カテゴリ:環境問題( 27 )

巨大隕石の空中爆発

    ◇スゴイ出来事に世界がビックリ。

c0180341_619747.jpg2月15日、ロシアで巨大隕石が空中爆発して1200人の市民が負傷した。
空中爆発の衝撃波や隕石の破片で、窓ガラスや建物が破損したという。
NASAの発表では、隕石の大きさは直径15メートル、重さは7000トンと推定されるという。
同時期に、この3倍の大きさの小惑星(2012DA14=直径45メートル13万トン)が地球の至近距離を通過した。
ビックリするようなニュースの連続である。私たちが生きていることが、実は生かされているということを再認識させられた出来事であった。
2011年の3.11大震災から、様々な異変が続いている。原発事故、他国からの侵略行為、金環日食もあった。豪雪、強風(爆弾低気圧)もあった。
そして、今回の巨大隕石の空中爆発である。
短い期間に重なるこれらの出来事は、何の因果で発生しているのであろうか。
転重軽受であろうか、それとも更なる災害の瑞相であろうか。
昨日は、日蓮大聖人の御生誕の日であった。今回の隕石の姿はロシア各地で映像として撮影されていたが、竜ノ口の「光りもの」を彷彿とさせる映像であった。
立正安国論の記事は、→ここをクリック!
種種御振舞御書の記事は、→ここをクリック!
3.11震災の記事は、→ここをクリック!
金環日食の記事は、→ここをクリック!

                 ◇CMの×印を押してご覧ください。

    

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-02-17 06:44 | 環境問題 | Trackback | Comments(4)

脱原発は可能か

                 ◇電気代が今の2倍になる覚悟なら。
c0180341_21132789.jpg
c0180341_2114290.jpg
c0180341_21152013.jpg

衆院選の投票日まで残りわずか。
その中で、原発問題は大きな選択肢になっている。
先日、千葉県で開催された展示会で、自然エネルギーについて学んだ。
写真は上から順番に、①洋上の風力発電機、②海流を利用した発電機、③海面の波の揺れを利用した発電機(いずれも模型)である。
金属にとって塩は大敵。塩害対策は十分なのか?
「錆の問題はどうなの?」と聞いてみた。
すると、「来年、沖縄の海で実証実験を行う」とのこと。
その程度の段階なのだ。まだ道は遠い。
太陽光発電は天候に左右される。風力、海流などは耐久力に問題がある。地熱、水力、バイオマス、さらに省エネ‥これらを、どのように組み合わせるのか。
余程の努力をしないと、原子力発電の穴は埋められそうにない。
ある政党は、「原発を即時撤廃する!」と叫んでいる。
気持ちは分かる。それも不可能ではないだろう。ただし、電気代が1.5~1.7倍になることに耐えなければならない。しかも、数十年の単位で。
そのことが分かって「即時撤廃」と言っているのだろうか?
今ですら、日本人は世界一高額な電気代を支払っている。もし、工業用電力が急に1.5倍になったら‥。もはや日本の産業は立ち行かなくなるだろう。
故に、代替え案のない脱原発論は無責任と思うのである。
公明党のエネルギー政策は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2012-12-10 22:10 | 環境問題 | Trackback | Comments(0)

続・省エネリフォーム

                 ◇ひさしがこんなに伸びるなんて。(^^:
c0180341_621054.jpg
c0180341_6212114.jpg
c0180341_6213820.jpg

先週の日曜日、リビングに行くと、ひさしがビヨ~ン!と伸びていた。
「おお!こんなにも伸びるんだー!」
と、私が騒ぐと、「このぐらい伸びないと日除けにならない」とのこと。
特に、西日がしっかり防げるということで、家族の評判は良好です。(^^)
ちなみに、この日除けの管理は義母の担当です。
過去の省エネリフォームの記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2012-10-10 06:32 | 環境問題 | Trackback | Comments(2)

