カテゴリ:活 動( 38 )

大勝利の座談会

               ◇世界広布の歌を声高らかに歌いました。
c0180341_21243944.jpg

c0180341_2125595.jpg座談会と言えば、創価学会の会合の代名詞である。
この5年を振り返ってみても、座談会の記事を沢山書いてきた。私は、どんな会合より、座談会が一番好きです。
大好きな創価家族と毎月笑顔で集い、学び合い、励まし合う。こんな世界は、創価学会にしかありません。(^^)
今回の座談会は、総本部竣工が大きなテーマでした。
10月2日、総本部が竣工しました。そして、来月、総本部は落慶。
明年、「世界広布新時代・開幕の年」です。
今回は、私がブログ用に写真撮影してきた総本部映像を写真集にして配布しました。
その写真集は、→ここをクリック!
私が創価の森ブログのオーナーであることは、地区の人は皆知っています。
そもそも、皆さんに、創価の森の本もプレゼントしていますから。^^
創価の森ブログの本は、→ここをクリック!
さて、会合前から写真集を配りましたから、座談会が始まる前から盛り上がりました。
司会は私。勤行を終えて、挨拶をいたしました。
-----------------------
皆さん、こんばんわ!今回、特別に、旧本部解体から、10月2日の竣工までの2年以上に渡るブログの写真をまとめて小冊子にいたしました。
この総本部に、今回、この総本部記念署名が永久保管されます。
(記念署名の記事は、→ここをクリック!
地区の皆さんと、一緒に総本部にいられる。幸せです!
しかも、遠く離れている親や兄弟、全国の同志とも、一緒に、永久に総本部に名を連ねることができる訳です。
そして、ありがたいことに、池田先生と奥様とも一緒です。
これ以上の、幸せがあるでしょうか。大功徳ですよねー!
明年は、いよいよ、「世界広布新時代・開幕の年」ということになりました。
と、いうことで、「世界広布の歌」を元気に歌いましょう!
-----------------------
このように宣言し、学会歌の大合唱となりました。
そして、会場に歓喜の歌が轟き渡ったのでした。^^
下写真は、地区部長所有の総本部の外壁の記念品。
この記念品も、皆さんに触っていただきました。
未来部、青年部の歓喜の発表。婦人部の活躍の話。そして幹部指導‥
そして、最後は、池田先生にお届けするために全員で写真撮影をしました。
このように座談会は大いに盛り上がったのです。(^^)


      

座談会は、旬のものを入れると盛り上がりますね。
座談会の企画は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-10-20 16:43 | 活 動 | Trackback | Comments(11)

総本部完成記念署名

◇創価学会総本部に永久保管される記念の署名。

c0180341_2017115.jpg何だか、ルンルン気分です。
何故かというと、この記念署名が総本部に永久保管されるからです。
凄く感動しています。心から嬉しい。^^
特装御本尊を頂いたときのような気持ちです。
全国の同志と共に、創価の本陣の中に名を連ねることができる。
故郷の同志、わが母、大学の友人、学生部の先輩とも一緒。
このブログで励まし合った皆さまとも一緒。そして、池田先生、奥様とも一緒!
嗚呼、何という素晴らしい想い出でしょう!何という幸せでしょう!
まして、この2年、本部の解体から総本部の竣工までをずっと見てきた私です。
言葉では言い表せないほど、私、幸せです!(^^)
本日、部員さんを回りました。この記念署名カードを配り、意義を語りました。
今週末、地区座談会があります。私は司会を担当します。
この喜びを爆発させたいと、私、サプライズ企画をしました。
それは、創価の森ブログで撮影してきた総本部の写真集を贈呈すること。
写真集といってもA4用紙5ページのカラーコピーですけれど。
本日、これを30部作成し、準備を済ませました。
座談会で、全家族に贈呈するのです。
全部手作り。総本部カテゴリの最高のフィナーレ!^^
次回の座談会、大いに盛り上げるつもりです。
特装御本尊の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-10-13 20:20 | 活 動 | Trackback | Comments(13)

