<   2011年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

創価学会三代会長年譜

             ◇個人会館に贈呈された創価三代会長の記録。
c0180341_2263497.jpg

c0180341_226522.jpg私の本部では、毎週、日曜日の朝に唱題会が行われている。壮年・男子の合同で行われる「師子王唱題会」である。
この唱題会は、個人会館で行われているが、このたび、管理者のTさんに、池田先生の年譜が学会本部から贈呈された。
1冊が2㎏近くもある分厚い書籍。
送付されてきたのは、「創価学会三代会長年譜」。非売品である。

年譜(ねんぷ)とは、「個人の履歴などを年代順にまとめた記録」のことで、創価三代会長の軌跡が、日付順に、詳細な記録として収まっているものである。
すでに、牧口先生の年譜(上巻)、戸田先生の年譜(中巻)は存在していた。今回は、池田先生の下巻(一)が贈られたのである。下巻は、この後、(二)、(三)と続くようである。
Tさんに、下巻の一部を見せていただいた。
池田先生の行動が間断なく続く、膨大な記録の固まりだった。
池田先生は、19歳で入信され、ほどなくして戸田先生と共に歩まれた。ゆえに、現実には60年以上の激闘の日々であられた。今も、小説・新人間革命などの執筆の他、日々、私たちを激励してくださっている。
まさに、池田先生は、人の一生に当る歳月を全力で闘い抜かれた。
そして、今も、池田先生は闘い続けられている。
この書籍を目にし、「千年、二千年に相当する創価三代の壮挙の記録」だと感じた。
尚、ネットで調べたら、国立国会図書館に下巻(一)が存在していた。
後日、国会図書館で、この年譜を読みふけりたいと思っています。(^^)
創価三代会長の過去の記事は、→ここをクリック!
師子王唱題会の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2011-09-30 22:35 | 創価学会豆知識 | Trackback | Comments(15)

ゴーヤカーテン

                ◇ゴーヤカーテンは、確かに最強でした。
c0180341_22561049.jpg

仕事を終えて帰宅。
すると、随分、葉を落としたゴーヤが出迎えてくれました。
もう、9月も終わりですが、まだ、グリーンカーテンとして仕事をしてくれています。
昨年はアサガオを植え、今年はゴーヤだったのですが、さすがゴーヤはたいしたもの。
葉の茂りでエコ。実は食べれて健康にも良い。(笑)
来年もゴーヤカーテンにお世話になることでしょう。
ありがとうね、ゴーヤさん。(^^)
このシリーズの最初の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2011-09-27 23:13 | 環境問題 | Trackback | Comments(6)

周恩来の人生

              ◇CMが入っています。×印を押してください。

      

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2011-09-26 23:59 | 創価学会豆知識

日本を最も愛した中国人 周恩来

               ◇9月18日にBS7で放映された特別番組。
c0180341_23155358.jpg
c0180341_2319284.jpg

皆さんは、ご覧になられただろうか?
BS7の「日本人を最も愛した中国人 周恩来」を。
この番組の中で、周恩来総理と池田大作創価学会会長との会談、さらに創価大学に植樹された周桜が紹介された。
貧しく、虐げられた中国の勃興を決意した1人の青年が、苦学の末に日本留学を果たす。
青年が見たものは、日本人のありのままの姿だった。
彼は、美しく咲く桜を瞼に焼き付けて帰国する。
やがて、日本と中国は全面戦争へ。
毛沢東と共に念願の国家統一を果たした青年は、中華人民共和国の総理となる。
全国民の幸福のために、政治に全魂を傾ける周恩来。
やがて、中国と日本は国交を回復する。その中心人物は周恩来であった。
中国と日本が国交を回復するにあたり、番組の中で5人の日本人が登場した。
そのラストシーンを飾ったのが池田先生であった。
番組で紹介された周恩来の言葉。
------------------------------
土地は南北を問わず 人は肌の色で分けず 世界の人々は皆兄弟
その時になれば世界は大きく変わる
ただ21世紀にならなければそれは見ることができない
私は見られない  しかし 若い人たちには目にする希望がある
------------------------------
この周恩来の高度な精神性は、創価精神と完全に一致している。
創価大学の中国人留学生の証言も鮮烈で、素晴らしい内容に仕上がっていた。
どれほどの日本人がこの特別番組を見たのだろう。
素晴らしい内容だった。
創価の一員として、幸福に満たされながら、私はこのTVを見た。
周恩来と池田先生との会見は、永遠の誉れである。
周恩来の過去の記事は、→ここをクリック!
周桜の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2011-09-26 23:43 | 創価学会豆知識 | Trackback | Comments(2)

