大いなる希望

  ◇39年前に何度も読んだ長編詩。

c0180341_20365423.jpgこの写真は、私が小学校4年生のときに、少年部員会で頂いた詩集である。
縦12.5cm、横9cmの小さな小冊子。
この中に、「大いなる希望」と「少年」の二編が掲載されている。
当時、私は何度も、この小冊子を繰り返し読んだ。池田先生の詩に触れ、少年は未来のことを空想した。以下に、「大いなる希望」の詩をご紹介する。
-----------------------------------------------------
       ~大いなる希望~
     創価学会会長 池田大作

大いなる希望 高らかな暁鐘(ぎょうしょう)
二十一世紀まであと三十年
その時 君たちは 人生の最も充実した年代になっている
僕は 二十一世紀をすべて君たちに託したい
いや それは 人類 みなの心でもあろう
未来は すべてが君たちのもの それを決して忘れてはならない
広布の堂々たる歩みを思う時
昭和五十四年に 第七の鐘は ひとたび鳴り終わる
その時 君たちははつらつたる青年と育っていよう
次に新しい 七つの鐘を鳴らすのは君たちしかないことは明らかだ         
そのために勉強しよう そのために体を鍛えておこう     
失敗もよし 苦しみも 悩みも 喜びも 希望も  すべて未来のための財産だ
どんなことがあっても くじけてはならない 退いてはならない
蓮華は泥中(でいちゅう)より出でて花開く 栴檀も大地から生じていく
ほんとうの人材は 名もない庶民の辛苦の青春のなかに はぐくまれていくものである
ああ 新しい かがやく鐘の音が聞こえてくる
君たちの紅潮した顔 澄んだ瞳 自由奔放にふるまう姿
僕の胸には 二十一世紀の歌声がひびいてくる

大いなる希望 深き生命の絆
君たちのことを思えば 僕も さらに力強く 
全生命をかけて道を拓き 舞台をつくっていかなくてはならない
君たちが その大道を晴れがましく 胸をはって闊歩する日を心から待っている
僕の心は ただそれだけしかない
空には 鳥の飛ぶ道がある 海にも 魚の通る道がある
目には見えないが 重力の波は 大宇宙を貫いている
生命それ自体にも 目に見えず しかも厳然と実在する法則があるのだ
諸君が進む大道は たとえ誰人が見ずとも
未曾有の栄光の花道であることを 僕は確信したい
君たちよ 大木となれ 力と福運の葉を茂らせよ
勝利の花を爛漫と咲かせ 実を結べ
僕は 根っこになる 根は見えない 見えなくてもよいのだ
君たちよ 壮大な大殿堂をつくりゆけ
人類のために 未来のために 僕は喜んで その礎石(そせき)となろう
君たちよ 新しい世紀の建設は 僕と君たちの共同事業だ
君たちは 必ず 僕の望みをかなえてくれるだろう
信頼のきずなをさらに深く 強く結んでいこうよ

