カテゴリ:ひらがな御書( 10 )

果たしたい夢

◇10年後、必ずカタチにいたします。
c0180341_630191.jpg

私には夢があります。
それは、自在会の人たちが御書や有益な学会情報を得られるサイトを作ることです。
インターネットにおける視覚障がいの人たちの目は“耳”です。
上写真は、PCトーカーという音声ソフト。
千早さんは、このソフトを使ってインターネットを見ています。
千早さんとの出会いは昨年のこと。
創価の森ブログにコメントを下さり、対話が始まりました。
ある日、その千早さんが「小さな一歩でしゅっぱ~つ♪」というブログを始められました。
千早さんのブログは、→ここをクリック!
このご縁が切っ掛けとなり、ブログ「ひらがな御書」が誕生しました。
私は千早さんに「10年かけてカタチにする」ことを約束しました。
その約束の記事は、→ここをクリック!
しかし、創価の森ブログとの二股は、物理的に厳しいものになりました。
そして、「二兎を追うものは一兎も得ず」と気付き、創価の森ブログを完結させ、ひらがな御書に注力することを決意しました。
創価の森ブログは終了まであとわずかになりました。このブログはもうすぐ終わりますが、次なる大きな目標が私にははっきりと見えています。
さて、御書のひらがな訳、また語句解説は思いの外大変です。加えて、最もムズカシイことは、“使いやすい仕組みをどう作るか”ということです。
本来、ブログというカタチではなく、ホームページで組み上げることがいいのかも知れませんが、私自身にそのスキルがありません。
けれど、私には「あれもやりたい」、「これもやりたい」という思いがあり、今後もいろいろ工夫、改善しながら、夢の実現を果たしたいと思っています。(^^)
尚、当ブログには、千ときひろ(千早さんと私)の対話シリーズがあります。
(千早さんとのリアル会談の記事もあります)
お時間のある方は、ぜひ、ご覧になってください。
千ときひろ対話シリーズは、→ここをクリック!
ひらがな御書誕生の経緯は、→ここをクリック!
ひらがな御書ブログは、→ここをクリック!

追伸:2014年3月16日に「ひらがな御書ホームページ」を新設しました。
ひらがな御書ホームページは、→ここをクリック!

ブログトップへ
by sokanomori | 2013-11-22 06:48 | ひらがな御書 | Trackback | Comments(48)

お知らせ <ひらがな御書休止>

◇リアル創価の森ブログ完結のため。

c0180341_2355512.jpg現在、創価の森ブログ5周年に向け、ブログ活動において「ひらがな御書」の進行を休止いたします。
これは、「二兎を追うもの一兎も得ず」で、目的の異なるサイトを同時に運営することが物理的に困難と判断したためです。
創価の森ブログを悔いなく終えるために、過去以上の熟慮が必要だからです。
現実に、私自身、「どのように終えるか」ということは悩ましいところで、ただ漠然と日々記事にし、12月が来たから終了という訳にもいきません。
このため、考えるための時間も必要なのです。今後、ひらがな御書は現行の創価の森ブログの完了以降に手掛けることにいたします。
(ただし、時間的な余裕が生じれば進行します)
宜しくお願い申し上げます。

追伸:2014年3月16日に「ひらがな御書ホームページ」を新設しました。
ひらがな御書ホームページは、→ここをクリック!

