投資情報サイトの『投資比較サイト』提供アイコン

ブログトップ | ログイン

オウム真理教  

2009年 11月 02日

               ◇オウム真理教大辞典を読んで思ったこと。

新人類さんから頂いた本を読んだ。
この本は、辞典であるから、全てを読んだ訳ではない。興味のあるキーワードだけを拾い読みした。私はこの本を読んで、オウム真理教の本質を理解することができた。
冒頭、「ああ言えば上祐」から始まり、かの有名なPSIと呼ばれるヘッドギア、ポアなど、オウム真理教のあらゆる情報が満載されている。加えて、当時のオウムの歌詞も収録されていた。
「麻原の脳波を電気に置き換えた」とされるヘッドギヤは気になる道具であるが、何と単なる電気マッサージ器だそうである。そのヘッドギアを借りる場合は100万円、購入する場合は1000万円だったというから驚きだ。
その情報の中で1番注目したのは、やはり麻原彰晃である。
麻原は、1955年3月2日、7人兄弟の4男として生まれている。全盲ではなく、左目のみが先天性緑内症であった。本来、盲学校に入学する必要はなかったが、両親が就学奨学金を目当てに、盲学校に入学させた。県立盲学校専攻科で鍼灸師資格を習得。卒業後、すぐに傷害事件を起こしている。以後、健康保険薬剤不正請求で670万円の追徴、さらにニセ薬の販売で逮捕・拘留などを経験している。麻原は、これらの詐欺まがいの商売をする途中で、阿含宗に入信している。やがて自らヨガ教室「オウムの会」を設立する。オウムの会は、やがて「オウム神仙の会」となり、やがて超能力開発の「オウム真理教」へと変貌を遂げていく。
問題は、教団内の修行で死者を出したことである。その遺体を教団内で処分したことが問題化し、その事件を追及していた坂本弁護士一家を殺害した。やがて、社会と隔離した教団が武装化を開始する。ついに、教団はサリンを製造して使用するに至る。
私は初めて全容を知った。読んで理解したことは、麻原が「真性の地獄界の住人」だということである。その地獄の住人を教祖にするのであるから、信徒もまた地獄である。
麻原が当初修行した阿含宗は、伝統仏教のような名前であるが、昭和53年に設立された新興宗教である。教義はチベット密教が混ざっている。やはりと思った。親も親なら、子も子である。阿含経は小乗経である。完全他力の宗教である。完全他力故に、考える必要がない。
決められたことをすることで、安心するという宗教である。故に、麻原マニュアルを、信徒は100%信じた。「殺せ」と言われたら、何も考えず「殺す」のである。
「新人類さんは、このオウムの本質を見抜いているのだろうか‥」
私は、そんなことを考えながら、本を閉じた。
オウム真理教の完結編は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ

by sokanomori | 2009-11-02 23:00 | 他宗教・他思想 | Trackback | Comments(36)

