夜と霧

◇真実は永遠にナチスを許さない。
c0180341_2227616.jpg

c0180341_22272470.jpg殺されたユダヤ人の数は700万人である。
その中で、アウシュビッツ収容所で300万人の人間が殺された。
V.E.フランクル(以下筆者と呼ぶ)は、アウシュビッツ収容所に入り、非情の世界に翻弄されつつも、生きて収容所から出たユダヤ人である。
彼は、かの有名なフロイトに師事し、精神医学を学んでウィーン大学の医学部教授になった。
筆者は、狂気の殺戮の中で、1つの選択を迫られる。それは、自らが助かるためにナチスの犬になり生きるのか、この地獄においてすら、尚、人間としてとどまり、人間としての尊厳を守る生き方(それは死を意味する)をするかであった。収容所の中で、ナチスの味方となり、同胞のユダヤ人殺害に加味した人間もいた。悪魔にこび、生き残ったユダヤ人である。
筆者は、「高貴な精神と行動をできた人間は、ごく僅かだった」と述べている。
この本には、辛い内容が書かれている。ガスかまどで焼くために、収容者は極限までやせ細らされる。ガス室にすしずめに押し込められ、統計的に見るならば、25分後には大部分が死に、32分後には全員が死んだ。死者の中の家族はすぐに判ったという。
何故なら、家族の死体は抱き合っていたからであり、それを解き放す作業がとても大変だったからである。
夜と霧は、ナチス、あるいはナチスに類似する行為の一切に対し、対抗意識を強固に植え付けてくれる。どの反戦平和に関する本を読むより、この1冊に勝るものはない。
青年部の皆様に、是非、読んでいただきたい名著である。
700万人の死を、人類は決して無駄にはしないであろう。何より、我々は二度と人類史上にナチスのような怪物を出現させてはならない。私たちは、差別とエゴイズムと徹底的に戦うべきである。最後に、筆者の記述を紹介する。
「我々は、この地上には二つの人間の種族だけが存在することを学ぶのである。すなわち、品位ある善意の人間と、そうでない人間との種族である。そしてその二つの種族は、あらゆるグループ(人種)に入り込み潜んでいる」

ランキング参加中★ご協力ください
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
人気ブログランキングへ
by sokanomori | 2009-08-08 22:59 | 良書のご案内 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://sokanomori.exblog.jp/tb/12096167
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さば at 2009-08-09 05:13 x
ナチスのような怪物は、今の日本でさえも、きっかけがあれば出ると思いますよ。
要は、「他人が人権を蹂躙されることに無関心」である愚民をたくさん作っておき、不満を植え付け、その不満をあるグループのせいにして、そのグループを粛清する。「不況は学会のせいだ」とかね(笑)
日本人は、「戦争や人殺しなんてとんでもない」と日ごろはいいますが、いざ自分が憎いと思っている人がガス室に送られたら、内心欣喜雀躍する人、意外と多いんじゃないスかね(笑)
Commented by 菊川広幸 at 2009-08-09 06:25 x
鯖さん、おはようございます。
いましたね、不況は学会のせいだという輩。(笑)
要するに、日顕宗、宗教界のナチスと定義できる訳ですネ。^^
正本堂、大客殿、桜並木‥創価を徹底破壊し、問答無用とご本尊下付を断ち、もって大功労者と信者を破門した宗門。まさに怪物の行為ですから。V.E.フランクルの言う「あらゆるグループに入り込み潜んでいる」ですね。^^
Commented by さば at 2009-08-09 21:28 x
おっしゃる通りですね。また、我々も、日犬宗憎し、とはいえ宗教上の事であって、実際に彼らが(まぁそんな事は無いと思いますが)人権蹂躙されるような事があれば、助けてあげなきゃいかんな、と思いますよ(笑)
大事なのは「布施を止める」事ですからね(爆)
Commented by 菊川広幸 at 2009-08-10 06:36 x
鯖さん、おはようございます。
日犬宗(笑)‥この言い方、いいですね!(入力ミスでしょうけど)^^
慈悲は忘れてはいけませんね。布施を止めさせて、ぞろぞろお寺から出てきたら、折伏してあげませう!^^

