不適切な記事のお詫び

◇「防衛戦争容認論」を撤回します。

c0180341_8343619.jpg大変お騒がせいたしました。
私は、「防衛戦争容認論」なる記事を書きました。
この記事を書いたきっかけは、→ここをクリック!
容認論の意味は、「正当防衛は許される」という、私にとっては何の違和感もない内容のものでした。
しかし、読者の皆様から沢山の苦情をいただきました。
今回の問題を大きくした原因は、文章の書き方(過激な文章表現)にもありますが、焦点は「正当防衛の戦争」の是非についてのことと受け止めています。
コメント欄には、「戦争はいかなる理由があっても許されない」とのご意見が多く寄せられました。私は当初、この意見には同意できませんでした。
ある意味、現実的でないと思ったのです。
誰しも、暴漢に家族が襲われたら、当然、抵抗することでしょう。むしろ、抵抗しないという考えは存在しないのであり、それが国家においては戦争状態であると認識していました。
まして、防衛を職務とする人々にとって、「戦争が絶対悪」だと定めるなら、その人たちはまったく浮かばれないことになります。
防衛上の行為は正当との認識の方が、むしろ自然だと私は思っていました。私は、反戦平和とは、戦争の発生する以前の話と考えていました。ひとたび戦火となれば、勝利に向かって動くことは当然と考えていたのです。
私は、御書を読み、御本尊に祈りつつ、私のどこが悪いのかを考えました。生まれてこのかた、「戦争は是か非か」を祈り、問い、考えたことはありませんでした。
私は熟慮の中、一応の答えを得ましたが、より納得のいく方法として、学会本部で個人指導を受けました。さらに、ブログのコメント欄からも、ご意見としてしっかりと受け止めました。
結果として、私の発言は不適切であったとの結論に至りました。
「正義の戦争はない」ということが、ほぼ、納得できたのです。
この認識は、かなり高度な内容です。
単純に「無抵抗」とも意味が異なりますので、今後のためにも、改めて、私の何が間違いであったかを、しっかりとお伝えしたいと存じます。
まずは、お騒がせしたことを正式にお詫びすると同時に、先日作成した記事の全面的な改訂をお約束いたします。誠に申し訳ございませんでした。
尚、私の不適切な発言に対し、愛情を持って、ご意見、ご忠告を下さいました沢山の同志の方々に、心より御礼と感謝を申し上げます。ありがとうございました。
明日以降、「戦争の是非」について記事にいたします。
次の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2010-12-06 23:30 | Trackback | Comments(29)
トラックバックURL : http://sokanomori.exblog.jp/tb/15572214
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by JunkDark at 2010-12-07 00:32 x
 菊川さん、こんばんは。

承前
 判って頂けたようなので、安心しました。
 しかしながら、他の閲覧・読者の防衛戦争容認論の方は、これを機会に是非とも考えて欲しい。
 個々人が防衛の為に持つ武力と、組織が持つ武力の違いを。
 それらをごっちゃにして日興遺誡置文の「刀杖等に於ては仏法守護の為に之を許す」を引き合い出すのは的外れになってしまいます。
 日蓮大聖人在世は、寺院が兵力を持っているのが普通でした。
 比叡山や三井園城寺なども、僧兵が沢山抱えていて気に入らない時は、相手が僧侶であっても殺害する事があった時代です。
 自衛の為にも、武器は必要です。
 「信心していれば丸腰でいても諸天護ってくれる」訳ではないですよね?
 武器を持っている=殺害ではありませんし、武器を持っていない=平和でもありませんね。

 できれば、これら一連の記事をそのまま改定せずに残して頂ければ思考変化が判って良いと思います。
 今回の記事を切っ掛けに、菊川さんを対告衆となって他の戦争容認派の方も一考の一助になれば幸甚です。
Commented by イプシロン at 2010-12-07 01:20 x
菊川さん こんばんは。
納得できて、かつ正しい答えに辿り付けたようで良かったです! 嬉しく思っています。