同時放送の夜

◇次回本部幹部会が中国総会(広島)に決定!(^^)

c0180341_09979.jpg本日、仕事帰りに同時放送に行った。
予定時刻30分前に早々と到着。
しかし、人影がない。
「あれ?オカシイな‥」
恐る恐る入館した。
「あのー、本日、同放ですよね?」
すると牙城会の男子部が言った。
「8時からです。1時間後ですよ」
「えっ!そんな‥」
私はすっかり30分間違えていた。(^^:
目を丸くしている私に、「ときどき、そういう方がいらっしゃるんですよねー」とのこと。
仕方ない。1時間も待てない。
私は踵を返し、会館から徒歩5分ほどの距離にあるコンビニに出向いた。
弁当を買い、縁石に腰かけて夕食をとった。
そして、再び会館へ。開始20分前に最前列に座った。
今回の会合で一番印象に残ったのは、原田会長のスピーチである。
「次回の10月度の本部幹部会は、広島で中国総会として開催されます!」
このことは、事前に知っていたが、とても嬉しかった。^^
会館を出て、駅までの道すがら、岡山の母に電話をした。
「お母ちゃん、次は中国総会だね!」
「岡山、皆、がんばったもん。新聞も法戦も‥」
「だから、中国ということになったと?」
「そうだと思うよ。総本部完成の前に中国総会。その次に総本部完成‥」
「岡山だけが頑張った訳ではないだろう‥。でも、嬉しい。舞台が中国じゃもん!」
それにしても何という巡り合わせだろう。
創価の森ブログの最後の最後に、わが故郷の中国で本部幹部会とは‥
あまりに不思議な一致に、私の胸は高鳴るばかり。
電話を終え、嬉しくて夜空を見上げた。
月は暗闇を照らし、煌々と輝いていた。
夜道で一人、微笑んだ。(^^)
同時放送の別記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-09-15 00:10 | 活 動 | Trackback | Comments(13)

我らは福光の宝塔なり

                 ◇東北5県15会館で新生・東北総会。
c0180341_6135984.jpg

c0180341_6145945.jpg今月の3.16本部幹部会は、福島文化会館で開催された。
3.11大震災から2年。「福光の春」を開く本部幹部会であった。
東北5県の15会館が中継で結ばれ、1万人が参加するという東北総会であった。
私は昨日、この同時放送に参加した。
池田先生は、この東北総会に以下のメッセージをくださった。(抜粋)
-----------------------
敬愛し、尊敬してやまない福島の同志、大東北の創価家族と一緒に、声高らかに宣言したいことがあります。
それは、「我らは福光の宝塔なり」ということです。
法華経には、巨大な宝塔が出現します。大聖人は、北国の門下、阿仏房に「末法に入つて法華経を持つ男女の・すがたより外には宝塔なきなり」「南無妙法蓮華経と・となうるものは我が身宝塔」(1304頁)なりと、仰せです。
我らの生命の宝塔は、「生死老死」の苦悩も「常楽我浄」の福得に転じて、自らを荘厳できると明かされております。
いうなれば、生まれ出づる悩みも生き抜く喜びに変え、老いゆくわびしさも後継を育てる張り合いに変え、病の苦しみも境涯を開く転機に変え、詩の悲しみさえも永遠に轟く凱歌に変えていける。
ここに、人間革命、広宣流布という最極の幸福があります。
いずこであれ、題目を唱え弘める闘士が立ち上がれば、そこに宝塔が涌現します。わが身も宝塔であり、あの友この友も宝塔です。
どうか、何があっても、今いるその場所で、わが生命から無限の福光を放ってください。
一番厳しい冬を耐え抜いた人こそが、一番幸せな、歓喜と栄光の春を開くことができるのです。
さあ、「東北を見よ!人間はかくも強く、かくも偉大になれる」と、晴れ晴れと勝利の金字塔を打ち立てていこうではありませんか!
-----------------------
池田先生の言葉が、会場を埋める人たちにイナズマとなって轟いた。
そして東北の友の姿は、まさに、輝かしい光を放つ宝塔そのものだった。
左手の切断の危機を乗り越え日本一になった青森のじょんがら節の三味線の音、秋田おはら節の美しい未来部の歌、津波で一切を失いつつも、蘇生していくイチゴ農家の体験談‥。その音と歌と声とが、会場の全員の魂を揺り動かした。
嗚呼!偉大なり、創価の師!
嗚呼!幸せなり、弟子の我ら!

