<   2009年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

リアル対談

◇オウマー日記の新人類さんとの仏法対話c0180341_17214144.jpg

c0180341_17215972.jpg本日から連載で、「オウマー日記」というブログの所有者である「新人類」さんとの対談について記事にする。
お会いして知ったのであるが、新人類さんは左写真の「オウム真理教大辞典」(東京キララ社:2003年発行)を執筆されていた。
これは、オウム真理教のあらゆる専門用語や関係者の名前、経歴などが克明に書かれている本である。
新人類さんはとても、オウム事件の翌年からオウム問題をウエブサイトで情報発信していたことから、多数のオウム関係者が新人類さんに接触したようである。
ご当人は、富士山麓にあったサティアンも自ら見学に行き、その後、オウム真理教の脱会者と共に、この著作物を出版したようである。さて、そのような人とは知らず・・
PM6:00に待ち合わせ場所の信濃町駅改札出口に行った。
それらしき人に「新人類さんですか?」と聞くと、後ろから声があった。
振り向くと、「私が新人類です」とのこと。これが出逢いである。
信濃町で会うことにしたのには理由がある。
1つに新人類さんが指定してきたこと、2つに信濃町の案内がしたかったからである。飲食店の予約をPM7時に事前に取っていて、20分ほど、学会本部や聖教新聞社、その他2~3の建物の紹介をした。(建物を外から見ただけです) 
私が新人類さんに伝えたかったことは、創価学会の建物は質素であり、アンチが流している「信濃町買占め」などというウソを知ってもらうことであった。
信濃町の創価の城は、他宗教のような賢覧豪華な庭園や演出はない。
一般のビルや他宗教の建物、マンションなどがある街に、必要最小限存在するだけである。「これが、創価の現実です」と申し上げた。
見学を終え、飲食店に入った。しばし、雑談の後に創価学会の話をした。
自己紹介や体験、組織や教義など、創価学会の概要をお話した。3時間半の対談はあっという間に過ぎ去った。別れ、帰宅し、1日経過する中で、様々なことが去来し、いろいろと考えることがある。
ネットで知り合うことの危険性、あるいは頂いた著作物の中に書かれているオウム真理教のこと、さらに、直接会うことでしか得られない相互理解など。
私がオウムを知らないように、新人類さんは創価のことを知らない。
明日は、この対談の具体的内容について述べることにします。
後半は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-10-31 21:38 | 仏法対話 | Trackback | Comments(24)

未知との遭遇

◇ネットの出逢いからリアルの対談に発展。

c0180341_13305451.jpg今月初頭、トラックバックアクセスがあった。
「オウマー日記」というブログで、見ると創価の森について以下のように書かれていた。
『何回か御紹介した正直な創価学会員のブログ「創価の森の小さな家」より。俺、こういう人がとても嫌いになれないんだよ』
ときどき、私のブログを見て下さっているようである。偏見が多い世の中である。
ちゃんと普通に見てくださるだけでありがたいと思い、相手のブログにコメント入れた。翌日、もう一度見てみると、「私を折伏してみませんか?」とのこと。
変な問いかけである。怪しい。そこで、過去の記事を見た。
内容から、危険人物ではなさそうだ。
加えて、創価学会を擁護するような記事もある。
オウマー日記さんの記事は、→ここをクリック!
そこで、会ってみることにした。指定のメールアドレスに打診し、幾度かやりとりをして日取りが10月30日と決まった。お互い、知らない者同士である。
正直、まったく実感が涌かない。
「折伏してくれ」と言われても、私の感情はまったく動かない。
このようなことになって気が付いた。折伏というのは、愛情がなければとてもできないものである。ともかく、会ってありのままの創価学会をお話しようと思っている。時に、殺人事件まであるネット世界である。
けれど、心配される人もいるが、大丈夫です。
メールなどのやりとりもあるから、もし、私が睡眠導入剤を飲まされて拉致されても、犯人は何とか捕まるでしょう。
さて、新人類さんは、オウム真理教の人たちと交流があるらしい。
だから、オウマーなのか?
私はオウム真理教の人は、TVでしか見たことはない。
そもそも、オウム真理教は、創価学会をサリン攻撃した宿敵である。これは、未知との遭遇になりそうです。
ともかく、会ってみる。超平凡な私‥
ともかく、PM6:15分に待ち合わせです。

