創価学会仏?

◇会館までのクルマで話し合ったこと。

c0180341_2144292.jpgS地区部長、Oさん、そして私。
3人とも、全く姿、カタチ、体重も仕事も違う。
S地区部長の記事は、→ここをクリック!
Oさんの記事は、→ここをクリック!
でも、とても仲良し3人組である。^^
同時放送への移動中のクルマの中で、「創価学会仏」なるものが話題になった。
以下は、半年も前の話である。
-------------------------
◆新聞を整理しているんだ。数年前、「創価学会仏」という内容が語られたことがある。先生は、未来から今を見れば、私たちが創価学会仏だと言われているんだ。←(Oさん)
◇創価学会仏が私たちですか?牧口、戸田、池田先生のことでしょう?←(私)
◆いや、師と共に、私たちもそうらしい。
◇私たちもですか?うーん、どの立場まで仏なんでしょうね。
◆ともかく、今、何でこんなに批判されるの?って思っているけど、500年先から見れば英雄だったりする。キリスト教もそう。最初は迫害され、沢山の人たちが殉教した。いま、その宗教はその国の国教になっているし、迫害された人たちは聖者になっている。
◇考えてみれば、今の学会は不思議ですね。宗門は700年経を唱え、理屈も守ったけど、大聖人の御書を実践したのは学会だった。実際に、他国侵逼(たこくしんぴつ)難で国は滅んだ。その中から、学会が再び立ったんですからね。
◆今度、創価学会仏の新聞探すから、菊川さん、研究発表してよ!
◇えっ!いやー、ちょっとスケール大き過ぎですよ。(大爆笑)
-------------------------
しかし、この新聞はなかなか見つからず、その後の進展はなかった。
よって、研究発表も協議会で出ることはなかった。
しかし、先日、Oさんが、ある書籍の中に、この創価学会仏の話を見つけたという。
その書籍を貸してくださるとのことであった。
一体、創価学会仏とは何か。
本を借りたら記事にしてみたい。(^^)
その創価学会仏とは、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-10-21 22:02 | 創価家族 | Trackback | Comments(30)
トラックバックURL : http://sokanomori.exblog.jp/tb/20861521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2013-10-22 00:01 x
「創価学会仏」のところ思い出して書籍引っ張って読み返してみましたよ^^
書籍「一生成仏抄」の最後の方でした、133ページ。
菊川さんの家にももしかしたらあるのでは?
Commented by いまいち at 2013-10-22 03:41 x
皆さま、はじめまして。
菊川さん、先日はありがとうございました。
2007年3月号の大白蓮華に掲載されているようですよ♪
わたしも、夜勤を終えたらウチに帰って探してみよう!
Commented by sokanomori at 2013-10-22 06:31
遊さん、いまいちさん、スゴイですね!^^
私の家に一生成仏抄はあるかな?
2007年3月号の大白。
探さねば!
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2013-10-22 06:34
カメさん、おはようございます。
カメさん、料理が得意なんて、良妻の鏡ですよ。
あなた様のご主人になる人は世界一の幸せ者になりますよ。(^^)
夫婦円満は、家庭料理のチカラは絶大ですからね。^^
★菊川広幸
Commented by 福島の壮年 at 2013-10-22 11:07 x
既に皆さんがご指摘の通り、
'07年3月号「大白蓮華」
『池田名誉会長の 生死一大事血脈抄講義』
ですね。

『三代の師弟によって示された広宣流布に戦う
根本精神が異体同心の組織の中に脈動していく
とき、創価学会は民衆救済する仏の大生命力を
恒久的に持ち続けることになります。(中略)
 そして、そのような三障四魔の大難にも打ち勝つ
『異体同心の和合僧』、『金剛不壊の師弟の大城』
としてそびえ立つのが、創価学会の組織なのです。
 ゆえに戸田先生は、
『未来の経典には「創価学会仏」の名が記される』
と予見なされました。
大聖人に直結した広宣流布遂行の和合僧団で
ある創価学会は、それ自体が仏そのものなので
ある。これが戸田先生の大確信であられた』