大いなる希望 光り燦(さん)たる平和
いまなお この地上には戦火が絶えない
民族と民族 国家と国家 思想と思想の対立は 深刻さを加えている
誰の責任でもない みな 過去の大人たちがもたらしたものだ
これからも いやまして 平和への道はけわしいかもしれぬ
だが ひとたび 君たちが立った時には 時代相は一変してしまう
君たちは 平和の旗手だ 逞(たくま)しい担い手なのだ
世界の友だちと心を一つに 手を取りあって
どこまでも「平和」の二字を貫いていってくれたまえ
人間が 他の天体にまで行ける時が来ているのに
ちっぽけな地球で いがみ合う必要はないはずだ
人類は みな友だちであり 兄弟でなくてはならない
全世界は 君たちが乱舞する庭なのだ 花園なのだ
大地も 大海も ことごとく生命に満ち満ち 一切をはぐくんでいく慈愛にあふれている
そこに いったい なんの境界線が必要か 
この地球は みんなのものだ
みんなで協力し 開発し さらに栄えさせていかなくてはいけない
過去の悪夢を断ち切ろう そして 心を開いて 燦たる平和の光を迎え入れよう
この時 この一瞬 刻々と 平和の殿堂が富士のすそ野にそびえゆく
君たちの育つ姿にほほえみながら 
そして 君たちの その前途を祝福し たたえながら
-----------------------------------------------------
30年後の未来‥。
それは少年にとって、途方もなく遠い未来だった。私には、明確な将来像は描けなった。
ただ、この詩を読み、創価学会の一員として、恥ずかしくない自分になりたいと思った。
私の幼少期の過去の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2010-08-06 22:38 | 創価学会豆知識 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://sokanomori.exblog.jp/tb/14906157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 里奈子 at 2010-08-07 09:13 x
小学生の時暗唱した
たしか2番(二段落って言うのかな)の途中まで言えた筈
Commented by sokanomori at 2010-08-07 22:30
里奈子さん、こんばんわ。
私もきっと、暗唱させられたのだと思います。40年も前のことなので、記憶に定かではありませんが。(笑)
★菊川広幸
Commented at 2010-08-12 00:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori at 2010-08-12 22:09
非公開コメントさん、こんばんわ。
>これからは、君たちが自分史を創り上げていくんだからね。
そうですね。先生の万分の一ですけれど、しっかりしなければ。
でも、先生は、やっぱり凄い。偉大の中の偉大です。^^
★菊川広幸
Commented at 2010-08-13 21:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori at 2010-08-14 06:04
非公開コメントNo.2さん、おはようございます。
>大事にとってたのに引っ越しの時なくしちゃいました。
小冊子ですからね、どこかに行ってしまいます。
でも、また、出てくるかも知れませんよ。^^
21世紀は遠い未来でしたけれど、もう10年も過ぎたんですよね。
お互い、年をとりましたよね~。(笑)
★菊川広幸
Commented by じゅん at 2012-07-31 09:48 x
私も小学校の頃、大いなる希望の下敷きを頂き暗証しました。今でも覚えています。時々思い出しては口ずさみながら先生に誓います!必ず使命を果たしてまいります!と・・・。
Commented by sokanomori at 2012-07-31 23:24
じゅんさん、こんばんわ。
先生の詩、励ましの言葉‥不朽ですよね。
何歳になっても、心に響く。希望が湧く。
不思議です。(^^)
★菊川広幸
Commented by 希望の鐘 at 2014-11-10 14:56 x
以前から読ませてもらってます。
一度コメント入れた時のネーム忘れましたので、改めて長崎在住なので「希望の鐘」でさせてくださいね。

先生のこの詩、11歳の誕生日迎えた後の11月くらいに、手書きのガリ版刷りの紙でいただきました。

毎日が、宿命の中で生きていた私は、初めて21世紀という未来を知り、心の中に希望の火が赤々と燃え始めたのを感じました。

涙にくれる毎日の中にあっても、全部未来のための財産なんだ!
蓮華は泥中のなかでさえ、染まることなく華を咲かせている。
先生は、根っことなって大樹に育ってくれるよう支えてくださっている。

どれぼど、心に響いて、生きていくエネルギーとなったことか!

先生の詩に支えられ、学会の中で、ご本尊に守られて生きてこれた事に感謝♪♪

多分に菊川さんと同い年?
今は、色んな波を越えてきて、逞しく生きていく生命力がつきました♪(笑)
これからも、創価の旗を振りながら使命の道を走ります(^-^)/
Commented by sokanomori at 2014-11-11 06:11
希望の鐘さん、おはようございます。

>今は、色んな波を越えてきて、逞しく生きていく生命力がつきました

私、同じ感覚があります。
沢山の宿業を乗り越えて、その乗り越えた分が誉れであり、最高の思い出になっているんですよね。
楽しかったこと、安穏としたことよりも、むしろ苦難を乗り越えたことが鮮明に記憶にあり、楽しい思い出になっています。

>先生のこの詩、11歳の誕生日迎えた後の11月くらいに、手書きのガリ版刷りの紙でいただきました。

そうですね、同年でしょうか。
何だか嬉しいです。(^^)
★菊川広幸
Commented by haru at 2015-01-07 19:11 x
はじめまして。
遠いむかし、未来部担当と
合唱団スタッフをやらせてもらいました。
haruといいます。
千葉県です。
大いなる希望の歌詞を検索していたら
こちらを見つけて
長編詩を懐かしく拝見しました。
わたしは、大いなる希望の歌が
大好きです。
今でも口ずさみます。
今は第2の鐘の時代ですが
あの頃の気持ちを忘れずに
いたいと思います。

