カテゴリ:ふるさと( 46 )

親孝行

◇親孝行とは何でしょうか?
c0180341_17471384.jpg

父は、8年前に亡くなりました。
死の3ヶ月前、病院で父の伸びたヒゲを剃ってあげたことが、最後の親孝行でした。
随分弱っていて、顔を洗うのにも時間がかかっていた父。その父の頬に泡をつけ、安全カミソリでヒゲを剃りました。

もう、長くないことを父も悟り、私も知っていました。
父のヒゲを剃っているうちに、父の目からも、私の目からも、涙が止まりませんでした。親子の絆は、魂と魂で共鳴するものです。
「広幸。わしは死ぬことなんか、ちっとも怖くないぞ。それより、お母ちゃんを頼むな。お母ちゃんを助けてやってくれ」これが、私が聞いた、父の最後の言葉でした。

父を失った母は、想像以上に落胆しました。
私は遠く関東に居を構えており、田舎に母を1人にしていることを悩みました。
ある日、「お母ちゃん、関東に出てこないか?」と聞くと、「私は田舎が好きだから」と断られました。母にとって、岡山の実家は、父と建てた世界一の城なのです。
でも、幸いなことに、地元の学会員さんの交流と励ましは、親戚のように温かく、やがて母の傷は癒えることになります。

当時、私は、「親孝行とは何か」ということで大変悩みました。
池田先生の指導の中に、「1日1回でいいから、両親に笑顔を見せてあげることだよ」という指導がありましたが、それすら出来ない自分を心から情けなく思いました。
私は、できることは何かと考え、励ましの手紙を書くことにしました。
1~2週間ごとに、私の気持ちや近況報告を綴りました。
その手紙は3年間続けました。

今、上写真の手紙やハガキは、母の宝物になっています。
一番の親孝行は、立派な信仰に生きることだと思っています。
息子として、堂々と、世のため人のために生き抜くことこそ、母の最大の誉れであり、幸福だからです。

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-03-29 17:00 | ふるさと | Trackback | Comments(4)

創価教育

◇創価学会は、世界最高の教育システムです。
c0180341_1759746.jpg

写真は、私の幼少期のものです。
母とお題目を唱えている時に、父が撮影してくれたのでしょう。
父も母も、貧しい庶民の出でしたから、高等教育を受けていません。庶民の父母の間に生まれた私は、当然のことながら庶民の子供でした。
私は両親から、世の中の仕組みや、世渡りの方法など、社会的なことは教えてもらえませんでした。母は、今も、「お前は勝手に育ったんよ」と言います。でも、現実に、勝手に育つ子供はいません。実は、私は、創価学会に育てられたのです。
父は一升でも飲んでしまう大酒飲み。母は心臓弁膜症でした。お世辞にも、恵まれた家庭ではありません。でも、両親は、私に世界最高の宗教を与えてくれました。私は両親の信仰を観察し、周囲の学会の人たちの行動を見て育ちました。家には学会の書物がいくつもありました。両親は読まないのですが、私が読むという具合。いつしか、私の精神を、創価学会が作り上げていくことになります。
人を殺したり、盗んだり、世を震撼させる事件の数々を見て、哲学なき家庭の子供の悲惨が可哀そうでなりません。創価学会の宗教とは、世界最高の教育システムだと思います。世の父母は、そのことを深く知るべきで、素晴らしい信仰にその子供を置いてあげれば、口うるさく言わなくても育ってくれることでしょう。
創価学会の信仰そのものが、創価教育だと私は考えています。何も、創価学園や創価大学に行かなくても、全員が創価学会に育まれるのです。

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-03-11 23:21 | ふるさと | Trackback(1) | Comments(8)

