<   2013年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

創価学会総本部を見上げる人々

◇眺めていると力が湧いてくる。
c0180341_714335.jpg

「スゴイね。大きいね~」
「大感動だわ~。工事現場の中、見てみたい!」
「あのクレーンにのぼってみたいわぁ~」
そんな話をしているのではないか。(^^)
ベンチでもあれば、温かなコーヒーを飲みながらずっと眺めていたい。
そんな雄大な風景なのです。(^^)
1月末時点の総本部の全景は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-01-31 06:59 | 創価学会「総本部」 | Trackback | Comments(4)

1月末の創価学会総本部

◇晴天の中で輝く総本部です。
c0180341_6381997.jpg
c0180341_6384854.jpg
c0180341_639461.jpg
c0180341_639356.jpg

上写真から、西、南西、南東、東方向の映像です。
もう、随分組み上がっています。
1月中旬の雪の中の総本部は、→ここをクリック!
昨年の総本部の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-01-31 06:51 | 創価学会「総本部」 | Trackback | Comments(2)

公園のブランコ

◇近所の公園のへんなブランコ。
c0180341_2353464.jpg

ブランコのつり金具がアッチコッチを向いている。
自然になったわけではあるまい。
誰かが意図的にやったのだ。
いたずらっ子が犯人か。これはちょっと面白い。
しばし眺めて写真を撮った。
後ろと左右を見渡した。
いたずらっ子がいるかもしれない。
風がビュンと吹いて、ユラッと揺れた。
どこにも誰もいなかった。(^^)

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-01-30 00:23 | 日 常 | Trackback | Comments(9)

尖閣問題に対する池田名誉会長の提言

◇日中問題を語られた真意とは何か。
c0180341_2321655.jpg

池田名誉会長が「2030年へ平和と共生の大潮流」と題する提言を発表された。
これは1月26日の「SGIの日」に寄せてしたためられたものである。
聖教新聞に掲載された提言には、中国と日本の領土問題が語られていた。
尖閣問題について池田名誉会長が語られたことに驚き、幾度も読んだ。
この内容は、弟子である私たちは心肝に染めたいものである。
以下に、その提言内容を抜粋し記録に留める。
尚、文章を短くするため、原文と異なる箇所があります。
-----------------------
<日中首脳会議を定期開催>
東アジア環境協力機構の設置を提言


緊張が続く日本と中国の関係改善と未来展望について、私の考えを述べておきたい。
(国交正常化から)40周年の行事や交流計画の中止と延期が相次ぎました。
しかし、私は、日中関係の未来を決して悲観しておりません。
なぜなら、日中の友好は、国交正常化の前から、「涓滴(けんてき)岩を穿(うが)つ」の譬えの如く、心ある先人たちが一滴、また一滴と、両国の間に立ちはだかる頑強な岩盤を穿(うが)ちながら切り開いてきたものであり、長い歳月を通じて積み重ねてきた友好の絆があるからです。
私が国交正常化の提言を行った当時(1968年9月)は、中国との友好を口にすることさえ憚(はばか)られる状況でしたが、隣国との友好なくして日本の未来はなく、日中関係の安定なくしてアジアと世界の平和も開けないというのが私の信念でした。
提言から6年後(1974年12月)、北京で周恩来総理と鄧小平(とうしょうへい)副総理にお合いしたとき、お二人が“中国の人民だけでなく、日本の民衆も、日本の軍国主義の犠牲者である”との思いを抱いていることを痛感した私は決意をさらに深くしました。
以来、今日まで私は、若い世代を中心とした友好交流の推進に情熱を注ぎ続けてきたのです。
国交正常化後、中国から初の国費留学生6人を、私が身元保証人となり創価大学にお迎えしたのが1975年でした。
今や、中国から年間10万人の留学生が日本に学び、中国では1万5000人の日本人が学ぶ時代が到来しました。(中略)
この水脈に注がれてきた一滴、一滴は、顔と顔が向き合う“一対一の心の交流”を通じて育まれてきた友情に他ならず、どんな試練や難局に直面しても、容易に枯渇してしまうものではないし、断じてそうさせてはならないとの思いを強めています。
政治と経済分野では、大なり小なり波が起こることは歴史の常です。
穏やかで凪(なぎ)のような時代は例外的かもしれません。
大切なことは、日中平和友好条約で誓約した「武力または武力による威嚇に訴えない」「覇権を求めない」との2点を、どんな局面でも守り抜くことではないでしょうか。
その原則さえ堅持していけば、たとえ時間はかかっても、乗り越えるための道は必ず見えてくるはずです。
その上で、ハイレベル対話の場を早急に設けることを求めたい。
まず、「緊張を高める行為の凍結」について合意を図り、その後、対話を継続していく中で、今回の対立に至った経緯を再検証し、お互いの行動が相手側にどう映り、どんな反応を起こしたのかを冷静に分析しながら、今後の危機回避のためのルールづくりに取り組んでいくべきではないでしょうか。
もちろん、対話の過程で激しい意見の応酬は避けられないと思います。
しかし、それを覚悟の上で向き合わなければ、両国の安定、そして世界の平和は遠ざかるばかりです。(中略)
まずは、2015年に向けて「平和共存」と「人類益のための行動の連帯」を基軸にした新しいパートナーシップ関係を構築することを望みたい。
具体的な構想の一つとして、例えば日中両国が共同で主導する形で「東アジア環境協力機構」の設立を目指してはどうでしょうか。(中略)
中長期的な視野に立って、両国が互いに協力できる分野を一つ、また一つと開拓し、こうした挑戦の積み重ねの中で日中友好の絆は世々代々と受け継がれ、崩れないものになっていくと私は確信するのです。
-----------------------
この提言は、周恩来総理と共に切り開いた友好交流の歴史を「絶やしてはならない」との決意で、池田先生が後世に残されたのだと思います。
提言は、中国共産党の習総書記と公明党の山口代表との会談と同時期になりましたが、これは偶然の一致ではないでしょう。
ともかく、弟子の私たちは、この偉大な精神を受け継がなければなりません。
そして、未来万年に渡る平和共存の道を歩まねばならないと思います。
習総書記と公明党代表との歴史的会談は、→ここをクリック

