高の想い出です。^^
Commented by しんのすけ at 2009-10-24 07:35 x
うーん。菊川さん。オギャーと産まれて、今の菊川さんじゃないですもんね。いろいろ ぶつかって、傷付いて、人間革命されて 今の菊川さんなのですね。正本堂、大客殿への思いも伝わって来ました。素晴らしい体験、ありがとうございます
Commented by 里奈子 at 2009-10-24 08:13 x
へ~×100万回

やっぱ、すごいですよ。
男の人って家庭のことで悩まないじゃないですか。ふつー
Commented by Brakfast-Club at 2009-10-24 09:02 x
>祈れるというは、後から考えると実に素晴らしいことでした。
 本当にそうですよね。
 私の場合は、悔しい思いをしたときなどに、ご本尊に報告するように祈りますが、気がつけば朝まで祈ってたみたいな、一心不乱な祈りが多いですね。
 でも、まだ1時間ぐらいに思っていて、「ほんまかいな」って思うのですね。
 こういう時は、結果が出るのも早いですね。

 菊川さん、勇気を出されましたね。なかなかこんな話はできません。さすが!
 今日は朝から、パワーをいただきました。ありがとうございます。
Commented at 2009-10-24 11:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by バード at 2009-10-24 12:02 x
読んでいて、当時の菊川さんのお気持ちを考えると、
普通に泣きそうになってしまいました;;

そして、究極に辛い時、信心して祈る場所があるという存在の大きさに気づきました。私も実感しています。
親が失業し収入が無くなり、皆が荒んで、さぁお金が底を尽きる!という究極に辛い時、必死で祈ったら、事が動いて最高の状態になりました。
もし、状況が祈った通りに動かないとしても、生命は清らかに輝く。
信心は本物ですよね!安心してもいいんだな~と思いました。
Commented by 晋作 at 2009-10-24 13:04 x
菊川様。いつもありがとうございます。「世界最高に幸せ」とのお言葉。感謝します。しかし、誤解を恐れずに申し上げますが、その出会いを真に永遠不滅の出会いとするか、破壊としてしまうか。紙一重です。悩み抜いての20年。いや、もっと悩まなければなりません。この悩みから逃げてはならない。こうなったたら、とことん悩もうと決めました。私の結論は、結論を出さない。正確には出せるはずがない。私の信心で、これまでの戦いで、どうして師弟の真実を知り得ようか。本気で命を賭けたことがあるのか。捧げる決意があったのか。あの時もこの時も手を抜いたではないか。逃げたではないか。言い訳をしたではないか。惰弱であったではないか!師弟の世界は、甘くないはずだ。最も峻厳で厳粛な世界だ。それは創価三代の歴史が証明しているではないか。だから先生は、厳しき鋭き視線を私にされたのだ。
さて、菊川様が赤裸々に語り綴られておられる真実。御本尊直結の信心。これを命の底から感じられた菊川様こそ世界最高の、いや宇宙最高の幸福です。
Commented by Hermann at 2009-10-24 13:14 x
菊川さん、苦労為さったのですね。。。
今幸せならば、其れで良しですね。

前妻さんは、してはいけない事をしてしまった
から、多分・・・現障が現れてるはずですね。。。
Commented by 菊川広幸 at 2009-10-25 00:00 x
しんのすけさん、こんばんわ。
そうですね、沢山、あちこち頭をぶつけて、今日があります。鍛えられましたよ。その中で、日顕の暴挙は、やっぱり許せませんよね!^^
Commented by 菊川広幸 at 2009-10-25 00:03 x
里奈子さん、こんばんわ。
>男の人って家庭のことで悩まないじゃないですか。
悩みますよ。こんなことになったら。(笑)
外での悩みが大きいから、比較的に少ないだけです。
私、外と内とで悩んでいましたから、大変でしたけど。
でも、この体験が、私の人生を大転換させたのです。^^
Commented by 菊川広幸 at 2009-10-25 00:07 x
ブレックファーストクラブさん、こんばんわ。
言われていること、すごく分かります。
集中した祈りができるとき、本当に手ごたえのある功徳出ますよね。何だか、「これ、来るな」って、分かることがあるんですよね。^^
Commented by 菊川広幸 at 2009-10-25 00:08 x
非公開コメントさん、こんばんわ。
ありがとうございます、拝見しました。嬉しかったです!^^
Commented by 菊川広幸 at 2009-10-25 00:11 x
バードさん、こんばんわ。
生命は清らかに輝く‥。そして、次に想像を絶する功徳が到来するのです。^^
Commented by 菊川広幸 at 2009-10-25 00:20 x
晋作さん、こんばんわ。
先生の厳しき鋭き視線‥これ、当事者しか分からないことですよね。でも、先生、晋作さんに期待されていたんだと思う。訓練として、期待の証として。
私、宇宙最高の幸福ですか!(笑)
そんなことはないでしょうけど、そうですね、随分幸せにして頂きました。ありがたいことですけれど。^^
Commented by 菊川広幸 at 2009-10-25 18:38 x
ヘルマンさん、こんばんわ。
夫婦不二です。お互い苦しみました。違ったには、私はとことん祈った。以前の彼女は、そのときは祈っていなかったと思います。
原因は私の宿業&境涯の低さです。私が悪いのです。^^
Commented at 2013-08-31 09:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori at 2013-09-01 08:31
09:10さん、おはようございます。
>同じところでぐるぐる回って成長出来ていません。
皆、そういう時代があるものです。
それが変われるんですよ。
大丈夫です。^^
>結婚のことも、私には出来ないという弱い気持ちを叩き出す思いで‥
できないなんてことはないでしょう。
「私、幸せな結婚がしたい。良い人と巡り合わせてください」って素直に祈られたらどうでしょう。
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2013-09-01 08:36
今、結婚したいけど交際相手がいない人、物凄く多いと先日の読売新聞にありました。
厚労白書には、18歳から39歳の未婚の統計で、異性の交際相手、友人がいない割合が男性で6割、女性でも5割に上っているそうです。
一杯いますよ。是非、いい人、見つけてください。
★菊川広幸


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 08月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

時を経て2017年。11..
by 誓願 at 22:15
weoさん、おはようござ..
by sokanomori at 05:03
「信」 この一文字の大..
by weo at 01:52
そうねんさん、こんばんわ..
by sokanomori at 21:06
ご質問よろしいでしょうか..
by そうねん at 20:07
非公開さん、こちらの本館..
by sokanomori at 16:16
yukiさん、<別館>に..
by sokanomori at 16:11
菊川さん、お久しぶりです..
by yuki at 16:09
九州の若造さん、おはよう..
by sokanomori at 05:42
私は、以前御本尊様にこの..
by 九州の若造 at 13:58
レーズンパンさん、おはよ..
by sokanomori at 05:29
「サイコパス」という言葉..
by レーズンパン at 07:23
otiさん、おはようござ..
by sokanomori at 05:35
こんにちわ!創価三世の学..
by oti at 16:35
非公開さま、本尊流布誠に..
by sokanomori at 07:14
ありがとうございます。
by 甚平 at 05:56
youtube(ユーチュ..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 19:51
九州の若造さん、大いにご..
by sokanomori at 22:53
ありがとうございます。大..
by 九州の若造 at 06:03
加藤さん、北海道からコメ..
by sokanomori at 18:03

メモ帳

画像一覧