Introduction

Introduction_c0180341_08260785.jpg
  創価の森の小さな家


当ブログへようこそ!
創価学会員の菊川広幸(HN)と申します。
茨城県の壮年部です。本当に書きたいことを書くために、創価系ブログを立ち上げました!^^
日常生活のひとコマから、創価学会の動向まで、いろいろお話をしています。このブログは2013年に終了しました。
今は「創価の森通信」を継続しています。


1.作者プロフィール (創価の森ブログ管理人の自己紹介です)
2.ブログ記事ダイジェスト (創価の森ブログの3年間の歩みをまとめました)
3.創価の森通信フリーダム (自在会サポートブログです)
4.創価の森ブログ<別館> (ご指摘やご質問は、このブログをご利用ください)
5.ひらがな御書 (音声ソフトで読む御書のホームページです)

<お知らせ>
一部の許可画像を除き、創価の森ブログ内の記事・画像関係のコピー・ダウンロード・転載・引用を含む無断使用を禁じます。「魚拓」にとることも禁じます。
コメント投稿においての他ブログ、ホームページ誘導URLの使用を禁じます。
URLが使用された場合、公開しない場合があります。


にほんブログ村
# by sokanomori | 2021-11-11 01:00

もし、私に信心がなかったら

☆当ブログは5周年・2013年11月30日にて完結いたしました。
現在、別ブログ「創価の森通信」で記事を続けています。

以下、2021年(令和3年)5月6日からコメント申し上げます。



☆一週間もしないうちに、私は職場の同僚とプチ・キャンプに行きます。
あくまで天候に恵まれたらの話なのですが、
同僚が「キャンプしたい」とのことで、お互い、
自転車で目的地に行き、食事します。

私としては自転車で遠出したことはないし、そもそも
「ぼっちキャンプ」が楽しいので、わざわざ遠出して、
気も使ってで、疲れるパターンは望ましくありません。

でも、「信心しているから」活動的になっている自分を感じるのです。今回、私が自転車を買ったのは、完全に個人的な楽しみのためで、
そこにはまったく広宣流布という考えはなかった。
ですが、キャンプが実行され、友情が作れるなら、
それは将来のFにもなるし、仏法対話にもなりうる。
すると広宣流布につながる訳です。

だから、重い腰を上げて「まあやろうか」となるのです。
信心してなかったら、どうでしょう。
YESとなるでしょうか?

例えば、ウクレレは現時点では広宣流布には無関係です。
これはあくまで利用者さん、同僚のために
「喜んでもらいたい」からやっています。
でも、こういうアクションの根底に、
信心があることは否めません。

毎年行っている150通ほどの年賀状送付は、
間違いなく広宣流布なくしてやりません。
もし、信心がなければ友人関係は極端に少なくなり、
年賀状は、3分の1以下になることでしょう。

今はコロナで停止している町内会の活動はに至っても、
信心がなければ100%やらなかったし、
親戚付き合いも今ほどやらないでしょう。

休日は好きなことばかりして、おそらく引きこもるでしょう。
プラモデルを作ったり、料理したり、私生活は
華やかになる一方、他人との交流はグッと少なくなり、
まして、学会活動はないし、かなり淋しい
生活になってしまうだろうと思います。

そうなるとどうなるかというと、孤独になるでしょう。
空虚さ、憔悴感が生じるでしょう。

考えてみれば、信心あっての今の生活スタイルなので、
信心が無かったら何もないのです。
創価の森ブログもない(笑い)

そもそも仕事もなにもかも頑張らないですよ。
学会員だから、学会員として実証を示したいから頑張っているんです。
自分の幸せだけを考えたらやらないことばかりです。

よって、今の幸せはないということです。
今の沢山の知り合い、友人は存在しえないのです。
今の「利他」の生活は絶対にないです。

世間の人たちはどうなんでしょうか?
虚しくないんだろうか?

とくに晩年、どうなんだろう?と
思う今日この頃であります。

新ブログ・創価の森通信と<別館>をご案内します。

→https://sokafree.exblog.jp/i0/
→https://sokamori2.exblog.jp/

いつもご愛読、ありがとうございます。



# by sokanomori | 2021-05-06 17:58

人生の中で一番青春している「今」

☆当ブログは5周年・2013年11月30日にて完結いたしました。
現在、別ブログ「創価の森通信」で記事を続けています。

以下、2021年(令和3年)5月2日からコメント申し上げます。



私が所有しているウクレレの写真を以下に添付します。

人生の中で一番青春している「今」_c0180341_16221736.jpg


このウクレレ、今年一月に購入したもの。2万円ほどのお値段。
このウクレレは、転職した介護施設で誕生日会などで
使うために買ったのですが、ついに本格的デビューを
果たしたことを以下の記事で報告いたしました。

