<   2010年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

信濃町リアル会談

◇晋之介さん、みたかさん、どりーむさんへ。
c0180341_21543697.jpg

c0180341_21545819.jpg猛暑の信濃町の学会本部。
遠方より、大事な2人がご来訪された。
お会いしたのは、愛知の晋之介さん、大阪のみたかさん。
この2人は、創価系ブログの所有者で、ネットを通じて交信してきた間柄である。この2人に加えて、東京のどりーむさんと私の4人が集合した。

このリアル会談は、晋之介さんからの一本の電話が切っ掛けであった。
「信濃町に行きます。10分間でいいから、会ってもらえないか」‥晋之介さんの声。願ったり、叶ったりである。
そこに、みたかさんも上京されるとのこと。嬉しかった。
会談の前夜、なかなか寝付けなかった。浅い睡眠のまま、早朝に目が覚めてしまった。私としては、そのぐらい会いたい人たちであった。

信濃平和会館に行くと、何となく晋之介さんのような人がいた。
声を掛けた。やはり、晋之介さんであった。(笑)
みたかさんは、予定時刻に姿を見せなかった。
しばらく待っていると、会館の正面玄関から2人の元気な女性が入ってきた。みたかさんは想像と違って、明るい人であった。大阪の女性そのもの。(笑)
もう1人のどりーむさんは、みたかさんのご友人。何だか以前、お会いしたような感じ。「あの~、この会館で、お会いしていません?」と言うと、「いいえ」とのことであった。(笑)
個々、思いがあるが、簡単に言葉にできない。
一緒に勤行をして、それから喫茶店に入った。私は、絶対に伝えなければならないことがあった。それは、ブログに書いていない、私の一番大きな体験の話である。
私は語った。私の人生の真実を。
私の出発時間が来た。本当は、もっと触れ合っていたかった。3名の方々の話をゆっくり聞きたかった。けれど、仕方ない。挨拶をして別れた。

晋之介さん。名古屋ドーム一杯分の悩みがある」とのことでしたね。
どうか、その悩みを見事に解決してください。大きな悩みこそ、大きな幸福の土台です。大勝利されたら、私は必ず、お祝いに行きます!^^
みたかさん。お体、しっかり治してくださいね。
輝かしい大幸福を掴まれますように。
ブログは継続してくださいね。ときどきで、かまいませんから。^^
どりーむさんのブログ、拝見いたしました。どりーむさんの雰囲気出てました~。
味のある素晴らしいブログですね!(笑)
素晴らしい人たちでした。私は生涯、この日の出来事を忘れないでしょう。
本当に有難い出会いでした。感謝。(涙)

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2010-08-31 23:17 | ブログともだち | Trackback | Comments(24)

悩める友へ

◇苦難を乗り越える信心です。

c0180341_241227.jpg私のブログへのコメント欄には、何人かの悩める方からのコメントがあります。
記事にはしていませんが、「会って欲しい」と言われ、過去、お会いした人もいます。
思うのですが、苦難や悩みがなければ、本当の意味で信仰というものは理解できません。
悩んだときこそ、御書です。
日蓮大聖人が直接励ましてくださいます。
祈り、実証を掴んでください。この仏法が、「ウソ」か「真実」か。「おとぎ話」か「本物」か。
自らの体験と実感から掴むことです。
その苦しみからしか、本当のこの世の苦悩は見えない。
私、泣きながらお題目唱えましたよ。貪るように読んだ御書。池田先生の書物。聖教新聞や大白の体験談。読んで、「これが事実だとするなら、私にだって同じことがあるはずだ」と思った。本当に困難な状況の時は、自分と御本尊様しかない。真剣勝負です。
宿業というのは凄まじいものです。本当の不幸とは恐ろしいものです。
けれど、それを乗り越えるために、この宗教はある。その自らの宿業と戦うのです。
創価学会の宗教は、大聖人を筆頭にした体験と実証の宗教です。幾百万の実証が、創価の根幹です。戸田先生は言われた。「百発百中の宗教である」と!
掴んでください。掴めますよ。「この信心しかない」と思えたら大丈夫です。
私のこの体験は、真実です。→ここをクリック!
当時、まさか、私が幸せになれるなんて、想像もできなかった。
勝ってください!納得してください!大丈夫です!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2010-08-30 22:28 | 体 験 | Trackback | Comments(32)