Mさん一家の東京見学

◇初飛行&初東京タワー見学をサポート。

c0180341_23533222.jpgMさんはいつも、当ブログを見てくださっている岡山の親戚です。何と、ご主人の勤続25周年のご褒美に、ディズニーランド招待旅行をゲットされ、東京へご来訪されました。
家族揃って、初飛行。岡山空港から羽田空港へ。天気が良くて、美しい富士山の火口が見えて上機嫌でした。当然のことながら、私はMさん一家をサポート。東京タワーを見学したいとのことで、一緒に行きました。
私、人生3度目の展望台へ。エレベーター、半端でなく高かった。中二のよっちゃんと小五のみっちゃん。喜んでましたね。日本人として生まれたのですから、東京タワーは一度は昇ってみたい場所。何と、ちょうど50周年でした。私より年上でした。スゴイですネ!^^
半世紀に渡り、風雨に耐え、威風堂々の勇姿に圧倒されました。展望台からの夜景も素晴らしいのですが、下から見上げる東京タワーも圧巻。基本設計の素晴らしさと、職人の方々の懸命の努力で、東京タワーは、今も美しく輝いていました。
私は、20年ぶりに行きましたが、みやげ物の販売コーナーや各種イベント会場など、充実していました。あっちゃん、ご主人に感謝しないとネ。この不景気の世の中で、一家全員をディズニー旅行ご招待なんて会社はありません!^^
私は東京タワー見学のみの同行でしたが、本番は翌日からのディズニーランド。子供達、生涯忘れることのない想い出を作ったことでしょう。Mさん(あっちゃん)は、学会員ではありません。明日の夜、成田空港から帰郷します。(^^)

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ

追伸:後日、Mさん一家から手紙を頂きました。子供たち、綺麗な字で嬉しいこと書いてくれました。よっちゃん⇒「東京タワーに行きたいと言ったのは私。展望台から、国会議事堂や六本木ヒルズが見えた。眺めが本当に綺麗で、目に焼き付いています」みっちゃん⇒「生涯で一番の思い出になりました」…手紙は、最高の宝物になりました。
ありがとうございました。^^
by sokanomori | 2009-03-09 22:52 | ふるさと | Trackback | Comments(2)

母の祈り

◇忍耐強く祈り続ける母の人生
c0180341_18431194.jpg
岡山に1人暮らしの母は、1年間に200~300万遍の唱題をします。
私自身、100万遍を5ヶ月間でしたことがありますが、その時は一日中、唱題しているような感じでした。私の場合、1年間に100万遍が上限で、モジモジと落ち着きのない祈りですが、母の唱題は違います。上写真は、私の母が唱題しているところを撮影したもの。下写真は、昨年の母の唱題表。母は、祈りあがれば、「絶対に幸せが継続できる」、あるいは、「苦難が押し寄せてきたとしても、絶対に打ち勝つことができる」という確信があります。強風にもびくともせず、富士のように堂々と祈る母。母の祈りには、いつも感服させられます。^^

c0180341_1924169.jpg母には苦労が絶えませんでした。
母は風雪に耐え、苦難の全てに打ち勝ち、今、愉快で楽しい老後を過ごしています。
苦労がないことが幸せではありませんよネ。
むしろ、苦労の無い人生では、小さな弱々しい幸せしか得られないのではないでしょうか。困難が人を高め、苦労が精神を深く大きくし、毒変じて大きな幸せへと繋がるのですから。^^
今月、2月10日の聖教新聞に、池田先生が「偉大なる尊き母の交響楽」という詩を発表されていましたネ。「母を軽蔑したり/ないがしろにしたり/苦しめたりする者は/その心の中がすでに地獄の暗黒なのだ/母を苛める奴!/母を泣かせる奴!/母を大切にしない奴!/これこそ、平和と幸福の社会をぶち壊す世界一の悪党たちだ/母にあらゆる真心と愛情を捧げていくことだ/これが人間だ/みな人間は母から生まれてきた/母が命懸けで生んでくれた‥」と。
感動でウルウルしました。(^^)
親不孝をする宗教心のない人間は、本当に不幸だと思います。私は過去、どうすれば親孝行が出来るのか悩んだ時期があります。近頃、ほんの少しではありますが、親孝行ができるようなりました。元気な母の存在は、私にとって最大の喜びであり、幸せです。^^
私の小さな親孝行の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-02-20 22:14 | ふるさと | Trackback | Comments(0)

