アンチに負けるな!

◇広宣流布の心があるからへこたれません。

c0180341_5471614.jpg法華経には六易九難と説かれ、信心を保つことが最も難しいことであると説かれています。
あるいは、信心をすると三類の強敵が出現するとも‥
それは、たかだか、平凡な日常を表現する創価系ブログでも巻き起こります。
私が、この創価の森ブログを始めた当初、当時、ネットを見ると創価学会批判の声が目立ちました。
創価学会員の実態を感じられる記事はなかなか発見できませんでした。そこで、ありふれた私の日常を記事にし、「これがオカシイですか?」と問いかけることを始めたのです。
創価の森ブログのスタンスは、→ここをクリック!
ブログのクオリティーは、→ここをクリック!
最初は心ある学会員がコメントを下さり、楽しかったのですが、やがてブログの閲覧者が増えるようになると、アンチ創価学会の人たちが私のブログに批判コメントを入れるようになりました。やがて、批判コメントの投稿は1日に20とか30にもなりました。
中には、「これを見てください」とURLを貼られ、見ると御本尊を切り刻んだ写真や御本尊を燃やしている写真のサイトに誘導する者まで‥
悪辣な投稿が続くことから、コメント欄を承認制にするしかなくなりました。
しかし、その嫌がらせは終わりません。その後も嫌がらせは続いています。
一方で、他サイトでも私は非難され続けています。
猫記事を書けば「人気とり!」、功徳を書けば「自慢話!」、家族の後ろ姿の写真を撮れば「プライバシーの侵害!」と、その批判に枚挙の暇はありません。
あまりのムチャクチャな誹謗中傷に、昨年6月27日、大幹部に指導を受けました。
「菊川さん、批判者はいなくなりません。そういう命の人なんです」
「批判されない立派な文章を書くことです」
これが私の志向と行動に大きな影響を与えました。
このことから、批判サイトや批判コメントに反論しなくなりました。
しかし、「批判されない立派な文章」については十分に実行できませんでした。
何故なら“正解”を書くために創価の森ブログを書いている訳ではないからです。
創価の森ブログは「私の日常」をテーマとしています。
そもそも、私は平凡で愚鈍な人間であり、その日常を表現すれば、当然、くだらないことを語ったり、行動したりします。
そんな中途半端な私でも、「創価の信仰でこんなにも幸福です」ということを表現している。これが、創価の森ブログの主張です。
私も背伸びをして、批判されない文章を書くことは不可能ではありません。しかし、きっと、そんな正論だけの創価の森ブログを、多くの読者は望まないことでしょう。
私は以前から鳥居もくぐるし、神社参拝もしております。
(神社参拝は、年始の会社行事です)
それを語ったとき、ある学会員からケシカラン!と指摘されたことがあります。
でも、池田大作の軌跡Ⅲを読んでホッとしました。
少なくとも鳥居が問題ないことを明確に知ったからです。
池田大作の軌跡Ⅲは、→ここをクリック!
とにかく、私は最後の最後まで、自分の日常を語ります。
あとは、読者の方が良い点、悪い点を判断してくれればいいと思っています。
どうか、創価系ブログを所有する皆さま。
アンチの馬鹿げた嫌がらせに負けないでください。
お互い、笑い飛ばして、堂々の大前進をいたしましょう!
三障四魔の記事は、→ここをクリック!
六難九易の記事は、→ここをクリック!
三類の強敵は、→ここをクリック!

追伸:尚、私は、年に1度の仕事での神社参拝において、配布されるお守りは、「私は信仰上の理由からお受けできません。真心だけ頂戴いたします」と言って、必ず当事者にお返ししています。

ランキング参加中★ご協力くださいにほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
ブログトップへ
by sokanomori | 2013-10-12 06:06 | 創価系ブログの作り方 | Trackback | Comments(40)
トラックバックURL : https://sokanomori.exblog.jp/tb/20829363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 総京都青年部員 at 2013-10-12 09:01 x
以前にもコメントさせていただきました。
その節は丁寧なご返信ありがとう
ございました。

私は、菊川さまのこちらのブログで
とてもたくさんの勇気と励ましと
感動をいただきました。

アンチの方々は、学会を理解されて
ないわけですから、いろいろ中傷は
これからもされるでしょうし、理解
しようともされないと思います。

もちろん一喜一憂されてるわけではないと
思いますが、少なくとも菊川さまのブログ
が私という一人の小さな人間の、大きな
役に立ったということを、覚えておいて
下さいませ。