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-10-30 17:31 | 仏法対話 | Trackback | Comments(13)

3人のスパイダーマン

◇スパイダーマンが3人?
c0180341_23475973.jpg

c0180341_15292981.jpg上空を見た。
ビルをピカピカに磨き上げるスパイダーマンたちがいた。
秋空の清々しい作業風景が、私の心を明るくしてくれた。
正しく仕事をし、与えられた報酬で生活すること以上に幸せなことはない。
汗も涙も流さないで、ポンとお金を得たところで、そこには充実も納得もないであろう。
君たちが一生懸命に仕事をする姿は、何と神々しいことか。
君たちはダイヤモンドだ。君たちは、無名無冠のドラマの主人公だ。
政治も宗教も、仕事も人生も、あらゆる分野が混沌とした世の中である。
いつしか、池には泥が溜まり、大地には雑草が生え、虫が涌き、寄生虫が徘徊する。
嵐もあれば、旱魃もある。世界は、間断なき変化の連続である。
何事も放置すれば汚れが溜まる。対象物は劣化して錆びる。壊れる。
そのような汚れや傷みを、スパイダーマンたちは美しく蘇生させる。
私たちの生命の宮殿も、塵芥が降り積もったままにはできない。
一生成仏抄に云く、「深く信心を発して日夜朝暮に又懈らず磨くべ・何様にしてか磨くべき・只南無妙法蓮華経と唱へたてまつるを是をみがくとは云うなり」(御書384頁)
私たちは、日蓮大聖人の弟子だ。
今日も祈り、今日も行動しよう。祈り、働いた質と量だけ、私たちは輝き美しくなれる。
あなたを見ると、私はいつも嬉しくなるのです。
過去のスパイダーマンの記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-10-28 23:55 | | Trackback | Comments(6)

「過去の私」から「未来の私」への手紙

                   
◇こんなの出てきましたけど。^^
c0180341_4242272.jpg

c0180341_4244648.jpg先日の体験談「変毒為薬」の記事を語ろうと、当時の重要な証拠品「大講堂の入場券」を仏壇の引き出しで探していると、偶然にも、上写真の封筒が出てきた。何と、「2007年11月1日に開封せよ」と書いてあった。すでに2年を経過しているではないか!(笑) 
裏を見ると、「本物の宗教なれば、私は満足な人生を歩んでいることだろう。2003年10月10日、菊川広幸」と書いてある。
どうやら、私の獄中闘争の終了後に書いたものらしい。昨日、恐る恐る開封してみた。
封筒の中には、5枚の便箋が入っていた。その内容を以下に抜粋する。

冠省 信仰して1000日が経過した。(中略)
私はB長となり、今20世帯30余名の人々をサポートする立場になった。私はただひたすら300万遍を祈り、学び、行動して、凶悪な敵に勝利した。私の体験は、偉大な実験証明となった。
けれど、一切が順調とは言えない。今、会社は瀕死の状態にある。まさに、再生不能の状態にまで、会社は破壊されている。(中略)
発心から2000日後の未来の君よ。君は今、何をしているか。
私は、君が発心から築いた清流を濁流に変えていないかが心配だ。
瑞々しい歓喜を忘れ、多くの人々の惨めなる心情を忘れ、仏として最も大切な同苦を忘れてしまわないか心配だ。
君よ、幸福とは何かを断じて忘れるな。
蓮祖云く、「一生成仏なり」と。(中略)
およそ、人として最大の幸福とは、正に地獄の中にいる人々を救済することである。
2000日の未来の君よ。
未来に、今の会社はないかも知れない。あるかも知れない。
もし、なくなっているなら、次の会社の第一人者であれ! 草々

