<   2009年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

マラソン大会前夜

◇光陰矢の如く、49歳になりました。
c0180341_21592227.jpg

c0180341_14472046.jpg49歳です。
若かりし頃、大河小説に度々登場する「人間五十年」の唄から、50歳を一区切りと思っていました。
この年齢になり、「只今なり」との感があります。昨年、ヒタヒタと押し寄せる50歳へのカウントダウンを感じ、細々とお題目を唱えながら、何かを始めようと思い、ブログをスタートしました。
今、私の心には、100℃ではありませんが、42℃ほどの、入浴するにはちょうどいい温度の情熱があります。青年時代の炎のような熱意ではありませんが、チョロチョロと壮年の闘魂も燃えております。
初代会長、牧口常三郎先生は、57歳から信心を開始されました。
先生は、73歳のご高齢で、軍事政権への獄中闘争をされました。
私などは、まだ、圧倒的に若い。49歳が何でしょう!頑張りますとも。今年はやりますよ!^^
さて、今日も仕事だったのですが、夕方、会社のオーナーから電話があり、「すぐに会議室に来るように」と言われ、行ってみると、数十人の人たちが集まっていて、花束とケーキが用意されていました。
ハイ?と思ったら、「お誕生日おめでとう!」とのこと。ビックリ!スピーチを求められ、「え~、明日、ハーフマラソン大会に出場します。平成21年2月1日、21kmを走ります。最低目標は2時間10分です。できれば、2時間1分にしたいのですが難しいと思います」と言うと、「2時間1分で完走してください!」との声…。
花束とケーキをいただいて、帰路につきました。
帰宅後、支部協議会に参加。支部長から「この中に、ハーフマラソンに参加する菊川さんがいます!」とまたまた激励されました。^^
さあ、いよいよ明日は勝負です。山盛りスパゲッティとケーキをガッチリいただきました。
エネルギー充填は終了です。これから、明日のハーフマラソン大会の準備をして就寝です。
決戦前夜、少し、興奮気味で、眠れるかどうか不安です。^^

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-01-31 22:18 | マラソン | Trackback | Comments(5)

夜間走行に注意しましょう。

◇最終トレーニングを終了しました!
c0180341_12191664.jpg

1月25日(日)に、3回目の20km練習走行をし、本日、10kmの最終トレーニングをしました。20kmの所要時間は2時間8分。大会当日、21kmの規定時間が2時間20分なので、何とか時間内に収まりそうです。
でも、バテバテで、残り5kmが辛かった!^^
さて、本日の最終トレーニングは夜道を走りました。夜道は、危険なので注意が必要です。
私自身、夜間走行で、6年前に取り返しのつかない大怪我をしているのです。
当時、ハーフマラソンの目標タイムを、自己最高記録の1時間45分に設定していました。
最後の練習ということで、夜道を全力疾走したとき、暗闇の段差で強烈にネンザしたのです。
バンッ!という衝撃で左足首を故障した瞬間、「あぁ‥終わったなぁ‥」と悟りました。
左足にギブスが巻かれました。ギブスが外れたのは3週間後。正座ができるようになるまで半年かかり、痛みが取れるのに2年もかかりました。
それまで作り上げた体力を、1つの怪我で、全て失いました。2年後、恐る恐る、5㎞レースに出場。ハーフマラソンに復帰したのは4年後で、記録は、規定時間ギリギリのタイムでした。
今日は、足もとに注意しながら走りました。悪夢のような怪我の瞬間を想い出しながら…。
この最終トレーニングでは、秘密兵器を履いて走りました。この靴、偏平足用の靴なんです。
実は、私の足は、何と!偏平足なのです。オハズカシイ!^^
偏平足というのは、バネのない車のようなもの。衝撃吸収力に乏しく、疲労が蓄積されやすい足です。
2月1日は、この靴を履いて走ります。この靴、1万2000円も投資しました!^^

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-01-27 22:10 | マラソン | Trackback | Comments(0)

