カテゴリ:挨 拶( 18 )

リアルブログの終わりに

◇「創価の森の小さな家」のご案内。
c0180341_441197.jpg

野を越え、山を越えて歩みました。
そして、5年が経ちました。
気付けば、48歳の私は53歳になりました。
日々、善良な読者の方々から、沢山の教え、導き、励ましをいただきました。
本当にありがたい、感謝に尽きない5年間でした。
このブログは、皆さまと共に築いたブログです。
今、私の心には感謝が海のように広がっています。(^^)
以下に、当ブログの柱となる記事のご案内を申し上げます。
(アンダーラインをクリックしてご覧ください)
1.祈り・体験(勤行・唱題、功徳・信仰体験について)
2.活動・対話・座談会(仏法対話、各種会合について)
3.御書・書籍(座談会御書、学会書籍、良書のご案内)
4.ひらがな御書・その他ブログ(創価の森ブログ以外のサイト)
5.創価三代会長・学会本部(牧口・戸田・池田会長と信濃町学会本部)
6.猫・動物(ラッキー他、犬、猫、魚、鳥、昆虫の記事)
7.ふるさと・創価家族(岡山の家族、親戚、友人、知人)
8.マラソン・趣味(ジョギング、マラソン、個人的趣味)
9.健康づくり(私の健康づくりの工夫)
10.日常(筆者の日常生活のあれこれ)
皆さま、本当に、本当に、ありがとうございました!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-11-26 21:44 | 挨 拶 | Trackback | Comments(28)

コメント投稿者の皆様へ

<お願い>

皆さん、いつも創価の森ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
外国在住の方も、当ブログをご覧になっていただいているとのこと。
大変ありがたく、嬉しく思っています。
アジア、アメリカ、南米、欧州、中近東‥
インターネットの情報の動きに、今更ながら驚いているところです。
さて、その中で、いよいよブログ完結が近くなり、悔いなく記事を書き終えたいと思っています。その中、近頃、読者の皆様のコメント投稿数が増加傾向にあります。
それはとてもありがたいこと。創価の森ブログは、読者の方々の声とともに、一緒になって歩み、作られているのですから。
私の一方的な情報発信でなく、こころある創価の同志の方々のご意見が、このブログに光を与えてくれているのです。しかしながら、たまたま数が重なると、ちゃんとしたご返事ができなくなるということがあります。
本日は、数多くの方々のコメントがあり、コメントが30を大きく超えました。(^◇^)
こうなりますと、返信が物理的に厳しくなってしまいます。例えば、30のコメント(実際に本日は35)に、1つにつき2分のご返信としても1時間かかります。
このような状況ですので、私としましては、優先順位を決めてご回答申し上げるようにしたいと思いますがいかがでしょうか?
「私に返事をくれない!」と思われませんように。
アンチでない限り、思いを込めたコメントです。全部、ありがたいことに変わりはありません。ですから、コメントは、従来通りご遠慮なくご投稿ください。
その中で量が多い日は、選別してご回答申し上げるようにさせてください。
以上、ご了承のほど、宜しくお願い申し上げます。

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-11-05 22:41 | 挨 拶 | Trackback | Comments(10)

カテゴリ紹介シリーズ

◇カテゴリに秘めた思いをお話します。

c0180341_1034335.jpg今、創価の森ブログは、アクセス数は100万を超え、投稿されたコメント数も1万を超え、さらに専用メールの受信が1000を超えました。
(投稿数は消去者を含む・私の返信を含まない)
読者の方々に対し、私も極力、私らしく対応させていただきました。
会ってほしいと言われればお会いしたし、「俺を折伏してみろ」と言われて外部の人とも会いました。^^
私自身、御当人様からアプローチされた場合、お断りしたことは一度もありません。
(二度目以降でお断りしたことはありますし、ご当人でない方からの推薦の場合でお断りしたことはあります) 結果、20名もの人たちとお会いしました。
そのようなリアルな創価の森ブログですが、最後の2ヵ月あまり、記事をどうしようかと思案しているところです。どのように終えるのか‥
今まで、具体的に“終わり方”を考えたことはありませんから悩ましい。
終わり方というのは、何だかなかなか難しいのです。
その中で、「カテゴリ紹介」シリーズというものを考えました。
それぞれのカテゴリで、何を思い、何を伝えようとしたのか‥
今後、カテゴリの狙いや思いをご紹介いたします。
そのカテゴリのご案内は、→ここをクリック!