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-01-28 23:00 | 創価三代会長 | Trackback | Comments(14)

続・山口代表が習近平書記長と会談

   ◇日本と中国は対話路線への転換となるか。

c0180341_22143246.jpg公明党の山口代表が習総書記と会って3日が経過した。
訪中前から帰国まで新聞報道に注目していたが、時間が経過するに伴い大きな手ごたえを感じる今日この頃である。
この訪中が突破口になることを望みたい。
(写真=日経新聞1月27日)
いくつかの記事を抜粋し、現状を記録に留めたい。
-------------------------
◆習氏の真意見極めへ (読売新聞1月26日)
25日、公明党の山口代表との会談で、中国共産党の習総書記が日中首脳会議の実現に前向きな姿勢を示したが、安倍首相は早期の首脳会談には慎重な構え。
まずは日中外相会議を行ない、中国側の出方を見極めたい考えだ。

◆日中、改善の糸口探る (日経新聞1月26日)
中国側が会談に応じると正式に山口氏側に伝えたのは、会談開始の約1時間半前だった。
習氏は、「ハイレベルの対話が重要で真剣に検討したい」と応じた。
今回、会談にこぎ着けた背景には、当時の田中角栄首相らが手がけた国交正常化交渉以来の公明党・創価学会と中国の太いパイプがある。

◆首相、日中対話に意欲 (日経新聞1月27日)
安倍首相は中国を訪れた公明党の山口代表と首相公邸で会談した。
山口氏は中国共産党トップの習総書記と会談したことなどを報告。首相は、「このたびの訪中は大変よかった。(改善に向け)対話の扉を開いていく」と述べ、中国との対話に意欲を示した。
-------------------------
先日の読売新聞の社説も参考にすると、その変化は鮮明だ。
読売新聞の社説の記事は、→ここをクリック!
中国としてみれば、訪中した山口代表への対応はNo.2でもNo.3でもよかったはず。
トップの習氏が山口代表に会ったことは大変な出来事だったといえる。
今、私は感動で一杯だ。何故なら、恒久平和の道を開かなければならないという意思が、中国にもあるという証左だからである。
私は今後の対話の進展を切望する。
そして、再びの中国と日本の友好を心から祈りたい。

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-01-28 22:24 | 政 治 | Trackback | Comments(18)

山口代表が習近平書記長と会談

                   ◇中国と日本の対話の扉を開く。
c0180341_6325512.jpg

c0180341_6332093.jpg尖閣諸島で関係を悪化させている日本と中国。
その問題の平和的解決に向けて、公明党訪中団(団長=山口那津男代表・石井啓一政務調査会長・西田実仁広報室長)は、22日~25日までの4日間、中国要人との対談を果たし、25日には山口代表が習近平書記長に安倍首相の親書を手渡し対談した。