ブログトップへ
by sokanomori | 2013-09-10 23:58 | ひらがな御書

年表づくりと御書の選択

◇編年体の順で骨格となる御書を決定。

c0180341_2214630.jpg先日、創価の森ブログで、大聖人の略年表を作成しました。その略年表は、→ここをクリック!
これは、いささか単純なものでしたが、今後、ひらがな御書では、詳細な年表を作成し、記事にジャンプできるように組み上げてまいります。
加えて、ひらがな御書に掲載する主要な御書を選別しました。選別した御書は以下の通りです。
かっこはページ数です。
-------------------------
1.一生成仏抄(終了) 2.立正安国論(終了) 3.椎地四郎殿御書(1448)
4.船守弥三郎許御書(1445) 5.四恩抄(935) 6.教機時国抄(438) 
7.安国論御勘由来(33) 8.十一通御書(169) 9.行敏御返事(179) 
10.行敏訴状御会通(180) 11.一昨日御書(183) 12.土木御返事(950) 
13.四条金吾殿御消息(1113) 14.五人土籠御書(1212) 
15.転重軽受法門(1000) 16.土籠御書(1213) 17.寺泊御書(951) 
18.富木入道殿御返事(955) 19.開目抄(186) 20.生死一大事血脈抄(1336)
21.阿仏房御書(1304) 22.佐渡御書(956) 23.日妙聖人御書(1213)
24.祈祷抄(1344) 25.勧心本尊抄(238) 26.諸法実相抄(1358)
27.如説修行抄(501) 28.顕仏未来記(505) 29.辧殿尼御前御書(1224)
30.上野殿後家尼御返事(1504) 31.顕立正意抄(536)
32.国府入道殿御返事(1323) 33.妙一尼御前御消息(1252)
34.三三蔵祈雨事(1468) 35.強仁状御返事(184) 36.聖人知三世事(974)
37.清澄寺大衆中(893) 38.種種御振舞御書(909)
39.国府入道殿御返事(1323) 40.四条金吾殿御返事(1148)
41.下山御消息(343) 42.頼基陳状(1153) 43.四条金吾殿御返事(1163)
44.四条金吾殿御返事(1163) 45.四条金吾殿御返事(1165) 
46.千日尼御前御返事(1309) 47.四条金吾殿御返事(1183)
48.四条金吾殿御返事(1185) 49.聖人御難事(1189)
50.伯耆殿等御返事(1456) 51.聖人等御返事(1455)
52.四条金吾殿御返事(1192) 53.千日尼御返事(1318)
54.十字御書(1491) 55.小蒙古御書(1284) 56.地引御書(1375)
57.日蓮一期弘法付属書(1600) 58.身延付属書(1600)
-----------------------
以上の全58編の御書のひらがな訳を果たします。
何年かかっても、必ずやり遂げます!(^^)

追伸:2014年3月16日に「ひらがな御書ホームページ」を新設しました。
ひらがな御書ホームページは、→ここをクリック!

ブログトップへ
by sokanomori | 2013-05-12 22:25 | ひらがな御書 | Trackback | Comments(8)

ひらがな御書 <立正安国論完成>

              ◇Sさんに添削していただき完成しました。
c0180341_9271610.jpg

昨年11月からスタートしたひらがな御書。
本日、立正安国論のひらがな訳が完成いたしました。
立正安国論は半年がかりの制作になりました。
創価の森ブログのように、電車の中などで気軽に作れるものではなく、思うようにまとまった時間が持てず、なかなか進行できませんでした。
けれど、読者の方々のお力添え、また、千早さんのチェックやアイデアによって、ついに大きな山を1つ乗り越えることができ、今、晴れやかな気分です。(^^)
当初、意気揚々とひらがな御書をスタートしたのですが、実力なき私‥。
ひらがな訳は不完全なものでした。幾人かの同志がご指摘してくださるものの、正確に仕上げることは不可能と考えていました。
ある日、ちよさんから教学分野の専門家のS氏をご紹介いただきました。
原稿をお送りすれば添削してくださるとのこと。
本年3月、立正安国論の原稿をお送りしたところ、赤ペン修正された原稿が帰ってきました。1つ1つ、丁寧に見てくださっていました。
指摘された箇所は78箇所もありました。
「これからも支援させていただきます」とのお手紙が同封されていました。
言(げん)、無間(むげん)、弁ず(わきまえず)、土(つち)‥。現実には、言(ことば)、無間(むけん)、弁ず(べんず)、土(ど)と読む。
修正された原稿を拝し、感謝で一杯になりました。(^^)
日本語は多様に読める。悩ましい。
その1つ1つを、ご教示いただけることは本当にありがたいことです。
見も知らぬ私に、ご支援をしてくださるSさん。
このことで私は、ひらがな御書の作成に向けて希望を持って前進できます。
心より、御礼申し上げます。本当にありがとうございます。
読者の皆さま、10年後、必ずカタチにいたします。頑張ります!
ひらがな立正安国論の目次は、→ここをクリック!
立正安国論の背景と大意は、→ここをクリック!

追伸:2014年3月16日に「ひらがな御書ホームページ」を新設しました。
ひらがな御書ホームページは、→ここをクリック!

ブログトップへ
by sokanomori | 2013-05-12 13:16 | ひらがな御書 | Trackback | Comments(7)

国王なのか国主なのか

                  ◇指摘されたときに感じたこと。
c0180341_6363372.jpg

御書23ページ14行目にある発見がありました。
写真は、拡大版御書(2012年度版)のその部分です。
ひらがな御書に、ちよさんが指摘されたのですが、その内容を以下にコピペします。
-------------------------
Commented by ちよ at 2013-02-25
P23 14行 故に国王(こくおう)は郡郷を寄せて とありますが、
故に国主(こくしゅ)は です