→sokafree.exblog.jp/30509969/

たったの2万円。その小さなウクレレが人々励ますことができる。
そのことを知り、さらにさらに上達したいという
気持ちが強くなってきました。老人と言えば
「演歌」みたいな、そういう風潮ですが、
そんなはずはないし、あえて歌謡曲のジャンルで
弾いて、歌いながら、楽しんでもらおう、
そんなふうに考えているところです。

私、こんなにも仕事を楽しみ、こんなにも熱中し、こんなにも
満足な毎日を過ごしたことはありません。
青春時代の何十倍も青春しているのです。

61歳ですよ。でもね、心はちっとも老いるということがありません。
むしろ、まるで20歳のころに負けない熱意があるんです。
次々に夢が生まれ、その夢を追いかける日々・・

この「創価の森の小さな家」ブログは、終了して
今は別ブログで記事投稿していますが、
終了から8年も経ち、益々しあわせな自分に
まったく驚いているのです。

48歳からブログに何千と記事を書いてきましたが、
私の幸せはずっと続いています。
本当にありがたいことであります。

新ブログ・創価の森通信と<別館>をご案内します。

→https://sokafree.exblog.jp/i0/
→https://sokamori2.exblog.jp/

いつもご愛読、ありがとうございます。



# by sokanomori | 2021-05-02 16:38

身で読んだ戸田先生の「講演集・上」

☆当ブログは5周年・2013年11月30日にて完結いたしました。
現在、別ブログ「創価の森通信」で記事を続けています。

以下、2021年(令和3年)4月20日からコメント申し上げます。



「戸田城聖先生・講演集(上)の本の写真を添付します。

身で読んだ戸田先生の「講演集・上」_c0180341_16023572.jpg


今、ブログ「創価の森通信」にて戸田先生の講演集の指導内容を、連日、
記事にしています。以下にそのカテゴリを示します。

→ps://sokafree.exblog.jp/i15/

その記事を書いていて、不思議なことに気づいたのです。
それは「戸田先生の指導内容」と私の人生とが
ピタッと符合するということなのです。
あまりな一致に、驚き、かつ題目をあげながら、
涙が溢れ出てきたのでした。

1年間、信心にはげめばこうなる、3年ならこうなる、
20年もするとこうなると指導集に書いてある。
それがまさに恐ろしいぐらいにピッタリなのです。

考えてみれば、私は40歳の終わりごろから信心を始めました。
すなわち「信心20年」ということになります。
その間、次々に宿業が出て苦労もしたし、
魔も出て随分苦しめられました。
しかし、戸田先生は次のように述べられています。

>「貧乏なものは金持ちになり、病気の人は病気がなおる。
一家団らんして、この世を幸福に暮らす」
「数千倍の境涯になれる」・・

この戸田先生がおっしゃっていることは、全部真実でした。
それで、他の指導も読み返してもみたのですが、
他のことも一部始終符合するんです。
ウソのような話ですが、本当です。

一体、何がそこまで符合するのか、さらに記事を書きながら
この信心の真(まこと)をお伝えするつもりです。

きょう一万遍の唱題をしながら、以下のことを思いました。

>頭も悪く、愚鈍で宿業の重い私が、どうして
60歳の還暦を完全勝利できたのだろうか?
なぜ今、毎日が今まで以上に幸せなんだろうか?
望外の幸せである。ひとえに学会、御本尊のお陰である。
ここまで幸せにしてもらったのだから
報恩しなければならない。広宣流布をしよう・・

みなさん、創価学会の信仰をウソだとかなんだかんだ
まるでひどい宗教のように悪口している人がいますが、
それは大ウソなのであります。

彼らはきちんと信心しなかった元学会員だったり、
他宗教の敵対勢力の意図的情報操作です。

かわいそうなのは、信心が中途半端で宿命転換できず、
退転してしまった人たち。彼らはのちに反逆し、
謗法を重ねているのですが、これは怖い。
戸田先生の講演集にはその謗法の罪と罰が書かれていて、
それらも含め、今後、紹介するつもりです。

ともかく私は学会に巡り合い、大聖人の御本尊と
創価の三人の師匠の元で信心できる幸せを日々に
噛みしめて生活しているのです。

新ブログ・創価の森通信と<別館>をご案内します。

→https://sokafree.exblog.jp/i0/
→https://sokamori2.exblog.jp/

いつもご愛読、ありがとうございます。



# by sokanomori | 2021-04-20 16:39

「実証」を示せる人になろう!