一杯の水

◇この美しい水を知らない子供たちへ。
c0180341_219674.jpg

暑い夏が続いている。
記録的な猛暑の中、私は好んで冷水を飲むようになった。
この美しい水を飲める日本に、生まれ育った私たち。一方で、この美しい水を知らず、灼熱の大地で死んでいく貧しい国の人々の悲惨がある。
地球の環境破壊は、確実に進んでいる。最大の問題は、温暖化である。
この地球温暖化によってもたらされる被害は、年々、拡大している。温度の上昇により、降雨量の少ない地域では、雨は極端に降らなくなる。逆に、雨が降る地域では、過去になく大量に降る。台風が巨大化し、様々な気象現象が激しさを増す。
2050年には、深刻な水不足の時代が来るという。
WHOでは、「40年後には、世界人口の70%が水不足に陥り、それが原因して、紛争や戦争が発生する」と警鐘を鳴らしている。
過去、私は、アフリカのブルキナファソでの出来事を記事にした。
当時の記事は、→ここをクリック!
このような貧しい国が、今後、世界中に広がるとしたら‥。恐ろしいことだ。
今ですら、汚染された水を飲み、あるいは飲める水がなくて、死んでいく子供が1年間に300万人いるとされる。 1日に8000人以上の子供が、劣悪な水が原因で死んでいる。
日本人の私たちであれば、誰でも飲めるこの一杯の水を、見ることもなく、飲むこともできない無数の子供たちがいるのだ。嗚呼、何と可哀想な子供たちであろう。
あなたの乾いた唇に、この一杯の水を含ませてあげたい。
涙すらも枯れ果て、干からびていくあなたに、この一杯の水を差し出したい。
日頃、私たちは、贅沢なことでケンカをし、恵まれた国の中で不平不満を並べ立てている。
世界に、絶望的な人々が沢山存在していることを、私たちは忘れてはならない。
そして、私たちの生活が整っていることに感謝をするべきだと思う。
私は、そんなことを考えつつ、今日も一杯の水を飲み干した。

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2010-08-29 22:47 | 環境問題 | Trackback | Comments(8)

五眼(ごげん)

◇仏法では「5種類の眼がある」と教えています。
c0180341_2135997.jpg
手眼と書かれた扇子。
これは、天才棋士、升田幸三(1918~ 1991年)の扇子である。
升田は、広島県出身の将棋の棋士で、実力制第4代名人である。私の故郷である岡山県出身の大山康晴永世名人(1923~1992年)と共に、一時代を作った憧れの棋士。その豪快な将棋に魅せられ、升田フアンは今も多い。
この扇子に書かれた「手眼」とは恐ろしい表現だ。手に眼がある。
一つの局面に潜む無数の変化を読み、最善の一手を指す。プロ棋士の魂の鼓動が伝わってくる言葉である。
さて、仏教では、五眼(ごげん)という教えがある。
日蓮大聖人は、開目抄で、「諸の声聞は爾前の経経にては肉眼の上に天眼・慧眼をう・法華経にして法眼・仏眼備われり 」(御書204頁)と述べられている。
五眼とは、物心にわたって物事を見定める5種類の眼のことである。
五眼の意味を以下に示す。
------------------------------------------------------
仏眼(ぶつげん) 一切の事物・事象を三世十法に渡って見通す仏の智慧の眼
法眼(ほうげん) 衆生救済のために事物・事象を判断する菩薩の眼
慧眼(えげん)  二乗の智慧の眼(道理・研究からの深い見方・捉え方)
天眼(てんげん) 昼夜遠近を問わず見ることができる禅定の眼(冷静な洞察眼)
肉眼(にくげん) さえぎるものがあれば見えなくなく人間の機能的な眼
------------------------------------------------------
世の中には、沢山のウソやごまかしがある。
私たちは、愚かであってはならない。
仏法を、別して正法というが、正しく世の中を理解し、有益なものを選択し、有害なものを排除していくことは、仏道修行者の目指すところである。
仏の眼とは、過去、現在、未来を仏法の因果から見渡し、全局面、全世界からものを見ることができる壮大かつ繊細な眼である。
私たちは、価値を追及し、価値を創造する立場である。
故に私たちは、賢くあるべきだ。

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2010-08-28 21:23 | 仏教豆知識 | Trackback | Comments(7)