思い起こせば2年前くらいでしたか、
経済苦からすがる思いで100万遍に挑戦
し始めたときにこちらに初訪問しました。

100万遍あげて、経済苦は何も変わっていません。
ですが物事の考え方が随分変わりました。

それも菊川さまのブログがあったからこそ

です。
何卒最後まで頑張って下さい。
そして最後まで、楽しい御書の一節を
紹介して下さい。

少なくとも私は、
とても楽しみにしておりますので。

乱筆、失礼いたしました。
Commented by at 2013-10-12 09:03 x
御本尊を切り刻む 火に入れる・・・ですか。
こんな事をしている者が近年中にも多数いるのだとしたら、
今日本各地で起きている叛逆 災害なども、起きるのが道理ですね。

それに、家族写真もラッキー君の写真も、家族の写真を収めている・
ペットの写真をあげているブログも沢山あるのに的外れ。
そもそも狙う的を間違えてますが。

神社参詣は・・・子どもの頃から、した記憶はないのですが、
牧口先生の頃からの歴史を読んでいたら、「意地でもしない」と思って
しまいます。
会社がそれを強要するなら「やめてやる!」くらいの勢いになっちゃいます。いえ、・・・それだと短気すぎるので、憲法などを元に反論するべきですよね^^;
Commented by Yasuo at 2013-10-12 10:26 x
こんにちは

アンチ、良くお気持ち分かるような気がします。


私もアンチがいるからこそ正しい信仰を現象として生活、仕事にあらわして行きたいと思ってます、確か、大聖人は1対100人の方論で邪教の坊主を黙らせたというような、ご境涯の記事を読んだ覚えがありまして、私も仕事でミスが多々ありますが、日々日々清々しい信仰は持っていたいと思ってます。

アンチはまず自分の心からでしょうか

菊川さんいつもブログ本当にありがとうございます

Commented by 大河 at 2013-10-12 10:34 x
>神社参詣は・・・子どもの頃から、した記憶はないのですが、
牧口先生の頃からの歴史を読んでいたら、「意地でもしない」と思って
しまいます。
会社がそれを強要するなら「やめてやる!」くらいの勢いになっちゃいます。いえ、・・・それだと短気すぎるので、憲法などを元に反論するべきですよね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
褒め殺しと誤解しないで下さいね、

このコメントを読み、
遊さんの「賢さ」には、前から一目おいておりましたが
改めて、本当にそうだなと再確認しました。
Commented by 花百蓮 at 2013-10-12 11:11 x
菊川さん、大丈夫ですよ。私のブログのコメントにもアンチからのが入っています。承認制にしていますので出しませんが、いろんなのが来ていますよ。相手をしたこともありますが時間がもったいないことに気づきました。今月4日に参加した御書学で六難九易のことも書いてありましたが、総本部完成の年に入り世界広宣流布に入っているのですからアンチなんかに負けないでいきましょう。必ず意味のあることです。全部プラスに変えていけます菊川さんなら。
Commented by ちよ at 2013-10-12 12:06 x
そうそう これこれ

笑い飛ばして、堂々の前進をいたしましょう!

前に進むのみ!
Commented by みゆき at 2013-10-12 12:32 x
私は菊川さんのブログから私の百万遍が始まりました。菊川さんの体験で私の心が大きく動きました。今となっては、百万遍やってよかったとしか言いようがありません。すごく前に前にと導かれたと感じます。そして今、任用試験の勉強会と前に進んでるのは間違いないです。健康も少しずつ良くなっています。負けない自分を少しずつ作られています。菊川さんはいろいろな人を救っているのは間違いないです。多くの人の支えになっています。私もその一人です。その負けない菊川さんが私の励みになっています。ありがとうございます。のこり二ヶ月ですが頑張ってください(^∇^)
Commented by at 2013-10-12 20:35 x
大河さまへ
いえ、未熟者です。
「下品の善心」にならないよういつも注意を払いながら
少しでも浮ついた心になったら、すぐさま心でお題目を唱えてますよ。
ここのコメントも、菊川さんに直していただいたりしています。
乱文にならないよう、注意を払う事はしていますが、
アンチの念仏信者いわく、「てにをは」レベルでの間違いをする事も
あるようなので、読みづらかったら指摘していただきたいです。