2000日後の菊川広幸様        1000日の菊川広幸より

不思議だ。このような手紙を書くことも珍しいことであるが、創価の森ブログを開始し、私の赤裸々な体験手記を述べるとき、この手紙が仏壇の奥から出てきたのだ。
振り返れば、若かりし頃、離婚という運命の打撃に翻弄され、その中で100万遍の題目で宿命転換をした。職場で成功し、新しい妻を迎え私の人生は一変した。
しかし、順風に見えた私の人生も、ある日、会社の不正を発見してからイジメられ、窓際族として転落した。再び発心して、300万遍の唱題で宿敵と戦い勝利した。その後も、様々、泣き笑いはあったが、私は致命的な敗北をすることなく、今日を迎えている。
人生には、とても危険な現実がひしめいている。生活環境に潜む様々な問題‥事件や事故、病気、経済、憎愛、離別、敗北‥次々に苦難と苦悩とが現れる。その波濤を、信仰という船の切っ先で打ち破りながら、私たちは大海原の航海を続けている。
ありがたいことだ。私たちには最強の信仰がある。
さあ、新たなる未来に向けて前進しよう。美しい人生の旅路を、愉快に溌剌と歩もう。
先生と共に、創価の同志と共に!^^

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-10-27 23:59 | 体 験 | Trackback | Comments(18)

続・変毒為薬

             
◇100万遍唱題で生活革命&宿命転換を果たす。
c0180341_1255090.jpg

彼女の家出から5ヵ月。
私は100万遍を唱え切った。しかし、現実は何も変わらなかった。彼女とは幾度か話し合ったが、修復はできず、27歳のとき離婚となった。未練は消えていたので、次なる100万遍への挑戦はしなかった。私は瑞々しい心で、未来を見据えて歩き始めた。
私は、この人生初の100万遍唱題で、たった2つのことを祈ったのです。
1つは彼女との関係の修復。2つには月給30万円を稼げる会社への就職。
私は安月給だった。私はお金に無頓着だった。若い時に金などいらないと平気だった。稼げないくせに、買いたいものを買った。故に貧しかった。私は、欠点だらけだった。
100万遍を唱え終わった2ヵ月後、私は願い通り給与30万円の職場に転職した。
その職場で、今の奥さんと出逢った。
新しい奥さんは学会員ではなかったが、結婚の時に入信してくれた。
私の人生は劇的に、180度変化した。痩せこけた惨めな男は、強くたくましい1人前の男になった。仕事は、最も得意な仕事を任され、トントン拍子に出世した。30歳で課長になり、35歳で部長になった。活躍は社内外に轟き、社長賞まで頂いた。
ある日、離婚した以前の彼女から、会社に電話があった。会って欲しいという。
迷ったが、会うことにした。渋谷の安っぽい喫茶店で会った。
別れて7年目。彼女は言った。「後悔しています。あのときのことはごめんなさい」
以来、別れた彼女とは会っていない。どこに生活しているのかも知らない。
ただ、私は、別れた彼女に、今も心の中でつぶやくことがある。
「あなたが私に100万遍を唱えさせたのです。ワガママで、愚鈍な1人の男が、あなたに縁して変わったのです。ですから、感謝しています。むしろ、謝罪しなければならないのは私です。どうか、新しい人生の勝利者になってください!」
今、私は、最愛の伴侶と生活している。愚痴も言わず支えてくれる素晴らしい奥さんです。
その最愛の奥さんの記事は、→ここをクリック!
以上が私の離婚に関するお話です。皆さん、いかがでしたか?
100万遍の力、必死のお題目の力というのは途方もなく凄いものですよネ。
「獅子は伴侶を求めず」‥。伴侶は、獅子になった時に、ついてくるのかも知れません。
「おにのかくれ部屋」版の体験談は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-10-25 01:09 | 体 験 | Trackback | Comments(22)