追伸:今後、日々の生活の流れとは関係のない記事が増えると思います。
これは、リアルブログ終了のためのものですので、ご了解ください。
宜しくお願い申し上げます。

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-09-15 10:12 | 挨 拶 | Trackback | Comments(12)

リアルブログ終了のお知らせ  <残り3カ月>

◇リアルブログを本年11月末に終了します。

c0180341_6512114.jpg時が経つのは早いものです。
創価の森ブログも、3か月後の12月1日には5周年を迎えることになります。
48歳だった私は、今、53歳になり、様々な出来事を日々語りながら今日に至っております。
常連の皆さまはご承知のことですが、このブログは5周年で完結させる予定です。
創価の森ブログは、「リアルな学会員のブログ」としてスタートしました。その最初の記事は、→ここをクリック!
それは、インターネット上に、創価学会への誹謗中傷が蔓延し、事実と異なる表現が沢山見られたことに対し、「私の生活はオカシイですか?」と問うために始めたものです。
学会員は、池田大作に洗脳された集団であり、世の中でもっとも不幸な連中‥
そのような悪口に対し、私の日常生活を日々記事にすることで、その悪口が本当なのか、ウソなのかを見ていただこうと思ったのです。

当初決意した3年間が終わろうとしたある日、学会員の友人から、「もう少し続けてみれば?」と言われました。「そんなに日常のこと、話すことがあるだろうか‥」とも思いましたが、「では、あと2年やってみよう」と思いました。
そうして残り3ヶ月というところまで来ました。
振り返ってみても、5年という歳月は、けして短い期間ではありません。
未熟なこともあり、また、不慣れなこともあって、沢山のオカシナ発言や表現もいたしました。そのことで、お叱りもいただきましたし、ご迷惑もおかけしました。
けれど、その未熟さも含め、「リアルな生活の記録」ができたと思っています。

中には、「やめなければいいのに」とお考えになる人もいることでしょう。
けれど、日々に、リアルな生活をコンスタントに語るのは、思いのほか大変です。日常も変化はあるにせよ、話すこともどんどん少なくなってくるのです。
同じことを何度も何度も語る訳にもいきませんから。
「では、毎日記事にしないで、ときどき更新すればいいじゃないか」とのご意見もあるかも知れません。でも、それでは、私のこだわりのリアルでなくなるのです。

このようなことで、私は「リアル」を終えなければならないと強く思うようになりました。
勿論これは私の単なるこだわりだと分かっています。しかし、中途半端なことができない性格のため、この選択はしかたありません。
それと、最初の目的は十分に果たしたという思いがあるのです。
このブログを見れば、「創価学会は間違った宗教である」、あるいは「創価学会員は、哀れな洗脳集団である」とはならないでしょう。
何故なら、学会員は一般市民と何も変わらない立場ですし、このブログにそのことはしっかりと述べてきたことですから。
私の5年間の生活、さらに、数多くの善良なる同志の方々のコメント‥
それらを、ネットの悪口と見比べてもらえれば、きっと伝わると確信しています。
ある意味、この5年間は十分な論拠になるだろうと思っているのです。
ですから、すっきりと終えたいと思うのです。

どうか皆さま、以上のことでリアルブログの完結をご理解ください。
そして、最後まで笑顔で皆様と歩みたいと思いますので、残り3ヶ月のお付き合い、宜しくお願い申し上げます。
尚、このブログは、リアル創価の森として完結させますが、ブログを閉鎖するということはありません。その点は、ご安心ください。(^^)
4周年の記事は、→ここをクリック!
3周年の記事は→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-09-01 07:09 | 挨 拶 | Trackback | Comments(51)

