カテゴリ:他宗教・他思想( 15 )

花巻新渡戸記念館

                 ◇願はくはわれ、太平洋の橋とならん。
c0180341_2042335.jpg

新渡戸稲造(にとべいなぞう)。
私は、新渡戸稲造が過去、5000円札に印刷されていたこともうる覚えで、岩手県盛岡に生まれ、また、その記念館が花巻にあることすら知らなかった。
今回の岩手県の旅で、たまたま記念館の看板を目にして立ち寄ったのである。
-------------------------
◇「新渡戸稲造って知っている?」(奥さん)
◆「う~ん、何だか聞いたことがあるな。キリスト教の信者でなかったか」(私)
◇「500円札になった人でしょう?」
◆「え?500円札なんてあったっけ?」
◇「500円札を知らないの?」
◆「う~ん、あったような、なかったような‥」
-------------------------
こんなとぼけた話をしながら、花巻新渡戸記念館に到着した。
お札になった人である。それなりの人物だろう。
ということで、入場料600円(2名分)を支払って入館した。
新渡戸稲造を紹介するビデオを見て、その偉大な人生を知った。
まず、稲造の母が偉大である。「偉大な人になりなさい。そのために勉学に励みなさい」と稲造を育てた。札幌農学校に入学した稲造に対し、母は手紙に、「日本はおろか世界に名を上候様と楽しみ居候」と書いている。
「世界に名を上げるあなたになることを楽しみにしている」とは、すごい母である。
稲造は東京英語学校を経て札幌農学校に入学。次に東京大学、アメリカ留学、さらにドイツ留学もしている。帰国後、札幌農学校の教授、京都帝国大学教授、東京帝国大学教授を経て、東京女子大学初代学長となった。
最終的には、国際連盟事務次長を経て、貴族院議員となった。
平和主義者であり、国際人であったようだ。
日本が軍国主義に突き進むことに反対し、「日本を滅ぼすものは共産党か軍閥だ。いずれかといえば、今となっては軍閥と答えねばならぬ」と記者会見で述べ、右翼の反感をかっている。稲造が晩年心配したことは、日本の国際的孤立であったという。
米国と日本の共存共栄を願う稲造であったが、実現はできなかった。
稲造が尽力した国際連合から日本は脱退。
稲造の死後、日本は太平洋戦争に突入した。
戦後、敬虔なクリスチャン、平和主義者、国際人として、新渡戸稲造は評価された。
軍国主義日本の未来を憂い、終生努力した稲造に私は共感した。

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2012-08-19 21:32 | 他宗教・他思想 | Trackback | Comments(6)

イスラム教徒のオリンピック

◇イスラム教の選手の困ったこと。

c0180341_7303544.jpgロンドンでオリンピックが始まった。
日頃、テレビを見ることが少ない私も、さすがにオリンピックは見ている。(^^)
選手たちは何かしらの宗教を持っている。その中で、イスラム教の選手には“困ったこと”があるようだ。
読売新聞(7月28日)によると、日の出から日没まで飲食を断つ断食月「ラマダン」が、オリンピック期間中と重なるという。(7月20日から8月20日まで)
中には、オリンピック選手でありながら断食の実行を宣言する人もいるようだが、大多数は断食を見送るという。ある選手は、「5日間の競技期間だけは断食をやめるつもりだ。許可は得ており、帰国後に改めて断食を行なう」と説明している。
アラブ首長国連邦(UAE)では、宗教指導層が「選手は断食を見送っても協議後に償うことができる」との解釈を示している。
このことについて、イスラム系ウェブサイトには賛否両論の書き込みが溢れているらしい。
「燃料(食事)なしに機械(体)は動かない」と率直な意見を述べる選手がいる一方、「例外が認められるのはおかしい」との意見がある。
今のロンドンの日照時間は長い。日の出から日の入りまで最長で16~17時間程度ある。
万全の食事をとっても難しい体調管理である。ラマダンの信念を貫くことは事実上困難であろう。その中で、断食しながら競技する選手もいるというのは驚きである。(^^)

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ

ラマダン:イスラム歴9月の月名。日中の断食が課せられる。
子供や病人、妊婦などは免除される。
by sokanomori | 2012-07-31 06:34 | 他宗教・他思想 | Trackback | Comments(2)

