カテゴリ:アンチ創価学会( 15 )

塩の行進

◇闇を打ち破り永遠に前進する創価。
c0180341_23531724.jpg

ブログ完結まで、残り半月となりました。
広宣流布大誓堂が完成し、未曾有の11.18を迎えるこの時期、ブログが完結になることに大変不思議な意義を感じています。
善なる同志と共に、外部の友人、知人と共に、歩んだ5年‥
今、私の心は感謝の気持ちで一杯です。(^^)
私は、この5年間、沢山の素晴らしい同志の方々(外部含む)の声を聞きました。
一方で、その声に等しく、批判、中傷、悪口の声を聞きました。
創価学会員として語れば、必ず悪口罵詈(あっくめり)されます。
その中には、沢山の勘違い、異常な視点からの批判も散見されます。
しかし、私は、反論をしないことを決めて歩みました。
“目には目を、歯には歯を”で歩んだなら、今の創価の森ブログはありません。
忍辱の鎧(にんにくのよろい)を着て歩んだ5年でした。
さて、忍辱の鎧と言えば、マハトマ・ガンジーを思い出します。
ガンジーは、非暴力でインドを解放した人。
そのガンジーの生涯の中で、最も有名な戦いが「塩の行進」です。当時、塩を作ることは「イギリスの特権」で、インド人が塩を作り販売することは許されていませんでした。
ガンジーは、「塩を作る」ことを公言し、400km先の海岸を目指して行進します。
その歩みは、やがて、沢山の数えきれない人たちの集団となります。
やがて海岸にたどり着き、海水から一握りの塩を作ります。
ガンジーは逮捕され、投獄されます。
さらにガンジーを支持する人たちも同様に投獄されます。
やがて監獄は、逮捕されたインド人で溢れかえり、収容不能になりました。
このことが起爆剤となり、インドの大衆が目覚め、立ち上がりました。
そして、イギリスの統治は崩壊し、インドは独立を果たしました。
ガンジーの言動と行動は、まさに創価の歩みそのものです。
今も、創価学会を批判する言論は後を絶ちません。
けれど、文証より理証、理証より現証です。
創価は未来万年、勝利と歓喜の現証を示しつつ、誹謗中傷を乗り越え、障害を打ち破って、さらに広く、さらに深く、広宣流布を果たし行くことでしょう。
私もその一員として、この信念の道を歩み抜く決意です。
ガンジーの書籍は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-11-14 23:56 | アンチ創価学会 | Trackback | Comments(23)

続・三猿運動のすすめ

◇鯖さんのブログ記事から思ったことを書きます。

c0180341_636185.jpgこの写真は、私が所持している三猿の後ろ姿です。
映像からお分かり頂けると思いますが、三匹の猿は互いに協力し合って、相手の耳や目、口を塞いでいます。互いに力を合わせて、「見ざる、言わざる、聞かざる」を実践しているのです。
さて、昨日、鯖さんのブログに、「あのサイトをクリックするだけで悪因を積む恐ろしさを、御書と先生の指導を拝し証明してみるテスト」という長い表題の記事を見つけました。私自身、ここまで長い表題にしたのは何故だろうと考えました。
おそらく、「重大だからしっかり読んでほしい!」との鯖さんの願いがあるのではないでしょうか。(^^)
以下に、その鯖さんの記事を抜粋してご紹介します。
------------------------------
大聖人のお言葉を拝したい。
「相構え相構えてとわりを我が家へよせたくもなき様に謗法の者をせかせ給うべし、悪知識を捨てて善友に親近せよとは是なり」(日女御前御返事p1244)
アンチサイトや、成りすましが跋扈する掲示板には近寄るな!との警鐘ともとれる。そういう所は、いわば「悪鬼乱入の寺社」とも言えよう。では、「ちょっと見てこよう」と、興味本位で覗く行為は御書にはどう説かれるのか。
「一見と称して謗法を致せる悪鬼乱入の寺社に詣ず可けんや」(日興遺誡置文p1617)
行ってはならない、との厳しい仰せ。
皆様ご存知の通り、悪徳週刊誌などを「買わない」ことは、謗法への布施を止めることになる、という認識はある。けれども、悪徳HPをクリックするだけで、そのHPは「人気がある」ことになってしまう。
「見るだけで」応援になっている事実は意外と顧みられていないのでは。
(鯖さんの記事の原文は、→ここをクリック!
------------------------------
すなわち、「与同罪」になるという主張なのです。
インターネットの世界は、見に行くだけで、話題にするだけで、相手の宣伝になるという世界です。これはアンチ創価学会の人々にも等しく言えること。
例えば、創価の森ブログは、過去、何度も2チャンネルで話題になりました。
すると、そのたびに、創価の森ブログのアクセス数が増えるのです。
2チャンネル攻撃の過去の記事は、→ここをクリック!
批判されるたびに、「コノ~!」と思った私ですが、実は、アンチの攻撃が創価の森ブログのアクセス数を増やすきっかけとなりました。
すなわち、攻撃が対象のブログの栄養になるということです。
ですから、悪徳ブログや悪徳掲示板には、「アクセスクリックという栄養を与えない」ことが大事です。
その具体的方法は、私が提唱している「三猿運動」が一番有効です。
皆さま、今後も、「三猿運動」にご協力くださいませ。
悪徳ブログ、悪徳掲示板を、「見ざる、聞かざる、言わざる」で撃退しましょう!
過去の「三猿運動」は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2012-04-21 06:46 | アンチ創価学会 | Trackback | Comments(12)