省エネリフォーム

                   ◇日除けのひさしがつきました。
c0180341_5152232.jpg
c0180341_5155379.jpg
c0180341_5163638.jpg

7月の終わりの頃、新聞にリフォームのチラシが入っていた。
そのチラシに、日除けの取付けに関する提案が書かれていた。
チラシを見た奥さんと義母が、次のように話し合った。(らしい)
「これ、いいよね‥」
「うん、これがあると涼しくなるだろうねー」
ある日、私が休日にボーとしていると、奥さんが神妙な顔で話しかけてきた。
「相談があるんだけど聞いてくれる?」
「あー、何?」
「あのね、リビングに日除けのひさしをつけたいの。ウッドデッキも‥」
「へっ?何でウッドデッキが必要なの?」
「日除けの部品の長さが足りないから。ここに、こんな感じで‥」
「買いたいというだけのお金があるなら、いいんじゃない」
「じゃあ、そうする」
こんな対話があって8月が過ぎた。人気商品のようで、順番を待たされた。
その日除けのひさしが、先日、ついに完成した。
日除けは巻いたり、伸ばしたりできる。
ちょっと遅い工事であったが、ともあれ省エネ化が進む我が家なのです。(^^)
グリーンカーテンの記事は、→ここをクリック!
LED照明交換の記事は、→ここをクリック!
次のひさしの記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2012-09-28 05:24 | 環境問題 | Trackback | Comments(16)

今年のゴーヤ

                  ◇我が家のグリーンカーテンです。
c0180341_639125.jpg

c0180341_6395116.jpgもう、何度も登場しているので、常連さんは感動がないことでしょう。(^^)
今年も沢山とれました。
2本の苗から、大小さまざま50本ほど。
勿論、家族で食べきれませんから、近所にお分けしてます。ゴーヤは食べ物としては、個人的に苦手です。
甘いゴーヤないかな?
過去のゴーヤ記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2012-09-05 06:52 | 環境問題 | Trackback | Comments(6)

九州豪雨

  ◇大九州の友よ、断じて負けるな!

c0180341_2246960.jpg昨年の3.11大震災の傷跡も癒えぬ今年、日本の各地で大災害が続いている。
爆弾低気圧の強風。雹や落雷。
先月、茨城県では巨大な竜巻で数多くの住宅が吹き飛ばされた。
今回の九州豪雨も悲惨である。
TVに映し出される光景に心が凍りついた。堤防決壊の映像に胸が張り裂けそうになった。
新築の家も、思い出の一杯詰まった家も、ローンの残るクルマも、肥沃な田畑も、美しい森も‥。
嗚呼!ありとあらゆる生活の基盤が、思い出が、全部、濁流に飲み込まれていく。
残されたのは自らの命だけ‥そんな人もいることだろう。
私は、祈らずにいられなかった。
大九州の友よ、どうかご無事であれ!

今、小説「新・人間革命」第2巻を読んている。
その第2巻の冒頭、池田先生は次のように語られている。
------------------------------
歴史的偉業というものは、必ず苦難があり、道は険しく、時間がかかるものである。
広宣流布という未聞の絵巻も、また同じであるといってよい。
ともあれ、正法流布とは、人類の幸福という大海原を開いていくものだ。
そこには、嵐があり、うねりがあり、怒涛もつきまとうにちがいない。
そこに身を投じて戦うところに、偉大なる人間革命の法理が存在する。
------------------------------
“嵐”、“うねり”、“怒涛”。まさに、九州の水害の今である。
この瞬間も、大九州の友は、身を投じて戦われているに違いない。
どうか、九州創価に勝利あれ! 幸あれ!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2012-07-15 22:56 | 環境問題 | Trackback | Comments(14)

微生物でセシウム除去

  ◇微生物でセシウムが除去できる!?