日蓮系各宗派から批判する記事がアップされて
います(笑

大聖人は「凡夫」の成仏こそが「本仏」の姿であり、
「凡夫を仏」にさせるために現れる仏は、迹仏である
とい言われています。
これ、もの凄く深い教えなのですが、
現代に、凡夫の一生成仏を具現化しているところは
どこか、何か、誰かと考えて行けば解答は明白です。
Commented at 2013-10-22 23:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-10-23 04:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori at 2013-10-23 06:01
福島の壮年さん、ありがとうございます。
Oさんの本、どのようなものか‥
大白と同じなのか‥
ともかく、待ちたいと思います。
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2013-10-23 06:01
23:15さん、おはようございます。
看護学校に通われているとのこと。
使命あるあなた様。
どうか、妙法の看護師になられ、沢山の病苦の人々を救ってあげてください。
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2013-10-23 06:05
04:50さん、おはようございます。
戸田先生のレコード、良かったですね。
「本気の本気の唱題」、どうか果たしてください。
あなた様には今生の大きな使命がある。
輝かしい人生を生きて、生きて、生き抜いてください!^^
★菊川広幸
Commented by いまいち at 2013-10-23 10:22 x
三代の師匠の一言一句が、正に『希望の教典』ですよね♪
一文字一文字が、仏ですよね♪
Commented by sokanomori at 2013-10-23 20:11
いまいちさん、深いですね。
スゴイな。^^
★菊川広幸
Commented by バード at 2013-10-23 23:22 x
創価学会仏。この言葉聞いて池田先生が指導してたよな…とふと思い出しました、が、大白に載っていたのですね。
私の中でもこの言葉は印象的でした。

信心は人生の根本なんだと、最近改めて感じつつあります。迷いながらもまたクリアになり、の繰り返しですかね^_^
Commented by 角田佑介 at 2013-10-24 07:58 x
戸田先生の気迫。凄まじいです。
何十年も前の音声が時を経て今の僕の命を揺さぶりました。いかに今までの自分の祈りが弱々しいものであったかを知りました。だから昨日は本気の本気で唱題しました。すると祈りが確信に変わっていくのを感じました。僕が今いくつか祈ってることのひとつに不可能じゃないかと思えるようなことがあります。でもそれすら必ず叶うという確信が生まれ始めました。とにかく今までの弱々しい祈りは捨てて本気の本気で唱題していこうと思います。
Commented by ちよ at 2013-10-25 02:58 x
佑さん 本気の唱題で、確信つかんでね
Commented by 角田佑介 at 2013-10-25 12:00 x
ちよさん

前に話した手紙。

宛先不明で戻ってきました(^^;;

僕その方にもう一度会おうと思います。

どこにいるのかわからないけど本気で祈れば会えるでしょう。
Commented by ちよ at 2013-10-25 14:51 x
佑さん そうでしたか
そうだね 祈れば、何らかの結果が出るよね
佑さんの、思うがままに、進んでくださいね
Commented by 角田佑介 at 2013-10-25 19:25 x
全然関係ない話ですが、今日とある女性にピアノを教えてほしいとお願いされました。友人の結婚式などに御呼ばれされた時に弾きたいそうです。鍵盤は全く触ったこともないようですが引き受けました。Eyes on meを教えようと思います。

ピアノの先生になってしまいました(^^)
Commented by sokanomori at 2013-10-25 22:10
バードさん、こんばんわ。
創価学会仏は、散見していますが、具体的に私はよく知りません。
でも、良い響きですよね。^^
楽しくなります。
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2013-10-25 22:11
角田さん、ピアノの先生?
何だか不思議な流れですね。^^
★菊川広幸
Commented by ちよ at 2013-10-25 22:26 x
佑さん  
近くに住んでいたら、私も生徒になりたい(笑)
Commented by 角田佑介 at 2013-10-26 00:04 x
ちよさん