色々とご努力されたようで、ともかくお疲れ様でした!!
Commented by 大河 at 2010-12-07 09:37 x
菊川さん、ほぼスッキリしたようで良かったです。

関連上、あと何回かコメント欄にお世話になります。

對馬大河さん、①

今回は、菊川さんをサポートする目的のみで、このブログに
コメントを入れていたので、本来なら、面倒なので、相手に
したくないのですが、

善意で、コメントすると、必ず、あなたのような、「的外れ」な
「トンチンカン」な人が紛れ込む、残念ながら、致し方ありません。


「的外れ・トンチンカン」の根拠は、

>菊川さんの問題記事をまだ読んでないのですが

↑言語道断です。
そして、今回の「問題」の、そもそもの発端は、富士宮ボーイ掲示板です。
当然、あちらの関連書き込みも、読んでいませんね。

②に続く
Commented by 大河 at 2010-12-07 09:38 x
對馬大河さん②

>10年後、30年後、100年後、池田先生のおしゃったことを
>議論もせずにそのまま通用させようなんて甘すぎやしませんか?

私が、一言も書いていないことを、想像で「創作・ねつ造」

ハッキリ言って、この「妄想力」の方の、「御高説」を本気で
お伺いするつもりはありません。
現在でも、学会は、皆で「協議」しながら前進していますよ。
師匠の指導を、「その通り」と、受けとめることのできない
人達の「議論」など、迷路に入るだけです。
それを、あのような表現で書いたのですよ。

>對馬大河と申します。
>普段「大河」というハンドルネームを使っているので、上記の大河さんが僕の名を語って>いるのではないかと思ってしまいました(笑)←自意識過剰

この場合の(かたる)は、「騙る」が正しいのです。
このあたりも、「ふざけ半分」の意識がかいま見えます。
世間では、同じ名前はたくさんあります。
日本で多い姓は、小林、高橋、鈴木、佐藤等々、

③に続く




Commented by 大河 at 2010-12-07 09:41 x
對馬大河さん③

補足説明 2010年 12月 03日をご覧ください。
コメント欄
-------------------------------------------------------------------
Commented by hayamityouzaburou at 2010-12-04 19:30
意見は色々有って、其れが正常なんですよ。
何も、気にする必要無いと思いますよ!

Commented by sokanomori at 2010-12-05 10:08

けれど、意見は1つにできない分野も沢山あると私は思います。
アフガニスタンの自衛隊の給油活動だったと記憶していますが、当時、公明党の政策について集会がありました。
このとき、ある男性が立ち上がり、「公明党はいつから戦争を支援するようになったのか!」と怒りをぶちまけていたことがありました。
給油活動とは言え、アフガニスタンの戦争の片棒を担いでいるではないかとの意思表明です。
こういうことは沢山ありますでしょう?

-------------------------------------------------------------------------
まず、このような、意見が前提にあるんですよ。

④に続く
Commented by 大河 at 2010-12-07 09:42 x
對馬大河さん④

富士宮ボーイ掲示板を、見て下さい。http://fboybbs.dip.jp/

特に「seigi」さんの意見が、ほぼ100点満点です。

No.31646
No.31651
No.31660
No.31668
No.31682
No.31694

若干、キツイ言い方に感じる面もあるでしょうが、「論」の内容は
師匠の指導を、とことん謙虚に素直に受けとめるということです。

今回「議論不要」は、師匠の指導を真っ直ぐに受けとめる。
謙虚に素直に受けとめる、そのことの重要性を申し上げたのです。

いずれにしても、関連書き込みを全く読んでいないでの、「横レス」
「軽率」「フライイング」以外のなにものでもありません。

掲示板を紹介しますと提案しましたが、取り消します。
現時点では、全く期待しておりませんので。

以上で終わります。



Commented by 大河 at 2010-12-07 09:44 x
菊川さん、申し訳ないです、関連がありますので、書かせていただきます。

マグマグさん、ここでしたら確実に見ていますね。
若鷹掲示板にも投稿しましたが、

マグマグさんの富士宮B掲示板
No.31690 【主張】私は、沖浦さんに賛成!投稿者:マグマグ

>大聖人は、「妙法の民衆の誕生」を見届けられ、これを出世の御本懐とされ、
>烈士によって確立された民衆の、民衆による民衆の、絶対的幸福境涯を拓く
>「日蓮仏法の信心」を、末法万年の全世界に顕彰、継承させるために、
>「本門戒壇の大御本尊」を御建立あそばされた。