中国人女性との対話

◇中華人民共和国の評価
c0180341_23193978.jpg

先日、Tさんという名前の中国人女性と対話をする機会がありました。
家電メーカーの役員に同行していた20代の女性。商談の途中で雑談になり、彼女は「母国に教師のための学校を作りたい」と語り、その理由として、「中国の教育は洗脳教育です。私の家は、文化大革命のとき、中国共産党に家財を全て破壊されました」と言いました。
私は彼女の話をじっと聞いて、「大変、ご苦労をされましたネ。でも、貴国は、朝鮮半島を通じて、言語、文化、宗教、技術などを、この日本に与えてくださった大恩の国です。
私は、周恩来の本や、ワイルド・スワンなど、いくつかの読書から、貴国に沢山の素晴らしい人たちがいることを知っています。日本は、過去の戦争によって、大変、残虐なことをしました。日本にも、悪い人が沢山います。中国は今、真剣に学び、真剣に努力をされています。
中国政府は、初期、正しい政治をしたと思います。文化大革命は悪政でした。でも、四人組と最後まで戦った周恩来を、私は心から尊敬しています。貴国にも偉大な人がいるし、悪い人もいることでしょう。貴国がこれから、さらに発展することを私は信じています」と話しました。
彼女も役員もビックリしていました。役員は、「良かったね、Tさん。素晴らしい話じゃないか」と言いました。その後、友人のように対話が弾みました。
私は創価の森の住民です。いつか、商談が成功し、Tさんと対話が深まれば、創価学会と中国政府の関係について話をするつもりです。^^

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ

追伸:上写真は、私が北京(万里の長城)に行ったときに購入した置物です。^^
by sokanomori | 2009-01-24 00:02 | 日 常 | Trackback | Comments(0)

21世紀はアフリカの世紀

◇オバマ氏の大統領就任演説前夜
c0180341_22533767.jpg

暗黒の大陸と呼ばれたアフリカ。
幾十万のアフリカ人が、虐げられ、鎖に繋がれ、不衛生な船に押し込められて大西洋を渡った。
黒人は家畜として売買された。人間ではなく、牛や馬と同等に!
リンカーンは、44歳の時の手紙に次のようなコメントを残しています。
「私は、1841年に、兄と旅をしたとき、船中に十数名の奴隷が鎖で繋がれていました。
あの時の光景によって、私は絶えず悩まされました。私は、奴隷制度に反対します。
私は、奴隷制度の即時全廃論者です」と。
黒人奴隷解放に生涯を投じたリンカーン。南北戦争終結後、すぐに暗殺された偉大な大統領
。リンカーンの死から145年を経て、今、オバマ新大統領は就任演説をしようとしています。
きっと、オバマ氏は眠れぬ夜を過ごしたことでしょう!
すでに、1960年、池田先生は、「21世紀はアフリカの世紀である」と語られていました。
何という先見性でしょう。
1990年11月、池田先生は、「アフリカを愛します。期待します。将来、人類史の上に平和と繁栄の金字塔を打ち立てるものと確信し、念願してきました」と、ナイジェリア元国家元首に語りました。
アフリカのマータイ博士も、マンデラ大統領も、皆、池田先生と強い絆を持っています。
今、アフリカ全土にSGIは広がりました。
アフリカは、暗黒の大陸から、希望の大陸へと、確実に宿命転換の歩みを開始しているのです!
そのアフリカ人の血を受け継いだオバマ氏。いよいよ、数時間後に大統領ですネ。
どうか、断じて生き抜いてください。
全世界が注目しています。頑張れ、オバマ!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ

追伸:写真は、SGIグラフ2008年4月号です。
by sokanomori | 2009-01-20 22:58 | 学会書籍記事 | Trackback | Comments(6)

20kmの合同トレーニング

◇5名で合同練習をしました。
c0180341_203762.jpg

ハーフマラソンの市民大会が迫ってまいりました。
昨日は、当日参加する仲間との合同練習の日。私の奥さん(上写真)と、Kさん、S美ちゃん、Oさんと20kmを走り込みました。練習量が多い人、少ない人の混合チーム。
後半10kmで集団を維持するのが難しくなり、最後の数kmはバラバラになりました。
早い、遅いはありましたが、全員、無事に帰還いたしました。
Oさんは、過去、10km走が最高記録。
さすがに昨日は、人生初の20km走行でバテバテでしたネ。
私自身、やっと基礎体力が最低レベルに到達していることを確認できました。
最低レベルとは、制限時間2時間20分以内に21kmを走れること。
残された日数で、最後のトレーニングをして本番になります。練習はウソをつきません。
S美ちゃんは前回のレースで大変苦労したのですが、今年は大幅にタイムUPすることでしょう!
2月1日のレースで21kmを完走し、本年を元気に乗り切りたいと思います!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-01-19 06:34 | マラソン | Trackback | Comments(6)

