カテゴリ:マラソン( 35 )

還暦の夢

◇健康長寿にかかせない運動。
c0180341_15275569.jpg

c0180341_15281727.jpg晴天下、一人、ジョギングをした。
写真は、電車の高架橋。まるで、広宣流布大誓堂を彷彿とさせる雄姿‥
と、思うのは、私だけでしょうね。(^^)
小銭と家のカギ、ポケットカメラ‥持ち物は、ただ、それだけ。
心を空っぽにして、のんびり走る。
あれこれ考えず、ありのままの風景を楽しむ。いいものですよ、ジョギング。
それで、最後の自画像をパチッ!
私の奥さんとの影写真は、→ここをクリック!
さて、下写真は、過日、聖教新聞に載っていた養命酒の広告です。
「長寿を祝って健康に!」との見出しの下に、還暦、古希、喜寿と続く。
米寿(88)も有名ですが、何といっても還暦(60)が一番有名ですね。
若かりし頃は、還暦の60歳というのは遠い存在でした。
還暦=年寄=人生の終わり‥そんな風に感じていました。
けれど、53歳で、還暦が具体的意味を持つようになって、受け止め方が変わりました。
確かに還暦とは、イコール老人の仲間入りであるという認識はあります。
けれど、イコール人生の終わりという認識は、まったく違っていたのです。
「引退して、何もすることがない」というなら「人生の終わり」でいいけれど、現実には家のローンの支払いや、余生のための貯え、また、人生の総仕上げで「最も大事な最後の現役時代」です。「終わり良ければ、全て良し」で、人生の総仕上げをする60代、70代を勝利するために、若いときと変わらぬ苦労が続くのです。
ゆえに、赤いちゃんちゃんこを着て、笑顔でお酒を飲んで“めでたし、めでたし”で終わりにできません。むしろ、社会的責任も重くなり、背負うものが大きくなるピークの年齢ですから、若いとき以上に頑張らなければなりません。
「50代で失敗した事業家は、数百人に1人しか再起できない」と、多くの高齢の経営者から聞きます。ゆえに、最後の最後まで、気を抜けません。
だから、還暦で失敗できないし、還暦を勝利して迎えることが大きな目標になるのです。
50年も生きれば、人生の怖さ、恐ろしさも知っている。
その50代にして、還暦の持つ重み、大事さがはっきりと見えるようになりました。

c0180341_15344484.jpg

いずれにしても、その歩みの大前提は「健康」です。
体が弱かったり、病気だったりすると、現実社会の荒海は渡れません。
だから、私は、ジョギングを続け、戦える体を作っているのです。
私の一つの夢は、還暦のとき、赤いシューズでフルマラソンを走ること。
走れるということは、仕事も健康も円滑だという証左ですからね。
60歳に、3度目のフルマラソンを完走したいと思っています。(^^)
私、これからも、健康づくり続けます。
どうか、皆さまも、健康づくりチャレンジしてください。
過去のフルマラソン記事は、→ここをクリック!
ハーフマラソン記事は、→ここをクリック!
私の健康づくりは、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-11-16 16:03 | マラソン | Trackback | Comments(7)

健康づくりジョギング

                 ◇健康づくりジョギングしませんか?
c0180341_2114875.jpg

台風一過の日曜日。
奥さんとジョギングに出かけました。
日差しが強く、暑かった。(^^:
健康づくりのためにジョギングをするようになって13年。
年を重ね、体力は落ちる一方です。
でも、最低限、戦える体力がないと仕事ができません。
ですから、時間を見つけては体を作っているのです。
皆さんも、ジョギングしませんか?^^
さて、この写真は誰でしょう‥
もしかして、菊川広幸さんでしょうか?
53歳というのは本当でしょうか?
まあ、顔はよく分かりませんね。(笑)
前回、木に映った影で記事を作りましたね。
その記事は、→ここをクリック!
奥さんとのツーショットも撮影しました。
その写真は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-10-27 21:18 | マラソン | Trackback | Comments(29)

自画像

                  ◇夕方の散歩ジョグの自画像。
c0180341_5463828.jpg

先日の日曜日、奥さんと軽くジョギングをした。
暑い夏が続き、運動不足が深刻で、2人して体が動かない。(^^:
5kmほど、歩いたり、ジョギングしたりして一汗かいた。
ふと見たら、街路樹に私の影がくっきりと映っていた。
面白いので、ポケットカメラでパチッ!
さて、私は53歳。壮年部員。まだ、黄金柱まではいきません。
でも、間柱ぐらいにはなれたかな?(^^)
冬を何度も乗り越えて、年輪を重ねて強くなる樹木。
今は間柱でも、いつかちゃんと柱になるつもりです。^^