Commented by 赤ひげ薬局 at 2013-02-27
P23 14行目の正解 
国王【 こ く お う 】は 群郷【ぐんごう】を寄せて 
“以て【もって】” 灯燭【とうしょう】を 明【あきらか】にし‥

Commented by hiraganagosho at 2013-02-27
ちよさま
国主でなく国王ですね。^^
赤ひげさま、ご指摘、ありがとうございます。
★菊川広幸

Commented by ちよ at 2013-02-27
あれまー うちの御書 国主になってるんですよ
古いのは国王なんですが‥
これは、本部に聞いてみないといけませんね

Commented by hiraganagosho at 2013-02-28
ちよさん!!!
驚きました。
拡大版御書(2012年度版)は、何と国主です!
★菊川広幸
-------------------------
このように、新旧の御書で文章が違っていたのです。
最初、「ちよさん、おかしなこと言うなー。老眼になったのでは?」と思いました。
さらに、「王の上にゴミが付いているのでは?」とも。(^^)
古い御書は「国王(こくおう)」、新しい御書は「国主(こくしゅ)」。
どちらが正しいのでしょうか?
そのやりとりのあった記事は、→ここをクリック!

追伸:「国主(こくしゅ)」が正しいことが、ちよさんの調査で明らかになりました。
最新の研究で「国主」であることが分かり、変更されたとのこと。(聖教新聞社回答)
ちよさん、ご尽力ありがとうございました!(^^)

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-03-01 06:52 | ひらがな御書 | Trackback | Comments(20)

ひらがな御書の闘い

                  ◇老眼で見えないルビがある。(^^:
c0180341_21373168.jpg

ひらがな御書は亀より遅い。(^^)
気付けば年末。仕事も私生活も超忙しい。
一体、いつになったら、ある程度のカタチになるのだろう?
さて、先日、「ふんび」が「ふんぴ」だと指摘をくださった人がいる。
まだ、目が鮮明に見える時代から、私は「ふんび」と読んでいた。
確かめようと御書に目を凝らすが、「び」なのか、「ぴ」なのか見えない。
「本当なのか? 指摘そのものが間違いでは?」と思った。
そこで、虫メガネで見てみると、果たして「・」であった。
「本当だ。これは、マルだ!」(笑)
その指摘のあった記事は、→ここをクリック!
他にも数名の人が、指摘を順次くださっている。
これらの方々は、かなりの教学力があるか、あるいは元々、かなり頭の良い、集中力のある人たちであろう。そして、何より、真心のあるスゴイ人たちだ。
本当に助かるし、でも、あまりに多いご指摘の数に、私としては驚くばかり。
「私は何と雑な仕事をしているのだろう!」と、自分で呆れる次第である。(^^:
そもそも、これは予測していたこと。私はかなり「いいかげん」である。実力もない。
けれど、私には「伝えたい」という強い気持ちだけはある。自在会の人に、また、御書を見てもチンプンカンプンの人に、私は御書の素晴らしさを伝えたい。
そんな願いも込めて、語句解説なるものも記事にしている。
最新の語句解説記事は、→ここをクリック!
この語句解説も合わせて読めば、かなり鮮明に御書が身近なものになるだろう。
ここで、一つ申し上げておきたいのは、ひらがな御書は創価学会の公式サイトではないということ。あくまで、「創価の森版」ひらがな御書なのです。
今、私の最大の敵は、時間不足と老眼、そして疲労からくるボケである。
能力不足の上に、疲労が重なると脱字も多く、点数の低い記事になってしまう。(^^)
尚、コメント欄に、「こんな漢字も読めないのか!恥ずかしくないのか!」とアンチにも嫌味を書かれるが、私はそのことを恥ずかしいなんて少しも思わない。
誰に何を言われようが、私は黙々と前進していくつもりだ。
ひらがな御書は私の闘い。亀の歩みではあるが頑張りたい。(^^)

追伸:2014年3月16日に「ひらがな御書ホームページ」を新設しました。
ひらがな御書ホームページは、→ここをクリック!

ブログトップへ
by sokanomori | 2012-12-20 05:11 | ひらがな御書 | Trackback | Comments(4)