元オウム信者17年目の逮捕

◇小さな幸せでいいから掴んでほしい。

c0180341_21453333.jpg見ていて辛いニュースだった。
逃亡生活17年。ある意味、人生のもっとも大事な時期を逃亡に費やした彼女。
「どんな思いで過ごしたのだろう?」
苦しんだに違いない。悪夢にもうなされたであろう。
そのことを思うと、犯人とはいえ、その悲劇が心に迫ってきて涙が出そうになった。
彼女は、陸上の選手であった。怪我をして、その怪我を治すためにヨガ道場に通った。そこはオウム真理教が経営する道場だった。
16歳で信者に。オウム真理教の陸上選手として各種の大会に出場した。
教団が世間との対立を深め、やがて、地下鉄サリン事件へ。
12人死亡、5553人を負傷させる大事件の実行犯になってしまった彼女。
逃亡につぐ逃亡。千葉県、愛知県、埼玉県、神奈川県、東京都、そして再び神奈川県‥。
週休1日。時給850円で仕事をしていたという。
逮捕されたとき、「もう逃げなくていいということにホッとしています。今まで逃げてきたことで沢山の人に迷惑をかけたことを申し訳なく思っています」と言ったという。
いつか捕まることを覚悟していたのであろう。
過去、私はオウム真理教について記事にしています。
その過去の記事は、→ここをクリック!
当事、私はオウム真理教を「理解不能の集団」と感じていました。しかし、昨年の男性元信者の出頭、さらに今回の元女性信者の逮捕で受け止め方が変わってきました。
「彼らも被害者である」と思います。オウム真理教に巡り合わなければ、立派な人生を歩めた人たちだと感じるからです。
これから罪を償い、小さな幸せでいいから掴んでほしいです。
罪と罰の過去の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2012-06-05 06:06 | 他宗教・他思想 | Trackback | Comments(15)

親鸞(しんらん)の宗教

◇浄土真宗の経典に希望はあるのか。

c0180341_2124269.jpg先日、聖教新聞の「名字の言」に浄土真宗の内容が書かれていた。
以下に、2月21日の名字の言の要約を記す。
-------------------------
「希望学」を提唱・研究する社会学者の玄田有史さんが、とある寺院に頼まれて講演をした時のこと。
聴衆の反応に手応えが感じられない。
尋ねると、浄土真宗の経典に「希望」という言葉は出てこないので、との答え。それが教えの特徴であることに、あらためて気付いたという。
(『希望の作り方』岩波新書)
浄土真宗の祖は親鸞。地震や飢饉・悪疫で多くの人々が亡くなる惨状を見て、哀れに思いつつも、しかし、生死無常の理(ことわり)は仏が説かれているので、「おどろきおぼしめすべからづさふらふ(=驚くことではありません)」(末燈鈔)と記している。
-------------------------
この後、「とてつもない悲劇に見舞われたとき、人はしばしば「無力感」にとらわれる。そこに安住するのが念仏の境地なのか」とも書かれていた。
親鸞は、1211年(承元元年)に、念仏の弾圧で越後(新潟)の国府に流されている。
このとき、俗名を与えられたことから、僧でも俗でもなくなったとして、「禿(はげ)」の字を姓とし、「愚禿(ぐとく)」を自称して妻帯した。複数の妻と子があったが、詳細は不明である。
親鸞の思想の骨格は、師である法然の教えを継承し、「念仏を唱えることで極楽往生を目指す」ものであった。
諦めることは問題を解決する1つの方法ではある。
絶望の極致に立たされた時、人は希望の光を見出せないことがある。
「今生では幸せになれなけれど、死してのち、西方浄土で幸せになれる」と自らを慰め、全てを捨てて擲(なげう)つ。それが、親鸞の宗教なのだろう。
しかし、日蓮大聖人の仏法は違う。「冬は必ず春となる」という宗教である。
その妙一尼御前御消息の記事は、→ここをクリック!
法華経は一切衆生を仏にする希望と勇気の経典です。
創価学会の宗教は、念仏信仰の対極の宗教です。不幸を幸福に変えたい、生活革命・人間革命したい人には、創価学会をお勧めします。
念仏信仰の過去の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2012-02-26 22:36 | 他宗教・他思想 | Trackback | Comments(0)

