カテゴリ:参考になる書籍( 3 )

日本三景の松島

                ◇日本三景の松島に秘められた歴史。
c0180341_2214474.jpg
c0180341_2214853.jpg
c0180341_22231100.jpg
c0180341_222561.jpg

宿泊したホテルに「松島町誌」という書籍がありました。
全778頁の大著。
縄文時代から昭和47年まで、壮大な歴史が語られていました。
日本三景の松島は遠浅の海に面し、海も穏やかで種々の食料を得やすい。比較的温暖であり、生活するには好適地で、古くから多くの人たちが住んでいたとのこと。
下写真はその書籍にあった石器の写真です。
狩猟を中心とした縄文時代、さらに農耕を主とした弥生時代など、地層調査からこの土地が過去から栄えていたことが語られていました。
町民、また県民とすれば誇れる研究だと思いました。
こういう歴史を知ることは、風景に深い味わいを与えるもの。
数千年の昔の人たちが、小舟に乗って島々を回り、魚介類を採集して暮らす風景を思い描くのは楽しいことです。(^^)
私の出身地にも古墳が少しありますが、ここまで沢山の遺跡はありません。
私からすると、松島の誇るべき歴史は、とてもうらやましいことです。
美しいだけではなく、豊かな歴史を今に伝える松島町。
松島町誌を読み、私は松島が大好きになりました。
松島の3.11の水害は、他と比べれば軽微だったようです。
沢山の洋上の小島が緩衝材になったとのこと。
私は、美しい海岸を歩き、名所を巡りつつ松島を堪能しました。

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2012-08-25 21:48 | 参考になる書籍 | Trackback | Comments(0)

ダーウィンの進化論

              ◇人も会社も進化しないと生き残れない。
c0180341_2334260.jpg

先日、ある経営者のスピーチを聞いた。
「世の中は急変しています。今年は大丈夫でも、2年後、3年後となると、誰も分からない」
的をついた話に、皆、真剣に聞き入った。
「その急変する時代に、パッ、パッと舵が切れる、そして先手を打てるかどうか。今しか見えていないようでは未来はない。ぼやぼやしていては、とても生き残れない時代です」
聞いている人たちは、固唾を呑んだ。
「海の中は平和に見えても、常に食うか食われるかです。皆、命をかけて真剣に生きている。弱いものは強いものに食われてしまう。経済も同じ。強いものが弱いものをあっという間に飲み込む時代です。しっかり流れを見て、変化し続けることです!」
その経営者は、経済がいかに「弱肉強食であるか」を熱弁した。
100社起業して、10年後に生き残る会社は3%とも、1%とも言われる。
30年後に生き残っている会社など皆無である。
会社が継続するというのは、そのぐらい難しいことである。
先日、私は、ダーウィンの“種の起源”を読んだ。
ダーウィンは繰り返し述べていた。
「環境の変化に適応できない生物は絶滅する」と。
ガラパゴス諸島のように、“環境が変わらない島”であれば進化の必要もないが、今、経済はグローバル化し、新しい商品が次々に生まれは消えていく時代である。
旧態依然としていては生き残ることはできない。
従来の考えで、単に真面目にコツコツだけではだめ。
勝つための智慧と熱意の継続が欠かせない。
私ぐらいの年齢になると、そのような社会の現実が見えて、つくづく「普通に生きる」ことのむずかしさを感じる。
会社も会社員も同じだと思います。会社は世間で淘汰され、会社員は会社の中で淘汰される。個人も会社も、いつもピカピカに磨いていないといけない。
私、一応、創価学会員ですからね、信仰という一本の心棒がある。
もし、私に信仰がなかったら‥。正直、ゾッとします。
生涯、進化し続ける。成長し続ける。そのために、信心がある。
学会員であること‥本当に、ありがたいです。(^^)

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2012-07-11 23:48 | 参考になる書籍 | Trackback | Comments(4)