私の奥さん

◇ヒマワリ少年の未来の奥さん。
c0180341_20371472.jpg

写真は、私の奥さんです。
この風景は、先日の童話「向日葵と少年」の舞台横です。
畑日和で、最高の天気でした。
ヒマワリ少年は、この広い地球の上で、この奥さんと巡り合った。
結婚して21年。少年は51歳になった。
奥さんも、それなりの年齢になった。
2人はときどき、畑でデートしている。(笑)
私にとっては、世界一の奥さんです。
若かりしころ、こんなに幸せになれるなんて想像もできなかった。
人生は、不思議です。まさに、妙法です。
たわいもないノロケ話ですって?
これも私の功徳なんですよ。(^^)
(右カテゴリの「体験」に、その記述があります)
童話「向日葵と少年」は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2011-09-23 20:55 | 市民農園 | Trackback | Comments(17)

秋の植え付け

◇さあ、秋の植え付けです。がんばっぺ!c0180341_19564675.jpg

奥さんと作業しました。
植えたのは、6種類。
ブロックリー、タマネギ、ニンニク。
それと、カリフラワー、キャベツ、白菜少々。
まだ、沢山、植えられるけど、まずは、このぐらいで。^^

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2011-09-23 19:58 | 市民農園

向日葵と少年

◇向日葵(ひまわり)は、不幸か幸せか。
c0180341_626402.jpg
c0180341_6265631.jpg
c0180341_6271195.jpg

夏の終わり、秋の初めのこと。
農園を歩いていると、骸骨のような向日葵(ひまわり)の一群がありました。
夏休みに美しい黄色の花を付けていた向日葵でしたが、すっかり光を失って墓標のように見えました。ときおり吹く風に、不気味にカサカサと音を立てていました。
少年は、恐る恐る背高ノッポの向日葵に聞きました。
「あなたの一生は、幸福だったのですか?それとも不幸だったのですか?」
向日葵は、何も言いません。無表情で立っているだけです。
少年は、向日葵を真下から見上げました。
すると、向日葵が大量の種を付けていることに気付きました。
春に芽吹き、夏に咲いた向日葵。その向日葵が、次の命を沢山抱えていたのです。
何て素敵なんだろう!と、少年は嬉しくなりました。
老いと死とが不幸だなんて、誰が決めたのでしょう。
少年は、向日葵がすっかり満足しているのだと思いました。
一陣の涼風が吹き、つむじ風が巻き起こりました。
すると、1匹のトンボが飛んできて、向日葵の枝に羽を休めました。
少年は、宿り木になった向日葵に言いました。
「あなたは、枯れても仕事をするんですね!」
満足の中で死んだ向日葵。笑顔のままに立ち枯れている向日葵。
少年は、嬉しくて嬉しくて仕方ありません。
「また、お会いしましょう!」 少年は駈け出しました。
そして、歓喜の中で畑に遊び、秋の1日を楽しんだのです。

以上、菊川著、創作童話「向日葵と少年」でした。
メデタシ、メデタシ。

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2011-09-22 06:41 | | Trackback | Comments(14)

あとがき

◇私は勝ちました。苦難を功徳へと転換しました。

c0180341_20382194.jpg体験談、セールスマン菊川の戦い。
いかがだったでしょうか?
私は真剣な祈りと仕事への必死の挑戦で、大きな功徳を勝ち取ることができました。
途中、何故、祈りが叶わないのか、その理由が分りませんでした。しかし、結果的に、もし、簡単に成果を出していたらと思うとゾッとします。
挫折を知らぬままに売上げを達成したら、他の人たちの苦労も分らず、思いやりのない言葉で周囲を馬鹿にしたかも知れません。天狗になり、トラブルメーカーになったかも知れません。(笑)
私は自分自身の力のなさを学び、もって周囲の人たちの力を知り、感謝の心で私の責任を終えたのです。そして、新しい分野の仕事を頂いた。
今、私は、一人の創価学会員として、挫けず、責任を果たせたことに満足しています。
そして、新しいやりがいのある仕事を得て嬉しく思っています。
これからも、様々な苦難は間断なく続くことでしょう。けれど、私は信心根本で乗り越えてまいります。どうか、今、苦難の中にある皆さまも、大勝利してくださいネ!^^
この体験シリーズの最初の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ

