人権の巌窟王 ネルソン・マンデラ

◇池田大作SGI会長が語るマンデラ元大統領。

c0180341_034370.jpg本日の聖教新聞に、ネルソン・マンデラ氏に関する池田先生のメッセージが掲載されていた。
------------------------------
アフリカの「人権の巌窟王」マンデラ元大統領は、わが創価大学の名誉博士です。
この元大統領の忘れえぬ叫びがあります。
すなわち、「新しい世界は、どのような人間によって勝ち取られるのか」
「それは、腕組みをして、離れたところから傍観している者ではない。戦いの途上で、嵐に衣服を裂かれ、深手を負いながら、それでも闘技場に身を置いて、戦い続ける者である」
元大統領は、27年半もの獄中闘争を余儀なくされました。
牢獄で、最愛の母や息子の死も告げられました。
しかし、一歩も退かずに、人類の正義と共生のために新しい世界を勝ち取っていきました。
人生の行路には、思うにまかせぬ境遇に立たされることがあります。
その時が勝負です。嘆かず、腐らず、焦らず、「じっとこらえて今に見ろ」と不屈の旗を振り通していくことです。必ず、そこから反転攻勢の流れを起こせるからです。
いずこにあろうとも、そこで自らの使命を見出し、そこで新たな価値を創造し、勝ち栄えさせ、発展させてみせる。ここに我ら創価の心意気があると申し上げたい。
------------------------------
何かを成し遂げるには、困難はつきものである。
マンデラ氏は、実に、1万日もの年月を牢獄で過ごした。不撓不屈の闘争で、南アフリカのアパルトヘイト(人種隔離政策)の撤廃を訴えた。
マンデラ氏とSGI会長の初会見は、1990年10月31日。ANC副議長として来日した氏を東京・信濃町の聖教新聞社で迎えた。1995年7月5日には、大統領就任後に再来日した際に、池田SGI会長は元赤坂の迎賓館に表敬訪問し、再会を果たされている。以来、親交を深めてきたマンデラ氏と池田SGI会長。
苦しくなって、逃げ出したくもなる。諦めたくもなる。けれど、マンデラ元大統領や池田先生のことを思えば、私たちの苦労など苦労のうちには入らない。
さあ、嵐に遭っても負けない勇者になろう!
祈り、決意を固めて、前進しよう!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2012-03-22 23:03 | 創価学会豆知識 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://sokanomori.exblog.jp/tb/17707147
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by SHIn at 2012-03-23 07:44 x
私も今、毎月師匠への御報告と共に地道に活動しておりますが先生の“今に見ていろ!”との叫びが我が生命に響きます。今、うつの治療中で働いておらず経済苦ですが活動でしっかり“経験という名の心の財”を積み比例区1千万票に向け自己の宿命転換をかけ挑み続けます!
Commented by sokanomori at 2012-03-23 21:10
SHInさん、こんばんわ。
困難はいつも浪のように訪れますね。
乗り越えましょう。私も頑張ります!^^
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2012-03-25 00:18
1名さま、ご丁寧なご批判拝見いたしました。
ご批判は、別ブログ「月下の騎士」にて受付けております。
本件内容は公開いたしません。
ご了承ください。
★菊川広幸
Commented by kaisen at 2012-03-25 07:58 x
SHIn様
私も今、凄い大変ですけど共々に励まし合って行きましょう!
Commented by monchan at 2012-03-27 15:02 x
いつも命に響く記事をありがとうございます。
自分の命の改革作業に着手して1年になりますが・・
なかなか結果が出ない戦いに焦りもあります。苦しみも怒りも・・・
しかしこの記事にある通り「じっとこらえて今に見ろ」ですね。
こらえ性が無い私には今まで生きてきた人生の中で一番の踏ん張りどころです。
縁に触れて逃げ出したいと何度思った事か・・
悩みの根源である事のせいに何度した事か・・
所詮己の境涯・福運なんですよね。
境涯が広ければどんな事にも動じない。
福運の差で人生大きく変るんだと云う事を最近ある人の話の中で思い出しました。
亡くなった母がよく言っていた言葉・・
「所詮人生福運の差よ。福運を付けたもん勝ち!だから題目根本に活動するのよ」と・・
何の為に生まれてきたのか?との問いにある幹部の方は「広宣流布の為よ」と即答されました。
自覚が足りませんね。己の事ばかりでしたから・・
命の癖はなかなか変えられませんが、自分の命の方向性を教えて頂いている事に感謝です。
Commented by sokanomori at 2012-03-27 22:17
monchanさん、こんばんわ。
>こらえ性が無い私‥
私もそうでしたよ。
苦労の分だけ、人は忍耐強くなるものです。
>何の為に生まれてきたのか?‥「広宣流布の為」‥
ここに行き着くまでが大変です。修行が必要です。(笑)
でも、継続は力です。
きっと、monchanさんもたどり着かれることでしょう。^^
★菊川広幸


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2017年 05月
2016年 08月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

ありがとうございます。
by 甚平 at 05:56
youtube(ユーチュ..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 19:51
九州の若造さん、大いにご..
by sokanomori at 22:53
ありがとうございます。大..
by 九州の若造 at 06:03
加藤さん、北海道からコメ..
by sokanomori at 18:03
非公開さん、こんにちわ。..
by sokanomori at 17:59
昨年秋に心理ゲーム使わせ..
by 加藤秀隆 at 13:46
菊川さんありがとうござい..
by ゴンゴン at 13:23
モヤモヤされなくていいの..
by sokanomori at 12:31
菊川さん、私、もうひとつ..
by ゴンゴン at 09:40
菊川さん、明解ありがとう..
by ゴンゴン at 23:21
ゴンゴンさん、こんにちわ..
by sokanomori at 17:53
菊川さん、こんにちは、最..
by ゴンゴン at 11:31
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori at 06:01
ゴンゴンさん、中身の見え..
by sokanomori at 05:55
私は菊川さんの記事の中で..
by ゴンゴン at 09:48
1979さん、こんばんわ..
by sokanomori at 22:46
こんばんは。小説・人間革..
by 1979 at 00:25
三笠さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori at 00:21
2016-02-13に投..
by 三笠 at 22:47

メモ帳

画像一覧