c0180341_735563.jpg毎日新聞(11.11)の記事をご紹介する。
広島国際学院大学の研究グループ(バイオ環境化学)が、「微生物を使って泥の中のセシウムを除去した」との内容が書かれていた。
以下に、その記事の一部を抜粋する。
------------------------------
本年9月、福島市内で採収したヘドロに対し、細菌90グラムをアルギン酸などに混ぜたビー玉大の粒状物質を、ヘドロ50リットルに投入し、3日間、放射線量を計測した。
この実験によって、開始時点に毎時12.04~14.54マイクロシーベルトだった放射線量が、3日後、2.6~4.1マイクロシーベルトに減少したという。(最大▲89.4%除去)
細菌は、表面にあるマイナス電気で物質を引き寄せる性質があり、プラス電気のセシウムを吸着したと考えられる。
セシウムを吸着した粒状物質は、乾燥して焼却すると容量で75分の1、重さで100分の1になる。500度以下の焼却ならセシウムは拡散しないという。
今後、広島国際学院大学の研究グループは、土壌での実証実験も予定している。
研究グループの佐々木健教授は、「常温常圧で除去作業ができるのが利点。コストも安く、福島の再生のために普及させたい」と話している。
------------------------------
これはまだ、実験段階であるし、即、応用技術に発展するとは限らないが、セシウム除去対策として期待できる内容である。
セシウム対策は、今後、その他の様々な方法も検討されることだろう。
必ず、道は開ける。安心、安全な福島を取り戻せる。
私はそのことを確信しています。
過去のセシウム問題の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2011-11-13 07:09 | 環境問題 | Trackback | Comments(10)

フクシマ原発災害(下)

              ◇地球温暖化と原発災害を、どう克服するか。
c0180341_2010857.jpg
c0180341_20101970.jpg

私たちは、二度と原発事故を起こしてはならない。
私は個人的に、危険な原発はいずれ全廃にする必要があると感じている。
今、各新聞紙上では、連日、フクシマの原発災害の影響、あるいは進まない問題解決の悩みを報道している。
昨日付けの朝日新聞では、「引き裂かれる福島」と題され、汚染地域へ「帰郷を望む人が激減している」と報じていた。その最大の原因は、生計のめどが立たないことだという。
加えて、広大な山林、田畑の除染の目処は立っていない。
けれど負けられない。美しい福島、東北、北関東を取り戻さなければならない。
さて、世界の二酸化炭素の排出量は、1990年対比で、現在は45%も増えている。
世界的にみて、地球温暖化対策は成功していないし、むしろ環境破壊は増大している。
この地球温暖化の切り札は原子力発電でした。しかし、このフクシマ原発の事故で、その考えは一変した。もはや日本人は、原子力発電を継続することはないのではないか。
地震もある。津波もある。故障も、人為的なミスもある。さらに言えば、戦争やテロによる凶悪な破壊行為があるかも知れない。世界は気付くべきだ。原発は危険だと。
日本は、地球の縮図である。
日本は島国だから逃げられない。同じように、地球から人類は逃げることはできない。
だとするなら、極論であるが答えは1つしかない。
地球温暖化の原因である化石燃料や、危険な原子力燃料から脱却することだ。
東京新聞(10月9日)に、地熱発電の記事が掲載されていた。
その記事によると、日本には原発20基分の天然ボイラー(地熱)が地中にあるという。
温泉より、さらに深い地下、1~3kmの土中に、200~300度の熱水のたまり場があるという。そこから吹き上がる蒸気でタービンを回して発電する。
天候の影響を受けない安定的地下エネルギー。火山が100以上もある日本。地熱資源は約2300万kwと試算されている。埋蔵量は世界第3位だという。
ならば、この地熱発電所を各地に建設し、順次、原発を廃止していくべきではないか。
それが、核被害国の果たしゆく「完全決着の道」ではないか。
エネルギー転換は急ぐべきである。遅くとも20年以内に、国内の一切の原発を廃止する。
日本を安全、安心の環境大国へと導くというのはどうだろう。
そのように思う今日この頃なのです。

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2011-10-10 21:11 | 環境問題 | Trackback | Comments(10)

フクシマ原発災害 (上)