2009年1月1日

◇故郷の新年勤行会に参加して。
c0180341_174148.jpg

c0180341_1741735.jpg年末を母と過ごし、翌日、2009年の元旦を迎えました。AM9:00、地元の会館にて、新年勤行会に参加。新年を母と共にスタートいたしました。
左写真は、頂いた記念品です。蓮華の写真のカードでした。蓮華は、法華経を象徴する植物。如蓮華在水‥
泥の中に清らかに咲く花であり、また、花と実を同時につける不思議な植物なのです。
会合では、地元幹部のお話や御書の拝読、各支部の元気溢れる決意発表があります。輝きを失わない同志の方々の美しい姿には、いつも元気をいただいています。
特に、男子部が渾身の力で指揮を取る学会歌には、ウルウルさせられました。大中国の地涌の菩薩の勇姿‥本当に素晴らしい!私の故郷は、私の魂のルーツなのです。この輝かしい同志の方々がいる限り、私の魂も永遠に不滅なのです。^^
「青年・勝利の年」の本年、記念カードの写真の如く、混沌とした世の中にあっても、清く美しく咲く蓮華のような一年を過ごしたいと思います。世の中の経済危機は、さらに混迷の度合いを強くすることでしょう。強風を利用しながら、祈り、行動して、大いに前進できる年にしたいと考えています。^^

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-01-04 17:12 | ふるさと | Trackback | Comments(0)

2008年12月31日

◇一路、母のいる故郷へ
c0180341_15362596.jpg

c0180341_15373418.jpg2008年12月30日PM9:30。新宿から夜行バスで一路、実家のある岡山へ向かいました。翌日、AM6:00にT駅に到着。ジーゼル機関車に乗り換えて、故郷の街に到着したのは、7:00を過ぎていました。機関車は、ガッタン、ゴットンと昭和40年代の音を奏でてレトロな雰囲気。昭和時代にタイムスリップした感じ。上写真は私の故郷の駅。左写真は、途中で停車した駅。
雪化粧の美しい風景に感動!^^
駅から歩くこと数分、実家に到着しました。母の笑顔。元気そうで一安心。母は、ストーブで部屋を暖めて、待っていてくれました。
c0180341_15464384.jpg母の作ってくれた朝食を食べて、朝の勤行を母と一緒にしました。
田舎を出て、すでに30年になるのですが、当時のままの実家なのです。
雪化粧の美しい風景に感動!^^
駅から歩くこと数分、実家に到着しました。母の笑顔。元気そうで一安心。母は、ストーブで部屋を暖めて、待っていてくれました。母の作ってくれた朝食を食べて、朝の勤行を母と一緒にしました。
田舎を出て、すでに30年になるのですが、当時のままの実家なのです。
今は、父はいませんが、ここに来ると、祖母と父の想い出が鮮明に蘇ってきます。
年末年始は、必ず母と過ごします。
故郷を離れ、親不孝をしている私の唯一の恩返し。
数年前、母が体調を崩した時は何度も帰郷しましたが、やがて母は健康を取り戻し、過去にもまして元気なのです。
母が元気でいてくれるのは私の最大の幸せです。


ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
ブログトップへ
by sokanomori | 2009-01-03 16:14 | ふるさと | Trackback | Comments(2)


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 08月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

非公開さん、おはようござ..
by sokanomori at 05:50
他宗であっても立派な人は..
by sokanomori at 06:00
最後に日顕宗について一言..
by 誓願 at 23:53
菊川さん。少し調べたので..
by 誓願 at 23:51
時を経て2017年。11..
by 誓願 at 22:15
weoさん、おはようござ..
by sokanomori at 05:03
「信」 この一文字の大..
by weo at 01:52
そうねんさん、こんばんわ..
by sokanomori at 21:06
ご質問よろしいでしょうか..
by そうねん at 20:07
非公開さん、こちらの本館..
by sokanomori at 16:16
yukiさん、<別館>に..
by sokanomori at 16:11
菊川さん、お久しぶりです..
by yuki at 16:09
九州の若造さん、おはよう..
by sokanomori at 05:42
私は、以前御本尊様にこの..
by 九州の若造 at 13:58
レーズンパンさん、おはよ..
by sokanomori at 05:29
「サイコパス」という言葉..
by レーズンパン at 07:23
otiさん、おはようござ..
by sokanomori at 05:35
こんにちわ!創価三世の学..
by oti at 16:35
非公開さま、本尊流布誠に..
by sokanomori at 07:14
ありがとうございます。
by 甚平 at 05:56

メモ帳

画像一覧