創価学会仏 (そうかがっかいぶつ)

◇戸田先生が語られた創価学会仏。

c0180341_1651143.jpg創価学会仏(そうかがっかいぶつ)。
以前、「創価学会仏?」という記事を書いた。
その記事は、→ここをクリック!
Oさんが、創価学会仏の記述を見つけたのは、聖教新聞社の「御書と師弟1」という書籍であった。
著者は池田名誉会長である。
その66ページに、次のように書かれている。
-------------------------

<創価学会仏とは>

アメリカの著名な仏教研究者であるクラーク・ストランド氏は、こう述べられておられた。
「歴史的に見ても、新しい宗教革命が起きる時は、その宗教が伝わる勢いは大変なものがあります。理屈を超えて、人の心から心に伝わっていく。
創価学会を研究してきて、おそらく500年、1000年に一度、誕生するかしないかの偉大な宗教であると確信します」
深く、鋭く見てくださっています。
戸田先生はこう語られたことがあります。
「法華経には、威音王仏(いおんのうぶつ)という仏が登場する。
二万億もの仏が、みな同じ威音王仏という名前で、長遠の歳月、衆生を救済してきたと説かれている。この威音王という名も、優れた仏の名であったかもしれないし、また、そういう教団があったとも考えることができる。
同じように、“創価学会”という教団は、必ず未来の経典に金文字で記される。
“一閻浮提(いちえんぶだい)広宣流布”という未来記を実現した創価学会仏として、永劫に仰がれゆく」 (以上、主要部分の抜粋)

c0180341_16514566.jpg

この書籍に、池田先生は、戸田先生の言葉をさらにご紹介くださっている。
「戸田先生はよく言われました。
お金がなくて悩む。体が弱くて悩む。悩みは多次元に渡って、時々刻々と起こってくる。
その中にあって、法を弘めようとして悩む。人々を幸福にしようと悩む。
正しき信心に立って、法のため、人のため、広宣流布のために悩む、ということは、最大の素晴らしい悩みである」と。
-----------------------
創価学会仏とは、師匠だけではなかった。創価学会員全体のことであった。
ならば、私も読者の皆さまも、将来、経典に金文字で記される仏ということになる。
様々な宿命に悩み、祈り、解決しながら、創価学会仏として生きる私たち。
私たちは大英雄であり、未来に燦たる創価の仏である。
何というありがたいことであろう!(^^)
その確信と幸せを噛みしめつつ、朗らかに歩みたい。

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-11-24 17:23 | 学会書籍記事 | Trackback | Comments(30)
トラックバックURL : http://sokanomori.exblog.jp/tb/20999682
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by いまいち at 2013-11-24 19:56 x
菊川さん
>創価学会仏とは、師匠だけではなかった。創価学会 員全体のことであった。

マジですか?
こんなショボクレ仏、否、いまいち仏、有りですが(笑)
いや、これはおちおちしてられませんね。
広宣流布に働かねばなりませんね。
法を語らねばなりませんね。
いまいち仏では・・・ねぇ(((^_^;)
Commented by おじんS at 2013-11-24 19:59 x
ここに来ると、なんとも言えない暖かさを感じます。
どんなに暗闇の中にいても、光を感じることができます。
このブログが終わってしまうのは、なんとも残念です。
Commented by 甚平 at 2013-11-24 23:39 x
様々な宿命に悩み、祈り、解決しなが ら、創価学会仏として生きる私たち。 私たちは大英雄であり、未来に燦たる創 価の仏である。 何というありがたいことであろう!(^^) その確信と幸せを噛みしめつつ、朗らか に歩みたい。 
甚平は、「はい」としっかりと応えいきたい。
菊川様ふブログ完結されても「創価の小さな森」がある限り寄せていただきます。感謝しております。
Commented at 2013-11-25 00:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori at 2013-11-25 06:30
いまいちさん、おはようございます。
マジですよ。戸田先生がおっしゃっているんですもの。
二万億もの仏‥十分に私たちは含まれるし、それにしても壮大なお話ですよね。^^
>こんなショボクレ仏、否、いまいち仏‥
皆が皆、イケメンで美人で、頭が良くてピカピカばかりだったら‥
学会員が皆、健康でお金持ちだったら‥
世界広宣流布はできませんよね。
ショボクレだからこそ、世の中に沢山ショボクレている人たちを救える訳ですから。
病気しているから、病気をしている人が救える。
貧乏しているから、貧乏している人を救える。
同苦し、祈り、行動できる。
私も沢山劣っていたり、問題がありました。
全部、それは武器になる。個性になる。
ですから、いまいち仏、大いに使命あり!ということです。(^^)
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2013-11-25 06:35
甚平さん、ありがとうございます。
こちらこそ、感謝いたしております。
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2013-11-25 06:42
おじんSさん、ありがとうございます。
また、新しい旅をするための1つの区切りと思っています。
もう、私は語り尽くしましたから。
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2013-11-25 06:45
00:13さん、私はもう、何とも思いませんよ。
大丈夫です。
★菊川広幸
Commented by プリッツ at 2013-11-25 07:13 x
おはようございます。
集える場があって、集まって来るときは、私も皆さんも凡夫で、帰られる時は、仏になっています。いつまでも仏でいたいと思う私ですが、いつのまにやら、凡夫になっています。この繰り返しなんですね。