大聖人の「出世の本懐」という「最重要」なことです。

今回、菊川さんが、富士宮から「指摘」されるのは「致仕方無い点」は
あるからこそ、私も菊川さんをサポートするべくコメントを入れました。

菊川さんに対して、過剰なほどの「罵り」をしていましたね。

本来でしたら、今回の件も、指摘は面倒ですが、

あれほど、菊川さんを
糾弾していた「正義の人」の、日蓮大聖人の出世の御本懐についての
このマグマグさんの「論」は、実は沖浦氏の「己義」と、同じということを
まさか、御存知なかったでしょうか?



Commented by 對馬大河 at 2010-12-07 12:36 x
大河さん

大変申し訳ありませんでした。
議論の途中で前の記事からの文脈を無視してトンチンカンなことを言ってしまいました。
大河さんのおっしゃる通りだと思います。
その他も、大河さんの御指摘の通りです。
ここにお詫びして、前回のコメントを削除致します。

大変失礼致しました。ごめんなさい。
Commented at 2010-12-07 12:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by momo at 2010-12-07 15:03 x
理想や指導の内容がこうだから、それが正解だという意見は軽いと思う。
今、「戦争は絶対反対だ。私は無抵抗で殺される。」という人がいたとしても、その場になったらわからない。
菊川さんだって、理想は最初からわかっていたと思うよ。
菊川さんは、「納得できるかどうか」で話しているのであって、池田先生がこう言われているから「それが答えです。」というなら、まったくネットでの対話なんて不要だよ。
先生が、「こうだ」と言われていることを、全員が「はいそうですね」なんてならないし、全員がそうなれるなら世話ないと思う。
いろいろな意見があるのは当然だよ。
Commented by momo at 2010-12-07 15:15 x
それと、韓国人としてどうかと考えるのも必要だと思うよ。
韓国人が、「反戦絶対」と言うだけの人達をどう思うのだろうか?
Commented by みかん。 at 2010-12-07 15:46 x
こんにちは!
「納得」と「結論」に、安心しました^^
菊川さんには、「愛情を持って、ご意見・ご忠告して下さる」素晴らしい同志の方々が沢山っすね!菊川さんが無作三身?で、正直で素直で純粋な方だからかなって感じるっす。

ところで、大河さんのコメにある「師匠の指導をまっすぐに、謙虚に素直に受け止めることの重要性」という言葉を読んで、自分にも必要だなって感じています。
菊川さんは「防衛戦争」についてですが、私は「死刑廃止」について去年から考える事があります。今の日本ではまだ死刑は必要かなと思ってしまいます・・。
でも、「生命尊厳」という言葉を見ると、「戦争は絶対にダメ」というのと「死刑廃止」は、根底は同じなんだなと、コメ欄を見ていてはっきり感じました。

私も、先生の指導をもっと沢山読んで、菊川さんみたいに熟考していつか納得と結論を導き出したいと思っています。(死刑について)

余談多くて失礼しました。
Commented by 凛々子 at 2010-12-07 17:54 x
こんばんは。
拙い私の言葉にも耳を傾けていただいてありがとうございました。
私も一念発起するまでは我見ばかりの頭でっかち(頭でっかちになるまでの知識もないのですが(;^_^A)で、祈りだけでそんな何もかも上手くいったら誰も苦労しないよとか思ってました。
それから先生の指導や教学を勉強していく内に人にも宿業があるように国にも宿業があって、それを切る為に広宣流布があるんだなとおバカなりに理解しました。
人が作るのが国だから人の業が国に反映してしまうみたいな感じに思いました(間違ってたらすみません)
記事楽しみにしてますヾ(≧∇≦*)〃
Commented by さみーん at 2010-12-07 20:52 x
菊川さん、この議論を取り上げてくださって、ありがとうございます。
反戦については様々な思いがあるのですが、今それを書き込んでいる時間がありませんので、とりあえずお礼だけ申し上げます。
Commented by sokanomori at 2010-12-07 23:19
JunkDarkさん、こんばんわ。