一千回の創価の森

◇ブログの保存記事が1000回を超えました。(^^)

c0180341_5244829.jpg私は48歳のとき、この創価の森ブログを始めました。
以来、四星霜を重ね、やがてその記事数は1000を超えました。
読者、管理人双方のコメント数の累計は9622、メールでの交信数の累計は600を超えています。
この数値は現存するものだけのお話で、現実には整理(消去)した記事が多数ありますから、実際の数はもっと沢山ありました。
ともかく、ブログを通じてお会いした人も沢山いますし、振り返ればとても大きな経験をさせていただいたことにとても感謝しています。
さて、2008年12月、第1原稿を投じたとき、私の心の中には1000回の記事が積み重なる未来はまったくありませんでした。
何も考えず、ドアを開け、その一歩を踏み出しただけでした。
その最初の1つの記事が10となり、100となっても、やはり1000もの積み重ねを考えたことはありません。
ただ、1日1日が積み重なり、月が月を重ね、気付いたら1000回になりました。
ですから、「今の気持ちは?」と聞かれても、特別な気持ちはありません。
前しか見ていないのです。まだ、振り返る余裕がないというか。
でも、あえて申し上げるなら、この4年と1ヶ月少々のブログ活動の中で、私自身はそれなりに成長しているのです。意識の上で、実生活の上で。
読者の方々との交信は、私の心にとても大きな影響を及ぼしました。
私の心は、その触れ合いの中で、以前より格段に広く深いものになったと思います。
年輪が重なり、随分強くもさせていただきました。
その創価の森ブログは、本年の11.18総本部完成まで歩みを進めます。
「そのあとの創価の森はどうなるのか」ですって?
私、日常生活をリアルに語る創価の森は、本年をもって完結、終了いたします。
これは、過去より語ってきたことです。
いずれ、終えなければならない。
だとするなら、総本部完成の本年が一番良いと思うのです。
ただし、ブログは閉鎖しません。私の命のある限り残します。
(その後のことは、まだ明確に考えていません)
ともかく、このリアル創価の森の旅をしっかり最後まで続けたいと思います。
どうか、皆さま、総本部完成までお付き合いくださいね。(^^)
それでは、再びの冒険の旅に、いざ!

尚、以下に創価の森ブログ4周年の節目までの記事を添付します。
お時間のある方は、◆アンダーラインをクリックしてください。

◆最初のブログ記事  ◆ブログ1周年記事  ◆ブログ3周年記事
◆ブログ4周年記事  ※2周年記事はありません。

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-01-16 05:45 | 挨 拶 | Trackback | Comments(27)

創価の森鉄道999

            ◇YouTubeにCMがあります。×印を押してください。

      

ついに、創価の森ブログの記事連載が1000回になります。
この記事で999回目なんですよ。(^^)
999といえば、銀河鉄道999ですね。
と、いうことでエレクトーン演奏のYouTubeを貼りました。
これは宇宙戦艦ヤマトと999の2つの演奏です。
それにしても見事な演奏ですよねー。
ちなみに私は楽器はできません。超へたくそなギター程度です。
「1000回目の記事を期待していますよ!」ですって?
今まで通りの記事しか書けませんから、ご期待しないでください。(笑)
それにしても、何を書けばいいのだろう?
う~ん、悩ましい。(^^:
次の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-01-13 20:06 | 挨 拶 | Trackback | Comments(4)

お陰さまで4周年

               ◇48ヵ月、1460日の歩みと今後について。
c0180341_22574497.jpg
c0180341_23114760.jpg

創価の森ブログが満4周年を迎えました。
創価の森ブログは、現存する記事だけで986。読者の皆さまからのコメントと、私の返信したコメントの総数は9492になっています。
この他、メール交信した方や直接お会いした方も沢山います。
振り返れば、ローマは1日にしてならず‥と、その歩みの大さに驚くばかりです。
このプチ快挙(笑)は、読者の皆さまの励ましのお陰。
本当に、本当に、ありがとうございました!(^^)
さて、その創価の森ブログ、正直なところ、すでに語りたいことはほとんど語っていて、気を抜くと「これで終わります!」と言ってしまいそうです。(^^:
事実、本年8月ぐらいから、日常のテーマがめっきり減り(笑)、連載記事が多くなりました。その分、従来の「らしさ」が減り、優等生的な記事が増えたようにも思います。
ある意味、遊びがなくなってきていて、かなり真面目になっていることと、私の生活のお話を語り尽くしていることが重なっているのです。
その中で、先月、正式に「ひらがな御書」をスタートしました。
心新たに、別の冒険を開始しました。
ひらがな御書ブログは、→ここをクリック!
そろそろ、今の創価の森を卒業して、ひらがな御書を真剣にコツコツ作る‥それが理想ですが、かねてから申し上げているように、総本部完成まで、この創価の森は続きます。
今、思っていることは、次なる1年は、原点に戻って「平凡な学会員のブログ」として、日常を「らしく」語りたいということ。
ですから、ちょっと信心以外の記事も増やしたいと考えております。
これからも、ラッキーと共に元気に歩みます‥ あれ?
ラッキー、随分、リラックスモードですね。 (^^:
ともあれ、再びの冒険の旅に出発いたします。
皆さま、どうぞこれからも、宜しくお付き合いくださいませ!!(^◇^)
創価の森ブログの最初の記事は、→ここをクリック!
3周年のときの記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2012-12-01 06:12 | 挨 拶 | Trackback | Comments(22)