現代における寺院の意味

◇寺院は、本来の使命を果たしているのだろうか?
c0180341_231689.jpg

先日、用事で都内の寺院に行った。
写真は、その寺の釣鐘である。
都会の寺なので、「日頃、鳴らすのだろうか?」と思いつつ眺めた。
創価学会員は他宗の寺に行かないとか、鳥居をくぐらないとか、祭りに参加しないと思っている人がいるようだが、実際はそんなことはない。人それぞれである。
厳粛に他宗教を見ない、近寄らないという人はいるが、私は、文化財として見学するし、仏像も好きな方で、寺院や博物館などで好んで見る。
仏像に関する過去の記事は、→ここをクリック!
牛久大仏見学の記事は、→ここをクリック!
さて、寺には当然のことながら僧侶がいる。
太鼓や木魚、鐘の音がして、僧侶たちの般若心経の声が響いていた。
時折、鳥の鳴き声が聞こえ、風に木の葉が小さく音を立てていた。
寺は落ち着く。落ち着くのは、何も伝統仏教の寺院だけではあるまい。
キリスト教の教会も、イスラム教のモスクも同様だろう。
けれど、実際、大事なことは外見ではなく中身である。
今の寺院は、本来の宗教の使命を果たしているのだろうか。寺のカタチ、僧侶の姿、さらにはお経を唱えてはいるけれど、どれだけの人間を幸福にしているのだろうか。
私は、若かりし頃、神奈川県の有名な寺院で仕事をして驚いたことがある。
その寺の住職は、寺に訪れる人を「お客」と言ったのである。
「お客がね、~で困るんだ。何とかして欲しい。たのむよ」
集まる人たちは信者ではないのか。単なる観光客なのか。
私は、笑顔で語る僧侶の言葉に、「この寺は張りぼてだ」と感じた。
そして今も、当時の「お客」という言葉を思い出しては虚しさを感じるのである。
今の寺院には、人類救済、不幸を幸福に変えようとする力はないようだ。
以前、私は「お寺はもういらない」という記事を書きました。
その過去の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2012-02-26 00:17 | 他宗教・他思想 | Trackback | Comments(15)

創価学会の友人葬

◇事実から創価学会を見ていただくと‥。

c0180341_13524154.jpgブログ村の仏教カテゴリにオモシロイ記事を見つけました。
休日の余裕?で見ていたら、「創価学会と伝統仏教の葬式に出た」という表題を発見。
興味深いタイトルだったので読んでみると‥。
(以下は抜粋)
------------------------------
創価学会の友人葬。

一緒に出た両親は、創価学会が大っ嫌いだったのですが、
葬式については、意外にも評判がよかったのです。
親族しかいない寂しい葬式に、4人ぐらいの学会員が来てくれて
にぎやかしになったこと(お坊さんは来ません)。
その人たちが、ひたすら繰り返す「なんみょーほーれんげーきょー」が、
それなりに儀式らしいハーモニーであること。
地区の儀典長が読み上げる「故人の生涯」が、
故人をよく知らない出席者にも追悼気分を盛り上げてくれること。
戒名がないこと。
このあたりが、好評の理由でした。

「なんみょーほーれんげーきょー」の6拍リズムの良さが
法華経勝利の一因かなあ、などとも思いました。
------------------------------
偏見のない意見でした。ちょっと嬉しい。^^
是非、皆さんも見てください。
そのブログは、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2011-08-07 14:00 | 他宗教・他思想 | Trackback | Comments(4)

「お寺」はもういらない。

◇AERAの気になる吊革広告に誘われて。
c0180341_21302982.jpg

c0180341_21304830.jpgAERAという雑誌がある。
過去は時々購入したが、ある日、創価学会の批判記事を書いていたので、買わないことに決めた。そのような経緯から、嫌いな雑誌だったが、今回、「寺はもういらない」という、刺激的な吊革広告を見た。気になる‥。我慢できず、380円を支払い、久々にAERAを読んだ。(笑)
以下に、記事の概要を記す。