戸田先生のお話ありがとうございます。
私達、皆仏、有り難いです。そして、集える場所があることは、幸せだと思います。
Commented by 遠藤為盛 at 2013-11-25 08:59 x
>こんなショボクレ仏、否、いまいち仏、有りですが(笑)> 有りです、大有りです。阿弥陀仏は金ピカですが木像であり、動く心臓がない芸術作品。他方仏様は生きた凡夫の姿で現れる、示同凡夫です。御書にそう書いてあります。完璧な天才聖人君子であれば、凡夫ではありえない。不完全きわまる凡夫の我々が異体同心の集団となった時に、仏様の仕事ができるのです。歴史はこれを証明したし、これからも証明します。我々は歴史を作る主体者であり、傍観する評論家ではありません。新時代は今始まりました。
Commented at 2013-11-25 14:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-11-25 15:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-11-25 22:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by いまいち at 2013-11-25 22:57 x
菊川さん 遠藤為盛さん
なんだかとても嬉しいです♪
お二人様のコメントを拝借しますと、とても有り難く、救われます。
それに、このコメントを読まれた方はきっと、「へー!そうなんだー♪」と解釈が進んだのでは、と思うと、なるほど、わたしのようないまいち仏も大アリなのかも♪と思う次第でございます

遠藤為盛さま
初めまして
ずっと気になる方でしたが、わたしはどうもキャパが狭くて、なかなか絡むことが出来ませんでした。
菊川さんのように賢く教養のある方と思っております。
そういうお二人様のユーモアを交えてのお言葉、これこそが学会らしさだな♪と、改めて感じています。
その人その人の目線に合わせての配慮。
真心を感じながら、気持ちよく拝させてもらえます。
>不完全きわまる凡夫の我々が異体同心の集団となった時に、仏様の仕事ができるのです。歴史はこれを証明したし、これからも証明します。我々は歴史を作る主体者であり、傍観する評論家ではありません。

わたしは、大いに感動しました。
特に、
>傍観する評論家
信心しながら、こうはなりたくない!
いつも明確なご教示ありがとうございます
Commented at 2013-11-26 03:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ちよ at 2013-11-26 08:29 x
アンドレ・マルローさんの
「なすべきをなして、コメント(=論評)は人にまかせろ」
ですね
そして先生は、こう続けられてます
「傍観者の戯言(たわごと)がなんだ!
傍観者の無責任な態度がなんだ!
傍観者の勝手気ままな臆病な言動が、なんだ!」
Commented by sokanomori at 2013-11-27 05:27
ブリッズさん、遠藤さん、非公開の皆さま、いまいちさん、ちよさん、コメントありがとうございます。
遠藤さん、
>我々は歴史を作る主体者であり、傍観する評論家ではありません。
まことにその通りですね。
深く共感いたします。^^
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2013-11-27 05:34
14:55さん、おはようございます。
>お題目をあげている時は仏界が開いてるそうですが‥
さて、どうでしょう。
理屈的にはそうでも、実際は実感ではないでしょうか。
モヤモヤした祈りもあるし、悲しみのどん底の祈りもありますし。
祈っていて、様々な命、出るように思います。
同時放送で池田先生と祈っていると、物凄く開かれた命、感じますよね。スカッとすると言いますか。
広宣流布、折伏、他の幸福を願う強い祈りなど、こういう祈りは間違いなく仏界の命と思います。
不明瞭なご返答ですが、そのように感じます。
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2013-11-27 05:37
03:17さん、メールしました。
宜しくお願い申し上げます。
★菊川広幸
Commented at 2013-11-27 07:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori at 2013-11-28 06:30
07:57さん、代配ですか。
素晴らしい挑戦ですね。
嵐もあれば、凍った道もあることでしょう。
どうか、無事故で、その尊い使命を果たしてください。
★菊川広幸
Commented by 遠藤為盛 at 2013-12-24 11:00 x
>ずっと気になる方で...なかなか絡むことが...