三猿運動のすすめ

◇サイコパスサイトに対抗するための智慧。

c0180341_847656.jpg三猿とは、三様の姿をした3匹の猿のこと。
「見ざる・聞かざる・言わざる」の意味を表しています。
この三猿を、Wikipediaは次のように記述しています。
------------------------------
3匹の猿というモチーフは古代エジプトにも見られる。シルクロードを経由して中国から伝わったものだという見解がある。
『論語』の一節には、「非礼勿視、非礼勿聴、非礼勿言、非礼勿動」(礼にあらざれば視るなかれ、礼にあらざれば聴くなかれ、礼にあらざれば言うなかれ、礼にあらざればおこなうなかれ)がある。
インドのマハトマ・ガンディーは、常に3匹の猿の像を身につけ「悪を見るな、悪を聞くな、悪を言うな」と教えたとされており、教科書などに「ガンディーの三猿」が掲載されている。
「見ざる、聞かざる、言わざる」は日本には8世紀ごろ、漢語の「不見、不聞、不言」を訳した天台宗の教えとして伝わったものだという説がある。
この表現は古来世界各地にあり、同様の像も古くから存在する。
------------------------------
私は、インターネットの悪徳掲示板、悪徳ブログへの最良の対抗策として、不見、不聞、不言の三猿運動を提案いたします。(警鐘を鳴らす場合を除く)
ネットを「玉石混合のカオス」と言う人もいますが、現実の世界なら巡り合うことも話をすることもない人とも、遭遇するというのがネットの世界です。
リアルの世界なら、その姿を見れば、一目で異常だと分るような人ですら、ネットの世界では判断ができません。社会を知らず、人間関係も作れない人が、政治を語り、宗教を語り、他の人々を批判しているのです。
まして、愉快犯的に立場を偽って、ウソをつき、デタラメを語ってかく乱する者までいる。
正体が分らないことをいいことに、言いたい放題。
このようなネット中毒者、ある種の精神的病を抱えているような人が、掲示板やブログのコメント欄に入り込み、ありあまる時間を背景として誹謗中傷をすることに、一種の「恐いもの見たさ」でアクセスする人もいることでしょう。
あるいは、自らのブログに、意味不明の誹謗中傷を書き込まれ、その意見に「何とか理解してもらおう」と延々と不毛な対話続けている人もいるでしょう。
しかし、それは無意味なことです。否、有害です。
相手が、「異常人格者」だったとしたら‥。
そのことを十分に考えてほしいと思います。
ましてアクセスは、サイコパスサイトの有害性を増長させるだけです。
私のブログには、創価学会を嫌う人たちや、自称学会員を語るストーカーのような人たちが沢山押し寄せました。私は、彼らと対話を試みましたが、まともな対話になったのはほんの一握りでした。
アンチ対応の過去の記事は、→ここをクリック!
悪徳ネット対策は、「見ざる、聞かざる、言わざる」が最も正しい方法です。
どうか、読者の皆さま、悪徳掲示板、悪徳ブログのロムをやめましょう。
ネットサイコパスのような人たちを相手にしないようにいたしましょう。
ネットサイコパスの過去の記事は、→ここをクリック!
次の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
人気ブログランキングへ