そして、幼少期の後悔なんてくだらない事の話になってしまいますが、家にご本尊がありながら、保育園の散歩の道中に組み込まれていた他宗(日蓮宗のようです)の仏像に手を合わせてしまったなどという事もありました。
Commented by おじんS at 2013-10-12 21:17 x
私もこのブログを見て百万遍の唱題を決意し、元旦から今日までに80万遍になりました。
悩みは、解決するどころか、次々と競いおこってきます。
今月の本部幹部会の師匠からの、メッセージを支えに諦めずに、挑戦します。
Commented by うるとらまん at 2013-10-13 01:41 x
私のブログで障害あるメンバーとの音楽の交流の様子をみて「かわいそうな人」とのコメントがありました。それをみたメンバーが笑っていました「だって楽しいんだもん。この人友達いないね。かわいそうに」と言いまいした。それ以来、相手にするのがバカバカしくなりました。創価の森を難癖をつける・・・・さんも友達はいないし、創価の森のようにコメントがくることはないし、羨ましいんだろうな。

Commented by sokanomori at 2013-10-13 07:17
総京都青年部員さん、おはようございます。
過大な御評価、恐れ入ります。
ありがとうございます。
残り、50日、語りに語ってまいります。

経済苦、私もありました。
夜となく、昼となく働き、どうすれば豊かな将来を作れるのかと毎日考えていました。
まず、仕事を一人前になること。
次に、何か勝れたチカラを持つこと。
話せる、聞ける、物事を運ぶ‥
徹底して努力しました。
その上で祈ったとき、私は経済革命をすることができました。

総京都青年部員さん、あなた様には広がる未来がある。
どうか、日々に鍛え、大いに経済革命を果たしてください。
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2013-10-13 07:22
遊さん、おはようございます。
創価の御本尊を「偽物」と言っている宗派の仕業です。
まるで地獄のような記事を綴っていました。
人を呪わば穴二つで、実はそういう行為をしていることそのものが地獄であるということが分からない。
そんなことしかできない低次元の人生だと分からない。
そこには、幸福なんてちっともない。
創価に対する異常な嫉妬、異常な瞋恚。
彼らの人生は、行く末は哀れな敗北だけですよね。
★菊川広幸
Commented by ぐら at 2013-10-13 07:31 x
Yasuoさん、おはようございます。

>アンチがいるからこそ正しい信仰を現象として生活、仕事にあらわして行きたいと思ってます。

“ぐら”という話を思い出しました。
そのURLが、上記「ぐら」です。
創価の森ブログも、沢山の非難を受けながら、今日まで歩いてきました。いわれなき誹謗中傷をエネルギーに変えながら。^^

ですから、アンチに「ありがとう」と言わなければなりませんね。^^
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2013-10-13 07:34
花百蓮さん、ありがとうございます。
残り、50日、しっかり完歩します。
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2013-10-13 07:35
ちよさん、ありがとうございます。
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2013-10-13 07:35
みゆきさん、ありがとうございます。
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2013-10-13 07:42
おじんSさん、ありがとうございます。

>悩みは、解決するどころか、次々と競いおこってきます。

境涯革命、宿命転換の大きな歩み、されていますね。
今回、同時放送で、先生の指導の最後、次のように言われていました。

>どんなに大変だと思っていても、大変じゃないんだ。強くなれば。

その通りだと感心させられました。
チカラが弱ければ歩みは辛い。しかし、体力を付ければ楽しい。
そのような意味かと思いました。
信心で生命を鍛え上げる。
障害を乗り越え進む力をつける。
その修行なのでしょう。

私も次々、問題が生じます。
おじんSさん、私も乗り越えます。
どうか、おじんSさんも断じて乗り越えてください!
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2013-10-13 07:49
うるとらまんさん、おはようございます。
障害が悲しい。
そのように私も昔は思っていました。
それが信心が深まり、真実が見えるようになると全く視点が変わりました。
真の幸せとは何か。
それが分からないと、相対的にしか見られない。
何かが劣っていると不幸。
何かが優秀だと幸福。
すると、必ず沢山の自分自身の劣ったことが見えてきて、不幸が雪だるまのように増していく。