                 ◇原発災害をどう受け止めるのか。
c0180341_20325818.jpg

私は、フクシマ原発に隣接している茨城県に生活している。
茨城県の東海村は、日本の原子力利用に多大な功績を果たしたし、仕事で福島県に出向くことが多かった私は、フクシマ原発問題を身近に感じている。
大震災に伴うフクシマ原発事故は、今、全世界が注目している災害である。
日本は、この原発事故を克服しなければならない。では、フクシマ原発の事故とは、どの程度の問題なのだろうか。
一つの判断基準が、文部科学省が発表した「セシウム134、137の汚染マップ(地表面)」に示されている。セシウムの残存量を、2011年9月8日現在で示したマップである。
黄色や赤で示される地域は、極めて危険である。
現在、この区域は、立ち入り制限となっている。
実際には、フクシマ原発から30km圏内の一部、さらに北西部の一部の汚染が強度である。
私たちは、避難区域以外は大丈夫であると信じたい。
しかし、これはポジィティブに考えての話である。
ネガティブに考えれば、問題はさらに広範囲に及ぶ。
9月30日の東京新聞夕刊に、東北や北関東で、イノシシやシカなどの野生動物にセシウムの汚染が広がり、政府が摂取制限の規制検討を始めたとの記述を見た。
具体的には、栃木県でセシウムの検査をして、野生動物(イノシシなど)から1キログラム当たり545~1185ベクレルの放射能が検出されたという。
規制値は500ベクレルである。すなわち、食用にはできない。
このことから、イノシシ肉を観光資源にしている自治体は不安を隠せない。
福島県では、キジやヤマドリなどに検査対象を広げる予定だという。
このように、ヒトではなく、立ち入り制限区域を自由に出入りしている動物や昆虫への影響も含め、放射性物質の問題は波紋を広げている。
海、河川、森林。見えず、臭わないセシウムの拡散。
日本は、この問題を、どのように解決するのであろうか。
次の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2011-10-09 21:39 | 環境問題 | Trackback | Comments(20)

ゴーヤカーテン

                ◇ゴーヤカーテンは、確かに最強でした。
c0180341_22561049.jpg

仕事を終えて帰宅。
すると、随分、葉を落としたゴーヤが出迎えてくれました。
もう、9月も終わりですが、まだ、グリーンカーテンとして仕事をしてくれています。
昨年はアサガオを植え、今年はゴーヤだったのですが、さすがゴーヤはたいしたもの。
葉の茂りでエコ。実は食べれて健康にも良い。(笑)
来年もゴーヤカーテンにお世話になることでしょう。
ありがとうね、ゴーヤさん。(^^)
このシリーズの最初の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2011-09-27 23:13 | 環境問題 | Trackback | Comments(6)


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 08月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

非公開さん、こちらの本館..
by sokanomori at 16:16
yukiさん、<別館>に..
by sokanomori at 16:11
菊川さん、お久しぶりです..
by yuki at 16:09
九州の若造さん、おはよう..
by sokanomori at 05:42
私は、以前御本尊様にこの..
by 九州の若造 at 13:58
レーズンパンさん、おはよ..
by sokanomori at 05:29
「サイコパス」という言葉..
by レーズンパン at 07:23
otiさん、おはようござ..
by sokanomori at 05:35
こんにちわ!創価三世の学..
by oti at 16:35
非公開さま、本尊流布誠に..
by sokanomori at 07:14
ありがとうございます。
by 甚平 at 05:56
youtube(ユーチュ..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 19:51
九州の若造さん、大いにご..
by sokanomori at 22:53
ありがとうございます。大..
by 九州の若造 at 06:03
加藤さん、北海道からコメ..
by sokanomori at 18:03
非公開さん、こんにちわ。..
by sokanomori at 17:59
昨年秋に心理ゲーム使わせ..
by 加藤秀隆 at 13:46
菊川さんありがとうござい..
by ゴンゴン at 13:23
モヤモヤされなくていいの..
by sokanomori at 12:31
菊川さん、私、もうひとつ..
by ゴンゴン at 09:40

メモ帳

画像一覧