追伸:この三猿運動は、有害サイトの糾弾を否定するものではありません。
有害サイトに警鐘を鳴らす正当な言論は支持いたします。
by sokanomori | 2012-03-18 05:56 | アンチ創価学会 | Trackback | Comments(12)

ネットサイコパス

◇ネット中毒の異常人格者たちの正体に迫る。

c0180341_17502487.jpgサイコパスという言葉をご存知だろうか?
精神病質者を英語でサイコパス(Psychopath)というが、行動遺伝学者デヴィッド・リッケン(David・T・Lykken)は反社会的人格をソシオパス的人格、サイコパス的人格、性格神経症の三つに大別している。ソシオパス的人格は、親の育て方などによる後天的なもの、サイコパス的人格は元来の性格、気質などの先天的なものとして位置付けているが、一般には、ソシオパスとサイコパスはほぼ同義なものとして扱われることが多い。
サイコパスは他者に愛着を持ちずらく、良心に乏しく、加えて攻撃的(反社会的)な人物であるとされる。 彼らは冷酷で、相手にダメージを与えたことを後悔するどころか、そういうことには無関心で、ひとりよがりの満足感を優先する。彼らは、自分に悪いところはないと思い、他人は競争相手であると感じている。彼らは、自分が他人よりも劣ることを忌み嫌う性質のようである。
「診断名サイコパス~身近にひそむ異常人格者~」(ロバート・D・ヘア著・早川書房)によれば、サイコパスとは「他人に対する思いやりにまったく欠けた人物」だという。
善良な人たちから見れば、サイコパスとは、「あの人たちはいったい何者なのだ?」「どうしてあんなことができるのだろうか?」という存在である。
さて、このほど、鯖さんのブログに“創価系ブロガーに捧げたい「ネットサイコパスを見破る為の5つの特徴」”という記事が掲載された。私もサイコパスの本は読んでいたので、興味深く拝見した。
ネットにおける異常な批判行動、ストカー行為、不誠実な対話など繰り返す人物を、鯖さんは「ネットサイコパス」と呼び、その見破り方と対処方法についてアドバイスされている。
鯖さんのネットサイコパスの記事は、→ここをクリック!
私は今まで、何故、リアルではありえない異常な誹謗中傷がネットで行われるかを理解できなかったが、程度の差こそあれ、サイコパスだと考えれば納得がいくのである。
私は、批判者を対話によって解消したいと考えて「月下の騎士ブログ」を開設したが、対話を呼びかけても応じることなく他の掲示板などで批判を繰り返す人、対話がまったくかみ合わない人の中に、そのような傾向性を持った人がいるのかも知れないと感じた。
「診断名サイコパス」の本によると、心理療法は当人が自らの問題を解決したいと願っていないかぎり効果が出せないとのことである。
サイコパスは「自分に悪いことは何もない」と考えているから、とどのつまり自らの考えを変えようとはしない。書籍は結論として次のように書いている。
------------------------------
(サイコパスは)自分を変えたいという願いを持たず、将来のことも念頭になく、セラピスト(治療士)たち全員に腹を立て、セラピストはだましたり脅したり誘惑したり利用したりする対称だと考えている。故に、ほとんどのセラピストは、サイコパスに何かを与えることはできない。
むしろ、セラピー(治療)は、彼らをより悪くするかもしれない。
------------------------------
これでは、対話が成り立たないのは当然である。
鯖さんは、「誠実に対応しても時間のムダ。住む世界が違うと認識し、まともに相手をする事を避けること」と締めくくっている。
私は、この鯖さんの結論は正しいと思う。
悪徳サイト、悪徳ブログは見ない、反応しないということが肝要である。
それが一番の対処方法だと私は主張します。
私が提唱する「三猿運動」は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2012-03-16 21:42 | アンチ創価学会 | Trackback | Comments(28)