ひらがな御書のこと

 ◇今は亀の歩みですが‥。

c0180341_2316357.jpgなかなか更新されないひらがな御書。
3週間ぶりに、立正安国論ひらがな文と漢字の交互文を入れました。亀よりのろい進行です。(^^:
今は法戦にてこの程度です。
尚、まだ、語句解説3は入りません。
しかし、改めて立正安国論を読むと、現代がまさに、日蓮大聖人の御在世の時代に類似すると感じます。
-------------------------
「世尊 我等 四王 並びに 諸の眷属 及び薬叉等 斯くの如き事を見て 其の国土を捨てて 擁護の心無けん」
「既に捨離し已りなば 其の国 当に種種の災禍有つて 国位を喪失すべし」
「他方の 怨賊有つて 国内を 侵掠し 人民 諸の 苦悩を 受け」 
「疫病流行し 彗星数ば出で 両日並び現じ 薄蝕恒無く」
「暴雨 悪風 時節に依らず 土地 所楽の処有ること無けん」
「虚空の中に大な 声あつて 地を震い 一切皆 遍く動かんこと 猶水上輪の如くならん」
「城壁破れ落ち 下り 屋宇悉く ヤブれ圻け」
「昏闇に 日月も 明を現ぜず」
-------------------------
この3年間だけでも、民主党人気の急落、尖閣などの領土問題、口蹄疫の流行、爆弾低気圧や豪雨、豪雪、大震災、日蝕や月蝕など、符号する出来事が重なりました。
不況はますます強くなる模様ですし、まさに、立正にして安国としなければならないと感じているところです。2012年度の衆院選は本当に大事ですね。
更新したひらがな御書の記事は、→ここをクリック!

上記の民主党~日蝕の過去の記事を以下に掲げます。
◆民主党の敗北宣言  ◆竹島問題  ◆尖閣問題  ◆口蹄疫問題
◆福島原発問題  ◆九州豪雨  ◆東日本大震災  ◆金環日蝕

追伸:2014年3月16日に「ひらがな御書ホームページ」を新設しました。
ひらがな御書ホームページは、→ここをクリック!

ブログトップへ
by sokanomori | 2012-12-14 22:34 | ひらがな御書 | Trackback | Comments(2)

千早さんの記事の予告

◇ひらがな御書のパートナーのお話。^^

c0180341_2041423.jpg本日は、ひらがな御書の協力者である千早さんのブログ紹介と、今後の記事の予定を申し上げます。
千早さんのブログ、ずっと修理中で、コメント投稿ができない状態が続いていましたが、やっと正常になったようです。
何だか、随分長いメンテナンスでした。(^^:
最新記事が2つ入りましたね。
皆さま、是非、ご覧になってください。
その千早さんのブログは、→ここをクリック!

その中に、千早さんの仕事や日常が伺い知れる記事があります。
以下にその過去の記事をご紹介いたします。
まず、千早さんはマッサージ治療院に務めていらっしゃるんです。
その職場の記事は、→ここをクリック!
その職場でのプチ面白記事は、→ここをクリック!
次に、千早さんの超オモシロ記事です。これは笑えます。
その笑える記事は、→ここをクリック!
以上、簡単に、千早さんブログのご紹介でした。(笑)
それと、ひらがな御書ブログに、みかん。さんやちよさんなど、千早さんに温かなコメントをくださっています。ありがたいです。感謝、感謝です。(^^)
そのコメントのある記事は、→ここをクリック!
さて、この千早さんは、実に立派な人なのです。
ご当人は「そんなことありません!」って言われるでしょうけど。^^
千早さんは、「ひらがな御書では意見を言っているだけ」と言われていますが、実際には、ものすごくしっかり文章を確認しているし、詳細に見ているのです。
彼女は鋭いです。正確に、しっかり読み取る力をお持ちです。
千早さんの力なくして、ひらがな御書はあり得ない。
そのことをお伝えするために、今後、創価の森では、ひらがな御書がどのようなプロセスで作られたか、千早さんと私のメールのやり取りを簡単にまとめてご紹介いたします。
(メールの一部ご紹介の了解は、千早さんから頂いています)

追伸:今の旬の記事を数日入れてから、千早さんシリーズにします。
お楽しみに!^^

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2012-11-07 22:02 | ひらがな御書 | Trackback | Comments(2)

