続・沖縄戦

◇沖縄戦の時、私は15歳でした。今、84歳です。

c0180341_23153121.jpg8月21日の聖教新聞に、「次につなぐオキナワ」と題された記事に、次のような言葉がつづられていた。
「戦争はまだ終わっていません。私の戦争体験を受け継ぎ、次の世代につなげてください。その時が、私の終戦日です」
支部副婦人部長の話でした。
以下に、その体験談を抜粋します。
(一部文章を改訂しました)
-------------------------
15歳の時のこと。
今の中学1年の夏。沖縄に10万の兵隊が来ることになった。
学校が兵舎になった。私の学校には、1500人の兵士が入った。
やがて、私の家は重砲隊の本部になった。
3月23日の朝、学校の修了式に行こうとしたら、「戦闘開始、第一線突入!」との声。
家の兵隊が一斉に出て行った。<この日、米軍の攻撃が始まった>
それから、防空壕生活が続いた。
キィー、ク、ク、ク、パン!
爆弾が落ちた場所は、土も石も吹き飛び、炸裂した破片が当たると、首や手、足などが飛んだ。雨のように爆弾が降った。
4月1日、米軍が沖縄に上陸した。
攻撃は、どんどん激しくなり、5月に入ると米軍が目の前に。日本兵は、「5月27日は海軍記念日だから絶対に勝つ」と言っていたが、全部うそだった。
5月29日、壕から出て、皆で避難した。毎日が死の恐怖。
行くあてもなく、地理も分からない。
19日、米軍の戦車が壕の前に来た。戦車の番号「375」を今も覚えています。
このとき、防衛隊のおじさんが、「やられるより自分たちで死んだ方がまし」と手榴弾を手にした。母は、おじさんの手首を握り言った。
「この子どもたちを、どうして殺せるかね」
壕には5人の子供がいました。母が止めなければ、今の私はいません。
20日の夜、水くみに行ったとき近くに爆弾が落ちた。眉間に破片が当たり、顔中、血だらけになった。母は私が死ぬと思ったそうです。
21日、みんな追い詰められ、今の沖縄県平和記念資料館のあたりに。
そこは、死体の山だった。真っ黒に焦げて、男女の区別もつかない人、「兵隊さん、一発の弾で殺してください」と手を合わす人。そこに、若い兵隊がふんどし一本になって呼びかけた。「みなさん、このままでは生きていけない。米軍にはたべものがあるから、男はふんどし一本、女は荷物を置いて捕虜になろう」と。
すると日本兵が2人来て、「こんな馬鹿がいるから戦争に負けるんだ」と言って、日本刀で首を斬った。血が噴き出た。
私たちは途方に暮れた。私たちは荷物を捨て、自然壕を転々とした。
私は怪我で歩けない。「どうせ死ぬんでしょ。この壕で一人で死ぬ」という私に、母は、「生きても、死んでも、親子は一緒だよ」と言いました。
壕を出て崖を登ると、一面の死体。再び壕に戻った。
壕にいた日本兵の将校らしい人が、「米軍は住民を殺さない。捕虜になりましょう」というので、豪を出て米軍に保護されました。
今、私は、使命があって、日蓮大聖人の生命哲学に巡り合い、池田先生のもとで192ヵ国地域の同志と一緒に平和を建設しています。
人間の生命を大切にする教育が必要です。人間を犠牲にする教育は必要ありません。
目の前で首を斬られた青年をはじめ、死んでいった人たちの“声なき声”を訴えていきます。私の命がある限り。
-------------------------
悲しい話でした。悔しい話でした。そして、腹立たしい話でした。
戦争を絶対に無くさなければならないと思いました。
過去の沖縄戦の記事は、→ここをクリック!
沖縄の友人の記事は→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-08-22 22:56 | 戦争・紛争 | Trackback | Comments(17)
トラックバックURL : http://sokanomori.exblog.jp/tb/20652105
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 角田佑介 at 2013-08-23 01:03 x
『平和の礎』に刻まれた親戚の方の名前の前で泣き崩れた時、本当にどんなお気持ちだったのかは戦争を知らない僕には計り知れません。ただ「ごめんね」って謝られているのを読んだとき、悪いのは全部戦争なのに、68年経った今でもこの方はご自分を責め続けているのだろうかと感じました。