◇リオンショックからの「お布施騒動」--------------------
昨年秋、大手スパーのリオンが葬祭事業に参入、「お坊さん紹介サービス」を開始した。
リオンは、「読経+普通法要」を25万円、戒名を依頼した場合の法要を40万円とした「お布施表」をインターネットで公表した。
このことに対し、全日本仏教会が、東京秋葉原のシンポジュウムで、「お布施は本来、『喜捨』であり、『標準化』や『統一』すべきではない。お布施という宗教部分を、僧侶が商品化されたような表現がなされた」と反発したという。(2010年9月13日)
このこたごたに対し、「お寺の経済学」の著者である慶応義塾大学の中島教授は、「国民がイオン的な取り組みを歓迎したら、お寺は終わり」と結論付けるコメントを発表した。
「現在、宗教活の空洞化が起こっている。現在、日本全体の平均は、600世帯に1カ寺である。檀家制度のない沖縄が8400世帯に1カ寺であることを考えると、今後50年以内に、全国7万6000寺が、6000に減少せざるを得ない」との厳しい予測を立てた。
葬儀料金の明朗会計化が進み、価格競争が激化すると、寺院のトラブルは増えそうである。

◇各種寺院の「裁判」や「犯罪」--------------------
さらに、AERAは、宗教法人の問題を語っている。
少し前の事件である.
愛知県でのペットに対する供養に対し、5年間分、670万円の課税を寺に課した。
寺側は、「飼い主の悲しみを癒やし、ペットの霊を鎮める宗教行為」と主張したが、最高裁は「寺は料金表で決めた葬祭費を得ており、お布施とは性格が異なる」と指摘。寺側の主張を退けた。
そもそも、「おみくじ」や「お守り」は非課税、線香やロウソクは課税対象であるとされるが、「課税対象物でも、境内で神仏に供えるなら非課税」というようなあいまいな法律解釈になっている。今後、事業仕分けならぬ、宗教法人仕分けが望まれるところだ。
このことに加え、宗教法人の税制優遇から、寺や神社が「所得隠しの温床になっている」との指摘があった。「宗教法人の売買、不祥事など、宗教界の問題は後を絶たない」とも。
4年前、東京の葬祭業者が、読経の仕事を紹介した見返りに、僧侶からリベートを受け取り、買収した休眠法人に8億円もの所得を隠していた事件も紹介されていた。

以上、かなり気持ちの悪い内容であった。
昨日も、僧侶が麻薬所持で逮捕されたニュースが流れていたが、このような事件が報道されるたびにガッカリするのは、何も、私だけではないだろう。
そもそも、今の寺や神社に、宗教はあるのだろうか?
宗教とは、根本の教えである。そこに、教義があり、学びと修行があるから宗教である。
葬式だけを行い、土地を用意して墓を売り、葬儀でお経を唱えるだけの行為を繰り返す寺院は、本来の宗教とは程遠い存在である。
今後、50年、100年と経過すると、大学教授が指摘した「宗教活動の空洞化」に伴う宗教の減少は、さらに進むかも知れない。
ともかく、正しい宗教に巡り合うというのは難しい。
仏法では、そのことを一眼の亀の話に例えている。
その悲しい亀のお話は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2010-10-27 23:03 | 他宗教・他思想 | Trackback | Comments(7)

大原はだか祭りの災害

◇落雷の被害者は34名。(重傷者2名)