変毒為薬

                  
◇結婚と離婚の果てに知ったこと。
c0180341_0252140.jpg

先日、結婚と信心の両立に悩む1人の女性から赤裸々なコメントを頂いた。
コメントを読んで、私の離婚について書こうと思った。幸せになるために結婚する。
しかし、2組に1組は離婚する。
読者の皆様には、私の体験から何かを学んでいただければと思う。
26歳の時のこと。私は、学会員の女性と結婚した。幸せな結婚をして半年後、彼女は家出をした。テーブルの上のメモ用紙に「探さないでください」と書いてあった。
ショックで食事も喉を通らなくなった。パンの半分も食べられない。加えて、眠れない。60kg近くあった体重は、みるみる50kgを切った。あばら骨が見えた。修復しようと考えていたので、親にも周囲にも相談できなかった。苦しくて、その苦しみから逃れるために100万遍を5ヵ月で唱えた。過去世、現世、私は一体何をしたというのか。
業火に焼かれつつ祈った。ただ、ひたすらに‥。
年末になり、私は大石寺に向かった。親には、「妻と旅行に行く」とウソをついた。1人では帰郷できない。それこそ、両親を驚かせ、悲しませるから。
大講堂で丑寅勤行をした。そして、大客殿で朝まで唱題をした。その当時の入場券が上写真です。(2枚あるのは、翌年分も含む)
太陽が昇り、眼前の日興上人の御本尊に太陽の反射が当った。もう、何時間、祈っているのだろう‥。その時、40歳代と思われるご婦人が私に声をかけてきた。「何か重大な悩み事があるのではありませんか。よろしければ、お聞かせいただけませんか?」
私は、一部始終を話した。ご婦人は、頷き、にっこりとほほ笑んで言った。
「私、あなたと同じことになった人知っているわ。あなたの奥さん、帰ってくるかも知れないし、帰ってこないかも知れない。でも、あなたなら絶対に大丈夫です。
もし、離婚になっても、あなたに相応しいお嫁さんがきます。そのとき、今の奥さんは、いつか必ず惨めな姿を見せにくるでしょう」
その後、私は100万遍を唱え切った。彼女は戻らなかった。
しかし、私の心は清らかに輝いていたのです。私は、1つの答えを得た。それは、「獅子は伴侶を求めず」という答えでした。
続きの記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-10-24 00:33 | 体 験 | Trackback | Comments(21)

石井一民主選対委員長

  ◇真光教団を支持母体にする男

c0180341_2342782.jpg石井一。
現、民主党の選挙対策委員長である。
創価学会を批判することで有名である。
10月15日にマスコミに、石井氏が「公明党は衆院から去れ。公明党は創価学会の指示通りに動いている正体のない存在だ」と揶揄した。この行為にヤンヤと喜んでいるのは、創価学会を批判する幾多のウエブサイトである。
石井氏は、国会議員という公の立場でありながら、創価学会を目に敵にし、国会でもマスコミでも当りかまわず公明党と創価学会の非難中傷を繰り返している。石井氏は、創価学会が政教一致であるとし、過去、池田名誉会長の国会喚問まで画策した人物である。2007年6月15日には、池田名誉会長の世界からの200称号授与で、公明党議員はP献金(プレジデント献金の略らしい)で1人当り30万円づつ徴収されたなどと馬鹿な発言をして問題になった。
加えて、2008年10月5日、石井氏は朝日テレビの報道番組「サンデースクランブル」で、「公明党はバイ菌みたいなものだ。公明党から4票もらったら6票逃げていく」との発言をした。このバイ菌発言に公明党は抗議したが、当の本人からの謝罪はなかった。創価学会員も国民である。信教の自由と政治活動は、憲法に保障されているではないか。その視点から申し上げれば、石井氏の発言は容認できない暴言である。
何故、石井氏は、このような挑発的な言論を放ち続けるのであろう。
実は、石井氏は、真光の信者なのである。2001年以降3度、他の民主党議員と共に、岐阜県高山市にある崇教真光(すうきょうまひかり)に公式参詣している。この秋季大会の祝辞において、「崇教真光教祖は、アメリカの同時多発テロを予言していた」との発言までしている。
これが、石井氏の真実の姿である。
創価学会をバイ菌扱いし、善良な国民を公の場で非難中傷する石井氏こそ、本来、糾弾されるべきではないか。ともあれ、どちらがバイ菌か、これからの歴史が証明するだろう。
尚、創価をカルトと批判し、石井発言に喜んでいる人たちに申し上げたい。真光も同じく、フランスにおいてカルト指定となっている。ちなみに、今の創価学会はフランスカルトの指定にはない。今、創価は192カ国地域で容認されている世界宗教である。
SGI(創価学会インターナショナル)のHPは、→ここをクリック!
石井一の別記事は、→ここをクリック!


ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-10-21 23:25 | 政 治 | Trackback | Comments(36)

宗教とは何か

◇イランの宗派対立について思うこと
c0180341_230302.jpg

自爆テロはイラクだけではない。
東南アジアでも、その他の中東諸国でも、悲惨な殺戮が繰り返されている。
昨日の読売新聞に、スンニ派とシーア派の宗教間抗争の記事が掲載されていた。
抗争は1979年から続いており、警察署やモスクへの爆弾テロが各地で頻発している。
一昨日は軍幹部を狙った自爆テロで多数の犠牲者が出た。
イランは、国民の98%がイスラム教スンニ派によって占められ、スンニ派の思想の元に法律が作られている。その中にあって、シーア派は少数ということもあって、差別され、国政からも放置されてきた。シーア派の生活環境は無法地帯となり、麻薬・武器輸入の温床になっている。この2つの宗派の間では、終わりなき抗争が延々と続いているのである。
その少数派を米英が支援している。故にイラク政府は強い敵愾心を持ち、今回のテロの怒りを米英に向けている。政府議員関係者から、「米国に死を!」との怒号が叫ばれた。
さて、宗教とは何だろう。宗教とは人々を対立させ、抗争を生む導火線なのであろうか。
否、これは間違った宗教なのだ。第一、小数派だから、あるいは思想が違うからという理由で、一国の政府が他宗教を力で弾圧し、自滅を待っているようなことが許されるものではあるまい。逆に、被害者意識と恨みから、自暴自棄となり、自爆テロという暴力で対抗する少数派にも大きな問題がある。双方、泥沼の抗争である。
イスラム教は様々な派に分かれている。コーランは同じでも、解釈が違う。解釈が違うのであれば、それは別の宗教ということになる。
日蓮大聖人の仏法も同じである。現在、日蓮宗系は20派以上存在し、その解釈は天地ほどの違いがある。中には稲荷を祭り、意味不明の仏像を拝んでいる宗派もある。天台宗も真言宗も、あるいは浄土宗、その他各種宗教のことごとくが、20前後の宗派に分かれている。
どの宗教も、時の経過と共に諸派に分裂するようだ。
大事なことは、真に、人間の幸福のための宗教かどうかである。戦争や自爆テロを推進する宗教など、本来の教義に逸脱した邪教に違いないのだ。
私たちは共存共栄の社会を望む。創価思想とは、地球市民主義の異名である。
地球市民思想を提唱した牧口先生の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-10-20 23:22 | 戦争・紛争 | Trackback | Comments(10)

休館日

◇ねぼけ眼のラッキーです。c0180341_21144352.jpg

ただの猫写真です。
皆様、いつも当ブログにご来訪いただき、誠にありがとうございます。
本日は、特別、記事はございません。(笑)