エスカレターのガム

◇何故、人は意地悪をするのだろう。
c0180341_6344026.jpg

c0180341_6345728.jpg近頃、通勤経路のエスカレーターのイタズラが増えた。エスカレーターの手すり横にガムをくっつけるイタズラである。
手すりを持っていると、あのガム特有の感触が指先に当る。
これはイタズラなのか、それとも捨てるに困った行為なのか?
ともかく、掃除をしている人たちや利用者にとっては大変迷惑である。
昔は、通路に直接ガムを吐き捨てる人が多かった。
ガムを踏んで、ひどい目にあった人もいるだろう。
私もガムを踏んで、クソ~!と思ったことが何度かある。
犯人は、その困っている姿を見て、笑っているのだろうか。
それでも人は経験から強くなる。馴れると、平然と、紙などでガムを取り除き、堂々とゴミ箱に捨てられるようになる。
先日、電車のつり革を持ったら、何やらヘンな突起物があった。
「何だろう‥」と見ると、ほんの少しガムが付いている。(><)
どういう神経をしているのか。私にはサッパリ理解ができない。
さて、私のブログにも、いろいろな意地悪なコメントが入る。他のサイトで、私への批判も随分あるようだ。愉快犯的なナリスマシの内容から、アンチのストレス発散まで、世の中は精神的に病んでいる人が多いようだ。
相手にしないと臆病者とか、洗脳されているとか言われる。
それで新しく別ブログを作った。けれど、アンチは今も創価の森ブログにコメントをするし、批判は絶えることがない。
では、批判や意地悪をどう受け止め、どのように対処すればいいのであろうか。
実は、「負けないコツ」を鯖さんがアドバイスしてくれている。
ご参考までに、その内容を示す。
その鯖さんの記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2012-03-01 06:50 | アンチ創価学会 | Trackback | Comments(12)

53歳学会員さんのコメント

◇ナリスマシ工作員のサンプルです。

c0180341_218164.jpg53歳学会員という人は、このようなコメントを残していなくなりました。
この人は、「池田大作死亡説信者の皆様へ」の記事に、書かないで下さいとお願いしているにもかかわらず、以下のコメントを書き入れました。以下に、全文をコピペします。
こんな不快な内容を、大事な記事に載せられる訳がありません。皆さんは、どう、思われますか?
------------------------------

◆Commented by 53歳学会員 at 2011-11-15 21:16
もうここへは書かないつもりでしたし、菊川さんからもここへは書かないでくださいとのことでしたが、最後に最低限の事実関係の誤解は訂正させていただきます。
これで最後です。安心してください。
菊川さんが12月に立ち上げるというブログへも立ち入る気はありません。
私は正真正銘学会員です。未来部のときからいっしょに活動をしてきた同級生は、いま副会長をしています。なぜか各地域の総県長がのきなみ副会長に任命されているので、いまでは50代の副会長がたくさんいます。
それも「次の体制」への準備でしょう。「次の体制」とは、名誉会長の指導力がなくなったときのための体制作りです。聖教新聞を読めば、その慌ただしさが伝わってきます。
11月13日の新聞に載っている池田先生の様子がおかしいことが菊川さんにはどうしてわからないのでしょう。あれがあなたの言うような、連日多くのメッセージを書き、人間革命を執筆できるお元気な姿ですか?
もう一度あの写真を見てください。そしてどうして会員の前に姿を現わさないのかを冷静に考えてみてもいいのではないですか。

◆ Commented by 53歳学会員 at 2011-11-15 21:17
聖教新聞には、これみよがしに元気な頃の池田先生の写真が載せられています。
そして昔の講演やメッセージがお約束のように掲載され、あたかも今の池田先生がリアルタイムに指導しているかのように思えます。でも違います。
もし菊川さんの手元にここ1年間の聖教新聞があるなら、その中でリアルタイムな池田先生の写真がどれだけあるかを検証してみるとわかるでしょう。
11月13日の写真には過去の写真のようにきちんと撮影日が記されず「今月、東京・新宿区内で」とだけ書かれています。
おそらく一緒に写っている最高幹部だけは池田先生の状況がわかっているでしょう。
一般の会員は池田先生がどこで何をしているのかさえ知らされていないのです。
私はそのことに疑問を感じないことがおかしくないかと言っているのです。
つまり知られてはならない状況だと考えるのが自然でしょう。