思い起こせば、私にとって、あの地震からの2年は、5年にも10年にも相当する年月でした。地震と共に会社が倒産の危機となり、私は福島県で4ヶ月間、出張して仕事をしました。昨年は、妻と東北3県を旅行して被災地を見学しました。
この2年の出来事が走馬灯のように浮かんでは消え、消えては浮かび、同時中継の東北の友の姿を私は仰ぎ見ました。そして、決意をしたのです。
「私も福光の宝塔になるぞ!」と。
(記事の写真は、昨年、岩手県で撮影したものです)

<参考資料>
3.11地震に関する記事で、主に私の体験を以下に添付します。
◆東日本大震災発生  ◆震災から3日目の出来事  ◆東北音楽隊
◆支援物資  ◆被災地を見学(2011年)  ◆再びの被災地見学(2012年)
◆倒産の危機で東北出張(私の体験の連載記事)

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-03-11 06:26 | 活 動 | Trackback | Comments(19)

K君の字について

  ◇私の地区には素晴らしい未来っ子がいます。^^

c0180341_21154089.jpg小学4年のK君の字。
何とも味わいのある素敵な字です。内容も立派ですしね。縦書きで、右に続きが書いているのも斬新です。(^^)
オジサンも、「朝一に勤行」を目標にすることにしました。
ありがとうね、K君。
あなたは、創価の宝物。これからの成長が楽しみです。^^
その記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-01-21 21:10 | 活 動

続・無冠の友

◇師子王唱題会で聞いたお話。
c0180341_2252167.jpg

先々週のこと。
私は奥さんの聖教新聞の代配の取材をかねて同行した。
朝の5時。外は暗闇である。ライトを片手に新聞を配る奥さんを見守った。(^^)
無名にして無冠の尊き配達員の皆さま。
本当にいつもありがとうございます。感謝、感謝です!^^
さて、先日、わが本部の師子王唱題会で、聖教新聞の代配が話題になりました。
20名ほどの参加者の中で、何と壮年部でありがなら5名が代配をしていました。
以下に、その5名の壮年部員のお話をご紹介します。
-------------------------
◆Aさん
私は10年やっています。朝、5時の起床が習慣になりました。
朝一番で新聞を見られる。健康にも良い。
そして、地区の人たちの家も知ることができ、とてもよいものです。

◆Bさん
代配を始めて1年半です。朝早く起きて、何かのために朝一番か貢献する。
それが気持ちいい。精神的によいものです。
街の様子、季節感。やってよかったという気持ちで一杯です。
奥さんに運転してもらってですが。(爆笑)

◆Cさん
最初は人がいないということで、3ヶ月やろうとなって、今、7年になります。
私は会社が遠いので、代配の日は、朝4時半起床です。
冬や、暴風雨のときは、いつもの倍時間がかかる。寒かったり、キツイときもあるけど、でも、今、とっても健康です。功徳だと思っています。

◆Dさん
私は学生部時代から代配をやっています。その中で、この間、地区部長の家の犬に噛まれたんです。毎回、座談会に参加しているのに。
これも功徳でしょうか?(大爆笑)

◆Eさん
代配は週2回やっています。でも、実は、奥さんの手伝いなんです。(爆笑)
歩いて配っているので健康にもいい。習慣で、いつも朝5時には起きています。
-------------------------
さすが、日曜の朝に集まる壮年部員は精鋭である。スゴイ。(^^)
師子王唱題会メンバーは、まさに仏の集まりだと感じた。^^
私の奥さんの代配記事は、→ここをクリック
師子王唱題会の記事は、→ここをクリック!
配達用ライトの記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2012-11-10 22:25 | 活 動 | Trackback | Comments(19)

アフリカSGI

◇アフリカ創価学会の歓喜の姿。

c0180341_22523.jpg同時中継から先ほど帰ってまいりました。
スバラシイですね、もう感動で一杯です。
今回の本幹では、冒頭、韓国女子部長の活動報告があり、池田先生のメッセージでは、日中国交回復提言の時のお話がありました。
韓国、中国との領土問題で、少々感情を悪くしていた私でしたが、今回の会合で、つくづく創価学会の凄さを思い知らされました。
(竹島問題の記事は、→ここをクリック!
韓国とも中国とも、そして世界中の国々とも、全部、仲良くやっていくべきですね。
私自身、この領土問題の件は、この会合参加でスッキリいたしました。^^
さて、本日の本幹は、どれも素晴らしかった。その中でも、アフリカSGIの活動報告は圧巻でした。アフリカは54ヶ国あって、言語は2000種類もあるとのこと。
それぞれに固有の文化がある“多様性の大陸”であることを学びました。
その中で、コートジボアールの本尊流布を受けた1400人の人々。その姿を見てビックリしました。国の事情で、4年間も待っての本尊流布だったんですね。
3つの誓いに「ウィー!」と叫ぶアフリカの友。
歓喜の姿を見て、私、涙が流れましたよ。(^^)
-------------------------
生涯!御本尊と共に生き抜きましょう! ウィー!!
生涯!広宣流布に生き抜きましょう! ウィー!!
生涯!池田先生と共に生き抜きましょう! ウィー!!
創価学会こそが全てを変えられる!
手に手をとって学会を築こう!
世界に平和を作ろう!!
-------------------------
歓喜の声。歓喜のダンス。全身で喜びを表現するアフリカの同志!
これほどパワフルで、輝かしい宗教がどこにあるでしょうか。
スゴイ。本当にスバラシイ。創価学会は最高です!!
私、あの「ウィー!」の声、ずっと忘れないと思います。^^
アフリカ創価学会の記事は、→ここをクリック!
同時中継の過去の記事は、→ここクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2012-09-09 22:35 | 活 動 | Trackback | Comments(34)