☆当ブログは5周年・2013年11月30日にて完結いたしました。
現在、別ブログ「創価の森通信」で記事を続けています。

以下、2021年(令和3年)3月29日からコメント申し上げます。



地区の学会員で、威風堂々、歓喜に満ちて生活する学会員・・
でも、その学会員も昔からそうだった訳ではありません。
今に輝き、今に美しい心根を持っている人も、
悩み、苦しみ、御本尊にひれ伏し、
忍耐の生活を必ず経験しているのです。

私は昭和35年に生まれ、当時、遠かった21世紀をなんとなく感じながら
やがて平成となり、その平成30年は気づくと終わり、
令和も、もう3年、いよいよ4月の春の盛りを迎えます。
今、61歳。人生を一通り歩んで初老になりました。

今、私は様々な人生の荒海を乗り越え、定年退職という
望遠の終わりに至り、今、第二の人生を歩んでいます。
振り返れば、私は「境涯革命」の劇を演じ、まさかの人間革命を果たし、
今、想像もできなかった歓喜の生活を楽しんでいます。

4月の座談会御書の学習範囲は「広宣流布」の内容です。
以下に、その内容を解説した記事を添付します。
→sokafree.exblog.jp/30471383/

学会を愛し、大聖人の仏法の力を知ればおのずと広宣流布をしたくなります。
広宣流布を願い、広宣流布の戦いを開始すれば
その行動の大きさに応じた「難」を受けます。
でも、そこは負けじ魂で突き抜けるしかない。

私の青春は、「とても広宣流布なんてできない」と悲観した青春でした。
地区に、組織に、輝き、模範となる学会員はあまたあり、
しかし自分を見れば「なさけなく」「できが悪く」
「普通の幸せすら手にできないだろう」と
心に闇を持ちながら生きていたのです。

けれど、当時を振り返れば「並み」だったと気づくのです。
目も見える、健康もある、生活も普通にできた。
でも、そんな「並み」では幸せではない(と思っていた)し、
そんなレベルの自分が「広宣流布」など
できるはずがないと思いこんでいたのです。

その私が変わったのは40歳から43歳にかけての徹底した信仰体験でした。
2年3ヵ月、私は地獄に堕ちて、必死に信心をしました。
その信仰の体験記事を以下に示します。
→sokanomori.exblog.jp/15414796/

たった3年の信心です。このときから不可能と思っていた
広宣流布への挑戦を開始したのです。

広宣流布の戦いとは、具体的に言えば座談会を盛り上げ、
部員さんを励まし、仏法対話をしたり、Fを取ったり、
そういう「利他」のアクションのことです。

それができるようになったんです。私が憧れていた
活動する学会員になれました。

人生が一変しました。空虚な人生が歓喜に変わったのです。
地涌の菩薩ですもの、その使命を果たせたらハッピーですよ。
以来、闇が光で照らされ、大幸福の人生になりました。

今、暗い心でしょんぼりしているなら、
もう浮かばれないとガッカリしているなら、
今一度、信心をしっかり受け止めて、
少しづつでいいのでやってもらいたいです。

継続しないとだめですよ。寒苦鳥ではだめです。
人生を作るんです。1つ1つ、具体的に人生を作る。
住居、衣服、仕事、家庭を蘇生させる祈りと行動をしていく。
変われるんですよ。努力と祈りの両輪で変われる。

どうか、この偉大な信仰をやってみてください。

新ブログ・創価の森通信と<別館>をご案内します。

→https://sokafree.exblog.jp/i0/
→https://sokamori2.exblog.jp/

いつもご愛読、ありがとうございます。



# by sokanomori | 2021-03-29 13:00


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2021年 11月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2020年 12月
2020年 05月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

勇気さん、こんにちわ。 ..
by sokanomori at 17:58
ひたすら祈って80万遍で..
by 勇気 at 23:25
50万遍ですか、素晴らし..
by sokanomori at 04:21
人間革命道半ば でも同志..
by 勇気 at 16:51
すごい体験です! 御書..
by ライブ at 00:58
勇気さん、人間革命の時で..
by sokanomori at 23:27
100万遍となえるのに、..
by 鳴井博 at 08:17
10歳の子供を連れて家内..
by  勇気 at 15:42
にじ🌈さん..
by sokanomori at 17:02
ラッキーくん キレイな..
by にじ🌈 at 22:21
非公開さん、こんにちわ。..
by sokanomori at 10:24
納得
by MASAKI KAZUSHI(松前和史) at 00:57
素晴らしい信仰です。
by オオモリ at 13:56
仲がいいのです。沢山の友..
by sokanomori at 07:28
中島さんは、自在会の人で..
by sokanomori at 05:18
立正安国論朗読CDを入手..
by 中島 良作 at 11:10
非公開さん、こんにちわ。..
by sokanomori at 09:02
ブログ読ませて頂きました..
by 匿名 at 16:19
貴重なコメント、ありがと..
by sokanomori at 09:36
私は学会二世で、以前は反..
by める at 14:25

メモ帳

画像一覧