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-10-08 05:50 | マラソン | Trackback | Comments(9)

リベンジレース

            ◇行きはよいよい、帰りはこわい。こわいながらも‥
c0180341_22341245.jpg

c0180341_22363815.jpg先日、ハーフマラソンレース(21km)が開催された。
わがチームは7名。職場から4名、それと友人のTさん、さらに私と私の奥さん。
上写真は、スタート前の元気な仲間たちである。
病欠者もなく、無事、スタートラインに立てたことが嬉しい。(^^)
その中で、前回、完走できなかったNさん(以下、リベンジ君と呼ぶ)にとっては背水の陣。2年連続未完走だけは避けたいところ。
そこで、私と私の奥さんが伴走し、何が何でも完走してもらうことにした。
一方、レース前にほとんど練習していない100kg君も参加していた。
彼は昨年のヒーローであるが、今回は練習していない。100kg君は「イチかバチか作戦」しかない。練習量から言えば完走は不可能に近かった。^^
さて、リベンジ君は、第2関門(16km)までは快走した。
しかし、そこからガックリとペースが落ちる。
下写真は、私の奥さんに励まされトンネルを抜けようとしているリベンジ君の姿である。
このトンネル出口から先がまさに地獄。リベンジ君は、やがて歩くぐらいのスピード(実際に何度も歩いていた)になった。
私は100回ほど「頑張れ」とか、「ファイト!」と励ましつつ、ついにゴールに‥。
ゴールした瀕死のリベンジ君は言った。
「菊川さんのお陰です。単独ではとても走れなかった‥」
苦しんだリベンジ君。でも、全力を出し切った姿は美しかった。(^^)
尚、100kg君は第1関門が突破できず、完走ならず‥でした。
ともかく、泣いて笑って楽しんだ全員勝利のレースでした。
今回のレースのダイジェスト版は、→ここをクリック!
昨年の100kg君の記事は、→ここをクリック!
昨年の病欠者の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-02-13 22:58 | マラソン | Trackback | Comments(5)

リベンジレース <付録>

               ◇2013年マラソン大会のダイジェスト版です。
c0180341_2253982.jpg
c0180341_226453.jpg
c0180341_226253.jpg
c0180341_2264990.jpg
c0180341_2291846.jpg
c0180341_2210798.jpg
c0180341_22102665.jpg

上写真から解説します。
1.
スタートして5分。やっと集団がばらけてきた。さあ、行くぞ!
2.
今回初めて、トンネルを走りました。足音が響くと思っていたのですが、思いの外静かでした。何だか、夜になったような不思議な気分でした。
3.
第1関門が目前のリベンジ君と伴走する私の奥さん。2つの関門は無事通過。
4.
第2関門を越えたあたりから、リベンジ君がペースダウン。どんどん抜かれていきます。ゴレンジャー?にも抜かれました。
5.
激戦を物語る給水カップ。「つわものどもの給水あと」です。
6.
20km地点。リベンジ君の足は棒になっています。(^^:
7.
完走後、ノンアルコールビールで祝杯、美味かった!
と、こんな感じのレースでした。
K部長、F課長、Tさん、リベンジさん、100kgさん、皆さん、お疲れ様でした!(^◇^)
今回のレースの総括は、→ここをクリック!
練習のときの記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-02-13 22:23 | マラソン | Trackback | Comments(5)

負けるな! へなちょこランナーズ

             ◇へなちょこランナーたちの不安な近未来。
c0180341_151543100.jpg

c0180341_1516686.jpgハーフマラソンレースが目前に迫った。
そこで、いつものことながら“付け焼刃特訓”を行った。
参加予定の仲間は6名。大半のメンバーがトレーニング量が決定的に不足しているのである。
これは、私と私の奥さんも同じ。
今回は、かなりヤバイのである。
Nさんは前回、第二関門で時間オーバーとなってしまった。
私と奥さんは、インフルエンザでレース出場ができなかった。
この3名は、リベンジに燃えているかというとそんなことはない。
昨年より、もっと危ないのだ。(笑)
これではイケナイということで練習走行を呼びかけたのであるが、3名は未参加。
本当にこのチームはやる気があるのだろうか?(^^:
写真は、黄色のウエアが私、ピンクの女性が奥さん。
長身の日焼けした男性は、1年間トレーニングをし、今やロボコップ状態となり、唯一、頑強なFさんである。^^
残りの1名が、不名誉な未完走者さんである。
今回のレースで、もし、未完走者さんがゴールできなければ、職場でかなり辛いウワサが流れる。故に、絶対に完走してもらわなければならない。
それにしてもキツイ練習走行であった。16kmなのに、一杯一杯なのだ。
今回は、私自身が不安なのだからどうしようもない。
ロボコップ1名を除き、恐怖のレースなのです。(^^:
昨年のインフルエンザの記事は、→ここをクリック!
心配するラッキーの記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-01-27 15:47 | マラソン | Trackback | Comments(0)