ははは、ちょっと難しいかもしれません。これまで特異な人生を歩み、発想や行動が他の方々とかなり違ってしまいました。極めて特殊な分野で誰にもできない貢献をする機会に恵まれたり、半面誰にでもできることができなかったりします。

まず第一に、日本語を話しません。日常語はポルトガル語で、今イタリア語を学習中です。ブラジルでも日本人のいない地域に住んでおり、家族にも日本人はいません。他方現場においては、日本語がわかる希少な会員です。

職業的にも稀な仕事をしており、ここでも特殊な貢献を試み、アンゴラやモザンビークの学生の面倒を見ています。例外人間なので、エリートコースには乗れません。前例のないことの連続で、少年時代から人生予測不能です。ロマンチックな言い方をすると波乱万丈、現実には無間苦労です。

一事が万事そうで、信心もしかりです。悪く言うと業、よく言うと使命です。自身の現実を正しく認識し、泣き言を言わずに挑戦を続ければ(理想ですなあ)、特異な人生も楽しいものだと思います。
Commented by いまいち at 2013-12-25 00:29 x
遠藤為盛さま、また、菊川さま、創価の森のご家族みなさま
お久しぶりです。

遠藤さま・・・・・・まったく想像すらできない御職業で、せっかくの遠藤さまの解説ですら難解(*゚艸゚*)わからない♪
とにかく、なんか、凄そうなお仕事をされているようで益々興味津々です(^^)
わたしが、目を魅かれたのは、
>一事が万事そうで、信心もしかりです。悪く言うと業、よく言うと使命です。自身の現実を正しく認識し、泣き言を言わずに挑戦を続ければ(理想ですなあ)、特異な人生も楽しいものだと思います。

わたしに最も必要で、一番欠けているところであります。
もっと突き詰めれば、
>自身の現実を正しく認識し、泣き言を言わずに挑戦を続ければ
ですね。
泣き言ばっかりです、わたし。
日々、挑戦、挑戦の毎日を送られておられる遠藤さまは、お手本です♪
最近のわたしはといえば、まるで猫のように、ここ創価の森の小さな家から、ちよさんの「真実を語る」に、すっかりゴロニャンしております
菊川さまの香りのするところですので安心してご迷惑をかけています(笑)
つづく
Commented by いまいち at 2013-12-25 00:29 x
つづき

遠藤さま、わたしは、みなさまと一緒にいたいです。
一緒に成長していきたいです。
今後ともよろしくお願いします。
わざわざ、ご返事ありがとうございます。

菊川さま、お元気でしょうか。
コメントはしていませんが、ちょこちょこ休憩しに立ち寄っております。
いままで本当にありがとうございました。
といっても、全然いつも一緒と思っています。
体調管理、気を付けてね(^^)
最近は、うるとらまんさんとこにも迷惑かけにいってます♪
ここで、出会えたみなさん、ヒーローばっかり。

生涯不退転です
Commented by sokanomori at 2013-12-25 06:47
遠藤さん、いまいちさん、おはようございます。

>特異な人生も楽しいものだ

これは、勝利者の言葉ですね。(^^)
宿業即使命、使命を果たす人生こそ、大勝利の人生ですし、大満足の人生ですものね。

>特異な人生も楽しいものだ

ステキな言葉です。^^
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2013-12-25 06:49
いまいちさん、私たちは創価家族です。
永遠に一緒ですよ。^^
★菊川広幸
Commented by 遠藤為盛 at 2013-12-25 11:28 x
>いまいちさん、私たちは創価家族です。
本当にそうですよ。世界のどこにいても。

