自在会Kさんの人生(上)

◇全盲の創価学会員の59年間の人生。
c0180341_6183558.jpg

c0180341_6185355.jpg創価学会の視覚障がい者のグループを“自在会”といいます。
みかん。さんが、地元の視覚障がい者のKさんの体験を聞きました。
私は、視覚障がい者のKさんの体験手記をみかん。さんから頂き、ブログ発表の承諾を頂きました。以下に連載で、その体験をお伝えいたします。
------------------------------

「御書のマイ講師・Kさん」 みかん。

Kさんは、16歳の頃ベーチェット病を発症しました。
眼底出血、黒目に溜まる膿、白眼の腫れ・・・他にも、目のどこかの部位が溶けるなど、主に目に症状が出る病気です。
医者から失明を告げられた十代の頃、毎日のように自殺願望があったそうですが、まだ失明する前に、1匹の脚のもげたバッタを見て、「生きよう。生きなくては」と我に返ったそうです。「1匹の虫でも命が尽きるまで生きている。僕は人間なのに、失明くらいで死のうと考えるなんて虫以下だ。僕も精一杯生きていきたい」と思ったそうです。
ある日、両親が「3人で死のうか」と言ったそうです。
Kさんは「僕は死なないから、死ぬなら2人で死んでくれ」と言うと、それを聞いた御両親は安心したそうです。
やがて神戸市の視力障害者センターに入ったKさんは、はり、きゅう、指圧の資格の取得を目指しました。
そこでKさんは、学会員だった友人から「一緒に祈ってみませんか?」と声をかけられました。座談会に参加し、御書講義に感動したそうです。
信心すれば病気が治るとか、信心すれば目が見えるようになるとか、そういう風には全く考えなかったし望んでもいなかったそうです。ただ、「日蓮大聖人の御書は凄い。御書をもっともっと勉強したい」という気持ちが日増しに強くなり、創価学会に入りたいと願うようになったのだそうです。20歳の時に晴れて入会しました。
全盲やそれに近い人はなかなか雇ってもらえない中、治療院でのアルバイトが決まり、懸命に働き始めました。
そこで、後から就職してきた「可愛くていい子」(←Kさん曰く)に恋をして、なんとかデートしたいと必死に祈っていたそうです。紆余曲折ありながらも折伏が実り、その彼女が入会。学生結婚をしました。
結婚後も、Kさんは次から次へと病魔に襲われます。
大きなものでは、耳の中に大量の水が溜まり聴こえなくなる症状。また、食道がズタズタに切れて飲めない食べられない症状。それから、膝に200ccもの血液が凝固して溜まる症状。
病魔が襲う度に、Kさんはあらゆる御書を心身に刻み込みながら、獅子王のごとくお題目をあげまくりました。
すると、耳の大量の水は全部流れて元よりよく聴こえるようになりました。
「僕は死ぬ気でお題目をあげる。死ぬ時は御本尊の前だ」といっそう信力を強くした後、食道は、奥様手作りの大好きなお寿司を一口飲み込んだ瞬間、全く痛くなくなっていたそうです。
膝の凝固した血液も、難しい手術をする必要もなく、自然に体内に吸収されました。
そして、入会して20年目に、慢性腎炎に。この時は、腎臓に腫瘍も見つかり、医者からは「命が大切なら、仕事は辞めて下さい」とまで言われました。
この時は、さすがのKさんも、「今までの僕の信心は何だったのか・・。20年目の節目に、慢性腎炎かよ‥」と落ち込んだとか。
でも、「今までの様々な病気と体験は、この慢性腎炎の助走だったんだ。これが僕の本番だ」とすぐに腹が決まったそうです。
「悪性腫瘍なんて許せない。のう胞であってくれ!」と願いながら、「60兆個の細胞全ての仏性を目覚めさせるような祈りをしよう!」と、必死に唱題を始めたそうです。
結果、医者から一言、「Kさん、これ、ただののう胞ですよ」。
「勝った!」と思ったそうです。
Kさんは18年経った今でも、透析も食事制限も必要なく健康に過ごしていらっしゃいます。
好きなものを好きなだけ、自由に食べているのだとか。
という事で、慢性腎炎にも勝ったKさんなのでした。
次の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2012-06-16 06:29 | ネット体験談集 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://sokanomori.exblog.jp/tb/18107824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 大河 at 2012-06-16 13:29 x
いや、純粋に凄いですよ。
勇気をいただきました。

つづきを楽しみにしています。

聖教新聞の体験談も素晴らしい、
大白蓮華の体験談も素晴らしい、
座談会や各会合での体験談も素晴らしい、
この体験談も、菊川さん、みかんさん、と、信頼関係が
あるからこそ、その真実が解るのですよ。