目が見えない人

              ◇「目が見えない」とは、どういうことなのか。
c0180341_23261199.jpg

c0180341_2326247.jpg目が見える人にとって、“目が見えない”ということを考える機会は少ないだろう。
耳が聞えなくなったことがある私は、音のない生活がどのようなものかはおぼろげながら知っているが、目が見えないという生活は想像しにくい。
先日、「視界良好」という本を読んだ。「先天性全盲」の男性が書いた本だ。
以下に主要な内容をお伝えする。
------------------------------
今、私は27歳である。
私は、生まれて今まで、直接物を目で見たことがない。
5歳で点字とひらがな、カタカナを覚え、やがて大学へ進学した。現在、東京都ろう盲者向け通訳をしている。
私は、視覚的に色のない世界に生きている。明暗は分かるが、物も色も見えない。見たことがないから、よけいに「色の世界」に興味を持つ。色に関する話を聞きながら、色に対するイメージを深め楽しんでいる。
生活は健常者と同じく、掃除、洗濯、買い物、料理もする。文字も書くし、ジャガイモの皮むきもする。道も歩くし、電車にも乗る。
道や駅などの通路に貼られている黄色の誘導ブロック(直線タイプ:進め)や点字ブロック(注意)で、視覚障がい者は足でも道を見ている。
お金は小銭、紙幣共に指先で見る。料理は匂いと音、時間感覚で判断する。
例えばトースターで食パンを焼く場合、匂いで焼け具合を見る。煮物もグツグツがボコッ、ボコッという音に変化したら完成と判断する。音や振動、匂いや触覚(温度や湿気、感触)、さらに記憶で見ているのだ。
雨が降りそうなときは匂いで分る。降り出すほんの一瞬前に、その匂いは強くなる。
ある日、一人暮らしの私の部屋に虫が飛んできた。「ブーン」という羽音ではなく「ズーズー」と高い音がする。「これはミツハチだ!」と直感した。一人暮らしではさすがに怖い。部屋の外に退避し、助けを求めた。果たして、その虫はミツバチでなくカメムシだった。
高校一年生のとき、山でキャンプをした。
夜遅く、一人でテントから出た私は、満点の夜空の下で耳をそば立てた。宇宙の音は聞えなかった。けれど頭上から宇宙や星のまたたきを感じた。
宇宙を考えるとき、生物のいない荒野のような星に一人立っていたり、光の渦に囲まれて沢山の星が生まれているさまを見守っている自分がある。
------------------------------
一つ一つの文章が新鮮だった。
著者は、これらのことを、「手で触れ、耳で聞き、香りをかぐ。それは私にとって“ものを見ている”こと。全身で感じ、味わうこと」と述べている。
目が見えない人とは、単に目が見えない人ということではない。耳や鼻、舌、手足や肌など、“目以外で世界を見ている人”ということなのだ。
創価の森ブログに全盲の学会員の体験談があります。
その体験記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
ブログトップへ

追伸:国内の障害者数は、身体障害者351.6万人(人口千人当たり28人)、知的障害者45.9万人(同4人)、精神障害者258.4万人(同21人)であり、およそ国民の5%が何らかの障害を有している。在宅身体障害者の内、9.2%が視覚障害者である。
先天性の身体障害(3歳まで)は全体平均で11.4%。すなわち約90%は後天性である。全体の約60%が、40歳以降の身体障害の発生である。
(追伸は、厚生労働省の平成17年・平成13年調査データから)
by sokanomori | 2012-06-14 23:34 | 参考になる書籍 | Trackback | Comments(3)


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2017年 05月
2016年 08月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

ありがとうございます。
by 甚平 at 05:56
youtube(ユーチュ..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 19:51
九州の若造さん、大いにご..
by sokanomori at 22:53
ありがとうございます。大..
by 九州の若造 at 06:03
加藤さん、北海道からコメ..
by sokanomori at 18:03
非公開さん、こんにちわ。..
by sokanomori at 17:59
昨年秋に心理ゲーム使わせ..
by 加藤秀隆 at 13:46
菊川さんありがとうござい..
by ゴンゴン at 13:23
モヤモヤされなくていいの..
by sokanomori at 12:31
菊川さん、私、もうひとつ..
by ゴンゴン at 09:40
菊川さん、明解ありがとう..
by ゴンゴン at 23:21
ゴンゴンさん、こんにちわ..
by sokanomori at 17:53
菊川さん、こんにちは、最..
by ゴンゴン at 11:31
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori at 06:01
ゴンゴンさん、中身の見え..
by sokanomori at 05:55
私は菊川さんの記事の中で..
by ゴンゴン at 09:48
1979さん、こんばんわ..
by sokanomori at 22:46
こんばんは。小説・人間革..
by 1979 at 00:25
三笠さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori at 00:21
2016-02-13に投..
by 三笠 at 22:47

メモ帳

画像一覧