しかも、精神的、健康的、あるいは年齢的に、誰もが沢山の障害を大なり小なり持っているし、そういうことにも気付けない人なのでしょう。
まだ、苦労が足りない若い人なのでしょう。
そういう浅く、粗悪な人は、当然、お友達はいないものです。
いても、真の友情は築けませんよね。^^
★菊川広幸
Commented by 遠藤為盛 at 2013-10-13 10:31 x
2011年まではアンチを気にしていませんでした。YouTubeの私の動画が荒らされるまでは。彼らとのコンタクトで気づいたことは、彼らが不幸を感じ、憎しみを感じ、歪んだ心のために不幸からの脱出口が見えないという現実でした。地獄とは最低の状態に囚われていること。こちらが少しでも反論すれば怒り狂い、ストーカー的な荒らし投稿を連続します。何人かの偏執狂的ユーザーのハンドル名がわかりました。彼らはかなり暇だ。アンチの基本情報はでたらめ、ひどい不勉強なため超無知。アンチは日本特有の現象です。日本のアニメのElfenLiedには「不幸な者はより不幸な者を探し、一時の安楽を得ようと試みる」という台詞がありました。ズバリの明言です。イジメの心理、ヘイトスピーチの心理です。我々は人生に利益をもたらす方法を知っています。彼らは行動できません。我々は行動して歴史を作ります。ネット上の罵詈雑言は所詮ヴァーチャルな事件。現実の生活は行動で決まります。行動万歳。
Commented by Yasuo at 2013-10-13 12:54 x
心あるコメントが本当に好きです。

私のまわりにもアンチだらけですよ(笑)
両親ですら熱狂的な極アンチです(笑)
ゆえに正しい道があるのかなと、リアルに思ってます。

わたしは二世でもなく散々ゴリゴリやり放題やって渋々入信だったもので、いのちが命で回りは素晴らしいアンチですよ。

これって、本当に何か書籍で読んだ事あって自分の合わせ鏡で、御本尊様が自分の姿をモロに出して頂いてくれてます
活動がおろそかになると、ロクな輩としか会わないんです本当に不思議ですよ

感情の生き物なもので中傷されると良い気分はまずしませんが、御本尊様の功力は凄みがありますょ

中傷して逃げた輩は今悲惨な状況なんです
日々清々しい毎日を送って行きたいです

菊川さんブログ本当にありがとう
皆さまのコメントも読ませてもらってます
Commented by 角田佑介 at 2013-10-13 16:36 x
久々の同中に行ってきました(=゚ω゚)ノ

子供たちの歌声素晴らしい。
鼓笛隊の皆さん凄く元気。

どんなに大変でも対したことないんだ。強くなれば。

いやー。行って良かった(^^)
Commented by sokanomori at 2013-10-13 18:53
遠藤さん、こんばんわ。
内容の濃いコメント、ありがとうございます。

>「不幸な者はより不幸な者を探し、一時の安楽を得ようと試みる」という台詞がありました。ズバリの明言です。イジメの心理、ヘイトスピーチの心理です。

私は数千にも及ぶ批判をされてきました。
その体験から、不幸なるものが他を不幸にすることで幸福になろうとするという心理もあると感じます。
そして、ご指摘の通り、憎しみ、歪んだ心を痛切に見てきました。
とどのつまり、自らの境涯で世の中を見るし、創価をみる訳です。

>彼らは行動できません。我々は行動して歴史を作ります。

痛烈な真実の声、ありがとうございます。
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2013-10-13 19:28
Yasuoさん、こちらこそありがとうございます。