この出来事は、大々的にTVニュース、新聞各紙で報道された。
上記事は公明新聞(27日)、左記事は読売新聞社説(26日)。
読売新聞の社説(26日)には、「習・山口会談」について次の内容が書かれていた。
-------------------------
<社説・首脳対話に必要な中国の自制>
公明党の山口代表が訪中し、中国共産党の習総書記と会談した。
習総書記は昨年秋の就任後、日本の政治家と会うのは初めてだ。
山口氏は、「難局の打開には政治家同士の対話が大事」として、安倍首相の親書を手渡した。習総書記は、「対話は重要だ。真剣に検討したい」と明言した。(中略)
公明党は、1972年の日中国交正常化の際、議員外交で大きな役割を果たした。
今回も、溝が広がった政府間の橋渡しをしようとする意図は理解できる。
(しかし)気がかりな点がある。
山口代表は訪中前、香港のテレビ局に対し「将来の知恵に任せることは一つの賢明な判断だ」と述べ、「棚上げ論」に言及したことだ。
山口氏は、習氏らとの会談では触れなかったが、看過できない発言だ。
先に訪中した鳩山元首相は尖閣諸島を「紛争地」と述べた。
領有権問題の存在を認めたことなどから、中国の主要紙が取り上げた。中国に利用されていることが分からないのだろうか。
国益を忘れた言動は百害あて一利なしである。
-----------------------
読売新聞は、「将来の知恵に任せる」という山口代表の発言を、「棚上げ論」として批判していた。末尾の「国益を忘れた言動は百害あて一利なし」とは、一体、何を指して言っているのだろうか。
一流紙の発言としてはいささか軽いし、近視眼的である。何より、日本側からだけ見た読売新聞の主張に、「評論家の無責任な言動」を感じ呆れた。
今回の会談で、山口代表は「日中国交回復に至った先人の苦労を忘れず、これからの世代にも後継していきたい」と述べている。
習総書記も前向きな受け止め方をしてくださっている。
共生への対話の道が開いたのだ。今後、日本と中国は、双方が武器を持ち、威嚇し合う日中問題を解決しなければならない。恒久平和を築かねばならない。
ともかく、公明党は主体者として行動し、最高の仕事をした。
この訪中における本当の意味は、今後の歴史が明かにすることだろう。
香港での山口代表の発言は、→ここをクリック!
次の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-01-28 06:39 | 政 治 | Trackback | Comments(0)

継続は力

◇10回目のハーフマラソンレース。


c0180341_17433783.jpg振り返れば、次回のハーフマラソーンは10回目の挑戦になります。
40歳のとき初挑戦し、途中ケガをして2年間欠場しましたが、その他の年は常に参加してきました。
練習量は近年不足し、今年は特に練習ができていませんが、一度もリタイアしたことはありません。
継続は力です。年は重ねますが、それなりの健康が維持できているのは、このマラソンレース参加を続けているからだと思います。
怪我をする前は、それなりに走れていましたが、3週間ギブスを巻く大ケガ(捻挫)をして、へなちょこにさらに磨きがかかりました。(^^)
まあ、健康維持のための運動です。71歳までは最低続けるつもり。
父が71歳で亡くなったので、報恩感謝の意味で目標にしています。^^
そして、80歳を健康な体で迎える。これも目標です。
どうですか、皆さんは。体にいいことしていますか?
適度な運動と健康に良い食事。それとハツラツとした勤行と唱題。
この3つで、とっても健康になれますよ。おためしあれ!(^^)
80歳を目標にしている理由は、→ここをクリック!

10回目のレースへの最終トレーニングを記事にしました。
そのへなちょこ特訓記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-01-27 18:12 | 健康作り | Trackback | Comments(4)

負けるな! へなちょこランナーズ

             ◇へなちょこランナーたちの不安な近未来。
c0180341_151543100.jpg

c0180341_1516686.jpgハーフマラソンレースが目前に迫った。
そこで、いつものことながら“付け焼刃特訓”を行った。
参加予定の仲間は6名。大半のメンバーがトレーニング量が決定的に不足しているのである。
これは、私と私の奥さんも同じ。
今回は、かなりヤバイのである。
Nさんは前回、第二関門で時間オーバーとなってしまった。
私と奥さんは、インフルエンザでレース出場ができなかった。
この3名は、リベンジに燃えているかというとそんなことはない。
昨年より、もっと危ないのだ。(笑)
これではイケナイということで練習走行を呼びかけたのであるが、3名は未参加。
本当にこのチームはやる気があるのだろうか?(^^:
写真は、黄色のウエアが私、ピンクの女性が奥さん。
長身の日焼けした男性は、1年間トレーニングをし、今やロボコップ状態となり、唯一、頑強なFさんである。^^
残りの1名が、不名誉な未完走者さんである。
今回のレースで、もし、未完走者さんがゴールできなければ、職場でかなり辛いウワサが流れる。故に、絶対に完走してもらわなければならない。
それにしてもキツイ練習走行であった。16kmなのに、一杯一杯なのだ。
今回は、私自身が不安なのだからどうしようもない。
ロボコップ1名を除き、恐怖のレースなのです。(^^:
昨年のインフルエンザの記事は、→ここをクリック!
心配するラッキーの記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-01-27 15:47 | マラソン | Trackback | Comments(0)