アヤメ月間の対話

◇学会活動は楽しいものですよ。(^^)

c0180341_634669.jpg先月、茨城創価は「アヤメ月間」でした。
アヤメ月間とは、→ここをクリック!
具体的には、わが本部では、各ブロックで壮年部員の集合写真を撮影し、それをアルバムにして池田先生にご報告するという活動をしました。
私は今回の活動を通じて、何十年も会合に参加していない壮年部員(以下、仮称Aさんという)に参加してもらいたいと考えました。
しかし、Aさんは結局、撮影には行けないとのこと。
そこで、カメラを持参して「卒業写真のように“片隅の四角囲い”で入れさせて欲しい」とお願いしたところ、Tシャツ姿のAさん、「こんな恰好ではよくないなぁ」と言われ、きちんと着替えて玄関先に出てくれました。そして、笑顔の写真を撮影できました。
私は、ブロックの集合写真に、Aさんの顔写真を片隅に配置(四角囲い)し、その写真を池田先生へのアルバム用としてプリントアウトしました。
地区幹部も、Aさんも含め、総勢11名の集合写真でした。
その写真を、Aさんにも届けました。すると、すごく喜んでくれた。
Aさんとしては、知っている人もいるし、知らない人もいる。だけど、近所の学会員の集合写真ですから、きっと大切にしてくれることでしょう。(^^)
「Aさん、何歳になられました?」と聞くと、「69歳」とのこと。「お誕生日はいつですか?」と尋ねると、「1月」とのこと。
私は、「来年は70歳の大台ですか!こんなことは後にも先にもありません。ぜひ、来年の1月の座談会にご参加ください。皆でお祝いしますから!」と申し上げました。
今、私、つくづく思うのです。
もし、信仰がなかったら、こんな近所の触れ合いもないだろうなと。
楽しいですよ、こういう日常会話的な触れ合い。(^^)
もし、この信仰がなかったら‥寂しいでしょうね!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2012-07-02 23:04 | 活 動 | Trackback | Comments(7)

アヤメ勝利月間

              ◇6月は、茨城県伝統のアヤメ勝利月間です。
c0180341_17551153.jpg

c0180341_1755445.jpg創価学会には、いくつもの記念日がある。
2月闘争、3.16、5.3、7.3など、広宣流布のリズムの中で、私たちは学会活動をし、11.18、さらに12月の財務などが繰り広げられていく。
1月は元旦勤行会から始まり、2月から広宣流布は本格的に動き始める。そして、年末には報恩感謝で終わる。
その中で、茨城創価学会には、“アヤメ勝利月間”と呼ばれる6月闘争がある。
本年度、私の所属する本部では、ブロックごとに壮年部員の集合写真を撮影したアルバムを池田先生にお届けするという闘いを展開している。
沢山のドラマが生まれた。何十年も会合に出席していない人も写真撮影に応じてくれた。
対話の花があちこちに咲いた。今、私は、晴れやかな気持ちで一杯だ。
先月の聖教新聞には、次の記述がある。
------------------------------
<茨城に人材の花>
総茨城の「『人材と友好の拡大』アヤメ勝利月間」が、6月1日から始まる(同30日まで)。
記念のブロック座談会を開催。青年を育てながら、全国に友好対話を広げていく。
茨城にとって6月は師弟の縁(えにし)深き月。1973年(昭和48年)6月17日には、池田名誉会長が美しいアヤメが彩った茨城県スポーツ祭に出席。永遠の指針を贈った。
また90年6月20日の茨城県記念総会では、アヤメの花言葉「良き便り」を通して友を激励した。坂上総茨城長、長竹婦人部長は「師弟の誓いに燃え、新たな『良き便り』を届けます」と語る。(2012年5月31日 聖教新聞掲載)
------------------------------
アヤメ勝利月間とは、師弟共戦の“永遠の原点”の月である。
私は故郷が岡山で、やがて東京、千葉、茨城と移り住んだが、今ではすっかり茨城県人である。それは、例年のアヤメ月間と茨城県歌などによって育まれたものである。
これからも6月は、私にとって大事な月であり続けるだろう。そして、アヤメ(花菖蒲なども含む)を見るたびに、私は師匠に感謝し、広宣流布を誓うことだろう。(^^)
尚、上写真は師王唱題会会場の張り紙。下写真は、潮2月号に掲載された、茨城文化会館(1990年6月)にアヤメ庭園を見学される池田先生ご夫妻の写真である。
茨城県歌「凱歌の人生」の記事は、→ここをクリック!
師子王唱題会の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2012-06-19 22:19 | 活 動 | Trackback | Comments(10)