>中傷して逃げた輩は今悲惨な状況なんです
日々清々しい毎日を送って行きたいです

そうなんでしょうね。
とどのつまり依正不二になるのでしょうから。
納得です。
★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2013-10-13 19:30
角田さん、来月はいよいよ「世界広布新時代 開幕の年」第1回本部幹部会です。
共々に、晴れやかに参加しましょう!^^
★菊川広幸
Commented by しなもん at 2013-10-13 23:45 x
読んでいてすごく心が苦しく、悔しくなりました!!
本当にどこに行ってもいなくならないし出続けるアンチ。
何が楽しくてそういう行動をするのか。
人を悲しませたり困らせることに焦点をあてて生きることしかできない可哀想な命の持ち主なんだなと思います(>_<)
私も魔に負けないようにするので、どうか菊川さんも負けないでください。
Commented by sokanomori at 2013-10-14 06:21
しなもんさん、おはようございます。
同苦していただき、ありがとうございます。
いろいろなアンチがいます。
内部にもいます。
本来なら、現実に話さないような人、お付き合いしないような人とも接触しなければならないのがネットの世界なんだと学びました。
逆に、世の中の広さを垣間見ました。
きっとブログをやらなければ知ることのない世界でした。
★菊川広幸
Commented by 遠藤為盛 at 2013-10-14 12:12 x
今日同志と語ったのですが、ブラジルには日本のようなアンチがいません。ネット上でよほど探さないとアンチが見つからない。一つ見つけましたがアメリカ版の翻訳みたいで、影響力はほとんどない。アメリカには日本アンチの翻訳のようなものが少数ありますが、学会員のページの方が多い。でもブラジル創価学会が成長すれば、嫉妬に狂ったアンチが現れるかもしれません。将来を考え、頭のネジが緩まぬよう精進しようという話になりました。ブラジルで普段の活動で成功しそのニュースをお伝えできれば、日本で逆風の中頑張っているメンバーを少しでも激励できると思います。日本にアンチにとっては海外の成功は聞きたくない話でしょうね。やったるでえ。
Commented by sokanomori at 2013-10-14 22:15
遠藤さん、日本は独特なんでしょうかね。
嫉妬、恨みつらみ。暗いというか。
一体、何でしょうね、この違いは。
★菊川広幸
Commented by 遠藤為盛 at 2013-10-26 23:25 x
笑いが止まらない超アホなアンチ創価学会情報がネットにありました。創価学会は風魔一族の末裔ですと。がっはっは(極笑)。虐げられた風魔一族の恨みが現代に現れたというフィクションです。あまりにも独創的な発想に怒ることもできず、笑いっぱなしです。私は忍者漫画が大好きで、少年時代に白土三平の「忍者武芸帳影丸伝」を読みました。大変秀逸な名作です。こんなアホ情報を発信するくらいならば、白土三平も驚くような風魔忍者の漫画作品を描いてほしいなあ。風魔の漫画は少ないですね。
Commented by sokanomori at 2013-10-27 15:48
遠藤さん、こんにちわ。
有象無象にあるアンチ。
そんなことして、楽しいのでしょうか?
使命に燃えて、やっているのか。
お互い、幸福追求競争がいいですね。
★菊川広幸
Commented at 2013-12-22 05:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori at 2013-12-22 06:40
05:14さま
来年、ひらがな御書を本格的にスタートするにあたり、協力者に集ってもらいたいと考えています。
その時はお声がけします。
もし、よろしければ、そのとき、お力添えください。
★菊川広幸
Commented at 2013-12-22 09:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori at 2013-12-22 17:08
09:06さん、了解です。
★菊川広幸
Commented by うちの at 2013-12-23 12:55 x
先日、「うちの」という名前で別記事のコメント欄に投稿しましたが、なぜ載せて頂けなかったんでしょうか?
その理由を教えてください。

それと、先日のコメント内容について、菊川さんの意見を聞かせて頂けると嬉しいのですが…




Commented by sokanomori at 2013-12-23 20:55
うちのさま。
まず、何故、反応しなかったかを以下に申し上げます。

たしか、あなたさまは、「さようなら!」のスレッドにご投稿されたのではないでしょうか?
そのコメント欄の冒頭に、私は以下のように書いていますね。

「このコメント欄への私のご返信は、当分、差し控えたいと思います。 最後、コメント受付を終了する際に、御礼を申し上げるつもりです。 コメント受付は12月中には終了とさせていただきます。」

すなわち、最後の記事はお別れの内容であり、悩み相談を受け付けられる内容ではありません。
加えて、当ブログは終了したのであり、私としてはそのようなアドバイスを当ブログ内で行うつもりもありません。
簡単なやり取りでお話できる内容でもありませんしね。
今、私は、基本的に、他のブログも休止している状態です。
その状況の中で、内容的にかなり難しいお話をされているあなたさまを、私はアンチの「荒らし」の書き込みと判断したということです。
つづく ★菊川広幸
Commented by sokanomori at 2013-12-23 20:57
つづきから