追伸:この体験談は、後日、座談会と地元本部の会合で体験発表をいたしました。
元気一杯、体験発表ができましたよ!(^◇^)
by sokanomori | 2011-09-19 21:29 | 体 験 | Trackback | Comments(10)

セールスマン菊川の戦い (下)

◇苦闘の果てに得た功徳は、納得の答えでした。

c0180341_23174680.jpg私の5月の売上げは周囲が注目する数字となった。
経験のない素人が売り上げる。
それは、全営業部門の希望となる。
私は、十分な手ごたえを感じた。
「残された数字をやれば大きな実証を示すことができる」と思った。
私の商品知識、営業手順の知識は格段に向上していた。しかも、見込み客は、売上げを果たすに十分な量を確保していた。
しかし、ここからが苦戦した。重要な契約をいくつも落としたのである。
私は、お守り御本尊にひれ伏しながら祈った。
されど、祈りは叶わない。6月、7月と季節は移り変わる。
厳しい夏の日差しが恨めしかった。そのうち、私と営業を一緒にしていたパートナーが体調を崩して戦線を離脱した。
新しく与えられたパートナーは退社問題を抱えていた。まともな営業活動もできぬまま、結局、新しいパートナーは退社した。
「おかしい。どうして決まらないのか。何故、祈りが叶わないのか!」
私は途方に暮れつつ、御本尊に祈った。
「御本尊様、大聖人様。私は勝てないのでしょうか。何が問題ですか。教えてください」
数日後、会社の取締役の1人が、私に声をかけてくれた。
「菊川さん、どうやって営業をやっているの?」
私の営業手順を聞いていたA取締役が神妙な顔で言った。
「菊川さん、それでは決まらない。そんな方法で、よく決めたもんだな」
A取締役は、私に営業の極意を丁寧に教えてくれた。
「少なくとも今の方法では駄目だ。行き詰っているのだから、だまされたと思って私の方法でやってごらん」
私は、もう、その方法を受け入れるしかなかった。過去の方法を捨てた。
実は、このA取締役の方法で、私は短期間に目標を達成した。苦労していたことが、まるで嘘のように、必要とされる契約が取れたのである。
後日、責務を終えて本社会議に参加した。皆、大変に喜んでくれた。
「菊川さん、この達成は大きい。営業部門に大きな刺激を与えたよ。本当にありがとう!」
私は求められ、次のように話をした。
「私は、6月以降苦しみました。自信を失ったとき、A取締役がアドバイスをしてくださいました。私は、そのアドバイス通り実行しました。結果、私は目標をクリアすることができました。A取締役、ありがとうございました」
私は感謝の意を込めて、深々とお辞儀をした。
顔を上げると、会議室の上座でA取締役が微笑んでいた。
それから一週間後のこと。
私に新しい業務が命じられた。それは、営業分析の業務だった。
100名を超える営業マンの過去の営業実績から、その弱点と長所を分析するという業務。
今、私は、A取締役の部門で営業分析を手がけています。(^^)
こうして私は、「此れこそ宇治川を渡せし所よ・是こそ勢多を渡せし所よ・名を揚るか名をくだすかなり」(1451頁)の大事な仕事を勝利することができたのです。
辛く、厳しい仕事でしたが、振り返れば最高の思い出になりました。^^
以上で、私の体験談を終了いたします。
セールスマン菊川の祈りの記事は、→ここをクリック!
私が苦闘の中で書いた詩は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ

このシリーズの「あとがき」は、→ここをクリック!
by sokanomori | 2011-09-19 00:03 | 体 験 | Trackback | Comments(10)

セールスマン菊川の戦い (中)