◆ Commented by 53歳学会員 at 2011-11-15 21:18
百歩譲って(笑)池田先生がお元気ならば、メッセージではなく、今度の本幹もSGI総会でも顔を出せばいいんじゃないでしょうか。
私はもしかしたらちゃんとした議論によって、今の学会のおかしな状況を変えるだけの力のある男子部がいるかもしれないと願っていましたが、どうやら違ったようです。
ですからこれ以上あなたと議論する気はありません。
先日の2回目の私のコメントを掲載してもらっていますので、ぜひ最後にこのコメントも掲載してください。それではお元気で。
------------------------------
こういう人とは、対話にならないものです。
先日も、ブタ作というヘンな人がいました。
同じようなことを言っていましたね。(^^)

追伸:2011年11月19日12:33~12:35にかけて、53歳学会員さんが再びコメントをしてきました。内容は、明らかに学会員のものではありません。この人は、ウソつきです。

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2011-11-15 22:28 | アンチ創価学会 | Trackback | Comments(51)

53歳学会員さんへ

◇この人は、本当に学会員なのか?

c0180341_6235874.jpg53歳学会員さんという方が、次のようにコメントをくださっています。(抜粋)
--------------------
先日コメントさせていただきました53歳学会員です。
残念です。もしかしたらちゃんとした議論ができる方かもしれない思ったのですが、学会(あなた)の都合のいいことだけを載せる他の多くのブログと同じでした。
先にも書きましたように、私は池田先生が死んでるとか重病だとかを言うつもりはありません。ただ1年半も姿を見せない事に対して「先生はお元気です」と言い切る根拠を誰一人口にしないのと、それで済ませてしまっている組織に対してどう思われますかということをお聞きしたかったのです。
自分の言いたい事だけを無理矢理押し付け、自分に不利になりそうな対話をいっさい拒絶するのが、あいかわらずの学会員の体質のようです。
少なくともこの40年間学会を内部から見てきて、ほとんど変わりません。むしろそのマインドコントロールのレベルはひどくなっているようです。
--------------------
オカシナ文章ですネ。
特に、「先生はお元気ですと言い切る根拠を誰一人口にしないのと、それで済ませてしまっている組織に対してどう思われますかということをお聞きしたかった」がオカシイ。
根拠は10月31日の新聞にも、11月13日の新聞にも、先生のお元気な写真があるし、会合という会合に暖かなメッセージをくださるし、連日、聖教新聞には鮮烈な記事を書かれているし、小説「新・人間革命」もずっと連載で書かれている。
「誰一人口にしない」のではなく、先生が元気なことを疑っていないのですから、口にしないのは当たり前ではありませんか。
それと、あなたは、私のブログをまともに読んでいませんよね?
この記事、見てないのでしょうね。→ここをクリック!
今頃になって、「先生はお元気ですと言い切る根拠を誰一人口にしない」となるのですか?
あなたが、「都合のいいことだけを載せる他の多くのブログと同じでした」と言うことについては、あなたのコメントに原因があると申し上げておきましょう。
最後に一言、お伝えしておきます。
12月以降、新しいブログを立ち上げます。そちらなら、お相手しましょう。ですから、「池田大作死亡説信者の皆様へ」の記事に、これ以上、書き込みをしないでください。
53歳学会員さんが書き込んでいる記事は、→ここをクリック!
次の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2011-11-15 06:48 | アンチ創価学会 | Trackback | Comments(7)

ブタ作さんへ

◇ヘンな名前のヘンなアンチのサンプル。

c0180341_1514269.jpgくだらない書き込みを続けるブタ作さん。
私を問題視するのはあなたの勝手ですが、繰り返しどうでもいい内容を書くというのはいかがなものでしょうか。
「上目目線」だとか、「吐き気がする」とか。
だったら、見なければいいではありませんか。
批判されるにしても、「なるほどな、その通りだな」と感心するぐらいの内容なら受け入れますけどね。
礼儀、失格!ですよ。

<上の記事を掲載後、いろいろ訳の分らないブタ作さんのコメントがありました>
そして、彼は、以下のようなクダラナイ書き込みをしています。(ほんの一部)

◇サンプル① (抜粋)
Commented by ブタ作 at 2011-10-31 09:00
>菊川さんらは、自分の都合の悪い事は、削除するんですね。
>裏でコソコソもするし、ゴキブリ並みの行動ですね。
>普段は偉そうにしているが、あんな何でもない文章を削除してしまう気の小さい臆病者だ!!
>僕の宗教?そんなの聞く事自体、臆病者の証拠だが、あんたと同じ創価学会員だ!
>しかもしっかり洗脳教育された2世だ。