トラックバックURL : http://sokanomori.exblog.jp/tb/12826162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Breakfast-Club at 2009-11-03 00:29 x
 「オーラの泉」っていう番組がありましたでしょう。番組は終了しましたが、あのオカルト・スピリチュアルは、いろいろ意見がありました。
 個人的な意見ですが、私は、あのような霊視を肯定的に放送するような事自体、大間違いであると思っています。
 オウム真理教事件の記憶を、絶対に風化させてはいけません。
 こうしたものに免疫のない人たちが見た時の影響を考えたら、冗談ではありません。こんなトンデモにはまった人たちの延長に、オウム真理教事件がありました。
 ですので繰り返しになりますが、オウム真理教事件の記憶を風化させてはいけません。
 これを機会に、啓蒙してはいかがでしょうか。
Commented at 2009-11-03 02:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 菊川広幸 at 2009-11-03 06:53 x
ブレックファーストクラブさん、おはようございます。
私も、改めて、そのように思いました。
今回、新人類さんにお会いし、この本を得て、読んで、このような宗教‥邪教というものの正体がいかなるものか、その憎悪や悪心が増幅していくことなど、私はいくつかの重要なことを学ぶことができました。
この本の中で、オウムが1度ならず2度も、創価へのサリン攻撃を行っていたことなど、知らないことがいくつか書かれていました。オウムのこうした行動を、私たちは全然、知らない。と、いうより、多くの人は「変な宗教だな」という程度の知識だと思います。今後、他宗教がどれほどメチャクチャかも、私たちが草の根で情報発信する必要性がありそうですね。
こういうことを知ることで、私たちの使命の重要性が分かるのですから。^^
Commented by 菊川広幸 at 2009-11-03 07:01 x
非公開コメントさん、おはようございます。
気持ち悪いというのは同感です。
私たちの生活、私たちの現実から、あまりにもかけ離れていることにほとほと驚かされました。でも、一方で、暗躍する創価学会批判の悪質なネット情報によって、創価はこのオウムのような印象を作られ、「創価学会はオウムと似たりよったりだ」と気持ち悪く思われているのです。故に、私は、現実の世界で、より多くの人たちに会い、創価学会の真実を語っていく必要性を強く感じています。
また、創価の森ブログを通じて、真実の創価学会を知ってもらえるよう、今後も努力していきたいと思っています。
Commented by 里奈子 at 2009-11-03 11:04 x
「オーラの泉」を親子で結構好きって地区リーダーがいます。
驚いて、部長に「その辺どうにかしなよ(趣旨)」って言ったら
その部長も一時期好きだったそうで・・・・椅子から転げ落ちそうになりました
Commented by Breakfast-Club at 2009-11-03 13:17 x
 里奈子さん、こんにちは。
 あの番組を肯定というか、鵜呑みにしている人が多いのを憂います。
 こうした方々は何の疑いもなく、くだらない陰謀論を信じたり、ニセ科学にだまされたりします。しかも周りの人を巻き込みながら。
 いったん懐疑の目を持とうを、自分のブログのエントリーにあげてみます。
 やっぱり啓蒙する必要がありますね。
Commented by さば@エセ科学撲滅委員 at 2009-11-03 16:25 x
「オーラの泉」が好き、というのは、批判的に視聴して「ワハハ、こいつらバカじゃん」と楽しんでいる、と理解します。・・・そう理解したい;゚(´△`)゚;
Commented by Breakfast-Club at 2009-11-03 17:52 x
私も、そう理解したい… (-_-;)
Commented by 菊川広幸 at 2009-11-03 17:58 x
いや~、里奈子さん、これは一石を投じるご発言ですね!(笑)
まずいな~、この時期に。^^
このお話は、賛否両論に分かれる話です。ブレックファーストクラブさんと鯖さんは否定派ですか~。困った!!!
う~ん、まだ、オウムの記事が完結していないのですよ~。
私、また、変な発言して、全国の否定派から集中砲火されそうです。私には私の考えがある。まずは、ブレックファーストクラブさんの記事を見るまで口にチャックしておきますネ。^^
Commented by Hermann at 2009-11-03 18:29 x
うーん、如何であれオウム系教団が未だ存在してるのは
被害者感情から言うと・・・理解出来ません。。。
Commented by Breakfast-Club at 2009-11-03 18:33 x
 菊川さん、こんばんは。
 昨日自分のブログに、都市伝説の記事を書いたのは、しばらく懐疑論を書こうとしたからです。
 私のブログに、陰謀論ビリーバーの方が粘着してまして、これに刺激されて書き出しました。
 もしご参考になられましたら、ご一読ください。ただ「オーラの泉」はダメダメ番組と思ってますから、始めから否定しますね(^^)
Commented by 晋之介 at 2009-11-03 21:23 x
近所に阿含宗ありますが、貸店舗みたいな所で活動しています。
怪しいです。
新興宗教に 「人を救う」という思想はあるのでしょうか?
何故,信仰している人間が、過激派みたいになるのでしょう?
教義が無いから??
Commented by 菊川広幸 at 2009-11-03 22:26 x
ヘルマンさん、こんばんわ。
行き場がないんですよ、きっと。
社会復帰できない。仲間内でしか生きられない。
外に出る元気がない。外はドロドロしている。怖いんでしょう。
中にいれば、成長しなくてもいいのですから。
私は、そのように感じます。
Commented by 菊川広幸 at 2009-11-03 22:40 x
ブレックファーストクラブさん、こんばんわ。
ええ、是非。オーラの泉とは何か‥いろいろな意見があると思いますし、聞きたいです。この手のフアンは根強い。好きな人が多い。そして、そういうオカルトから、様々な奇妙な宗教が流行るのです。
あまり今は追及したくない時期ですが、ブレックファーストクラブさんに刺激されて、私も何か記事にするかも知れません。(笑)
Commented by 菊川広幸 at 2009-11-03 22:54 x
晋之介さん、こんばんわ。
過激派になる人は、結構、真面目だったりするものです。
教義はありますよ。オウムなんて、コロコロ変わる教義が沢山ありました。今回の辞典を見て理解しました。正当な仏教から見るとデタラメですが。
大半は、「自分が救われる」ために信仰するんでしょうね。「他を救う」という境涯は無理でしょう。第一、自分が救われないのですから。^^
それにしても凄いですね。近所が阿含宗ですか。信者は可哀そうですね。所詮、小乗教ですからツマンナイでしょうね。^^
Commented by Breakfast-Club at 2009-11-04 00:20 x
 菊川さん、こんばんは。
 ブログをアップしましたが、先に懐疑論を書きたかったので「オーラの泉」は後日にします。
 今そのための資料集めをしています。江原啓之というトンデモの、インチキのからくりを説明するテレビ局スタッフの記事や、科学者からの視点を検証中です。
 江原は旭川大学の客員教授になって、終末期医療の講義を、保健福祉学部でしているそうです。オカルトが終末医療とは、いったいどんな話か逆に興味が湧きますが、世も末です。
 しばらく書きますので、参考になれば幸いです。
Commented by 菊川広幸 at 2009-11-04 06:25 x
ブレックファーストクラブさん、おはようございます。
拝見いたしましたよ。ハンバーガーウワサ、信じている人、いるんですよ。マクドナルドのフアン私は、馬鹿じゃないの?と真剣に思うのですが。私、藤田田のフアンですし。^^
超能力の捉え方は、様々あると思います。明日のエントリーも楽しみにしていますよ。^^
Commented by バード at 2009-11-04 09:24 x
おはようございます。
コメント長くなると、菊川さんが疲れてしまうと思うので短く書きます。