お陰さまで3周年

    ◇創価の森ブログが3周年を迎えました!

c0180341_6165543.jpg本日、introductionをリニューアルしました。
これでやっと、3年間を無事に終えることができました。(^^)
今まで愛用していたintroductionは、2008年12月1日に収めて、スッキリです。
元女子マラソンの有森裕子さんが、アトランタ五輪で銅メダルをとったとき、「自分で自分をほめてあげたい」と言いましたね。

私も好きな言葉の一つで、ときどき使わせていただいています。(^^)
バルセロナ大会の銀メダルに続き、二大会連続のメダルでした。
途方もない大記録。金メダルも凄いけど、二大会連続もスゴイ。
実はこの有森さん、岡山県の出身なんです。しかも、名前に「森」がある。(笑)
「岡山県」の出身で、創価の「森」ブログをもち、趣味が「マラソン」の私。
私の実名も、「有森」だったりして。(ウソ)
その私が、ついに3周年のゴールを迎えました。
感慨深いです。やりきったという満足があります。思い残すことは何一つありません。
と、いうことで、今、「自分で自分をほめてあげたい」という気分なのです!(笑)
私は、創価の素晴らしさを語りたかった。そして、苦労されている人たちに、ささやかながら励ましの言葉をかけたかった。
しかし、不思議なことですが、来訪者の方々や、他の創価系ブログ、掲示板の人たちに私は逆に励まされ、勇気と感動を沢山いただきました。
今では、ブログを始める前より、さらに創価学会が好きになりましたし、私の幸福も一層大きく深くなりました。不思議なんです。まさに、妙法ですね!
皆さん、3年間、本当にありがとうございました!!(^^)
さて、これから、新ブログが立ち上がります。
この新しいブログは、創価の森の付属のブログですから「オマケ」のようなもの。
あまりご期待なさらないでください。でも、ちょっぴり楽しみにしてくださいね。^^
ブログリニューアルの決意の記事は、→ここをクリック!
それでは、再び出発ですね。
新しい創価の森の旅へ、いざ!(^◇^)

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2011-12-01 00:01 | 挨 拶 | Trackback | Comments(28)

リアル創価学会員のブログ

                  ◇創価の森の昨今に思うこと。
c0180341_22181416.jpg

創価の森ブログをスタートして、1年半が経過しました。
広く大きな創価の森に、私は野鼠のごとく、ツタのごとく生きている小さな存在です。さらに具体的に例えるなら、富士の樹海のごとき広大な森の中に生きる、名もなき「一匹の蟻」のごとき私です。そのような私ですから、ブログをスタートしたとき、今のようなブログに成長するとは、まったく予想していませんでした。当ブログの最初の記事は、→ここをクリック!
今、創価の森ブログは、毎日700人前後の人々がご覧になられています。ご来訪者様のお力で、検索キーワードにも大きな影響をもたらすようになりました。
最近の記事について、「Googleワード検索の順位」で申し上げるなら、本日時点で、「あめゆじゅとてちてけんじゃ」10位、「訣別の朝」5位、「民主党のV回復」8位、「信念の道」1位、「私の悩み」7位、「創価学会の評価」6位、「売り物は自分」1位となっております。このことは、ネット検索で新しい人々と遭遇する機会が増えるということを意味しています。
そこで問題となるのは、ブログ記事の発言内容です。
過去のような自由奔放な発言がしにくくなってきました。(笑) けれど、優等生になって、現実の私と遊離することはもっと嫌なのです。ありのままの自分で語れなくなったら、このブログは意味のないものになると考えているのです。
過去、「菊川は、聖人君子の如き弁をたれ‥」と批判されたことがありました。何度も、自分は「平凡でありきたりの創価学会員」と申し上げているのに、「野心家」だとか「嘘つき」と言われるのです。
最近では、「臆病者!」と何度も言われ、ムッときました。先日、このことに対し、創価系掲示板で「私は腹を立てているぞ!」と申し上げました。これは、偽らざる自分の心情で話をしたかったのです。これで、私を「聖人君子」と呼ぶ人はいなくなったことでしょう。同時に評判も落としたことでしょう。でも、それが私なのです。
いずれにしましても、「あるがまま」の学会員を表現するという当初の方向性は、これからも大事にしてまいります。ときに脱線することがありますけれど、これがリアル創価学会員のブログなのです。