大ナポレオン展

◇時空を超えて、人類史に輝くナポレオンに会見
c0180341_23414924.jpg

c0180341_2342310.jpg本日、茨城県近代美術館(水戸市)で開催されている大ナポレオン展に、家族と一緒に行ってまいりました。想像を遥かに超える展示物に圧倒されました。
質・量共に最高級で、フランスの国宝級の絵画や遺品が一同に展示されていました。雑誌の写真集などでは到底感じることのできない迫力。まさに百聞は一見にしかず。感動と感嘆の連続でした。ナポレオンは、地方貴族の出身であり、いわば田舎侍。


c0180341_2350304.jpg名もない1人の若者が、フランス革命の動乱に乗じて、全力で自由と平等のために戦った結果、欧州随一の皇帝へと登り詰めました。
ナポレオンに影響を与えたのは、ジャンジャック・ルソーでした。ルソーは、「主権は人民にある」との烈々たるペンの力によって、当時のキリスト教を含めた特権階級層を痛烈に批判。ルソーの哲学は、フランス帝国の中に、民主主義の胎動を起こしました。


c0180341_002597.jpgルソーの死後10年にして、フランス革命が勃発。この革命の中、ルイ16世、マリーアントワネットが断頭台に露と消えたのです。
民主化思想の拡大を恐れた他の欧州列強諸国は、フランス革命政府打倒に共闘し、戦乱が続きました。この外敵を撃破したのがナポレオンでした。
若き闘将は、将軍から統領、統領から皇帝へと駆け上がります。



c0180341_091390.jpgルソーの思想を根幹とするナポレオンは、立法、司法、経済、教育、医療など、新しい社会基盤を構築しました。
その最大級の功績は、「人間の持つ自由と法の前の平等」という、ルソーの理念の実現化でした。ナポレオンは、人類史に燦然と輝く「フランス民法典」を公布。ついに、人類初の民主主義の根本法が出現しました。
万人の法の前の平等。信教の自由。言論・選挙・経済活動の自由など、およそ、現代の民主主義の法律における基盤が、2261条のナポレオン法典として完成したのでした。


ナポレオンは、国際連盟、欧州合衆国の夢を描き、現代のユーロのような共通通貨制度、長さや重さの単位の統一など、詳細な部分まで整備しました。
ナポレオンは、全世界を平等、共存共栄の世界にしようと考えたのです。
特権階級諸国はナポレオンを恐れました。
そして、存亡を賭けて打倒ナポレオンに動きました。欧州は動乱し、最終的にナポレオンはロシア遠征、ワーテルローの戦いに敗れて失脚しました。
展示会で、ナポレオンのデスマスクを見たとき、私は感動のあまり涙が出ました。
私の目と鼻の先にナポレオンはいるのであり、その労苦の大事業に、「お疲れ様でした」と心の中でつぶやきました。素晴らしい展示会でした。
この展示会は、東京富士美術館、なかんずく、池田先生のお力の賜物です!^^

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-01-18 00:58 | 活 動 | Trackback | Comments(0)

本部幹部会同放

◇2009年1月11日の同時放送に参加
c0180341_20383682.jpg

c0180341_2131271.jpg日曜日の夜8時。T文化会館に、池田先生の指導を求めて集まる無数の人々。会場は700名を超える人の熱気に満ちていました。
日曜日の夜というのに、一体何をしているのか…世間の人々はいぶかしげに傍観する。しかして、これは、世の闇を楽土に変える世界一の会合なのです。全国各地の会館で、池田先生の指導を、直接、聞くことができるのです。
会館に行くと、年始の月天子が、美しい光で迎えてくれました。
開会のスタートを告げる音楽隊のファンファーレ。
1月8日の映像の中に、瞬時に吸い込まれる参加者たち。
芸術部歌の荘厳かつ堂々の合唱。
事前に新聞記事を見ていましたが、楽譜が読めないので何も分からなかった。
けれど、現実の音律の素晴らしさと、合唱の声の美しさはどうか。
世界一の歌、聞く者の魂を揺さぶるような合唱でした。