弾が落ちなくなっただけで戦争はまだ終わってない。本当に戦争を体験された方は生涯その事を抱えていかないといけないんですね。

なんだかうまく言葉にならないけど、絶対に戦争はこの世界からなくさなければならないと思いました。先生も人間革命の最初にそう記されてる。
Commented by sokanomori at 2013-08-23 06:12
角田さん、おはようございます。
私も言葉になりませんでした。
この体験を語ってくださったご婦人のこと、無残に犠牲になられた人たちのことを永遠に心に刻み、歩んでいくことが御恩返しになるのでしょうか。
いつか行ってみたいです、沖縄に。
そして、平和記念公園で祈りたいです。
★菊川広幸
Commented by 角田佑介 at 2013-08-23 08:41 x
戦後68年経って、本当の戦争を知る方はこれからもどんどん少なくなってくる。仮に日本がまた戦争したら犠牲になった方々や戦争の真実を伝えてきた方たちの想いがすべて無駄になってしまう。それに日本だけの問題じゃないですよね。この世界の全ての国や地域から戦争はなくさないといけない。別館に書いた貧困の話もそう。

世界地図からすべての線引きが消えてひとつの国になるってのはどうかな。1000年先かそれ以上かは分からないけど。

今ふとドラえもんを思い出しました。たしかドラえもんの映画で原始時代?に行く話があって、のび太やスネ夫やジャイアンが木の棒を持って地面に線引きをし始めて、「ここからここまで僕のもの!」みたいなシーンがあったんですよね。なんかふと思い出しました。
Commented at 2013-08-23 11:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 福島の壮年 at 2013-08-23 15:47 x
残念ながら、まだ世界のあちらこちらで戦争や
テロや虐殺が続き、憎悪が渦巻いています。

民族同士の争い。
宗教観の違いによる抗争。
ずっと指摘されながら、改善されない南北問題。

生命の軽視と言う意味では、昨今の日本で、
毎日のようにニュースで流れる死体遺棄事件
もまた、根っこは同じ。

憎悪で起きた殺生が、また新たな憎悪を生む。
その連鎖を断ち切らなければ、悲惨な殺し合いは
なくならない。

最も愚かな人類の行為、戦争。
戦争で虐殺された側は、相手にその憎悪を
向けるのではなく,戦争そのものの愚かさを、
戦争を引き起こす人間の愚かさをこそ憎悪
すべきだ。

一人ひとりの思想を思考を変えて行く。
一人の人間革命が・・・。
粘り強く、我が隣人に訴えて行くしかない。
平和・共生の創価の思想を。
Commented by sokanomori at 2013-08-24 05:24
角田さん、おはようございます。
人の心はどんどん変化するし、忘れてしまいますよね。
ましてや、経験のないことは知識の上で知っても、なかなか自分のものにならないし、経験しなければ痛みも悲しみも、どこか対岸の火事に思えるものですね。
戦争ほど残酷なものはありませんけれど、そのことを学び、そのことを心肝に染め、平和を作りゆく創価は、稀有の存在と思います。
もし、私が学会員でなかったら‥
私は中国や韓国の昨今の行為にすぐ腹を立て、軍備増強すべし、近寄るなら撃てと思うような人間になってしまうのだと思います。
創価の哲学あればこそ、池田先生の行動、言動を知っているからこそ、そうならない訳です。

>世界地図からすべての線引きが消えてひとつの国になるってのはどうかな。

このことを、真剣に願い、歩んでいくのは、創価のみでしょうね。
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2013-08-24 05:28
11:05さん、おはようございます。
26日に行動されるとのこと。
生命力がついてきたのでしょうか。
簡単に運べることではないかも知れません。
でも、粘り強く、焦らず、その不正を追いつめるべきだし、苦労されると思いますが、頑張って一矢を報いていただきたいです。
人の気持ちもわからず、愉快犯のようにして、人を踏み台にするようなことですから、本当に許されないことです。
まずは、行動すること。
そこから何かが動き出すことでしょう。
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2013-08-24 05:39
福島の壮年さん、おはようございます。