c0180341_21145649.jpg昨日、千葉県いすみ市で行われていた「大原はだか祭り」で「落雷」とのニュースが報道された。(写真は朝日新聞)
みこしの担ぎ手34人(男性32人、女性2人)が負傷。このうち男性(65)と男子中学生(13)が重傷を負った。
会見した祭りの実行委員会によると、祭りの全18基のみこしが集まるクライマックス「大別れ式」の終了間際、高く掲げられたみこし2基に雷が直撃したという。負傷した34名のうち、9人は高校生以下の子供だった。けが人は小学校体育館に収容後、病院に搬送された。
感電した男子高校生(16)は、「一瞬の出来事で、何が起きたか分からなかった。目の前に赤や青の光がちらちらし、気が付くと足がけいれんしていた。周囲に20人くらいが倒れていた」と振り返った。
近所に住む60代の女性は、「落雷の瞬間、すごい地響きのような音がした。直前まで雷鳴は聞こえず、いきなり落ちた」と話した。
雷注意報が出ていた中での祭りであった。大原はだか祭りは、翌日も行われる予定であったが、初日のこの事故で2日目は中止になった。
地元警察では、みこし上部の金属棒に落雷したとの見方を強めている。
判断は難しいが、今後の教訓にする必要がありそうだ。学会員も、地域交流でみこしを担ぐ人もいるようだが、雷注意報の時は参加を見送った方がいいだろう。
さて、全国、津々浦々に神社があり、みこしがある。そして、過去から、日本人はみこしを担いできた。この「みこし」とは何だろう。その意味を、Wikipediaで調べてみた。
---------------------------------------------
神様の乗り物として、みこしが継承され現在のような形になった。
行事としては、単に目的地を回るだけのものや、荒々しく揺らしたり、みこし同士をぶつけ合ったりするものなど様々で、祭りの中でみこしが果たす役割は多種多様である。荒々しく揺らすのは、神の霊を揺り動かして活性化させる(魂振り)という意味があるという。
---------------------------------------------
ふ~ん‥。でも、よく分らないな~。
私の岡山の田舎では、「だんじり祭り」が行われる。
激しくぶつけ合う祭りで、私も小さい時、だんじりに乗ったことがある。死者が過去、町内で2人出ている危険な祭りであった。これも、神の乗り物だったのだろうか?
そもそも、神とは何であろうか?
ともあれ、祭りは宗教というより、地域イベントのようなものだと私は考えている。
楽しむことは大いに結構なことだが、くれぐれも、怪我や事故には注意して頂きたい。

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2010-09-24 21:51 | 他宗教・他思想 | Trackback | Comments(15)

市有地の神社は憲法違反

                 ◇砂川・政教分離訴訟に思うこと。
c0180341_22465951.jpg

c0180341_22474556.jpgこの訴訟は、クリスチャンの谷内栄(79)氏が原告である。中学の英語教師を引退した谷内氏であったが、ある日、北海道砂川市の市有地に存在する神社(写真左)が、無償で土地を使用していることを知る。
「これは政教一致ではないか」と市に公開質問状を提出したが、5年間放置され、結果、2004年に控訴した。昨日、最高裁で、「砂川市の空知太(そらちぶと)神社は政教分離を定めた憲法において違憲である」との判断が下された。
谷内氏の兄は、日本軍兵士として中国に出征し、24歳で戦死している。
戦後、谷内氏の母は、「兄さんは、靖国神社にはいない。戦時中は、そんなことは言えなかった。お前は、自分の善かれと思う道を歩みなさい」と話したという。私は、この母の悲痛な言葉を新聞記事に見て、国家神道と旧軍国日本に憤りを覚えた。
谷内氏自身も、戦争中、神社にも参拝し、戦地に向う兵士を万歳で見送った一人である。戦後、17歳のときにキリスト教と出逢う。「戦前に叩き込まれた国家神道とは、まったく違った世界観があった」との理由から入信されたとのことである。
私の宗教とは違うが、谷内氏は立派だ。神社が、市の保護下にあり、利益を得ていたとするなら、それは政教一致である。その問題を見過ごすことなく、控訴して勝利された。
創価学会は、公明党の支持母体であるが、国から違法な利益は受けていない。公明党は、宗教や立場に関係なく、全国民の幸福を実現するための平等な政党である。選挙活動や政治活動は、憲法において保障されている。アンチやレベルの低い人たちが、「政教一致」と批判をしているが、まったく馬鹿げた話である。
今、この空知太神社のような宗教施設が、全国に1000箇所以上もあるという。創価を批判する人々よ。憲法をもう一度勉強するがよい。そして、これらの、おびただしい数の政教一致の宗教施設の問題を論じたまえ。我ら創価に、違憲はないのだ。
創価学会初代会長の牧口先生は、政教一致の国家神道の軍政府の元で、投獄され、獄死させられた。私達は、国家の宗教統合、国家の政教一致には、断固反対する。
創価学会弾圧の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2010-01-21 23:10 | 他宗教・他思想 | Trackback | Comments(12)