続・師子王唱題会

◇師子王唱題会で気分は幕末の志士。

c0180341_21275486.jpg私の本部では、日曜日の朝9時に唱題会が行われている。その名を「師子王唱題会」という。
個人会館に30名前後の壮年・男子が集い、朝の勤行と30分唱題をする。
その後、懇談会が行われる。
先日の師子王唱題会のこと。
私は定刻10分ほど前に現地に到着した。
会場に入ると、すでにI本部長と、数名の男子部、壮年部がいた。
いつも通り、「おはよございます~」と挨拶して会場に入ると、I本部長が私に声をかけてくださった。
「菊川さん、ちょっとこっちに来てよ」
何だろうと玄関方向に行くと、I本部長がニヤニヤしながら小声で「見た?」とつぶやく。「はい?何でしょう?」と私。
するとI本部長は、「これ」と言って指さした。
振り向くと、「師子王唱題会」と墨字で鮮やかに書かれた看板があるではないか。
「は?(しばし沈黙)‥おっ、おおっー!!」←(私の声)
保護色というか、擬態というか、視野の狭さというか、まったく気付かない鈍感な私に対し、「これが目に入らぬか、ひかえおろー!」という感じだったのす。(笑)
「誰が作ったんですか?」と聞くと、「前回と同じ人」とのこと。地区部長の奥さんである。
私は早速、ポケットカメラで撮影した。パチッ!
感動で一杯になり、直立不動で言いました。
「早速、創価の森ブログで記事にさせていただきます!」(笑)
その日の唱題が熱気を帯びたのは言うまでもない。
唱題終了後、壮年男子が、広宣流布を熱く祈り、意見交換をして出発した。この看板で、まるで、幕末の長州藩における松下村塾(しょうかそんじゅく)のような雰囲気である。
地区部長の奥さん、ありがとうございました。最高でしたよ!
師子王唱題会に相応しい素晴らしい看板でした!
わが本部のスゴさを痛感させられました。感謝、感謝でした。(^^)
師子王唱題会の過去の記事は、→ここをクリック!
I本部長の記事は、→ここをクリック!
地区部長の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2012-05-29 23:14 | 活 動 | Trackback | Comments(6)


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 08月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

非公開さん、こちらの本館..
by sokanomori at 16:16
yukiさん、<別館>に..
by sokanomori at 16:11
菊川さん、お久しぶりです..
by yuki at 16:09
九州の若造さん、おはよう..
by sokanomori at 05:42
私は、以前御本尊様にこの..
by 九州の若造 at 13:58
レーズンパンさん、おはよ..
by sokanomori at 05:29
「サイコパス」という言葉..
by レーズンパン at 07:23
otiさん、おはようござ..
by sokanomori at 05:35
こんにちわ!創価三世の学..
by oti at 16:35
非公開さま、本尊流布誠に..
by sokanomori at 07:14
ありがとうございます。
by 甚平 at 05:56
youtube(ユーチュ..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 19:51
九州の若造さん、大いにご..
by sokanomori at 22:53
ありがとうございます。大..
by 九州の若造 at 06:03
加藤さん、北海道からコメ..
by sokanomori at 18:03
非公開さん、こんにちわ。..
by sokanomori at 17:59
昨年秋に心理ゲーム使わせ..
by 加藤秀隆 at 13:46
菊川さんありがとうござい..
by ゴンゴン at 13:23
モヤモヤされなくていいの..
by sokanomori at 12:31
菊川さん、私、もうひとつ..
by ゴンゴン at 09:40

メモ帳

画像一覧