◇サンプル② (抜粋)
Commented by ブタ作 at 2011-10-31 09:05
>あなたの一つ一つの行動、我々の部の人間は注目していますから~(笑)。
>みんな見てますよ~(笑)。
>勇気があるなら、このコメントも載せてくださいね。
>まあ、臆病者なので無理でしょうが…(笑)。残念!!(笑)。

◇サンプル③ (抜粋)
Commented by ブタ作 at 2011-10-31 23:31
(別ブログを立ち上げたら)
>その時は、質問にしっかり答えてくださいよ。
>あなたをさらしながら皆で笑ってあげますよ。(笑)

軽いし、ウソつきですね。
こんな人が学会員な訳ありませんから。
しかも、命が汚れていますね。
と、いうことで、ブタ作さんはアク禁にいたしました。

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2011-10-30 15:14 | アンチ創価学会 | Trackback | Comments(30)

創価学会の電磁波攻撃

◇コメント欄で質問されたデマ話のこと。
c0180341_2119504.jpg

先日、匿名希望者からコメントがあった。
内容を要約すると、「インターネット上には電磁波犯罪集団ストーカーという犯罪を、創価学会がやっているという情報が大量にある。本当に創価学会は電磁波犯罪集団ストーカーをやってるのか」という質問であった。
その記事は、→ここをクリック!
電磁波犯罪?‥何のことだか分からなかった。
ネットで調べると、出てくる出てくる。訳の分からない電磁波攻撃のデマ話。
漫画のような話であるが、このような誰でも分かりそうなことすら信じている人がいる。
そもそも、電磁波攻撃を、創価学会が何のメリットがあってやるのであろうか?
まったく、腹立たしいウソ情報である。強い憤りを感じた。
私は、この他、いくつかの創価学会のデマ話のネット情報を検索した。
その中の一つの文章を以下に示す。(抜粋)
------------------------------------------------
Q:「悪事千里を走る」ということわざがありますが、創価学会の場合は「千里を走らない」。何故でしょうか。
A:あるサイトからコピペです。
これは創価学会が日本の大手メディアに影響力を持っているために可能になっていること。
このメディア支配の影響力は、公明党と創価学会の発行する新聞を合わせることで生まれている。
あまり知られていないことだが、全国第3位という甚大な発行部数を持つ 創価学会の『聖教新聞』と、聖教新聞の約半分に匹敵するほどの膨大な発行部数を持つ公明党の『公明新聞』の2紙は、“自前の印刷工場”を持っていない。
どのように印刷しているかというと、実は全国紙を発行する新聞社の 印刷工場の空き時間を“買って”全国大手各社の工場で印刷している。
それがどのような意味を持つかといえば、 この『聖教新聞と公明新聞をあわせた2紙の賃刷り』というもので 『産経、朝日、読売、毎日』など全国数十社の大手新聞社にとって 朝鮮が数億円規模の大スポンサーになっているということである。
また、そのグループ企業である『フジテレビ、テレビ朝日、日本テレビ、TBS』にも 同様の影響力が及び、さらにテレビには一社提供番組等の莫大な広告利権を与えることにより、民間メディアをほぼ全て囲ってしまった。
加えてNHKも、予算や決算に国会の決議が必要であり、与党の一角に 公明党があることで日本のメディアは完全包囲されている。
こうして日本では創価学会と在日朝鮮人関連の情報は、「雑誌」などの 中小メディアでしか知ることができなない。こうして日本のメディアで、在日朝鮮人を含む朝鮮に関連した犯罪や工作を報道することは著しく難しくなった‥。
------------------------------------------------
このようなデマ記事が、無数にあるのだ。
この記事の内容は、いちいちデタラメである。
「聖教新聞の半分の量の公明新聞」なんてことはないし、「日本のメディアが創価学会に包囲されている」こともない。
さらに、池田大作は韓国人である、北朝鮮人ある、金の亡者である、国家転覆をもくろみ、信徒をマインドコントロールし、金を巻き上げる犯罪組織が創価学会である‥等々、その誹謗中傷には枚挙の暇がない。
今回の電磁波攻撃の創価学会陰謀説も、星の数ほどあるデマ話の1つ。
私は、このデマを失笑するだけで良いのだろうかと憂いている一人である。
悪質な発信源を究明することを、学会本部はやるべきだと思う。
数ヶ所のサイトで良い。名誉毀損で訴訟し、発信源の組織を明らかにするべきだ。
そこには、「なるほど、君たちか!」と納得できる輩がいるに決まっているのだ。
世間は、そのクダラナイ人間たちの経歴と所属組織を知り、あきれ返るだろう。
デタラメ情報の源となった藤原弘達の記事は→ここをクリック!
捏造記事で金儲けをする雑誌の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2011-02-23 22:18 | アンチ創価学会 | Trackback | Comments(26)