千葉総県の、いち婦人部 haru
Commented by sokanomori at 2015-01-07 20:41
haruさん、はじめまして。
21世紀も15年になりましたね。
今や、私ははつらつとした壮年になりました。^^
★菊川広幸
Commented by 角島敏彦 at 2015-08-01 20:56 x
みなさんこんにちは
おおいなる希望は生涯の詩です
とてもなつかしです
今は、自分も壮年部のおっさんです
Commented by 角島敏彦 at 2015-08-04 21:49 x
菊川様
承認していただきありがとうございます。
おおいなる希望改めて見ることができ感謝いたします
未来部時代に暗唱をさせられたので少しは思い出せあの21世紀まであといくつとか第七の鐘とか本当に懐かしいです。
このホームページを拝見をいたしこんなにまとめられたのははじめてです。
創価学会に関する情報がすごく良く書いてあり勇気をもらい感謝いたします。
Commented by sokanomori at 2015-08-07 06:04
角島敏彦さん、恐縮です。ありがとうございます。
私も暗唱させられた一人です。
創価学会は素晴らしい学校ですよね。
哲学、詩心、コミニュケーション、何でも教えてくれました。
今も変わらず、この詩は心に響きますね。
創価の大いなる希望を胸に、前進できる私たちは幸せですね。^^
★菊川広幸
Commented by 角島敏彦 at 2016-05-12 08:31 x
菊川様
おはようございます
久しぶりに開いてみました、大いなる希望の詩からあっと言う間の30年以上が経ってしまいましたね
あの時代が本当に懐かしく思います、今は詩の記憶もなくなり歳をとってしまい記憶力もなくなりました
毎日の先生の指導を読んで発心をしております。
○参も頑張って勝利していきましょうね
Commented by sokanomori at 2016-05-14 03:08
角島さん、私も久々、この詩を一通り見ました。^^
あっという間の30年・・ですね。
はい、勝利いたしましょう。^^
★菊川広幸
Commented by 永遠の凡夫 at 2016-05-14 19:47 x
30年ですか…

子供の頃、新・人間革命の連載が始まって、お祭り騒ぎだったことを思い出します

あの頃は、全30巻というのが、果てしない未来のように感じました
Commented by みちろう at 2016-10-02 18:03 x
今回の地区総会における未来部コーナーで、少年部時代に勉強した『大いなる希望』を今の未来部に朗読してもらおうと思い、ネットで検索したところ、このサイトに行きつきました。
懐かしかった! 今読むと、本当にすごい詩だし、先生の激励と期待がビンビン伝わってきますね!
もう定年まじかのオッサンになってしまいましたが、なんとか活動を続けています。
ともどもに頑張りましょう!
詩の掲載は、本当に助かりました。 ありがとうございます。
Commented by sokanomori at 2016-10-02 21:07
みちろうさん、こんばんわ。
私も定年まで3年少々です。
大いなる希望を胸に私も頑張りますよ!^^
★菊川広幸


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 08月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

非公開さん、おはようござ..
by sokanomori at 05:50
他宗であっても立派な人は..
by sokanomori at 06:00
最後に日顕宗について一言..
by 誓願 at 23:53
菊川さん。少し調べたので..
by 誓願 at 23:51
時を経て2017年。11..
by 誓願 at 22:15
weoさん、おはようござ..
by sokanomori at 05:03
「信」 この一文字の大..
by weo at 01:52
そうねんさん、こんばんわ..
by sokanomori at 21:06
ご質問よろしいでしょうか..
by そうねん at 20:07
非公開さん、こちらの本館..
by sokanomori at 16:16
yukiさん、<別館>に..
by sokanomori at 16:11
菊川さん、お久しぶりです..
by yuki at 16:09
九州の若造さん、おはよう..
by sokanomori at 05:42
私は、以前御本尊様にこの..
by 九州の若造 at 13:58
レーズンパンさん、おはよ..
by sokanomori at 05:29
「サイコパス」という言葉..
by レーズンパン at 07:23
otiさん、おはようござ..
by sokanomori at 05:35
こんにちわ!創価三世の学..
by oti at 16:35
非公開さま、本尊流布誠に..
by sokanomori at 07:14
ありがとうございます。
by 甚平 at 05:56

メモ帳

画像一覧