ひさびさジョギング

                ◇暦では初夏なんですね、早いものです。
c0180341_3352344.jpg
c0180341_335344.jpg
c0180341_3354594.jpg
c0180341_3355519.jpg

先週のこと。
新緑に誘われて、奥さんとジョギングした。
林を抜け、田園を走ると、菖蒲の花咲く公園に出ました。
「春の盛りだね!最高だぁ!!」と言うと、「暦の上では初夏だよ」とのこと。
「へっ!?そうなの?」
私は今まで、春、梅雨、夏という認識しかありませんでした。(笑)
奥さんは何でも知っている。私は知らないことだらけ。
ゆっくり、じっくり、遠出をしたジョギングでした。
青い空、緑の森を走っていると、自らの年齢すら忘れてしまいます。
青春とは、年齢が決めるものではありませんね。
皆さんもジョギングしてみませんか?
この季節、最高に気持ちいいですよ!(^◇^)
桜の季節のジョギング記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2012-05-19 06:24 | マラソン | Trackback | Comments(5)

ハーフマラソンの距離

                 ◇21.0975kmの距離がちょうど良い?
c0180341_2121782.jpg

c0180341_21214167.jpg私が毎年走っているハーフマラソン。
ハーフとは、フルマラソンの半分の距離の意味。すなわち、21.0975kmの距離を走る陸上競技です。
いきなり42.195kmのフルマラソンに挑戦する人は少ないことでしょう。
ハーフマラソンから挑戦し、やがてフルマラソンにステップアップする人が多い。
この42.195kmと21.0975kmの距離の差は2倍ですが、実際に走ると42.195kmは途方もない距離です。疲労度は2倍でなく4倍という感じがします。
本気で走れば、本当はハーフもフルと同じぐらい大変なのでしょうけれど、私としては42.195kmの苦しさは特別です。42.195kmはウワサ通り過酷です。
ハーフマラソンは意外と苦しくありません。否、苦しいというより、楽しいスポーツです。
健康には、ちょうどいいのではないかと思っています。まして、ハーフマラソン大会は数も多く、身近な市町村で開催されているので、気楽に参加できるのも魅力です。
私が毎年参加しているハーフマラソンは、茨城県守谷市の大会です。
この「守谷ハーフマラソン」の定員は3500名。この守谷市のレースは、ちょうど東京マラソンの3週間前、土浦かすみがうらマラソンの2ヶ月前であり、フルマラソンレースの練習という意味でも人気のある大会です。
私の健康は、この守谷ハーフマラソンのトレーニングで維持されています。
へなちょこですが、まだまだ走るつもり。皆さんもいかがですか?
ハーフマラソンの過去の記事は、→ここをクリック!
フルマラソンの過去の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2012-02-18 23:04 | マラソン

続々・100kgくんの挑戦

 ◇100kgくんは至福の思い出を作りました。

c0180341_624747.jpgレース当日、大会会場に集合したのは11名でした。
エントリーした8名と共に、K部長のご家族や近所の友人も応援に来てくれました。
左写真は、私の職場の仲間4名と私の記念写真です。(笑)
左から、K部長、Nさん、私、F課長、100kgくんです。
レース前に「どんな気持ち?」と聞くと、皆、「ドキドキです」とのこと。
無理もありません。彼らとすれば初レース。3箇所にある関門を規定時間で抜けて完走しなければなりません。まして、まったくの未知の世界ですから。(笑)
レース時間が近づくと、皆、少しづつ無口になっていました。
計測用のICチップやゼッケンをつけ、入念に靴ヒモを結び、スタートの列へ向かいました。
やがて、ピストルが鳴り、天候に恵まれたレースが始まりました。道を埋め尽くすランナーたちが、各々の思いを胸に秘めて21km先のゴールに向かって走り始めました。
私は、10km地点の歩道橋に移動して、仲間が来るのを待ちました。
スタートした5人中、発見できたのは2名のみ。
最初にF課長を発見。しばらくして、100kgくんが姿を現しました。
歩道橋の上から手を振って、大声で、「お~い!100kgさ~ん!!」と言うと気付いてくれました。「最後まで走れよ!負けるなよ~!」と叫ぶと、100kgくんは笑顔で両手を上げてくれました。10km地点の彼は元気そうでした。
私はゴール地点に移動し、仲間の到着を待ちました。
最初にK部長、次にF課長がゴールしました。3番目に入ってきたのは100kgくんでした。
全身にびっしょり汗をかいてのゴール。
美しい、規定時間内のフニッシュでした。