ホメオパシー

              ◇元利用者から、「洗脳されていた」との声。
c0180341_226565.jpg
写真は、昨日の朝日新聞である。
興味深い記事があった。読んで、考えさせられた。
欧州で200年の歴史があり、一部の国では、公的医療保険も適用されてきたホメオパシー。癌や皮膚病、精神病など、ほぼ全ての病気を治療できるとされ、国内では、1990年後半から、複数の団体が普及を進めていた薬である。
ホメオパシーは、食品添加物や農薬などの化学物質を避けようという「自然派」志向の人々の間で広がり、一部の国内の大学病院では治療に導入していたという。
この薬剤は、植物や昆虫、鉱物などの成分から抽出した薬のようだ。
日本学術会議(会長:金沢一郎東大名誉教授)は、「科学的根拠は明確に否定され、荒唐無稽。今のうちに医療現場から排除されないと誤解が広がり、深刻な事態に陥ることが懸念される」と記者発表した。
昨年10月、山口県で発生した女児死亡事件(病院での医療を拒否して死亡)が発端となり、日本医師会、日本歯科医師会などの6団体が、「ホメオパシー使用拒絶」に賛同した。

世の中には、効果不明の商品は思いの外多い。
私自身、過去、製品の効果をチェックする仕事をしていたが、いくつも、問題の商品があった。今、消費者保護の視点から、ある程度の販売中止などの取り締まりもあるが、到底追いつかない。世の中は広く、大きい。利害もからむ。
私は、本物のインチキ商品を発見し、販売中止を会社に訴えたことがある。そのことが原因して、私は窓際族にさせられた。その当時の記事は、→ここをクリック!
このホメオパシーの新聞を読み、私が窓際族になった原因の「本物のインチキ商品」を記事にしてみようか?と思った。今、どうするか思案中です。^^

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2010-08-26 22:40 | 学会書籍記事 | Trackback | Comments(21)

こんな時代もありました。

◇ラッキーの子猫時代。可愛かったですよ。
c0180341_212791.jpg

子猫時代は、やんちゃでした。
我が家に来たときは、手の平に乗るほどの大きさでした。今は6kgの堂々とした猫に成長あそばされ、ふてぶてしくなられたのです。(笑)
ふてぶてしいラッキーをご覧になりたい方は、→ここをクリック!
今は、今の可愛らしさがあるのですが‥。

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2010-08-26 06:08 | 飼い猫ラッキー | Trackback | Comments(6)

親不知

◇ついに、親不知(おやしらず)を抜きました!
c0180341_6421527.jpg

昨日のこと。
親不知(おやしらず)を抜きました。
親不知がナナメに生え、奥歯を横から押していたのです。このため、奥歯が中央から溶けて、痛みを感じていた。過去、歯科医からは、歯肉炎と言われていましたが、現実には虫歯だったという具合。昨日、決意して、親不知を抜き、さらに奥歯の神経も抜きました。
恐かったです。久々、ほぇぇ~!!って感じ。^^
手順は、①麻酔→②奥歯を削る→③奥歯の神経を抜く→④親不知を抜く→⑤傷口を縫う‥という流れ。口を大きく開け、額に汗をかいて耐えること30分。目を閉じて、御本尊様を思い浮かべながら、心の中でお題目を唱えていたのですが、やがて、「おぉ~!やめて~!!」と心で叫んでいました。歯科医が、「う~ん、これは手ごわい」とか、「これ、随分、ボロボロだ」などと、恐怖心を煽るようなことを言うんです。マイリマシタ!^^:
でも、無事、終了。そして、痛み止めと化膿止めのお薬を頂きました。
その後、麻酔が切れてズキズキ痛みました。喉まで腫れて、今も、喉が痛いです。
親不知を抜くというのは、大変なことですネ。
歯医者というのは、何歳になっても恐いものです。けれど、これからの人生を考えたら、何としても歯を健全にしなければなりません。私は祈り、恐怖を決意に変えて臨みました。
今後は、神経を抜いた奥歯の治療を行います。今の奥歯が治ったら、年内、どこかのタイミングで、反対方向の親不知を抜こうと考えています。
もしも、皆様、お口に憂いがあるようでしたら、積極的に治療をいたしましょう。歯というのは、極端に悪くなると治りも遅く、苦痛も大きいのだそうです。
早めに治療して、毎日、しっかり歯磨きが大事です。
私のお口が、まだ健全だったころの記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2010-08-25 06:50 | 健康作り | Trackback | Comments(8)

行 動

                ◇足下を掘れ、そこに泉あり。使命あり。

先週から、真剣に祈り始めた。祈りの次は、行動である。
祈りだけで物事は動かない。行動は絶対条件である。
私が所属する地区は、28日が座談会である。昨日、私は、手作りの座談会招待状を作り、壮年部員の家を訪問した。

c0180341_23521019.jpg
            準備した招待状。45分間のお題目で、願いを込めた。
c0180341_23522669.jpg
         夏休みに来訪した親戚の子供たちに、励ましの手紙を書いた。