◇未来は闇か光か。その明暗を分けるもの。

c0180341_6213964.jpg3.11の大震災は、世の中を一変させる衝撃であった。会社は単月で、巨大な赤字を生んだ。
赤字とは、まさに血液が流れ出ているのであり、対処しないと会社は死んでしまう。
私の会社の取り扱い商品の中で、今、売れるものとは何か。
売上げ会議で示されたのは、私が、かつて販売したことない商品であった。
しかも、この商品は専門性を必要とするもので、客層も私が経験のない分野だった。
素人が、明日からでも売れるという商品ではない。勉強しても、最低2週間の準備期間が必要だろう。難しい仕事なのだ。
会議は幾度も行われた。勉強会も行われた。
けれど、見積りを作成することができない。マスターできぬまま、私は、北関東、福島県南部への営業に出向くことになった。
営業のプロでも難しいとされる数字を、私は課せられていた。
「とにかく、全力を出そう‥」
大変な生活になると思った。一切を仕事に注力しなければならない。
最終の会議で、経営者から会議参加者全員に酒が1本づつ渡された。
「一寸先は光」という焼酎だった。経営者の真心が伝わってきて胸が一杯になった。
経営者は、この焼酎の名前をどう思うか、感想を述べて欲しいと言った。
1人づつ、参加者全員が、思い思いの気持ちを述べた。
私は、この「光」の名に、闇を照らす仏を思い浮かべた。
「仏教では、利他(りた)といって、他を利する、すなわち他の人たちの幸福を願い、行動するということを教えています。この暗闇のような世の中を照らす光となって、前進していく、そんな希望を感じる名称に感じます。今、私は、この会社の闇が打ち破れるよう、全力を尽したいと思っています」と話した。
私の話を聞いた経営者は、「さすが菊川さんだ。創価学会の人は言うことが違う。菊川さんには期待しているよ。私は信じているよ」と語った。私は、職場では有名な学会員であるが、この会議で鮮烈な学会宣言が行われたのである。
この会議から、私の本格的な営業活動がスタートした。
当初、アポイントを取り、専門営業員に商談を任せながら、その運びや見積もり作成方法を学習した。そして、5月初頭からは、福島県郡山市にて、本格的な営業活動を開始した。
私は、宿泊室にお守り御本尊をご安置し、朝夕に勤行・唱題し、日中は必死の思いで営業に出歩いた。雨、強風を跳ね返し、商談から商談の合間も、心の中でお題目を唱えつつ前進した。未知の分野の私の武器は、お題目だけだ。
不思議なことに、5月中旬に予想を超える早さで契約がポンポンと上がった。
周囲は驚いた。何故なら、プロの営業マンより、早く数字を出したからである。
5月末、本社会議に参加した私に、専門の営業メンバーから、「一体、どうやっているのか」と聞かれた。
私は、「特別な方法はやっていません。一生懸命やっているだけです」と答えた。
売上げが低迷し、元気のない幹部社員がいた。
経営者は、元気のない幹部に、「元気がないな。それでは売れないぞ。菊川さん、この人に勤行を教えてあげたら?」と話をして、会議をなごませた。
素人の私が売上げを伸ばすことは、周囲の大きな刺激になった。
私は、「早々に売上げて、実証をしめそう」と、再び、福島県に出向いた。
しかし、この後、私の売上げは苦戦することになる。
6月以降、本当の営業の厳しさを知るのである。
次の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2011-09-18 08:11 | 体 験 | Trackback | Comments(8)


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2017年 06月
2016年 08月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

九州の若造さん、おはよう..
by sokanomori at 05:42
私は、以前御本尊様にこの..
by 九州の若造 at 13:58
レーズンパンさん、おはよ..
by sokanomori at 05:29
「サイコパス」という言葉..
by レーズンパン at 07:23
otiさん、おはようござ..
by sokanomori at 05:35
こんにちわ!創価三世の学..
by oti at 16:35
非公開さま、本尊流布誠に..
by sokanomori at 07:14
ありがとうございます。
by 甚平 at 05:56
youtube(ユーチュ..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 19:51
九州の若造さん、大いにご..
by sokanomori at 22:53
ありがとうございます。大..
by 九州の若造 at 06:03
加藤さん、北海道からコメ..
by sokanomori at 18:03
非公開さん、こんにちわ。..
by sokanomori at 17:59
昨年秋に心理ゲーム使わせ..
by 加藤秀隆 at 13:46
菊川さんありがとうござい..
by ゴンゴン at 13:23
モヤモヤされなくていいの..
by sokanomori at 12:31
菊川さん、私、もうひとつ..
by ゴンゴン at 09:40
菊川さん、明解ありがとう..
by ゴンゴン at 23:21
ゴンゴンさん、こんにちわ..
by sokanomori at 17:53
菊川さん、こんにちは、最..
by ゴンゴン at 11:31

メモ帳

画像一覧