月謝100万円になります(^^)
Commented by ちよ at 2013-10-26 06:24 x
佑さん 
あらららら(笑)
Commented by 河越武蔵守頼重 at 2013-10-27 02:59 x
ああ、聞いた事有ります。
名称は兎も角、何等かの形で書かれるのは間違いないでしょう。
世界広宣流布が完了した時の事でしょうけど。
Commented by sokanomori at 2013-10-27 15:50
月謝100万円‥交通費込みでしょう。^^
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2013-10-27 15:51
河越さん、こんにちわ。
嬉しいですね、また私たち、生まれてきて「創価学会仏」を学ぶ。^^
永遠の広宣流布。永遠の師匠と弟子。
感動です。^^
★菊川広幸
Commented by 永遠の凡夫 at 2015-11-19 00:17 x
あれ? 創価学会仏の出てくる場面は、かなりインパクトがあったので覚えていたのですが、知らない人が多かったんですね。
手元に人間革命12巻が無くて確認出来ないので申し訳ありませんが、

3・16を目前にした、戸田先生最後の新年唱題会での指導、それ以前かその中に、創価学会仏の単語ってありませんでしたっけ?
威音王仏は、個人名ではなく団体名ではないのか。だけでしたっけ。

よろしければ確認していただけるとありがたいです。
Commented by 永遠の凡夫 at 2015-11-19 00:36 x
河越武蔵守頼重さん
〉名称は兎も角、何等かの形で書かれるのは間違いないでしょう。
〉世界広宣流布が完了した時の事でしょうけど。

(今更書いても御本人には読まれないかもしれませんが)

世界広布という小さな話では無いと思います。
地球人類は、科学が進歩すれば、宇宙でも暮らすようになります。そうすれば、広布の舞台も自然に拡大していきます。

なんとなく、他の宇宙人に遭遇するのは一万年後くらいだと思っていました。
そうしたら「末法万年尽未来際」という単語に出会いました

きっと、そういうことなんだろうな。と確信しました。
Commented by 永遠の凡夫 at 2015-12-03 23:12 x
やっと発見しました。

人間革命12巻の
「後継」で新年の指導がありますが、そのすぐ直前の、「憂愁」の最後のページに「創価学会仏」とありました。

これで、「御書と師弟」の無い人でも、諦めることなく、「そうか、新人間革命12巻にあるのか」と、ページを開いて目に触れることが出来ますね。良かったです。

将来、僕みたいな人が、インターネットで調べていたとき、たまたまこのコメントを見て、人間革命を確認することがあればうれしいです。
Commented by sokanomori at 2015-12-04 06:33
永遠の凡夫さん、人間革命12巻の「憂愁」の最後のページに「創価学会仏」がありましたか。
情報ありがとうございます。
★菊川広幸


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2017年 05月
2016年 08月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

ありがとうございます。
by 甚平 at 05:56
youtube(ユーチュ..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 19:51
九州の若造さん、大いにご..
by sokanomori at 22:53
ありがとうございます。大..
by 九州の若造 at 06:03
加藤さん、北海道からコメ..
by sokanomori at 18:03
非公開さん、こんにちわ。..
by sokanomori at 17:59
昨年秋に心理ゲーム使わせ..
by 加藤秀隆 at 13:46
菊川さんありがとうござい..
by ゴンゴン at 13:23
モヤモヤされなくていいの..
by sokanomori at 12:31
菊川さん、私、もうひとつ..
by ゴンゴン at 09:40
菊川さん、明解ありがとう..
by ゴンゴン at 23:21
ゴンゴンさん、こんにちわ..
by sokanomori at 17:53
菊川さん、こんにちは、最..
by ゴンゴン at 11:31
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori at 06:01
ゴンゴンさん、中身の見え..
by sokanomori at 05:55
私は菊川さんの記事の中で..
by ゴンゴン at 09:48
1979さん、こんばんわ..
by sokanomori at 22:46
こんばんは。小説・人間革..
by 1979 at 00:25
三笠さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori at 00:21
2016-02-13に投..
by 三笠 at 22:47

メモ帳

画像一覧