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-10-19 21:29 | 飼い猫ラッキー | Trackback | Comments(35)

スポーツの秋

               ◇久々の日曜日の休みで、9kmジョギング!^^
c0180341_20154337.jpg

c0180341_2017494.jpg今日は久し振りの日曜日休み。^^
この数ヶ月、土日が仕事でした。日曜日に休める!‥ありがたいことです。来年2月のハーフマラソン大会、そして来年3月の土浦フルマラソンに向けてトレーニングを開始しました。
年内のフルマラソン出場がボツになった苦い経験から、来春の土浦マラソンは、早々にゲットする予定です。
本日は、夕方、妻と近所のJ子ちゃんの3人で、ゆっくり9kmジョギングをいたしました。妻もJ子ちゃんも運動は2ヶ月ぶり。J子ちゃんは、来年のハーフマラソン大会への初参加を決意していて、これから体を作ります。J子ちゃんの以前の記事は、→ここをクリック!^^
上写真は、8月に撮影したジョギングコースのサc0180341_21195098.jpgルスベリの木。本日は、中段の写真のように多くのサルスベリの木が葉を落としていました。
桜も葉を落していました。花を一斉に咲かせ、一斉に花を散らす桜は、紅葉もなく、葉をいち早く落とすのですネ。^^
感傷的になりがちな秋ですけど、私の心は新たなるチャレンジに向けて沸騰し、まるで真夏のようです。ジョギングコースに白菜の畑(下写真)を発見。晩秋~初冬に見事に成長する白菜を見て、元気を頂きました。秋を前に素早く葉を落す植物もあれば、寒い秋から冬に成長する植物もある。皆、元気にやってますネ!^^本日、早歩き程度のスピードでゆっくり汗をかいたのですが2人はバテてました。私は、まあ、大丈夫でしたけど。(笑)
私は、10月はリハビリジョグ→11月~12月は週1トレーニング→1月、週2トレーニング→2~3月は長距離無理せずトレーニングを計画しています。今回のフルマラソンは、年齢も重ねているし、目標タイムはありません。規定時間内の42.195km完走を楽しみたいと思っています。
ジョギングは冬に最適のスポーツです。とかく寒さで家に閉じこもりがちになりますが、寒風の中を、汗をかきながら走るのは楽しいですよ。
皆さんも、始めてみませんか。健康になれますよ!(笑)
土浦マラソン(かすみがうらマラソン)のネット記事は、ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-10-19 06:21 | マラソン | Trackback | Comments(9)


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2017年 02月
2016年 08月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

三笠さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori at 00:21
2016-02-13に投..
by 三笠 at 22:47
チェックを長くしておらず..
by sokanomori at 07:56
私は脱会しました 様々..
by 元学会 at 19:16
ポチさん、おはようござい..
by sokanomori at 06:04
分かりやすい説明です。ど..
by ポチ at 15:05
>祈祷抄に「竜女は・小乗..
by sokanomori at 09:23
日顕宗さん、気付いたなら..
by sokanomori at 06:01
日顕宗に誑かされ 魔に負..
by 日顕宗 at 20:48
ご指摘ありがとうございま..
by sokanomori at 06:21
公明党と信心さん、おはよ..
by sokanomori at 06:12
戸田先生が何故政治の世界..
by 公明党と信心 at 11:24
lily lily様、コ..
by sokanomori at 12:06
宮城県さん、おはようござ..
by sokanomori at 06:34
24歳女子部です。 今..
by 宮城県 at 18:12
みちろうさん、こんばんわ..
by sokanomori at 21:07
私も金縛りにあったことが..
by sokanomori at 21:05
今回の地区総会における未..
by みちろう at 18:03
菊川さま こんにちは。..
by はなみずき at 11:00
1名様、公開いたしません..
by sokanomori at 08:19

メモ帳

画像一覧