池田先生は、この会合で、文豪ゲーテの感動的な一文を紹介してくださいました。
「安穏と守られて育つと、樫の木もだめになる。
しかし、自然と戦うこと百年に及べば、誰しも驚嘆せざるを得ないのだ!」と。
樫の木。「森の王」と呼ばれる堅固な木。
「勇気」「力」「長寿」の象徴とされている木。
創価学会の79年の歴史は、風雨と嵐の79年でなかったか。
やがて来たる栄光の「創価の100周年記念日」に、私は70歳になっている!

原田会長は、偉大な師匠の指導の一節を紹介してくださいました。
「自分自身が苦しみ、悩まなければ、人は救えません」・・
わが青春の苦悩と悲しみは、他の人々の不幸を打破するためにあったのか!
嬉しいことに、未曽有の大勝利の新年に、池田先生と一緒に唱題をすることかできました。
唱題の最後に、自身の心に浮かんだ文字がありました。「願兼於業」の4文字でした。
この身の長所も短所も、美しきところも醜きところも、一切が広宣流布のためにあるとでもいうように・・
200遍の唱題の後、最後に6遍の題目が唱えられました。
その瞬間に、燃えるような決意が生まれました。
先生の体力は衰えられ、原稿のほとんどを代読とされていました。
どうか、ご長寿でいてください!どうか、お体を大事にされてください!

惰弱なる過去の私の信仰を改め、大いに戦い切る1年、否、10年、そして20年にしてまいります。
池田先生、創価学会、万歳!!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-01-12 21:05 | 活 動 | Trackback | Comments(2)

小冊子

◇インターネットを見ないブロック員さんに配布しました。

c0180341_1659395.jpg
c0180341_16593987.jpg

















本日、当ブロックの記事を10篇入れた小冊子を作成して、ブロックの壮年部の方、全員に配布しました。ブロック員さんのほとんどがインターネットを見ていないことから、ひねり出したアイデアなのです!
昨年、当ブロックの壮年部の方々が、インターネットとは無縁であることを知りました。
時が来ていなかったのです。無理もありません。私が一番年下ですから。
この小冊子、最初の記事を1頁に入れ、読み進めると正月の新年勤行会になるように時系列で作りました。ブログは、古い記事が後ろにありますよネ。

作ってみて、順番に並んでいるので読みやすい! なかなか、いい小冊子になりました。
配布したのですが、初めてのものですし、皆さん、「何だろう?」という感じでした。
さて、この小冊子、1月号という表題を入れてみました。雰囲気が大白蓮華のよう?で、気に入っています。
会合から遠ざかっているブロック員さんも、見ていただければ少しの刺激になることでしょう。
うむ。なかなか、このブログ、利用価値があるではありませんか!
加えて、1冊余分に作って、田舎で撮影した写真を入れたアルバムと共に、この小冊子を岡山の母にも郵送することにしました。

先日、帰郷した際に、「パソコンをプレゼントするから、私のブログを見て欲しい」と言ったところ、「操作がわからないし、お金もかかるからいらん」と断られたのです。でも、これなら操作も不要。
母も喜んでくれることでしょう!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-01-11 17:27 | 活 動 | Trackback | Comments(10)

若き池田先生

◇2009年1月9日の聖教新聞の記事
c0180341_214326.jpg

c0180341_2142494.jpg聖教新聞に『若き指導者は勝った』が連載中です。聖教新聞は、朝の通勤電車の中で読んでいます。
連載の第4回‥『事業が失敗し、理事長を辞任しなければならない戸田先生。無給で働く池田青年。食費も底をつき、タクワンに白米、あるいは林檎1個、あるいはパン1個の食事が続く‥。池田先生の心労は重なり、激しく咳き込む!