チャンスのヒット

 ◇2アウト一打同点の打席での勝負。

c0180341_20371870.jpg本日、会社オーナーから「予想外にウケたよ。よくやった」と褒められた。
滅多に褒められることはないから、とても嬉しかった。
久々のヒット!でした。
指令を受け、あることを調べ、あるモノを作ったのですが、その作品がオーナー社長の大事なお客様の興味を引いたようです。
野球に例えるなら、9回裏で1点負け越しでの2アウト1塁3塁での打席という仕事でした。
期待に応えられるかどうか‥。その結果は、長打を放って3塁走者に続いて1塁走者もホームを踏んだような結末になったのです。(^^)
人は皆、チャンスに打ちたい。でも、そう簡単に打てるものではない。
当たりが良くても外野フライで試合終了がオチ。
三振したり、ボテボテの内野ゴロなんてことはざらです。
そんな悲しい経験を山ほどしている私です。(^^:
まして、長打でサヨナラ勝ちを放つことはムズカシイ。でも今回、クリーンヒットになった。
これは、間違いなく、本年最初の鮮明な功徳です。^^
少々難しい道のりでした。どのように作れば機能するのかと迷ったし、先が見えなかった。その道を発見したのは、まさに御仏智と呼べる“ひらめき”でした。
「このカタチなら、できるかもしれない‥」
自信はなかった。私は、過去、このカタチでアプローチはしたことはなかったので。
場合によっては、「全然ダメ」となる可能性もあった。
それが長打になった。しかも、決勝打。
まだ、本年は始まったばかり。ますます頑張っていい仕事を果たしたい。
さあ、仕事も信心も勝ちきるぞ! 11.18を大勝利するぞ!(^^)

      

一昨年は、逆転満塁ホームランを打つことができました。(大変でしたが)^^:
その満塁ホームランの記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-01-24 22:22 | 体 験 | Trackback | Comments(17)

K君のお父さんからのメール

◇創価家族というカテゴリを作ってみました。

c0180341_633597.jpg一昨日、K君の記事について、携帯電話に次のようなメールが入りました。
--------------------------
菊川さん、ブログを見ました!
K、喜んでいました。
そして今朝、名字の言に、「私たちの信行の実践の基本は勤行である。かつて池田名誉会長は、それを“最も易しく、最も難しい仏道修行”と述べた。さらに、勤行を欠いてどんなに行動しても、それは空を斬るに等しいとも」と‥。
この絶妙なタイミング、スゴイ!と思いました。
--------------------------
これはK君のお父さんからのメールの一部です。続きに、名字の言の内容についてK君と話し合われたことが書かれていました。微笑ましい親子対話に、心がホンワカしました。
「K君は、まさに我が地区の南条時光だ!」
メールを拝し、そんなことを考えました。今度、南条時光の記事、書こうかな。(^◇^)
尚、ときどき地区の人たちのことを記事にすることがあるので、「創価家族」というカテゴリを作りました。あくまで、地元の学会員の方のカテゴリですが。^^
我が地区の南条時光のK君記事は、→ここをクリック!
K君の家での唱題会記事は、→ここをクリック!

追伸:南条時光の記事はすでに書いていました。私自身、すっかり忘れていました。
1000も記事を書いていると、忘れるものですね。(^^)
その南条時光の記事は、→ここをクリック!

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-01-24 06:53 | 創価家族 | Trackback | Comments(18)


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2017年 05月
2016年 08月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

ありがとうございます。
by 甚平 at 05:56
youtube(ユーチュ..
by 凡ちゃんこと永遠の凡夫 at 19:51
九州の若造さん、大いにご..
by sokanomori at 22:53
ありがとうございます。大..
by 九州の若造 at 06:03
加藤さん、北海道からコメ..
by sokanomori at 18:03
非公開さん、こんにちわ。..
by sokanomori at 17:59
昨年秋に心理ゲーム使わせ..
by 加藤秀隆 at 13:46
菊川さんありがとうござい..
by ゴンゴン at 13:23
モヤモヤされなくていいの..
by sokanomori at 12:31
菊川さん、私、もうひとつ..
by ゴンゴン at 09:40
菊川さん、明解ありがとう..
by ゴンゴン at 23:21
ゴンゴンさん、こんにちわ..
by sokanomori at 17:53
菊川さん、こんにちは、最..
by ゴンゴン at 11:31
非公開さん、おはようござ..
by sokanomori at 06:01
ゴンゴンさん、中身の見え..
by sokanomori at 05:55
私は菊川さんの記事の中で..
by ゴンゴン at 09:48
1979さん、こんばんわ..
by sokanomori at 22:46
こんばんは。小説・人間革..
by 1979 at 00:25
三笠さん、こんばんわ。 ..
by sokanomori at 00:21
2016-02-13に投..
by 三笠 at 22:47

メモ帳

画像一覧