c0180341_6242385.jpg

翌朝のこと。会社にK部長以下、4名の勇者が元気に出社していました。
朝礼当番のNさんがレースの報告をし、Nさん自身が完走できなかったことを話しました。
その後、私が今回のレースについて補足しました。
「今回、4名中、Nさんだけ完走できませんでしたが、ちょっと体力の温存をし過ぎたようです。きっと、来年はやってくれるでしょう。後の3名は、本当に素晴らしい走りをされました。この仲間は来年も走りますし、もし、走りたいという方がいれば、私がチケットを取りますから、是非、一緒に走りましょう!」と話しました。
朝礼後、私は100kgくんに声をかけました。
「昨日、お風呂に入ってどんな気持ちだった?」と聞くと、「嬉しさがこみ上げてきました」とのこと。分るんです。私も経験者ですから。うん、うん。(^^)
以上、2012年のレースのご報告でした。
100kgくんとのトレーニングの記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2012-02-18 06:32 | マラソン | Trackback | Comments(0)

続・100kgくんの挑戦

               ◇100kgくんは、なぜ勝利者になったのか。
c0180341_6164558.jpg
c0180341_6165443.jpg
c0180341_617422.jpg

上写真は、ハーフマラソン大会の2週間前の練習風景です。
このとき、職場の仲間4名と私とで16kmの練習走行をしたのですが、100kgくんだけ13kmで走れなくなり、レース本番で完走できるかどうかとても不安な状態でした。
(3枚目の写真は、100kgくんが遅れて日が暮れている風景です)
今回、ハーフマラソン大会にエントリーしたのは9名。
私、私の奥さん、友人2人、友人の娘さん、そして職場の仲間4名です。
けれど、このうち、インフルエンザで欠場者が4名。レース本番では、1名がリタイア。さらにもう1名が関門で時間制限のために回収となり、ゴールしたのはわずか3名でした。
私のインフルエンザの記事は、→ここをクリック!
結果、完走したのは、K部長、F課長、そして、あの100kgくんでした。
K部長は1時間52分、F課長2時間10分、そして100kgくんは2時間14分!
今回コース変更で走りやすくなっていましたが、それにしても素晴らしいタイムでした。
100kgのゴールは、私自身、ウルウルくるほどの大感動でした!!(^^)
大会2週間前に13kmまでしか走れなかった100kgくん。
何故、彼は本番で勝利できたのでしょうか?
私は、「最後の日曜日の練習で決まるよ。ゆっくりでいいから、3時間トレーニングをして欲しいな。若いから、全部、練習が力になるよ」とアドバイスしていました。
彼は13kmでスタミナが切れたことに危機感を覚えたのでしょうか。
大会1週間前の日曜日に、彼は20kmを単独で練習していたのです。
次の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2012-02-17 06:44 | マラソン | Trackback | Comments(6)


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 08月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

非公開さん、おはようござ..
by sokanomori at 05:50
他宗であっても立派な人は..
by sokanomori at 06:00
最後に日顕宗について一言..
by 誓願 at 23:53
菊川さん。少し調べたので..
by 誓願 at 23:51
時を経て2017年。11..
by 誓願 at 22:15
weoさん、おはようござ..
by sokanomori at 05:03
「信」 この一文字の大..
by weo at 01:52
そうねんさん、こんばんわ..
by sokanomori at 21:06
ご質問よろしいでしょうか..
by そうねん at 20:07
非公開さん、こちらの本館..
by sokanomori at 16:16
yukiさん、<別館>に..
by sokanomori at 16:11
菊川さん、お久しぶりです..
by yuki at 16:09
九州の若造さん、おはよう..
by sokanomori at 05:42
私は、以前御本尊様にこの..
by 九州の若造 at 13:58
レーズンパンさん、おはよ..
by sokanomori at 05:29
「サイコパス」という言葉..
by レーズンパン at 07:23
otiさん、おはようござ..
by sokanomori at 05:35
こんにちわ!創価三世の学..
by oti at 16:35
非公開さま、本尊流布誠に..
by sokanomori at 07:14
ありがとうございます。
by 甚平 at 05:56

メモ帳

画像一覧