菊川さん。使命がありますね! 笑

オウムの事。勉強になりました
Commented by 大河と潮流 at 2009-11-04 13:09 x
はじめまして、大河と潮流と申します。ブログはいつも読ませていただいております。

オウムといえば、平成7年、
阪神淡路大震災、そして、地下鉄サリン事件、
宗教法人法改正(改悪)、参考人招致、等々、

激動の一年でした。

話は変わりますが、「バカの壁」で一躍脚光を浴びた
養老孟司氏も、東大の教授をやめて、私大へ行った理由は「エリート学生のあまりにも、自分でものを考えない」ことに失望したとのこと。オウム事件でのことです。
「考えることのできる人間」育成のためであったとのこと
です。官学の限界を感じた故だそうですが、

今回は、まとまった意見は書けませんが、あるゆる意味で、大きな教訓を含んでいると思います。
Commented by 菊川広幸 at 2009-11-04 21:54 x
1名様、公開しませんでした。スミマセン。
私、阿含宗は小乗と言っただけです。阿含経そのものが小乗経ですので。何か問題ありますか?
Commented by jun at 2009-11-05 01:31 x
こんばんは。
公開されず残念です。
私が問題と感じたのは、このブログの中で、菊川さんの言葉の端々に、非常に排他的なものを感じたということです。
「小乗だからツマラナイだろう」だとか、「創価学会は日の美しい道を、和気藹々と楽しく歩いているようなもの、他宗は、ましてオウムはゴミ箱の中に閉じ込められているようなもの」というような言葉からです
たしかにオウムはカルト宗教でしたが、例えば阿含宗の信者の人がこのブログを見た時どう感じるでしょうか。いい気持ちはしないと思います。
なぜそこまで排他的な姿勢を持つのでしょうか。宗教は人間がつくるものです、いろんな宗教があることは、悪いことでしょうか。
Commented by 菊川広幸 at 2009-11-05 06:41 x
junさん、おはようございます。
まあ、論争に疲れていただけです。いろいろゴタゴタして、「それはこういうことです」、「私はこう思っています」と言うような展開にしたくなかったのです。
junさんの言われることは、一般的な視点から言えばごもっともです。ただ、宗教の分野は、「幸福の追求」です。「幸福になるためにどう考え、どう行動して、実際にその幸福を掴むか」ということです。
その方法論が宗教によって異なる。
例えば、農業を例にしましょう。北朝鮮の国家元首が、あるとき、田んぼの稲の植え方を見て、「何故、隙間だらけに植えるのだ。2倍植えたら2倍の収穫があるではないか」と言った。そこで、全国で2倍植えた。すると大凶作になった。これは有名なお話ですよね。つづく。
Commented by 菊川広幸 at 2009-11-05 06:41 x
つづきから。
物事の判断は、おそよ正邪、善悪と分類しないと、正解にたどり着けないのです。宗教は、個人の意思で、好き嫌いのものという見方を創価はしません。
でも、この印象の与え方は考慮しなければならないですね。確かにゴミ箱は問題と言われるのはわかります。詩的に表現したつもりでしたが。今後のブログ運営上のアドバイスとは受け止めます。変更しますかね。
ともあれ、オウムの問題はナチスのごときもので、故に、地獄、ゴミ箱というような極端な表現にしてみたのです。
Commented by 菊川広幸 at 2009-11-05 06:55 x
Junさん、もう1つ。
Junさんのおっしゃられることはとても大事な疑問と思います。後日、この「宗教は何故批判するか」を記事にしてみたいと思います。
批判をしない宗教と、批判をする宗教の違いの根底に何があるのかを知ってもらいたいと思いますので。^^
Commented by 凰陣 at 2009-11-05 12:36 x
菊川さん、みなさん、こんにちは。