>今回の記事を切っ掛けに、菊川さんを対告衆となって他の戦争容認派の方も一考の一助になれば幸甚です。

いつも、ご心配をお掛けしてスミマセン!
「人の地に倒れて還つて地より起つが如し」(1586頁)ですね。^^
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2010-12-07 23:21
イプシロンさん、こんばんわ。
ご心配くださり、ありがとうございます。
まだ、超発展途上ですけれど、少しでも師匠に近づきたいです。^^
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2010-12-07 23:29
大河さん、本当にお世話になりました!
今回の一連の大河さんのお話は、本当にためになりました。
ただ、
>特に「seigi」さんの意見が、ほぼ100点満点です。
とは思っておりません。^^:
大河さんのが100点ですよ。
「seigi」さんは、私が師匠からズレているから、「ダメなんだ」と言っている。
このことは、いつか記事にしたいと思うのですが、「ズレているのは当たり前」なのであって、その「ズレた人間」が創価の宗教を実践して人間革命をするということが大事だということが、彼には見えていないのです。
言っていることは正しいのでしょう。
けれど、愛情がない。
そのことが、大河さんとの明快な違いでした。
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2010-12-07 23:31
對馬大河さん、こんばんわ。
でも、もう1つのアドバイスはちゃんと受け止めてますよ、私は。^^
ご参加くださり、ありがとうございました。
感謝しています。
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2010-12-07 23:35
非公開コメントさん、こんばんわ。
一部、ご意見、公開しますね。^^

>私の中には菊川さんの意見も皆さんの意見も両方存在しています。 学会人だから社会人だからと踏まえれば皆さんのような意見をたぶん言うでしょう。 でも、今の韓国SGIメンバーはどうなんでしょうとか、今回の砲撃で被害にあわれた方の親戚、知人のSGIメンバーはどんなんだろうと考えると、ん~~となります。

当然です。私、この考えが普通だと思っていました。
「絶対に戦争はいけない」となった時、具体的に「北朝鮮はどうするんですか?」ということになりますでしょう。
私も、さすがに、チンプンカンプンでした。
ただ、完全ではないにせよ、少し見えました。
後日の記事をご参考になさってください。^^
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2010-12-07 23:39
momoさん、こんばんわ。

>「納得できるかどうか」で話しているのであって‥

ありがとうざいます。さすが、よくご存知で。(笑)
私の意見としてブログにしていますから、こういうギャップが生まれるのですが、今回は、「これでいいのだ」とは出来ませんでした。(笑)
かなり、悩みましたよ、今回は。^^
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2010-12-07 23:43
みかん。さん、ご心配かけてスミマセン。
>「納得」と「結論」に、安心しました^^
まだ、安心できませんよ。(笑)
そんなに、人間、迅速に変われませんから。
今回、見えた。そこに近づく努力をするということです。
私は平凡な一学会員ですから。まだ、全然、ほど遠いのです。
でも、ありがたいです。
皆さんに、しっかり教えていただいた。
感謝しています。^^
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2010-12-07 23:47
凛々子 さん、こんばんわ。
平和主義は女性が一番敏感ですよね。
今回のテーマは、私にとってはムズカシイのです。
でも、努力して自分のものにします。^^

>人にも宿業があるように国にも宿業があって、それを切る為に広宣流布があるんだなとおバカなりに理解しました。
人が作るのが国だから人の業が国に反映してしまうみたいな感じに思いました。