ほぼ1ヶ月間、私は、学会活動をしていなかった。
友好期間をフル活用させていただいたのである。(笑)
仕事、プライベートの友好活動の他は、何もしていないに等しい。先週、ボケした自身を発見し、唱題を開始した。そして、昨日から、学会活動を再開した。
1週間後、8月度の座談会がある。私は、座談会の連絡をする前に、まず、御本尊様の前に座った。唱題の中で、地元学会員さんへの思いが深まった。
元気な人もいる。しかし、長く会合に出ていない人もいる。歓喜を失っている人もいる。男子部から移転してきたものの、小学生から信心をしていない新しい壮年部員もいる。
1人1人の幸福と信仰を思い出しながら、題目を唱えた。
心に慈しみと愛情とが溢れてきた。
「嗚呼!私の周囲には、まだ、信心の歓喜も実証も知らない人がこんなにもいる!」
決意して部員宅を回った。多くの人に会えた。会えなくても、家族の人と深いコミニケーションができた。こうして、祈り、行動して、やらなければならないことが沢山見えてきた。
帰宅後、1通の手紙を書いた。夏休みに、我が家に遊びに来た、姪っ子と甥っ子への手紙である。手紙の内容は、就職試験の面接に対するアドバイスであった。
世間は厳しい。けれど、難関を突破し、内定を勝ち取ってもらわねばならぬ。
私は、2人の勝利を願いつつ、封筒をポストに投函した。

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2010-08-23 23:54 | 活 動 | Trackback | Comments(8)

四大不順(しだいふじゅん)

               ◇病に六種あり。その中に四大不順あり。
c0180341_12212416.jpg

健康は、何よりも大切である。
広宣流布のために、家族のために、私たちは人一倍、健康に留意し、ハツラツとした毎日を過ごしたいものである。読者の中に、身体的病、あるいは、精神的病に苦しんでいる人もいらっしゃるかも知れない。私も、何度か、大きな怪我や病気をしてきた。
本日は、太田入道殿御返事から、病気と対策について学びたいと思う。
本編は、太田入道が病気で悩んでいることを知った大聖人が、病気の原因とその対処方法について述べられた御書である。
この中に、四大不順(しだいふじゅん)が説かれている。
これは、天台大師が摩訶止観八上で述べたもので、病の起こる6種の原因の中で、地、水、火、風の四大要素の不順が原因で病気になることが述べられている。地とは骨や筋肉、水とは血液、火は体温、風は呼吸である。この4種の不調和により、人は病気になる。
戸田先生は、病の起こる6種類の原因について次のように分類され、指導されている。
(戸田城聖先生・質問会集:297頁~)
---------------------------------------------------------
①四大順ならざる故に病む。(風邪、日射病など)
②飲食(おんじき)節ならざる故に病む。(食べすぎ、飲みすぎ)
③坐禅(ざぜん)調わざる故に病む。(運動や睡眠の不足)
④鬼便りを得る。(バイ菌などによる重病)
⑤魔の所為。(原因不明の病気)
⑥業の起こるが故に。(過去世の業病)
①~③は、医者や生活習慣の改善で治せる病気である。信心でなくても治せる。
④~⑥は、信心でなければ治せない。業病には、金欠病も含まれる。
信心すれば必ず治ります。治らないなら死にますけれど、今度は健康に生まれてくる。
---------------------------------------------------------
この戸田先生の指導の中で、「食べすぎ、飲みすぎ、不摂生からの病気は、御本尊様にお願いするのは勿体ないから、各人で注意しなさい」と述べられていることに注目したい。すなわち、病気は大きく2つに分けられる。1つは医者や運動で治す。2つに信心で治す。
運動、睡眠、栄養、正しい生活習慣は、信心以前の事柄である。
運動もしないで、暴飲、暴食を続けるような人では、健康になれる訳がない。
四大不順で病気にならないようにしたい。早期発見、早期治療も大事である。
私も、今後のために、親知らずの抜歯と奥歯の治療を決意しました。(笑)
祈りつつ、医者の力を借りる。努力する。これが、創価学会員の健康作りです。
皆さんも、広宣流布のためにピカピカの体を作りましょう!^^

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2010-08-21 23:58 | 御 書 | Trackback | Comments(10)