創価大学Negai☆″の評価

◇天狗じゃ!天狗の仕業じゃ!!!

c0180341_2216252.jpg先日打ち上げられたH-2Aロケット17号機で、地球周回軌道に解き放たれた小型人工衛生(4機)のうち、3機(※1)が行方不明になっているとの報道がされた。成功した1機は、創価大学が作った人工衛星「Negai☆″」だけである。
さて、この出来事で、アンチ創価学会の人々の反応はどうであろうか?
再び、アンチ系の掲示板を見てみよう。
幾多のアンチ系掲示板の対話で、極めつけはこれだ。

◆創価のまだ生きてんのか?→◆これは衛星を製作した大学側のミスだろ?H-2Aは正常に衛星を分離したんだし。→◆犯人は層化(創価)→◆打ち上げの振動でぶっ壊れたかもな。→◆創価のnegai☆だけ無事。はっはっは。→◆NASAの妨害に決まってる。宇宙はやつらの独壇場だからな。→◆朝鮮人による妨害電波。→◆残念だけど、もし回復しないとしたら東大、早大は貴重なチャンスを逃したな。→◆日本オワタ\(^O^)/ →◆Negai☆の妨害電波の影響か?→◆創価衛星の呪いじゃー。→◆まぁ、あかつきとイカロスさえ無事ならいいけどな。つーか糞草加(創価)の衛星ざまぁww。→◆悪運強い層化(創価)め。→◆どこ行っちゃったのさ。→◆真空と低温の壁は厚かったか。→◆天狗じゃ!天狗の仕業じゃ!!!

以上が、アンチ諸氏の対話である。(笑)
創価というだけで、何で、こんな阿呆なことばかりコメントするのでしょうネ。は~、くだらん。
次のNegai☆″の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ

(※1)鹿児島大学が開発した大気水蒸気観測衛星の「KSAT」と、早稲田大学の「WASEDA-SAT2」、全国22の大学などが共同して作った「UNITEC−1」。特に、鹿児島大学が5年間かけて開発した「KSAT」は、集中豪雨や竜巻を引き起こす大気中の水蒸気の分布を観測し、防災に役立てられると期待されていた。
by sokanomori | 2010-05-27 23:20 | アンチ創価学会 | Trackback | Comments(4)


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

九州の若造さん、おはよう..
by sokanomori at 05:42
私は、以前御本尊様にこの..
by 九州の若造 at 13:58
レーズンパンさん、おはよ..
by sokanomori at 05:29
「サイコパス」という言葉..
by レーズンパン at 07:23
otiさん、おはようござ..
by sokanomori at 05:35
こんにちわ!創価三世の学..
by oti at 16:35
非公開さま、本尊流布誠に..
by sokanomori at 07:14
ありがとうございます。
by 甚平 at 05:56
youtube(ユーチュ..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 19:51
九州の若造さん、大いにご..
by sokanomori at 22:53
ありがとうございます。大..
by 九州の若造 at 06:03
加藤さん、北海道からコメ..
by sokanomori at 18:03
非公開さん、こんにちわ。..
by sokanomori at 17:59
昨年秋に心理ゲーム使わせ..
by 加藤秀隆 at 13:46
菊川さんありがとうござい..
by ゴンゴン at 13:23
モヤモヤされなくていいの..
by sokanomori at 12:31
菊川さん、私、もうひとつ..
by ゴンゴン at 09:40
菊川さん、明解ありがとう..
by ゴンゴン at 23:21
ゴンゴンさん、こんにちわ..
by sokanomori at 17:53
菊川さん、こんにちは、最..
by ゴンゴン at 11:31

メモ帳

画像一覧