>憎悪で起きた殺生が、また新たな憎悪を生む。
その連鎖を断ち切らなければ、悲惨な殺し合いは
なくならない。

終わりませんね。
私、子供のころ、やがて戦争はどんどんなくなるものだと思っていました。また、近年まで、韓国や中国の過剰な反応が起こるまで、アジアに危機が訪れるなんて夢にも思っていませんでした。
「自衛隊なんていらない」とも思っていました。
しかし、人の感情1つで、時代が一変することを私は見て、本当に驚きました。
今、エジプトでもあんあにスゴイことが起きていますしね。
目を覆いたくなるような惨状、憎しみに、この世の難しさを痛感させられます。

やはり、人は怒り、愚か、貪りの三毒がいつでも湧現し、あっという間に魔に食い破られるということなのでしょう。

信心が大事ですね。
創価の思想、創価の祈りと行動のみが、真の世界平和を創るのだと、今、ひしひしと感じています。
★菊川広幸
Commented at 2013-08-24 06:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ちよ at 2013-08-24 07:39 x
8.24 おめでとうございます
ちょっと遅かったですね
黄金柱 壮年部 ばんざーい
平和を語り継ぐ事、創価の思想を語り継ぐ事
これに、尽きますね
Commented at 2013-08-24 08:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-08-24 20:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-08-24 23:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori at 2013-08-25 05:50
08:12tと23:18さん、おはようございます。
すみませんね、携帯電話を置き忘れて外出して、その後、チェックしていなかったのです。
また、こちらからご連絡しますね。^^
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2013-08-25 05:57
20:06さん、こんばんわ。
久々に座談会に行かれる。きっと喜んでくれるでしょう。
以前にもお話ししましたが、あなた様の言動と姿で、他の常連さんにとても大きな希望と感動を与えることができます。
とても、興味があるし、そこに元気に出席すると、「おおー!」ってことになります。
「※※さんには、いろいろ、さそってもらって‥」と言うと、※※さんは、涙を流して(笑)喜ぶことでしょう。^^

月曜日は決戦というより、前哨戦になるでしょう。
詳しく状況説明をされ、どのようにできるか、何がムズカシイか、どのように運ぶことが円滑かなどをしっかり情報収集されるといいでしょう。
そこで、やっつけられる可能性大なら、決戦に持ち込まれるのがよいでしょう。
★菊川広幸
Commented at 2013-09-10 08:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori at 2013-09-11 06:44
08:59さん、おはようございます。
沖縄研修道場に行かれましたか。ウラヤマシイ!^^
池田先生は、稀有の実践者ですよね。
世界中探したっていない。
今、私、日中友好に関するいくつかの本を読んでいるんですが、先生は途方もない。(^^)
学びきれません。途方もなく広く、深い。
先生は日蓮大聖人の仏法が生んだ世界一の師匠ですね。
★菊川広幸


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 08月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

非公開さん、こちらの本館..
by sokanomori at 16:16
yukiさん、<別館>に..
by sokanomori at 16:11
菊川さん、お久しぶりです..
by yuki at 16:09
九州の若造さん、おはよう..
by sokanomori at 05:42
私は、以前御本尊様にこの..
by 九州の若造 at 13:58
レーズンパンさん、おはよ..
by sokanomori at 05:29
「サイコパス」という言葉..
by レーズンパン at 07:23
otiさん、おはようござ..
by sokanomori at 05:35
こんにちわ!創価三世の学..
by oti at 16:35
非公開さま、本尊流布誠に..
by sokanomori at 07:14
ありがとうございます。
by 甚平 at 05:56
youtube(ユーチュ..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 19:51
九州の若造さん、大いにご..
by sokanomori at 22:53
ありがとうございます。大..
by 九州の若造 at 06:03
加藤さん、北海道からコメ..
by sokanomori at 18:03
非公開さん、こんにちわ。..
by sokanomori at 17:59
昨年秋に心理ゲーム使わせ..
by 加藤秀隆 at 13:46
菊川さんありがとうござい..
by ゴンゴン at 13:23
モヤモヤされなくていいの..
by sokanomori at 12:31
菊川さん、私、もうひとつ..
by ゴンゴン at 09:40

メモ帳

画像一覧