訪日するたびに、日本のメンバーにしかない独特の苦労を見聞きします。最後の訪日は2009年。選挙の前日に東京の創価文化会館にいました。みんな苦しい戦いをしていました。選挙の当日はパリのドゴール空港で8時間も間ブラジル行きの飛行機待ち。この辺が自分らしい。

このブログに参加したのは、アルゼンチンのアエロパルケ空港から。パスポートも金も盗まれ、ブラジルから息子に救助され(初の海外旅行)、ブラジル領事館で再入国許可を取り、帰宅する前の飛行機待ちの時間でした。日本大使館からの指導はマニュアル読みばかりで、実際には役に立たなかった。

訪日で学んだことは、ブラジルで成功すれば日本のメンバーを激励できることです。何かというと日本の組織に支えられて甘える体質を脱皮し、自分たちも何か日本のメンバーのためにしたいと思います。組み体操も創価文化のひとつです。12月1日の発表はこちらで見ることができます。http://www.youtube.com/watch?v=5_A_0mWZMIY
Commented by いまいち at 2013-12-25 21:22 x
遠藤為盛さま
動画、観させていただきました。
わたしは、まだまだ学会員としては浅く、知らないことだらけです。
組み体操は、たしかにあちらこちらでやられていますね。
新聞にもとく掲載されています。創価文化のひとつなんですね♪

内容を読みますと、大変な事態のように思えますが(^_^;)
遠藤さまの人間性が豊かなんでしょうね♪楽しくわくわくします。
全く、わたしとは世界が違い過ぎて、そもそも、わたし中卒レベルですので土地の名前も???(笑)
海外は日本と違って時間も曖昧だったりするんですよね?

>訪日で学んだことは、ブラジルで成功すれば日本のメンバーを激励できることです。何かというと日本の組織に支えられて甘える体質を脱皮し、自分たちも何か日本のメンバーのためにしたいと思います。

わたしは、先日、座談会にて、「ZADANKAI」のDVDを観たときに感じたことがあります。
海外の同志から、座談会とは、と教えてもらってるなぁ、と感じました。
だから、わたしも、我が地区の座談会を変えようと思っています。
独特の固さをとっぱらいたいです♪
それから、もう少し地理、世界勉強もしてみます(^^)
もっと聞きたいから♪
Commented by 永遠の凡夫 at 2015-12-08 10:22 x
〉創価学会仏

唱題しながら、仏壇のお厨子の中の、
「八葉蓮華(学会マーク)や鶴丸の徳利(置物)」を見ていたら、

ふと、世界192国の尊い同志の皆様、本当にありがとうございます。と叫びたい気持ちになりました。
とりあえず、心の声を題目にのせて、三千世界の彼方まで飛ばしました


もしかしたら、御本尊様と、大聖人の使いの皆様は等しい価値があるのかもしれません。
これが創価学会仏なのかもしれない。と思いました。
Commented by 元学会 at 2016-12-14 19:16 x
私は脱会しました
様々な人間関係に嫌気がさしました


しかし学会員は信念強い結束があり
巨大な宗教であることは事実

頑張れ学会員


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 08月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

時を経て2017年。11..
by 誓願 at 22:15
weoさん、おはようござ..
by sokanomori at 05:03
「信」 この一文字の大..
by weo at 01:52
そうねんさん、こんばんわ..
by sokanomori at 21:06
ご質問よろしいでしょうか..
by そうねん at 20:07
非公開さん、こちらの本館..
by sokanomori at 16:16
yukiさん、<別館>に..
by sokanomori at 16:11
菊川さん、お久しぶりです..
by yuki at 16:09
九州の若造さん、おはよう..
by sokanomori at 05:42
私は、以前御本尊様にこの..
by 九州の若造 at 13:58
レーズンパンさん、おはよ..
by sokanomori at 05:29
「サイコパス」という言葉..
by レーズンパン at 07:23
otiさん、おはようござ..
by sokanomori at 05:35
こんにちわ!創価三世の学..
by oti at 16:35
非公開さま、本尊流布誠に..
by sokanomori at 07:14
ありがとうございます。
by 甚平 at 05:56
youtube(ユーチュ..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 19:51
九州の若造さん、大いにご..
by sokanomori at 22:53
ありがとうございます。大..
by 九州の若造 at 06:03
加藤さん、北海道からコメ..
by sokanomori at 18:03

メモ帳

画像一覧