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2010-06-17 23:53 | 挨 拶 | Trackback | Comments(6)

平凡な創価学会員のブログ

◇創価の森ブログの本に書いたこと。
c0180341_23113852.jpg

今から1年半前のこと。
私は、「創価の森の小さな家」というブログをスタートした。
日々の行動、思考、想い出、あるいは時々刻々と変化する社会情勢の評論に至るまで、様々な項目を記事にしてきた。
私のブログをして、「小市民的」とか、「単なるブログ」と評する人がいるが、それはとても光栄なことだ。実は、私のブログとは、その程度のものである。それ以上のものでも、それ以下のものでもない。否、その平凡性こそ、私が志向し、目指したブログだった。
私は1人の等身大の創価学会員という存在が、いかなるものかを描きたかった。
インターネットを見れば、創価学会の評価は様々な意見に分かれる。
しかし、その多くの評価は現実とかけ離れたものばかりである。
ある者は、狂信的といい、ある者はロボットという。そして、いぶかしげに傍観する。ある者は、創価学会を国家転覆の暗黒集団として描き、世に警鐘を鳴らしている。
ブラックジャーナリストの過去の記事は、→ここをクリック!
一体、創価学会員の真実の姿とは何であろうか。
その1つの現実を、私は1冊の本にした。
私は、平凡な創価学会員の視点から、淡々と思いつくままに語ったに過ぎない。
仕事。マラソン。家族やペット。健康や病気のこと。親や友人への思いや行動‥。
一市民として、一人間として、私は語った。
アンチがいう「ロボット」なのか、「平凡な人間」なのか。「邪悪で凶暴な人間」なのか、「愛情ある人間」なのか。私の試みは、このブログ、並びに書籍を見た人たちの判断に委ねようというのである。ただ、一言申し上げたいのは、私は十分に幸せだということである。
周囲が、どのように見ようとも、その事実は変わらない。
幸せとは遠くにあるものではない。私は、50年を生きて知ったのだ。平凡の中で味わう日々の幸せこそ、私の真実の幸せであると。
これからも、私は、代わり映えのない記事を書くことだろう。
背伸びをすることなく、平凡な私自身を描き続けることだろう。

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2010-05-12 06:21 | 挨 拶 | Trackback | Comments(17)


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2017年 06月
2016年 08月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

九州の若造さん、おはよう..
by sokanomori at 05:42
私は、以前御本尊様にこの..
by 九州の若造 at 13:58
レーズンパンさん、おはよ..
by sokanomori at 05:29
「サイコパス」という言葉..
by レーズンパン at 07:23
otiさん、おはようござ..
by sokanomori at 05:35
こんにちわ!創価三世の学..
by oti at 16:35
非公開さま、本尊流布誠に..
by sokanomori at 07:14
ありがとうございます。
by 甚平 at 05:56
youtube(ユーチュ..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 19:51
九州の若造さん、大いにご..
by sokanomori at 22:53
ありがとうございます。大..
by 九州の若造 at 06:03
加藤さん、北海道からコメ..
by sokanomori at 18:03
非公開さん、こんにちわ。..
by sokanomori at 17:59
昨年秋に心理ゲーム使わせ..
by 加藤秀隆 at 13:46
菊川さんありがとうござい..
by ゴンゴン at 13:23
モヤモヤされなくていいの..
by sokanomori at 12:31
菊川さん、私、もうひとつ..
by ゴンゴン at 09:40
菊川さん、明解ありがとう..
by ゴンゴン at 23:21
ゴンゴンさん、こんにちわ..
by sokanomori at 17:53
菊川さん、こんにちは、最..
by ゴンゴン at 11:31

メモ帳

画像一覧