では、この「アンチに負けるな!」において、私が対応しているのは、旧知の人たちが、比較的対応を軽くできる内容の問いかけをされているからです。
あなたさまの問いかけは深刻なものですし、あなたさまの投稿内容では十分に理解できません。
深刻な内容は、もっと詳しくお話を聞かないと意見を申し上げる訳にいきません。
もし、あなたさまが真剣に私の意見をお聞きになられたければ、メールアドレスをお教えいただきたいのですがいかがですか?
非公開でアドレスを頂ければ、私がメールをいたしましょう。
もし、そのことが嫌であれば、<別館>にあなたさま専用のスレッドを立ち上げ、さしさわりのないアドバイスをいたしましょう。
ただし、<別館>での対話には条件があります。
あなたさまは「非公開」でご投稿していただきたいということです。
その理由は、あなたさまの相談内容が読者の方々を不快にする可能性があるからです。
以下にURLを「ブログルール」と表示しておきますので、ご一読の上、ご返事ください。
つづく ★菊川広幸
Commented by ブログルール at 2013-12-23 21:01 x
あなたさまのコメントを公開しなかった理由は、以下の内容からです。

◇投稿コメントの公開の有無
投稿コメントは、学会員、外部にかかわらず、公開しない場合があります。 創価学会や池田先生への口汚い批判コメント、悪意の書き込み、悪い印象を与える目的を有するコメントは公開しません。また、読者の方が不快な思いをされる内容のものも公開いたしません。常識のあるご意見をお願い申し上げます。
尚、創価学会攻撃を目的としたサイトへのURLも禁止します。

以上ご回答申し上げました。
宜しくお願い申し上げます。
★菊川広幸
Commented at 2013-12-24 08:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sokanomori at 2013-12-24 20:38
別館にスレッドを作成いたしました。
★菊川広幸


創価学会員としての日常生活を語ります。^^


by sokanomori

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

検索

カテゴリ

全体
挨 拶
カテゴリのご案内
祈 り
活 動
仏法対話
体 験
御 書
御書全編拝読
座談会企画・ネタ
法華経
仏教豆知識
御書の登場人物
創価学会豆知識
創価三代会長
学会書籍記事
創価学会本部
広宣流布大誓堂
創価学会「総本部」
新・創価文化センター
ネット体験談集
聖教体験談
日 常
ふるさと
健康作り
マラソン
飼い猫ラッキー
水族館
生き物の写真
市民農園
良書のご案内
小説・人間革命感想文
ブログともだち

趣味・娯楽
東日本大震災
環境問題
政 治
経 済
戦争・紛争
他宗教・他思想
敵対勢力
アンチ創価学会
高齢化・介護
死とは何か
創価系ブログの作り方
月下の騎士
参考になる書籍
創価の森ブログ<別館>
宮沢賢治
ひらがな御書
千ときひろ対話
創価家族
新・人間革命感想文
未分類

以前の記事

2018年 11月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

最新のコメント

ままさん、こんにちわ。 ..
by sokanomori at 17:49
いつも元気になれます。歓..
by まま at 22:01
このブログは終わっていま..
by sokanomori at 22:56
伴侶の不倫での悩み、憎い..
by sokanomori at 22:52
先ほどコメントしましたが..
by ケイコ at 12:02
みっちゃんもスゴイけど、..
by sokanomori at 09:11
2003.11.16 夕..
by みっちゃん at 20:24
菊川広幸様 おはようご..
by みっちゃん at 08:57
みっちゃんさん、大先輩で..
by sokanomori at 07:24
菊川様 私、戸田先生が..
by みっちゃん at 22:50
いつも菊川さんに励さ..
by みっちゃん at 17:24
五月雨さん、おはようござ..
by sokanomori at 04:21
太陽サンサンさん、おはよ..
by sokanomori at 04:19
約17年間使っていた数珠..
by 五月雨 at 06:57
はじめまして。今回の座談..
by 太陽サンサン at 22:06
あまり知られていませんが..
by 十川仁史、現役僧 at 20:49
yukiさん、おはようご..
by sokanomori at 05:06
この度、またまた百万編唱..
by yuki at 00:52
あっくんさん、貴重なご意..
by sokanomori at 07:53
幽霊を見たという体験につ..
by あっくん at 23:56

メモ帳

画像一覧