祖母の不思議な体験

◇天井裏に頭痛の原因があった。
c0180341_2193369.jpg

本日は、祖母の体験を述べる。
私が生まれる前の話である。創価学会の信仰を始めて、1年が過ぎた頃、祖母は勤行すると頭痛になった。お題目をあげると頭が痛い。おかしい。そこで幹部に相談した。
「何だろう。もしかして天井に何かあるのかな?」と言われ、祖母はハッとした。見てみると、天井裏に大量の神札があった。当時、神札を天井裏に入れると火事が起こらないという迷信があったようだ。果たして、神札を全て取り除き、焼き捨ててから頭痛はなくなった。
これは、科学的に証明のできない話である。けれど事実なのだ。
このように、私の周囲にはこの手の話は普通にあった。故に、霊能者が本物で、何かを言い当てた程度のことはまったく驚かない。むしろ、嫌悪するだけである。それがどうしたということである。世界の偉人の功績に比べれば、占いなど、実にクダラナイものである。ある意味、そのような陰鬱とした世界に魅かれ、接することは危険だ。
蛇や狐を拝めば、何かしらの畜生界の力を得て、多少の占いはできるようになる。しかし、それは恐るべき宗教であり、人間が、畜生に帰命するとき、未来に待っているのは不幸という現実だけだと申し上げたい。日蓮大聖人は、「通力ある者を信ぜば外道天魔を信ずべきか」(御書114頁)と仰せである。大事なことは、幸せになったか、生活が豊かになったか、人生に満足したかということである。
さて、皆さんは陰陽師と呼ばれる占い師がいることをご存知であろうか。
その陰陽師は、日蓮大聖人の御書の中にいくつか登場する。
「蛇は七日が内の洪水をしる・竜の眷属なるゆへ・烏は年中の吉凶をしれり・過去に陰陽師なりしゆへ・鳥はとぶ・徳人にすぐれたり」(御書222頁)
大聖人は、これらの畜生界の力や低俗な占いなどについて、「当世の学者等・勝劣を弁うべしや、黒白のごとく・あきらかに須弥・芥子のごとくなる勝劣なを・まどへり・いはんや虚空のごとくなる理に迷わざるべしや、教の浅深をしらざれば理の浅深を弁うものなし」(同222頁)と論破されているのである。
陰陽師は古代中国由来の占い師であり、平安時代や室町時代には大流行している。
竜の口法難のときは、「幕府が陰陽師に占いをさせ、処刑を断念した」との記述が種種御振舞御書にある。「陰陽師を召して御うらなひ候へば・申せしは大に国みだれ候べし・此の御房御勘気のゆへなり」(御書915頁)が、その記述である。
外道の者も、大聖人の力を知り、守護しているのである。
次の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-11-23 21:58 | 他宗教・他思想 | Trackback | Comments(6)


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

九州の若造さん、おはよう..
by sokanomori at 05:42
私は、以前御本尊様にこの..
by 九州の若造 at 13:58
レーズンパンさん、おはよ..
by sokanomori at 05:29
「サイコパス」という言葉..
by レーズンパン at 07:23
otiさん、おはようござ..
by sokanomori at 05:35
こんにちわ!創価三世の学..
by oti at 16:35
非公開さま、本尊流布誠に..
by sokanomori at 07:14
ありがとうございます。
by 甚平 at 05:56
youtube(ユーチュ..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 19:51
九州の若造さん、大いにご..
by sokanomori at 22:53
ありがとうございます。大..
by 九州の若造 at 06:03
加藤さん、北海道からコメ..
by sokanomori at 18:03
非公開さん、こんにちわ。..
by sokanomori at 17:59
昨年秋に心理ゲーム使わせ..
by 加藤秀隆 at 13:46
菊川さんありがとうござい..
by ゴンゴン at 13:23
モヤモヤされなくていいの..
by sokanomori at 12:31
菊川さん、私、もうひとつ..
by ゴンゴン at 09:40
菊川さん、明解ありがとう..
by ゴンゴン at 23:21
ゴンゴンさん、こんにちわ..
by sokanomori at 17:53
菊川さん、こんにちは、最..
by ゴンゴン at 11:31

メモ帳

画像一覧