喉から逆流するものを吐くと、洗面所が鮮血に染まった。結核を引きずりながら、命をかけた真剣勝負が続く‥』 読んで身体に電撃が走り、感涙しました。何という凄い先生か!
「私はとても、真似ができない。血を吐きながら戦い続けることなど、とてもできない。先生の信仰は途方もないものだ。病気。貧困。粗末な食事。事業の困窮。まさに三重、四重の苦悩の中で、戦い切られた池田先生。先生の信仰の万分の一に達することが、この惰弱な私にできるだろうか。こんな怠慢な己をして、軽々しく、師弟不二などと言えるだろうか!」…魂が揺さぶられる記事でした。今、世の中が「経済危機」というけれど、この時代の池田先生の苦労を考えたら、何でもありません。
池田先生は偉大です。本当に素晴らしい。
創価学会は、軍事政権に蹂躙され、戦争の焦土の大地から生まれました。創価学会は、命を懸けた池田先生が作った稀有の組織です。創価の森の住民は、偉大な師匠を持って幸せです。池田先生に深々の大感謝をしなければなりません。

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-01-10 21:20 | 創価三代会長 | Trackback | Comments(1)

職場からの初詣

                    ◇信濃町での祈りとご供養
c0180341_21121931.jpg

c0180341_21133013.jpg例年、会社行事で神社への参拝があったのですが、不景気で規模が縮小し、何と、私自身の神社参拝が本年は無いという幸運に恵まれました!^^
そこで、「今年は単独で、信濃町に初詣に行ってきます」と言うと、会社のA取締役が「あ?菊川さん、学会だったよね。あそこ、学会のお寺があるの?」と聞かれました。「そうです。会社の発展をしっかり、祈念してきますよ!」と元気に出発しました。
お寺ではないんですけどネ。まあ、一般的な言い方をするなら、お寺でしょうか。^^
私の場合、上司や同僚の人達が、皆の前で、学会員であることを言ってくれるので、本当にありがたいのです。今日も、私が学会員であるということを知らない人が横にいて、「へー学会員なんだ」という顔をしていました。選挙も近いし、ちょうど良かったです。^^
午後2時50分、信濃平和会館に到着。最前列に座れました。会館の素晴らしいご本尊に感動しながら30分唱題し、上写真の新館に移動。新年のご供養(広布基金)をして、帰社しました。ご供養の際に、アルバムなどの先生へのご報告の欄があり、「今年戦い切って、先生にご報告しよう」と思いました。新たな決意が生まれ、信濃町に来て本当に良かったです。
現在、建築中の本部第2別館(下写真)が、地上階4階まで組まれていました。信濃町には希望が溢れていました。

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-01-06 21:45 | 創価学会本部 | Trackback(1) | Comments(4)


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2017年 05月
2016年 08月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

ありがとうございます。
by 甚平 at 05:56
youtube(ユーチュ..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 19:51
九州の若造さん、大いにご..
by sokanomori at 22:53
ありがとうございます。大..
by 九州の若造 at 06:03
加藤さん、北海道からコメ..
by sokanomori at 18:03
非公開さん、こんにちわ。..
by sokanomori at 17:59
昨年秋に心理ゲーム使わせ..
by 加藤秀隆 at 13:46
菊川さんありがとうござい..
by ゴンゴン at 13:23
モヤモヤされなくていいの..
by sokanomori at 12:31
菊川さん、私、もうひとつ..
by ゴンゴン at 09:40
菊川さん、明解ありがとう..
by ゴンゴン at 23:21
ゴンゴンさん、こんにちわ..
by sokanomori at 17:53
菊川さん、こんにちは、最..
by ゴンゴン at 11:31
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori at 06:01
ゴンゴンさん、中身の見え..
by sokanomori at 05:55
私は菊川さんの記事の中で..
by ゴンゴン at 09:48
1979さん、こんばんわ..
by sokanomori at 22:46
こんばんは。小説・人間革..
by 1979 at 00:25
三笠さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori at 00:21
2016-02-13に投..
by 三笠 at 22:47

メモ帳

画像一覧