その通りですよ。おバカって、それは私のことですよ。(笑)
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2010-12-07 23:48
さみーんさん、コメント本当にありがとうございました。
また、お考え、聞かせてください。
お待ちしてますよ。^^
★菊川広幸
Commented at 2010-12-08 08:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-12-08 08:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by みかん。 at 2010-12-08 09:08 x
ここからは公開で(笑)
私は以前、死刑廃止論に反対でした。人を殺したら、犯人の命をもって償うのが当然だと考えていました。
先生が死刑廃止をおっしゃっているのを知っていても、当時の自分には先生の言っている事が理解できなかった事と、これまでの染み付いた自分の考えを変える事が難しかったんす。
でもそのうち、今の日本の死刑制度(永山基準)そのものが生命軽視じゃんってやっと気付いたりして。
結局、殺してから云々じゃなくて、教育の段階から変革していかないとダメだと。
仏法の生命哲学を少し知るだけでも変化が大きくて、今は当初の考えがかなり変わってきています。時間かかりましたけど。
まとまりないっすけど、もし私が「創価の森の小さな家」というブログをブロック幹部さんとして持っているとしたら、死刑廃止論を記事にする場合、最低でも、(当初から考えが変わってきている)今の段階で記事にしたいなって事っす。菊川さんも「勇み足だった」とおっしゃっていましたが。

「迅速に変われない」事はよくわかってます。
でも、逆にこんな短期間で「見えてきた」菊川さんが凄いと思うっすよ~。
なんだか言いたい事を書きすぎて失礼しました!
Commented by sokanomori at 2010-12-08 22:08
みかん。さん、こんばんわ。
>逆にこんな短期間で「見えてきた」菊川さんが凄いと思うっすよ~。
しっかりと掴めるよう、精進します。
恐縮です。^^
★菊川広幸
Commented by 久遠の凡夫 at 2015-07-08 19:19 x
具体的にどこに書いてあったのかわからないので申し訳ないですが、大聖人は門下の武士たちに、何かあったら刀を抜いていい。とは言ってました。ただし、絶対に殺してはいけない。と(峰打ちなのかな)

死刑に関してですが、極悪犯罪者は、いくら殺しても、また犯罪者として生まれ変わって多大な犠牲者が出る。と教学を学んで知ってから、死刑がバカらしくなりました。

だからこそ、生まれ変わっても罪を犯さないように、現世での更正が大事なんですね。
Commented by sokanomori at 2015-07-12 06:37
久遠の凡夫さん、おはようございます。
刀を抜いていいが、殺してはいけない‥
スゴイお話です。
それと、犯罪者はまた生まれてきて犯罪者になる‥
これは困ったお話ですね。
殺せば殺しただけ悪しき宿業を積む。
大聖人門下は殺さない。助ける。良い宿業を積む。
平和主義、地球市民主義、全部、善業を積む。
そういうことなのでしょうね。
★菊川広幸


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2017年 04月
2016年 08月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

九州の若造さん、大いにご..
by sokanomori at 22:53
ありがとうございます。大..
by 九州の若造 at 06:03
加藤さん、北海道からコメ..
by sokanomori at 18:03
非公開さん、こんにちわ。..
by sokanomori at 17:59
昨年秋に心理ゲーム使わせ..
by 加藤秀隆 at 13:46
菊川さんありがとうござい..
by ゴンゴン at 13:23
モヤモヤされなくていいの..
by sokanomori at 12:31
菊川さん、私、もうひとつ..
by ゴンゴン at 09:40
菊川さん、明解ありがとう..
by ゴンゴン at 23:21
ゴンゴンさん、こんにちわ..
by sokanomori at 17:53
菊川さん、こんにちは、最..
by ゴンゴン at 11:31
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori at 06:01
ゴンゴンさん、中身の見え..
by sokanomori at 05:55
私は菊川さんの記事の中で..
by ゴンゴン at 09:48
1979さん、こんばんわ..
by sokanomori at 22:46
こんばんは。小説・人間革..
by 1979 at 00:25
三笠さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori at 00:21
2016-02-13に投..
by 三笠 at 22:47
チェックを長くしておらず..
by sokanomori at 07:56
私は脱会しました 様々..
by 元学会 at 19:16

メモ帳

画像一覧