ダイヤモンドの宗教

              ◇日蓮大聖人の仏法は宗教界の王者です。
c0180341_2134815.jpg

c0180341_2134248.jpg日蓮大聖人の仏法は、ダイヤモンドの如き最高の宗教である。
例えるなら、釈尊の仏教はダイヤモンドの原石。磨けば美しく輝くということを指摘したのが、天台であり伝教であった。しかし、原石を磨くには、経文通りの大難を受けなければならない。
その実践者こそ、末法の御本仏、日蓮大聖人であられた。
日蓮大聖人は、旃陀羅(せんだら)の子としてご生誕された。仏教の一切を修学され、幾多の大難を乗り越え、やがて、竜の口を経て佐渡流罪となる。この時、ついに、ダイヤモンドの世界宗教が誕生したのである。

そもそも、歴史的に見れば、仏教は釈尊によって生まれたものである。ならば、どうして、私たちは日蓮大聖人に帰依し、日蓮大聖人の仏法のみを親授するのであろう。
仏教はインドに生まれた。その仏教は、シルクロードを渡り、中国に伝わった。
梵語を鳩摩羅什(くまらじゅう)が漢訳し、その経典から天台大師が法華経の真髄を悟り、法華経をさらに成熟させたのである。この中国天台宗の経典が、伝教大師(最澄)に相伝されるのである。伝教は、時が来ていないことを知っていた。故に、将来の「末法の法華経の行者」に未来を託したのである。

日蓮大聖人は、釈尊、鳩摩羅什、天台、伝教の仏法を、勝利の実証をもって完成させた。末法においては、釈尊の法華経は文証・理証の宗教である。大聖人の仏法は文証・理証・現証の一切を具足した究極の宗教である。
大聖人は、顕仏未来記(けんぶつみらいき)に次のように仰せである。
「安州の日蓮は・恐くは三師に相承し・法華宗を助けて末法に流通す・三に一を加えて三国四師と号(なず)く」(御書509頁)と。
三国とは、インド、中国、日本のことである。四師とは、釈尊、天台、伝教、日蓮大聖人のことである。すなわち、大聖人の仏法は、三国と四師によって築かれた世界宗教である。
御本尊の中央には、南無妙法蓮華経日蓮と書かれている。
南無とは梵語の音訳、妙法蓮華経は漢語、日蓮は日本語である。その左右には、釈尊、天台、伝教、さらに十界の衆生が描かれている。向かって右にある梵語は、「不動明王」(仏道修行を妨げる魔を打ち破る働き)であり、左の梵語は、「愛染明王」(愛で人々の煩悩を浄化する働き)である。梵、漢、日の三国(全世界)を含有した稀有の御本尊である。
日蓮大聖人の仏法は、一国、一民族の教えではない。
全東洋、全世界の人々のための大宗教である。

このように、私たちは、世界最高の功徳ある御本尊を保ち、正当正義の創価の一員として祈り、行動することができる。何という幸せであろうか。
大感謝と大歓喜を持って、今日も祈り、今日も行動したい。
日蓮大聖人の過去の記事は、→ここをクリック!
釈尊の過去の記事は、→ここをクリック!
鳩摩羅什の過去の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2010-08-20 22:38 | 御 書 | Trackback | Comments(6)


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2017年 04月
2016年 08月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

九州の若造さん、大いにご..
by sokanomori at 22:53
ありがとうございます。大..
by 九州の若造 at 06:03
加藤さん、北海道からコメ..
by sokanomori at 18:03
非公開さん、こんにちわ。..
by sokanomori at 17:59
昨年秋に心理ゲーム使わせ..
by 加藤秀隆 at 13:46
菊川さんありがとうござい..
by ゴンゴン at 13:23
モヤモヤされなくていいの..
by sokanomori at 12:31
菊川さん、私、もうひとつ..
by ゴンゴン at 09:40
菊川さん、明解ありがとう..
by ゴンゴン at 23:21
ゴンゴンさん、こんにちわ..
by sokanomori at 17:53
菊川さん、こんにちは、最..
by ゴンゴン at 11:31
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori at 06:01
ゴンゴンさん、中身の見え..
by sokanomori at 05:55
私は菊川さんの記事の中で..
by ゴンゴン at 09:48
1979さん、こんばんわ..
by sokanomori at 22:46
こんばんは。小説・人間革..
by 1979 at 00:25
三笠さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori at 00:21
2016-02-13に投..
by 三笠 at 22:47
チェックを長くしておらず..
by sokanomori at 07:56
私は脱会しました 様々..
by 元学会 at 19:16

メモ帳

画像一覧