何もかも疑った眼で見れば、まやかしに見える人も
いるのかもしれないですね。
Commented by kaisen at 2012-06-16 14:07 x
感動しました。
>「僕は死ぬ気でお題目をあげる。死ぬ時は御本尊の前だ」
自分の唱題を見つめ直したくなります。
>「今までの様々な病気と体験は、この慢性腎炎の助走だったんだ。これが僕の本番だ」
どんな事があってもこの様に思って挑戦の日々を送りたいです。
Commented by 白ちゃん at 2012-06-16 17:56 x
素晴らしい体験談の記事ありがとうございます。とても勇気頂きました。友人達にもみてもらいたいです。
Commented by よしりん at 2012-06-16 19:26 x
感動しました。最後まで祈りきる。祈って解決できない問題はない。なぜか。結果が出るまでやめないからです。
Commented by sokanomori at 2012-06-16 22:15
大河さん、こんばんわ。
創価学会は体験の宝庫ですね。
宝の山というか、世界中で幸福を掴む体験が無数に語られています。
このKの体験には続きがあります。
お楽しみにしてくださいませ。
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2012-06-16 22:17
kaisenさん、こんばんわ。
>「僕は死ぬ気でお題目をあげる。死ぬ時は御本尊の前だ」
すごいですよね。
私も圧倒されました。(^^)
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2012-06-16 22:21
白ちゃんさん、こんばんわ。
運命の波浪をものともせず突き破っていくKさん。
私も強い信心に、勇気、歓喜、希望を与えてもらいました。
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2012-06-16 22:31
よしりんさん、こんばんわ。
凄い人の共通点は、「諦めない」ことですよね。
最後まで、希望を失わない。
自らの力や境遇をきちんと使い切る。
そうして誰かに何かをしてあげる。何かを残す。
「最後まで祈りきる」「本気で祈る、本気で行動する」
大事ですね。
★菊川広幸
Commented by sgi-kusunoki at 2012-06-18 01:42 x
ご無沙汰してますm(_ _)m

感動しました。
ありがとうございます。自在会って知りませんでした。

学会の人材グループって、SとGが有名ですが
知らないグループがけっこうありますよね。
私の体験上、
副会長クラスでも「そんな人材Gあるの?」って知らなかったりしますからね。

こういう体験をとうして、学会の人材グループは、なんのためにあるのかということをもっとオープンにすれば、会員以外の方に理解者も増えると、私は思います。

Kさんに感謝。
Commented by sokanomori at 2012-06-18 05:52
楠さん、おはようございます。
私も、妙音会、自在会、自由Gなど、今年になって知りました。その切っ掛けは、地元組織に妙音会のご夫婦が引越しされてきてからです。
身近に、そういう人がいると関心が高まり、個人的にもいろいろ調べるようになりました。
学会は大きく深い。つくづく、そのように感じる今日この頃です。
★菊川広幸
Commented by ちよ at 2012-10-18 07:54 x
すごいです 感動です

難病を克服された友人K君は、法華経の知恵第6巻

病気には、自分の全細胞を一新させるくらいの決意で祈るのです
60兆の全細胞をひとつひとつの薬王菩薩をたたき起こして発動させるのです

2008.4.8 聖教新聞
戸田先生は
日々題目を上げ、信心強く生き抜いていることは、毎日ダイヤモンドの注射を生命に打っているようなものだ

この激励をばねにがんばってきたそうです

最近、私の父の病気であるけれど、私自身の宿命なのだと、少しづつ感じることが出来ました
親子共々、負けない人生を歩んでいきます
Commented by sokanomori at 2012-10-19 06:45
ちよさん、おはようございます。

ちよさん、お父様、共々、素晴らしい信心されていますね。
私もお題目、送ります。
★菊川広幸


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 08月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

時を経て2017年。11..
by 誓願 at 22:15
weoさん、おはようござ..
by sokanomori at 05:03
「信」 この一文字の大..
by weo at 01:52
そうねんさん、こんばんわ..
by sokanomori at 21:06
ご質問よろしいでしょうか..
by そうねん at 20:07
非公開さん、こちらの本館..
by sokanomori at 16:16
yukiさん、<別館>に..
by sokanomori at 16:11
菊川さん、お久しぶりです..
by yuki at 16:09
九州の若造さん、おはよう..
by sokanomori at 05:42
私は、以前御本尊様にこの..
by 九州の若造 at 13:58
レーズンパンさん、おはよ..
by sokanomori at 05:29
「サイコパス」という言葉..
by レーズンパン at 07:23
otiさん、おはようござ..
by sokanomori at 05:35
こんにちわ!創価三世の学..
by oti at 16:35
非公開さま、本尊流布誠に..
by sokanomori at 07:14
ありがとうございます。
by 甚平 at 05:56
youtube(ユーチュ..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 19:51
九州の若造さん、大いにご..
by sokanomori at 22:53
ありがとうございます。大..
by 九州の若造 at 06:03
加藤さん、北海道からコメ..
by sokanomori at 18:03

メモ帳

画像一覧