Commented by 四条金吾 at 2009-08-13 10:55 x
おはようございます。

ドイツ史に少々興味有るのでコメントさせて頂きます。
ヒトラーやナチス党幹部は「ユダヤ人絶滅計画」の事を
「最終的解決」と称してた様です。
ヒトラーがこの「最終的解決」を暗黙の中で指示し
時のナチスドイツ№2である、「ヘルマン・ゲーリング国家元帥」が
ゲシュタポ長官で有る「ラインハルト・ハイドリッヒ親衛隊大将」
に命令して、ハイドリッヒ部下「カール・アドルフ・アイヒマン親衛隊中佐」が細かい立案を決めたそうです。

因みに「カール・アドルフ・アイヒマン」は戦後アルゼンチンに逃亡し
50年代にイスラエルの特殊情報機関「モサド」に逮捕され
イスラエルに送還されイスラエルのナチス専門の法廷で死刑に成りました。

場違いでのコメント申し訳有りませんでした。(゜゜)(。。)ペコリ
Commented by 菊川広幸 at 2009-08-13 11:36 x
四条金吾さん、こんにちわ。
私は、ユダヤ人殺害のプロセスを知りませんから、ありがたいコメントです。申し訳ないどころか、感謝ですよ。それにしても、何の理由で700万人も殺せるのか、不思議であり、めちゃくちゃ憤慨するばかりです。
アイヒマンのことは、ドキュメンタリーTVで、裁判の様子は過去、見ています。彼は、確か、「私は軍人として、命令されて行ったに過ぎず、私は無罪である」と言った人物ですよね。
悔恨の情念はなかった。本当に不思議であり理解ができません。
Commented by 四条金吾 at 2009-08-13 12:49 x
ありがとうございます。

要するに、ヒトラーのオーストリア時代に遡り
第二次大戦で決定的に成りました。
オーストリア時代のヒトラーは極貧生活でした。
当時のヨーロッパは「ユダヤ人」が経済を牛耳ってたと言う
主張にあたった訳です。

当時のドイツは帝政ドイツでしたから第一次大戦敗戦の経緯も
ユダヤ人が敗戦に追い込んだと主張した様です。

これ等の経緯からかの悪法、「ニュルンベルク法」が生まれた訳です。

でも、此処で矛盾が出てくるんですねぇ。。。
当時の軍幹部やナチ党の幹部にもユダヤ系が居たようです。
其のユダヤ系の人達の事を「名誉アーリア人」と言う称号を授与されてるのですよね。
Commented by 菊川広幸 at 2009-08-13 17:20 x
なるほど。要するにユダヤ人が経済的に力を持っていて、そのユダヤ人の経済力や影響力を奪い、理由をつけて殺したということですネ。
強盗殺人を国家が行ったということですね。恐ろしいことです。
私たちは、これらの歴史の闇を正しく観察し、二度とこのような惨劇を生まないようにしなければなりませんね。^^


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

菊川様 私は今年で..
by みっちゃん at 21:22
ひらがな御書ホームページ..
by sokanomori at 13:57
将棋の愛好家です。今も将..
by DreamBig at 09:36
ままさん、こんにちわ。 ..
by sokanomori at 17:49
いつも元気になれます。歓..
by まま at 22:01
このブログは終わっていま..
by sokanomori at 22:56
伴侶の不倫での悩み、憎い..
by sokanomori at 22:52
先ほどコメントしましたが..
by ケイコ at 12:02
みっちゃんもスゴイけど、..
by sokanomori at 09:11
2003.11.16 夕..
by みっちゃん at 20:24
菊川広幸様 おはようご..
by みっちゃん at 08:57
みっちゃんさん、大先輩で..
by sokanomori at 07:24
菊川様 私、戸田先生が..
by みっちゃん at 22:50
いつも菊川さんに励さ..
by みっちゃん at 17:24
五月雨さん、おはようござ..
by sokanomori at 04:21
太陽サンサンさん、おはよ..
by sokanomori at 04:19
約17年間使っていた数珠..
by 五月雨 at 06:57
はじめまして。今回の座談..
by 太陽サンサン at 22:06
あまり知られていませんが..
by 十川仁史、現役僧 at 20:49
yukiさん、おはようご..
by sokanomori at 05:06

メモ帳

画像一覧