スピリチュアルの件、関心を持って拝見しました。

私は以前、自分の個人的なそちらの面での体験を自分のブログで書いた事がありました。
いずれ、スピリチュアルの破折を記事にしたいと思っている事も前提にしたものでした。

スピリチュアル系も全て、日蓮仏法で破折可能な事であり、破折せねばならないモノだからです。
学会員でもスピリチュアルに親しみを持つ人がいるでしょうから、危ないんです。
ファンの方からは怒られるかもしれませんが、私はスピリチュアル系の番組は、ドラマ感覚でしか捉えません。


記事更新、楽しみにしております。

お邪魔しました。m(_ _)m
Commented by 菊川広幸 at 2009-11-05 13:07 x
バードさん、こんにちわ。
私のブログも多くの方々がご覧になってくださるので、発言、行動には注意します。自由奔放に動くことで、リアルな情報発信ができますが、注意しつつ使命を果たしたいです。^^
Commented by 菊川広幸 at 2009-11-05 13:11 x
大河と潮流さん、こんにちわ。
そうですね。「考えない」の代表が小乗の特徴ですし、創価のように、「体験して掴む」ということが大事ですよね。
オウムはとてもナチスに似ています。怖いことです。
私、西村氏に会うまで、オウムのこと詳しくしりませんでした。
こういうことも学ぶ必要がありますよね。^^
Commented by 菊川広幸 at 2009-11-05 13:16 x
風陣さんl、こんにちわ。
スピリチュアル‥、これを記事にすると、様々な意見が来て、大変なことになるので、たっぷり睡眠をとって体調を整えて、慎重に発言します。軽々しく言うと、また大変なことになりますから。(笑)
でも、私、いろいろ周囲の人のことも含めあるので、近く記事にはしたいと考えています。^^
Commented by Breakfast-Club at 2009-11-05 14:18 x
 凰陣さんのご意見に賛成です。
 スピリチュアル系の番組はドラマ感覚で見るのはいいのですが、鵜呑みは大変危険です。
 BPOがフジテレビに指導をしたのもその理由ですし、「オーラの泉」に対しては、弁護士会が動きましたでしょう。坂本弁護士一家殺害事件が背景にあって、オウム真理教事件が過去のものになっていないと安心できた一件でした。
 ですので、誰かが破折する必要がありますし、夢を壊すなって泥をかぶらなければなりません。
 必要ならば、私がその泥をかぶってもいいと思っています。
 エントリーを立てるために、早く資料を集めないといけませんね。頑張ります。
Commented by 菊川広幸 at 2009-11-05 16:57 x
ブレックファーストクラブさん、こんにちわ。
是非、お願いします。「夢を壊す」なんでないですよ。創価は否定的立場、というか「そのような力に頼ってはいけない」という釈尊の教えが根本です。浮遊とか瞬間移動などは馬鹿な話ですが、霊視、占い、予知能力などをどのように破折するかですね。期待します。^^
Commented at 2009-11-07 11:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-11-07 11:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-11-07 11:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 菊川広幸 at 2009-11-07 22:21 x
非公開コメントNO.2さん、こんばんわ。
本当は、NO.2さんのブログにコメントを入れようとしたら非公開ができないので諦めました。私、あなた様の心、何だか随分分かるんですよ。きっと、きちんと記事にしますね。期待してください。
さて、書かれている内容、深いですネ。ハッとさせられます。
ありがとうございます。確かに良い経験をさせていただきました。^^
Commented by 旭川の自称美女 at 2010-07-11 23:58 x
私は、現在旭川大学に通っています。先月、そこで笑えない出来事がありました。それは、大学祭のポスターにオウムのアニメの一場面が使われていたことです。あまりにも自覚のない行動だったと思うのです。
Commented by sokanomori at 2010-07-12 07:24
旭川の自称美女さん、おはようございます。
きっと、素敵な方なんでしょうね。^^
オウムの問題も、時間の経過と共に風化しているのでしょう。
オウムは恐ろしい宗教でした。今も、類似する宗教は沢山あります。何とも虚しいことですけれど、そういう人はいるものです。
世の中には、ヒトラーすら敬愛する人たちがいるのですから。
★菊川広幸

<< 続・オウム真理教 続・リアル対談 >>