千里の道も一歩から

                 ◇千早さんとの長い旅の始まり。(^^)
c0180341_22353931.jpg

ひらがな御書を正式にスタートしました。
いよいよ、大冒険の始まりです。
協力者の千早(ちはや)さんは、私のかけがえのないパートナー。
譬えるなら、ひらがな御書という荷台があり、先頭を私がけん引し、荷台の後ろを千早さんが押しているようなもの。^^
2人で力を合わせて、果てしない大地を歩みつつ、宝物である日蓮大聖人のご金言をひらがなにして荷台に積んでいく‥そんな作業がスタートしたのです。(^^)
問題は、総本部ができる明年2013年11.18を目標に、現実の生活も、創価の森ブログも忙しいこと。
私が今まで、主にブログ原稿を作ってきたのは通勤電車の中でした。
通勤電車での制作の記事は、→ここをクリック!
「電車の中の書斎」では、軽い文章作成はできても、御書を正確にひらがな訳したりする“本気”作業は少々やりづらい。
けれど、歩みは遅くても、ひらがな御書はコツコツ組み上げていきます。
当初、ひらがな御書をどのように進めるか悩みました。
御書の最初のページから挑戦するのか、あるいは簡単な短文からランダムに始めるのか‥。あれこれ考えたのですが、まず、時系列で重要な御書を選んで組み上げるのがよいと判断しました。
大聖人が34歳の時に書かれた一生成仏抄から始め、立正安国論、伊豆流罪、竜の口、佐渡流罪、さらに身延入山、熱原法難、最後に御入滅の流れで、有名な御書を選別してまとめていく。
以上の内容をまとめ終えたら、その他の御書を作成して、さらに埋めていく。
そのように考えています。
次回からの記事は「立正安国論」を予定しています。
いきなり大きな山に登るような気分です。(^^:
ともかく、焦っても仕方ありません。コツコツ頑張ります。
さて、本日、千早さんから「挨拶文」が届けられました。
さきほど、その挨拶文をアップしました!(^^)
それでは、行きましょうか。
新しい冒険の旅。いざや、前進!^^
ひらがな御書の菊川挨拶文は、→ここをクリック!
ひらがな御書の千早挨拶文は、→ここをクリック!

追伸:2014年3月16日に「ひらがな御書ホームページ」を新設しました。
ひらがな御書ホームページは、→ここをクリック!

ブログトップへ
by sokanomori | 2012-11-02 22:46 | ひらがな御書 | Trackback | Comments(8)

自在会メンバー用ブログをスタート

◇音声ソフトで読む「ひらがな御書」を開設しました。

c0180341_2139291.jpgこのたび、私は新しいブログをスタートしました。
そのブログ名を「ひらがな御書」といいます。
このブログは、一人の自在会の女性(千早さん)との交流がきっかけで生まれました。
自在会とは、創価学会における視覚障がいの人たちの組織です。
自在会の千早さんが、私との対話で「御書全集を学びたいが点字の御書がない」こと、「ネットの御書を音声ソフトで聞いても意味不明」であることを教えてくださいました。
当時、私は、このことについて何もしてあげられないと思っていたのですが、その千早さんが、ご自身のブログで、ひらがなで御書の一文を記事にされているのを見て「お手伝いができる」と気付いたものです。
このひらがな御書は、千早さんと約2カ月間、メールでやり取りをしながら、使い勝手や表現方法を工夫・研究したものです。
本日から、正式に、このブログを公開すると共に、今後、更なる改善を果たしつつ、内容の充実を図りたいと考えています。
後日、創価の森ブログでは、この新ブログ誕生の経緯についてご報告いたします。
尚、千早さんのブログもあたたかく見守っていただければと思います。(^^)
以上、簡単ではありますが、新ブログのご案内でした。
自在会用「ひらがな御書」ブログは、→ここをクリック!
協力者「千早さんのブログ」は、→ここをクリック!

追伸:2014年3月16日に「ひらがな御書ホームページ」を新設しました。
ひらがな御書ホームページは、→ここをクリック!

ブログトップへ
by sokanomori | 2012-11-01 22:06 | ひらがな御書 | Trackback | Comments(11)


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

九州の若造さん、おはよう..
by sokanomori at 05:42
私は、以前御本尊様にこの..
by 九州の若造 at 13:58
レーズンパンさん、おはよ..
by sokanomori at 05:29
「サイコパス」という言葉..
by レーズンパン at 07:23
otiさん、おはようござ..
by sokanomori at 05:35
こんにちわ!創価三世の学..
by oti at 16:35
非公開さま、本尊流布誠に..
by sokanomori at 07:14
ありがとうございます。
by 甚平 at 05:56
youtube(ユーチュ..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 19:51
九州の若造さん、大いにご..
by sokanomori at 22:53
ありがとうございます。大..
by 九州の若造 at 06:03
加藤さん、北海道からコメ..
by sokanomori at 18:03
非公開さん、こんにちわ。..
by sokanomori at 17:59
昨年秋に心理ゲーム使わせ..
by 加藤秀隆 at 13:46
菊川さんありがとうござい..
by ゴンゴン at 13:23
モヤモヤされなくていいの..
by sokanomori at 12:31
菊川さん、私、もうひとつ..
by ゴンゴン at 09:40
菊川さん、明解ありがとう..
by ゴンゴン at 23:21
ゴンゴンさん、こんにちわ..
by sokanomori at 17:53
菊川さん、こんにちは、最..
by ゴンゴン at 11:31

メモ帳

画像一覧